注: 問題で Windows を起動できない場合は、この記事の手順に従うことはできません。 デバイスが数回再起動しようとすると、Windows 回復オプションが表示されます。このオプションを使用して問題の解決を試みることができます。 お使いのバージョンの Windows に対応する以下のリンクをクリックします。

概要

"クリーン ブート" では、最小限のドライバーとスタートアップ プログラムのセットで Windows が起動されるため、バックグラウンド プログラムがゲームまたはプログラムに干渉しているかどうかを判断できます。  これは 、Windows をセーフ モードで開始する場合と似ていますが、起動時に実行されるサービスとプログラムをより細かく制御して、問題の原因を特定するのに役立ちます。  

クリーン ブートを実行する方法

これらの手順は一見複雑に見えますが、順を追って順を追うと、元に戻すのに役立ちます。

  1. 管理者としてコンピューターにサインインします。 アカウントに管理者権限があるかどうか不明な場合は、「 Windows でローカル ユーザーまたは管理者アカウントを作成 する」を参照して、アカウントに管理者権限があるかどうかを確認し、必要に応じてアカウントに付与する方法を確認してください。

  2. [検索 ] を選択し、「msconfig」と入力し、結果の一覧から [システム構成] を選択します。

    Windows 11の検索ボックス。
     

    重要: コンピューターがネットワークに接続されている場合は、ネットワーク ポリシー設定を使用すると、次の手順に従えなくなる可能性があります。 Microsoft サポート エンジニアからのガイダンスを使用してコンピューターの高度なブート オプションを変更するには、システム構成ユーティリティのみを使用します。  システム構成ユーティリティを使用すると、コンピューターが使用できなくなる可能性があります。

  3. [システム構成] の [ サービス ] タブで、[ すべての Microsoft サービスを非表示にする] を選択し、[ すべて無効にする] を選択します。 [適用] を選択します。

    Windows 11の [システム構成] の [サービス] タブ。

  4. [システム構成] の [ スタートアップ ] タブで、[ タスク マネージャーを開く] を選択します。

    Windows 11の [システム構成] の [スタートアップ] タブ。

  5. タスク マネージャーの [ スタートアップ] タブで、[ 有効な スタートアップ] 項目ごとに項目を選択し、[ 無効] を選択します。 ( 無効になっている項目を追跡します。 これについては後で確認する必要があります)。)

    Windows 11のタスク マネージャーの [スタートアップ] タブ。

  6. タスク マネージャーを閉じます。

  7. [システム構成] の [ スタートアップ ] タブで、[OK] を選択 します。 コンピューターを再起動すると、クリーン ブート環境になります。 トラブルシューティングの手順に従って、アプリケーションをインストール、アンインストール、または実行します。 クリーン ブート環境では、コンピューターで一部の機能が一時的に失われる可能性があります。 クリーン ブートのトラブルシューティング後に正常に起動するようにコンピューターをリセット し、機能を再開します。

アプリケーションをインストール、アンインストール、または実行する

コンピューターを再起動すると、クリーン ブート環境が作成されます。 次に、状況に応じて、次のいずれかを実行します。

注: インストールまたはアンインストール中に "Windows インストーラー サービスにアクセスできませんでした" というエラーが表示される場合は、詳細が必要です。 システム サービスが読み込まれていない場合に Windows インストーラー サービスを開始する方法に関する説明を参照してください。 次に、プログラムをインストールまたはアンインストールするか、もう一度更新します。

インストールまたはアンインストールが成功した場合、問題は解決され、通常どおりに開始できます。

通常どおりに起動するようにコンピューターをリセットする方法 

それでもインストールまたはアンインストールが失敗する場合は、この問題がアプリケーションやサービスの干渉で発生していないことを示します。 より具体的なサポートについては、プログラムの製造元にお問い合わせください。

プログラムが正しく実行されている場合、この問題はアプリケーションまたはサービスの干渉によって発生します。 問題の原因となっているアプリケーションまたはサービスを確認できます。

クリーン ブート

を実行して問題の原因を特定する方法 プログラムがまだ期待どおりに実行されない場合、この問題はアプリケーションまたはサービスの干渉によって発生しません。 より具体的なサポートについては、プログラムの製造元にお問い合わせください。

クリーン ブートの実行後に問題の原因を特定する方法

コンピューターがクリーン ブート環境にある間に問題が発生しない場合は、コンピューターを体系的にオンまたはオフにして再起動することで、問題の原因となっているスタートアップ アプリケーションまたはサービスを特定できます。 1 つのサービスまたはスタートアップアイテムをオンにして毎回再起動すると、最終的に問題のあるサービスまたはアプリケーションが見つかりますが、これを行う最も効率的な方法は、それらの半分を一度にテストすることで、コンピューターを再起動するたびにアイテムの半分を潜在的な原因として排除することです。 その後、問題を分離するまで、このプロセスを繰り返すことができます。 手順は次のとおりです。

  1. 管理者としてコンピューターにサインインします。 アカウントに管理者権限があるかどうか不明な場合は、「 Windows でローカル ユーザーまたは管理者アカウントを作成 する」を参照して、アカウントに管理者権限があるかどうかを確認し、必要に応じてアカウントに付与する方法を確認してください。

  2. [ 検索 ] を選択し、「 msconfig」と入力します。 結果の一覧から [ システム構成] を選択します。

  3. [ サービス ] タブを選択し、[ すべての Microsoft サービスを非表示にする] を選択します。

  4. [サービス] ボックスの一覧の上半分にある各チェック ボックスをオンにします。

  5. [OK] を選択し、[再起動] を選択します

  6. コンピューターの再起動後、問題がまだ発生するかどうかを確認します。

    • それでも問題が発生する場合は、チェックされた項目の 1 つが問題のあるサービスです。 手順 1 ~ 6 を繰り返しますが、手順 4 では、最後のテストで選択した サービス 一覧のボックスの下半分をクリアします。

    • 問題が発生しない場合、チェックされた項目は問題の原因ではありません。 手順 1 ~ 6 を繰り返しますが、手順 4 では、最後のテストで [サービス ] の一覧でクリアしたボックスの上半分をオンにします。

    • 問題を 1 つのサービスに分離するか、問題の原因がサービスのどれでもないことを確認するまで、これらの手順を繰り返します。 サービスの一覧で 1 つのサービスのみが選択されているときに問題が発生した場合は、手順 10 に進みます。 問題が発生するサービスがない場合は、手順 7 に進みます。

  7. [ スタートアップ] を選択し、[ タスク マネージャーを開く] を選択します。 タスク マネージャーの [ スタートアップ ] タブで、一度に 1 つずつ、前に無効にした項目の上半分を選択してから、[ 有効] を選択します。

  8. [OK] を選択し、[再起動] を選択します

    • 問題が発生した場合は、手順 7 を繰り返しますが、今回は前回のテストで有効にした項目の下半分を無効にします。

    • 問題が発生しない場合は、手順 7 を繰り返しますが、前回のテストで有効にしたすべての項目を無効にし、無効にした項目の残りの半分を有効にします。

    • 1 つのスタートアップ項目のみが有効になった後も問題が発生する場合は、問題の原因となっているのが [有効] 項目であり、手順 9 に進む必要があります。 スタートアップ項目が原因で問題が発生しない場合は、Microsoft サービスに問題がある可能性があります。 Windows の回復オプションを参照してください。

  9. スタートアップアイテムまたは問題の原因となるサービスを特定したら、プログラムの製造元に問い合わせて問題を解決できるかどうかを確認するか、サービスをオフにするか、[スタートアップ] 項目を無効にして Windows を実行します。

クリーン ブートによるトラブルシューティング後に通常どおり起動するようにコンピューターをリセットする

トラブルシューティングが完了したら、次の手順に従ってコンピューターをリセットして正常に起動します。

  1. [ 検索 ] を選択し、「 msconfig」と入力します。 結果の一覧から [ システム構成] を選択します。

  2. [ 全般 ] タブで、[ 通常のスタートアップ] を選択します。

  3. [サービス] タブを選択し、[ すべての Microsoft サービスを非表示にする] の横にあるチェック ボックスをオフにし、[ すべて有効にする] を選択して、[ 適用] を選択します。

  4. [スタートアップ] タブを 選択し、[タスク マネージャーを開く] を選択します。

  5. タスク マネージャーで、以前に無効にしていたすべてのスタートアップ プログラムを有効にして、[OK] を選択 します

  6. コンピューターの再起動を求めるメッセージが表示されたら、[再起動] を選択 します

システム サービスが読み込まれていない場合に Windows Installer サービスを開始する方法

Windows インストーラー サービスを起動せずにセットアップ プログラムを実行すると、次のエラー メッセージが表示される場合があります。

Windows インストーラー サービスにアクセスできませんでした。 Windows インストーラー サービスが正しく登録されていることを確認するには、サポート担当者に問い合わせてください。

システム構成ユーティリティの [システム サービスの 読み込み ] チェック ボックスをオフにしても、Windows インストーラー サービスは開始されません。 システム サービスが読み込まれていないときに Windows インストーラー サービスを使用するには、サービスを手動で開始します。 手順は次のとおりです。

  1. [ 検索 ] を選択し、「 コンピューター管理」と入力します。 結果の一覧から [コンピューターの管理 ] を選択します。

  2. コンソール ツリーで、矢印を選択して [サービスとアプリケーション] を展開し、[ サービス] を選択します。

  3. 詳細ウィンドウで、 Windows インストーラーで右クリックまたは下にスワイプし、[スタート] を選択 します

  1. 管理者としてコンピューターにサインインします。 管理者アカウントをお持ちでない場合は、管理者アカウントを作成できます。

    Windows でローカル ユーザーまたは管理者アカウントを作成する

  2. タスク バーの [検索] ボックス 「msconfig 」と入力し、結果の一覧から [システム構成] を選択します。

    検索結果 - [システム構成]

    重要: コンピューターがネットワークに接続されている場合は、ネットワーク ポリシー設定を使用すると、次の手順に従えなくなる可能性があります。 Microsoft サポート エンジニアからのガイダンスを使用してコンピューターの高度なブート オプションを変更するには、システム構成ユーティリティのみを使用します。  システム構成ユーティリティを使用すると、コンピューターが使用できなくなる可能性があります。

  3. [システム構成] の [ サービス ] タブで、[ すべての Microsoft サービスを非表示にする] を選択し、[ すべて無効にする] を選択します。 [適用] を選択します。

    [システム構成] - [サービス] タブ - [Microsoft のサービスをすべて隠す] チェック ボックスがオン - [すべて無効]

  4. [システム構成] の [ スタートアップ ] タブで、[ タスク マネージャーを開く] を選択します。

    [システム構成] - [スタートアップ] タブ - [タスク マネージャーを開く] ボタン

  5. タスク マネージャーの [ スタートアップ] タブで、[ 有効な スタートアップ] 項目ごとに項目を選択し、[ 無効] を選択します。 ( 無効になっている項目を追跡します。 これについては後で確認する必要があります)。)

    [タスク マネージャー] - [スタートアップ] タブ

  6. タスク マネージャーを閉じます。

  7. [システム構成] の [ スタートアップ ] タブで、[OK] を選択 します。 コンピューターを再起動すると、クリーン ブート環境になります。 トラブルシューティングの手順に従って、アプリケーションをインストール、アンインストール、または実行します。 クリーン ブート環境では、コンピューターで一部の機能が一時的に失われる可能性があります。 クリーン ブートのトラブルシューティング後に正常に起動するようにコンピューターをリセット し、機能を再開します。

アプリケーションをインストール、アンインストール、または実行する

コンピューターを再起動すると、クリーン ブート環境が作成されます。 次に、状況に応じて、次のいずれかを実行します。

注: インストールまたはアンインストール中に "Windows インストーラー サービスにアクセスできませんでした" というエラーが表示される場合は、詳細が必要です。 システム サービスが読み込まれていない場合に Windows インストーラー サービスを開始する方法に関する説明を参照してください。 次に、プログラムをインストールまたはアンインストールするか、もう一度更新します。

インストールまたはアンインストールが成功した場合、問題は解決され、通常どおりに開始できます。

通常どおりに起動するようにコンピューターをリセットする方法 

それでもインストールまたはアンインストールが失敗する場合は、この問題がアプリケーションやサービスの干渉で発生していないことを示します。 より具体的なサポートについては、プログラムの製造元にお問い合わせください。

プログラムが正しく実行されている場合、この問題はアプリケーションまたはサービスの干渉によって発生します。 問題の原因となっているアプリケーションまたはサービスを確認できます。

クリーン ブート

を実行して問題の原因を特定する方法 プログラムがまだ期待どおりに実行されない場合、この問題はアプリケーションまたはサービスの干渉によって発生しません。 より具体的なサポートについては、プログラムの製造元にお問い合わせください。

クリーン ブートの実行後に問題の原因を特定する方法

コンピューターがクリーン ブート環境にある間に問題が発生しない場合は、コンピューターを体系的にオンまたはオフにして再起動することで、問題の原因となっているスタートアップ アプリケーションまたはサービスを特定できます。 1 つのサービスまたはスタートアップアイテムをオンにして毎回再起動すると、最終的に問題のあるサービスまたはアプリケーションが見つかりますが、これを行う最も効率的な方法は、それらの半分を一度にテストすることで、コンピューターを再起動するたびにアイテムの半分を潜在的な原因として排除することです。 その後、問題を分離するまで、このプロセスを繰り返すことができます。 手順は次のとおりです。

  1. 管理者権限を持つアカウントを使用してコンピューターにサインインします。 管理者アカウントをお持ちでない場合は、管理者アカウントを作成できます。

    Windows でローカル ユーザーまたは管理者アカウントを作成する

  2. タスク バーの [検索] ボックス に「 msconfig」と入力します。 結果の一覧から [ システム構成] を選択します。

  3. [ サービス ] タブを選択し、[ すべての Microsoft サービスを非表示にする] を選択します。

  4. [サービス] ボックスの一覧の上半分にある各チェック ボックスをオンにします。

  5. [OK] を選択し、[再起動] を選択します

  6. コンピューターの再起動後、問題がまだ発生するかどうかを確認します。

    • それでも問題が発生する場合は、チェックされた項目の 1 つが問題のあるサービスです。 手順 1 ~ 6 を繰り返しますが、手順 4 では、最後のテストで選択した サービス 一覧のボックスの下半分をクリアします。

    • 問題が発生しない場合、チェックされた項目は問題の原因ではありません。 手順 1 ~ 6 を繰り返しますが、手順 4 では、最後のテストで [サービス ] の一覧でクリアしたボックスの上半分をオンにします。

    • 問題を 1 つのサービスに分離するか、問題の原因がサービスのどれでもないことを確認するまで、これらの手順を繰り返します。 サービスの一覧で 1 つのサービスのみが選択されているときに問題が発生した場合は、手順 9 に進みます。 問題が発生するサービスがない場合は、手順 7 に進みます。

  7. [ スタートアップ] を選択し、[ タスク マネージャーを開く] を選択します。 タスク マネージャーの [ スタートアップ ] タブで、一度に 1 つずつ、前に無効にした項目の上半分を選択してから、[ 有効] を選択します。

  8. [OK] を選択し、[再起動] を選択します

    • 問題が発生した場合は、手順 7 を繰り返しますが、今回は前回のテストで有効にした項目の下半分を無効にします。

    • 問題が発生しない場合は、手順 7 を繰り返しますが、前回のテストで有効にしたすべての項目を無効にし、無効にした項目の残りの半分を有効にします。

    • 1 つのスタートアップ項目のみが有効になった後も問題が発生する場合は、問題の原因となっているのが [有効] 項目であり、手順 9 に進む必要があります。 スタートアップ項目が原因で問題が発生しない場合は、Microsoft サービスに問題がある可能性があります。 Windows の回復オプションを参照してください。

  9. スタートアップアイテムまたは問題の原因となるサービスを特定したら、プログラムの製造元に問い合わせて問題を解決できるかどうかを確認するか、サービスをオフにするか、[スタートアップ] 項目を無効にして Windows を実行します。

クリーン ブートによるトラブルシューティング後に通常どおり起動するようにコンピューターをリセットする

トラブルシューティングが完了したら、次の手順に従ってコンピューターをリセットして正常に起動します。

  1. タスク バーの [検索] ボックス に「 msconfig」と入力します。 結果の一覧から [ システム構成] を選択します。

  2. [ 全般 ] タブで、[ 通常のスタートアップ] を選択します。

  3. [サービス] タブを選択し、[ すべての Microsoft サービスを非表示にする] の横にあるチェック ボックスをオフにし、[ すべて有効にする] を選択して、[ 適用] を選択します。

  4. [ スタートアップ] タブを選択し、[ タスク マネージャーを開く] を選択します。

  5. タスク マネージャーで、以前に無効にしていたすべてのスタートアップ プログラムを有効にして、[OK] を選択 します

  6. コンピューターの再起動を求めるメッセージが表示されたら、[再起動] を選択 します

システム サービスが読み込まれていない場合に Windows Installer サービスを開始する方法

Windows インストーラー サービスを起動せずにセットアップ プログラムを実行すると、次のエラー メッセージが表示される場合があります。

Windows インストーラー サービスにアクセスできませんでした。 Windows インストーラー サービスが正しく登録されていることを確認するには、サポート担当者に問い合わせてください。

システム構成ユーティリティの [システム サービスの 読み込み ] チェック ボックスをオフにしても、Windows インストーラー サービスは開始されません。 システム サービスが読み込まれていないときに Windows インストーラー サービスを使用するには、サービスを手動で開始します。 手順は次のとおりです。

  1. タスク バーの [検索] ボックス に「 コンピューターの管理」と入力します。 結果の一覧から [コンピューターの管理 ] を選択します。

  2. コンソール ツリーで、矢印を選択して [サービスとアプリケーション] を展開し、[ サービス] を選択します。

  3. 詳細ウィンドウで、 Windows インストーラーで右クリックまたは下にスワイプし、[スタート] を選択 します

  1. 画面の右端からスワイプインし、[ 検索 ] を選択します。 または、マウスを使用している場合は、画面の右下隅をポイントし、[ 検索 ] を選択します。

  2. 検索ボックスに 「msconfig 」と入力し、[ システム構成] を選択します。

    検索ボックス - msconfig

  3. [システム構成] の [ サービス ] タブで、[ すべての Microsoft サービスを非表示にする] を選択し、[ すべて無効にする] を選択します。 [適用] を選択します。

    [システム構成] - [サービス] タブ - [Microsoft のサービスをすべて隠す] チェック ボックスがオン - [すべて無効]
     

    重要: コンピューターがネットワークに接続されている場合は、ネットワーク ポリシー設定を使用すると、次の手順に従えなくなる可能性があります。 Microsoft サポート エンジニアからのガイダンスを使用してコンピューターの高度なブート オプションを変更するには、システム構成ユーティリティのみを使用します。  システム構成ユーティリティを使用すると、コンピューターが使用できなくなる可能性があります。

  4. [システム構成] の [ スタートアップ ] タブで、[ タスク マネージャーを開く] を選択します。

    [システム構成] - [スタートアップ] タブ - [タスク マネージャーを開く] ボタン

  5. タスク マネージャーの [ スタートアップ] タブで、[ 有効な スタートアップ] 項目ごとに項目を選択し、[ 無効] を選択します。 ( 無効になっている項目を追跡します。 これについては後で確認する必要があります)。)

    [タスク マネージャー] - [スタートアップ] タブ - [無効]

  6. タスク マネージャーを閉じます。

  7. [システム構成] の [ スタートアップ ] タブで 、[ OK] を選択し、コンピューターを再起動します。  

クリーン ブート環境でコンピューターが再起動します。 トラブルシューティングの手順に従って、アプリケーションをインストール、アンインストール、または実行します。 クリーン ブート環境では、コンピューターの一部の機能が一時的に失われる可能性がありますが、その機能は戻ります。 トラブルシューティングを完了し、 コンピューターをリセットして正常に起動します

アプリケーションをインストール、アンインストール、または実行する

コンピューターを再起動すると、クリーン ブート環境が作成されます。 次に、状況に応じて、次のいずれかを実行します。

注: インストールまたはアンインストール中に "Windows インストーラー サービスにアクセスできませんでした" というエラーが表示される場合は、詳細が必要です。 システム サービスが読み込まれていない場合に Windows インストーラー サービスを開始する方法に関する説明を参照してください。 次に、プログラムをインストールまたはアンインストールするか、もう一度更新します。

インストールまたはアンインストールが成功した場合、問題は解決され、通常どおりに開始できます。

通常どおりに起動するようにコンピューターをリセットする方法 

それでもインストールまたはアンインストールが失敗する場合は、この問題がアプリケーションやサービスの干渉で発生していないことを示します。 より具体的なサポートについては、プログラムの製造元にお問い合わせください。

プログラムが正しく実行されている場合、この問題はアプリケーションまたはサービスの干渉によって発生します。 問題の原因となっているアプリケーションまたはサービスを確認できます。

クリーン ブート

を実行して問題の原因を特定する方法 プログラムがまだ期待どおりに実行されない場合、この問題はアプリケーションまたはサービスの干渉によって発生しません。 より具体的なサポートについては、プログラムの製造元にお問い合わせください。

クリーン ブートの実行後に問題の原因を特定する方法

コンピューターがクリーン ブート環境にある間に問題が発生しない場合は、コンピューターを体系的にオンまたはオフにして再起動することで、問題の原因となっているスタートアップ アプリケーションまたはサービスを特定できます。 1 つのサービスまたはスタートアップアイテムをオンにして毎回再起動すると、最終的に問題のあるサービスまたはアプリケーションが見つかりますが、これを行う最も効率的な方法は、それらの半分を一度にテストすることで、コンピューターを再起動するたびにアイテムの半分を潜在的な原因として排除することです。 その後、問題を分離するまで、このプロセスを繰り返すことができます。 手順は次のとおりです。

  1. 管理者権限を持つアカウントを使用してコンピューターにサインインします。 管理者アカウントをお持ちでない場合は、管理者アカウントを作成できます。

    Windows でローカル ユーザーまたは管理者アカウントを作成する

  2. 画面の右端からスワイプインし、[ 検索 ] を選択します。 または、マウスを使用している場合は、画面の右下隅をポイントし、[ 検索 ] を選択します。

  3. 検索ボックスに 「msconfig」と入力し、結果の一覧から [システム構成] を選択します。

  4. [ サービス ] タブを選択し、[ すべての Microsoft サービスを非表示にする] を選択します。

  5. [サービス] ボックスの一覧の上半分にある各チェック ボックスをオンにします。

  6. [OK] を選択し、[再起動] を選択します

  7. コンピューターの再起動後、問題がまだ発生するかどうかを確認します。

    • それでも問題が発生する場合は、チェックされた項目の 1 つが問題のあるサービスです。 手順 1 ~ 7 を繰り返しますが、手順 5 では、最後のテストで選択した [サービス ] リストのボックスの下半分をクリアします。

    • 問題が発生しない場合、チェックされた項目は問題の原因ではありません。 手順 1 ~ 7 を繰り返しますが、手順 5 では、最後のテストで [サービス ] の一覧でクリアしたボックスの上半分をオンにします。

    • 問題を 1 つのサービスに分離するか、問題の原因がサービスのどれでもないことを確認するまで、これらの手順を繰り返します。 サービスの一覧で 1 つのサービスのみが選択されているときに問題が発生した場合は、手順 10 に進みます。 問題が発生するサービスがない場合は、手順 8 に進みます。

  8. [ スタートアップ] を選択し、[ タスク マネージャーを開く] を選択します。 タスク マネージャーの [ スタートアップ ] タブで、一度に 1 つずつ、前に無効にした項目の上半分を選択してから、[ 有効] を選択します。

  9. [OK] を選択し、[再起動] を選択します

    • 問題が発生した場合は、手順 8 を繰り返しますが、今回は前回のテストで有効にした項目の下半分を無効にします。

    • 問題が発生しない場合は、手順 8 を繰り返しますが、前回のテストで有効にしたすべてのものを無効にし、無効にした項目の残りの半分を有効にします。

    • 1 つのスタートアップ項目のみが有効になった後も問題が発生する場合は、問題の原因となっているのが [有効] 項目であり、手順 10 に進む必要があります。 スタートアップ項目が原因で問題が発生しない場合は、Microsoft サービスに問題がある可能性があります。 PC を更新、リセット、または復元する方法に関するページを参照してください

  10. スタートアップアイテムまたは問題の原因となるサービスを特定したら、プログラムの製造元に問い合わせて問題を解決できるかどうかを確認するか、サービスをオフにするか、[スタートアップ] 項目を無効にして Windows を実行します。

クリーン ブートによるトラブルシューティング後に通常どおり起動するようにコンピューターをリセットする

トラブルシューティングが完了したら、次の手順に従ってコンピューターをリセットして正常に起動します。

  1. 画面の右端からスワイプインし、[ 検索 ] を選択します。 または、マウスを使用している場合は、画面の右下隅をポイントし、[ 検索 ] を選択します。

  2. 検索ボックスに 「msconfig」と入力し、結果の一覧から [システム構成] を選択します。

  3. [ 全般 ] タブで、[ 通常のスタートアップ] を選択します。

  4. [サービス] タブを選択し、[ すべての Microsoft サービスを非表示にする] の横にあるチェック ボックスをオフにし、[ すべて有効にする] を選択して、[ 適用] を選択します。

  5. [スタートアップ] タブを 選択し、[タスク マネージャーを開く] を選択します。

  6. タスク マネージャーで、以前に無効にしていたすべてのスタートアップ プログラムを有効にして、[OK] を選択 します

  7. コンピューターの再起動を求めるメッセージが表示されたら、[再起動] を選択 します

システム サービスが読み込まれていない場合に Windows Installer サービスを開始する方法

Windows インストーラー サービスを起動せずにセットアップ プログラムを実行すると、次のエラー メッセージが表示される場合があります。

Windows インストーラー サービスにアクセスできませんでした。 Windows インストーラー サービスが正しく登録されていることを確認するには、サポート担当者に問い合わせてください。

システム構成ユーティリティの [システム サービスの 読み込み ] チェック ボックスをオフにしても、Windows インストーラー サービスは開始されません。 システム サービスが読み込まれていないときに Windows インストーラー サービスを使用するには、サービスを手動で開始します。 手順は次のとおりです。

  1. 画面の右端からスワイプインし、[ 検索 ] を選択します。 または、マウスを使用している場合は、画面の右下隅をポイントし、[ 検索 ] を選択します。

  2. タスク バーの検索ボックスに「 コンピューターの管理」と入力します。 結果の一覧から [コンピューターの管理 ] を選択します。

  3. コンソール ツリーで、矢印を選択して [サービスとアプリケーション] を展開し、[ サービス] を選択します。

  4. 詳細ウィンドウで、 Windows インストーラーで右クリックまたは下にスワイプし、[スタート] を選択 します

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×