メイン コンテンツへスキップ
サポート
Microsoft アカウントでサインイン
サインインまたはアカウントを作成してください。
こんにちは、
別のアカウントを選択してください。
複数のアカウントがあります
サインインに使用するアカウントを選択してください。

Microsoft Information Protection ファイル ラベラーを使用して、Windows のエクスプローラーでファイルのラベル付けと保護を行うことができます。 この方法では、Office ドキュメント、PDF ファイル、画像、テキスト ファイル、およびその他のさまざまなファイルの保護がサポートされており、一度に複数のファイルにラベルを付けて保護するのに便利な方法です。 Microsoft 365 Apps内でファイルとメールに直接ラベルを付ける方法については、「ファイルとメールに秘密度ラベルを適用する」を参照してください。

情報保護ファイル ラベラーを使用すると、1 つのファイル、複数のファイル、またはフォルダーにすばやくラベルを付け、保護できます。

1 つ以上のファイルにラベルを付け、保護する

ファイルに適用するラベルと保護は、organizationの外部にファイルを電子メールで送信したり、別の場所に保存したりしても、ファイルに残ります。 次の手順を使用して、初めてラベルを適用したり、既に保護されているファイルのラベルを変更したりできます。

  1. エクスプローラーを開くには、タスク バーまたはスタート メニューのファイル アイコンを選択するか、キーボードの Windows ロゴ キー 新しい Windows キーのロゴ + E キーを押します。

  2. エクスプローラーで、保護する 1 つのファイル、ファイルのグループ、またはフォルダーを右クリックし、[Microsoft Purview で秘密度ラベルを適用する] を選択します。

    注: フォルダーを選択すると、そのフォルダー内のすべてのファイルとサブフォルダーが、設定したラベル付けと保護オプションに自動的に選択されます。 ただし、そのフォルダーまたはそのサブフォルダーに将来作成される新しいファイルは、これらのオプションで自動的に構成されることはありません。

    エクスプローラーで Microsoft Purview に秘密度ラベルを適用する

  3. [ファイル ラベラーのMicrosoft Purview 情報保護] ダイアログ ボックスで、Microsoft 365 アプリと同じようにラベルを使用します。これは、管理者が定義したラベルと保護を設定します。

     

    ファイル ラベラーを使用してラベルMicrosoft Purview 情報保護適用する

  4. 管理者が定義したラベルに対して、ユーザーが設定できる独自の保護設定を指定できます。 独自の保護設定を指定するには、[ カスタム アクセス許可で保護する] を選択します。 次に、オプションを指定します。

    Microsoft Purview 情報保護 File Labeler を使用してカスタム アクセス許可で秘密度ラベルを適用する

オプション

説明

アクセス許可を選択

保護なしでもラベル付けをサポートできるファイルの種類については (サポートされている/サポートされていないファイルの種類に関するページを参照してください)。

選択したファイルを保護するときに受信者に付与するアクセス レベルを選択します。 アクセスのレベルは、ビューアー、 レビュー担当者 Co-Author Co-Owner 、または自分だけです

その他のファイルの種類:

アクセス許可の唯一のオプションは、ユーザーがファイルを表示するためのアクセス許可を持っていることを認証し、サポートされているアプリケーションでファイルを開く 汎用保護 です。 ファイルが開くと、受信者にアクセス権が付与され、 表示 編集、 名前を付けて保存、印刷、 およびコピー のアクセス許可を受け取るように求められます。

ユーザー、グループ、または組織を選択する

ファイルまたはファイルに対して選択したアクセス許可を持つユーザーを指定します。 そのorganization内のすべてのユーザーの完全な電子メール アドレス (John@contoso.com)、グループの電子メール アドレス (sales@contoso.com)、またはorganizationからのドメイン名 (contoso.com) を入力します。

または、アドレス帳アイコンを使用して、Outlook アドレス帳からユーザーまたはグループを選択することもできます。

アクセスの期限切れ

このオプションは、設定した日付の午前 0 時 (現在のタイム ゾーン) 以降に受信者が選択したファイルまたはファイルを開けないように、時間に依存するファイルに対してのみ選択します。 ファイルに暗号化を適用したため、ファイルの所有者と見なされ、有効期限が切れた後も元のファイルを開くことができるようになります。

5. [ 適用 ] をクリックし、[ 作業が完了しました ] メッセージが表示されるまで待って結果を確認します。 [閉じる] をクリックします。

選択したファイルが、選択内容に従ってラベル付けされ、保護されるようになりました。 保護を追加するとファイル拡張子が変更される場合、エクスプローラーの元のファイルは、ロック アイコンを持つ新しいファイルに置き換えられます。 たとえば、" capture.png " という名前のファイルの拡張子は、 "capture.ppng" に変更されます。

保護されたファイルのアイコンの変更

適用したラベルと保護の設定に関する考えを変えた場合、または後で設定を変更する必要がある場合は、新しい設定でこのプロセスを繰り返します。

ファイルまたはフォルダーのラベルと保護を表示する

  1. エクスプローラーで、ラベルと保護の設定を表示するファイルまたはフォルダーを右クリックし、[Microsoft Purview で秘密度ラベルを適用する] を選択します。

  2. [ファイル ラベラーのMicrosoft Purview 情報保護] ダイアログ ボックスで、[アクセス許可の表示] を選択して、ファイルまたはフォルダーの所有者、適用されたラベル、およびファイルのアクセス許可を確認します。

    Microsoft Purview 情報保護 ファイル ラベラーを使用してアクセス許可を表示する

ファイルまたはフォルダーからラベルと保護を削除する

情報保護ファイル ラベラーを使用すると、1 つのファイル、複数のファイル、またはフォルダーからラベルと保護をすばやく削除できます。 フォルダーを選択すると、そのフォルダー内のすべてのファイルと、そのフォルダーに含まれるすべてのサブフォルダーが自動的に選択されます。

削除するラベルが保護を適用するように構成されている場合、このアクションによってファイルからの保護も削除されます。 ラベルを削除する理由を文書化するように求められる場合があります。

別のラベルまたは別の保護設定セットを選択する場合は、最初にラベルまたは保護を削除する必要はありません。 代わりに、情報保護ファイル ラベラーを使用して、新しいラベルを選択するか、カスタム アクセス許可を定義します。 ラベルをダウングレードする場合 (たとえば、ラベルを極秘から機密に移動するなど)、正当な理由を指定する必要がある場合があります。

重要: 保護を削除するには、ファイルの所有者であるか、保護を削除するアクセス許可 ( エクスポート または フル コントロール の Rights Management アクセス許可) が付与されている必要があります。

  1. エクスプローラーで、目的のファイル、ファイル、またはフォルダーを選択します。 右クリックし、[ Microsoft Purview で秘密度ラベルを適用する] を選択します。

  2. [ファイル ラベラーのMicrosoft Purview 情報保護] ダイアログ ボックスで、次のいずれかの操作を行います。

    • ラベルを削除するには、[ラベルの削除] をクリック します。 保護を適用するようにラベルが構成されている場合、その保護は自動的に削除されます。

    • 1 つのファイルからカスタム保護を削除するには、[カスタムアクセス許可で保護 する] チェックボックスをオフにします。

    • 複数のファイルからカスタム保護を削除するには、[ カスタム アクセス許可の削除] をクリックします。

      Microsoft Purview 情報保護 ファイル ラベラーを使用してラベルを削除する

  3. [ 適用 ] をクリックし、[作業が完了しました] メッセージが表示されるまで待って結果を表示します。 [ 閉じる] をクリックします。

サポートされているファイルの種類とサポートされていないファイルの種類

一部のファイルの種類では保護なしでラベル付けをサポートしますが、他のファイルの種類では、ラベルをファイルに適用するために保護を有効にする必要があります。 Office ファイルなど、保護なしのラベル付けをサポートするファイルの場合は、すべてのラベルが表示されます。

次のファイルの種類は、保護されていない場合でもラベル付けできます。

  • Adobe Portable Document Format: .pdf

  • Microsoft プロジェクト: .mpp、.mpt

  • Microsoft Publisher: .pub

  • Microsoft XPS: .xps .oxps

  • 画像: .jpg、.jpe、.jpeg、.jif、.jfif、.jfi。 png、.tif、.tiff

  • Autodesk Design Review 2013: .dwfx

  • Adobe Photoshop: .psd

  • Digital Negative: .dng

  • Microsoft Office: 97 から 2003 ファイル形式、Word、Excel、PowerPoint の Office Open XML 形式を含む次のファイルの種類: .doc、.docm、.docx、.dot、.dotm、.dotx、.potm、 .potx、.pps、.ppsm、.ppsx、.ppt、.pptm、.pptx、.vdw、.vsd、.vsdm、.vsdx、.vss、.vssm、.vstm、.vstm、.vssx、.vst、.xls、.xlsb、.xlsm、.xlsx、.xltm、.xltm、.xltx

一部のラベルは、保護の一部としてのみラベル付けをサポートするファイルの種類では使用できない場合があり、保護が選択されるまで適用できない場合があります。 まず、保護を適用するカスタム アクセス許可をチェックします。 これらのファイルの種類に対して保護を有効にした後、ラベルを適用できます。

サポートされているファイルの種類の詳細については、 ラベル付けと保護に関するサポートされているファイルの種類に関する記事を 参照してください。

例:

一般秘密度ラベルがラベル付けを適用し、保護を適用しない場合: sales.pdf という名前のファイルに全般ラベルを適用できますが、このラベルを sales.txt という名前のファイルに適用することはできません。

Confidential \ All Employees 秘密度ラベルがラベル付けと保護を適用する場合: このラベルは、sales.pdf という名前のファイルと sales.txt という名前のファイルの両方に適用できます。

注: 実行可能ファイルや Windows フォルダーなどの一部のファイルは、ラベル付けと保護から自動的に除外されます。ファイルを変更すると、PC の実行が停止する可能性があるためです。 これらのファイルは選択できますが、ラベル付けから除外されます。

ヘルプを表示

その他のオプションが必要ですか?

サブスクリプションの特典の参照、トレーニング コースの閲覧、デバイスのセキュリティ保護方法などについて説明します。

コミュニティは、質問をしたり質問の答えを得たり、フィードバックを提供したり、豊富な知識を持つ専門家の意見を聞いたりするのに役立ちます。

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?
[送信] を押すと、Microsoft の製品とサービスの改善にフィードバックが使用されます。 IT 管理者はこのデータを収集できます。 プライバシーに関する声明。

フィードバックをいただき、ありがとうございます。

×