注:

このセキュリティ更新プログラムの既知の問題

この資料が適用される製品を表示する。

概要

この更新プログラムは、Microsoft .NET Framework の脆弱性を解決します。この脆弱性により、.NET Framework がライブラリを読み込む前に入力を適切に検証しない場合にリモートでコードが実行される可能性があります。 この脆弱性の悪用に成功した攻撃者は対象のシステムを制御する可能性があります。 攻撃者は、その後、プログラムのインストール、データの表示、変更、削除などを行ったり、完全なユーザー権限を持つ新たなアカウントを作成したりする可能性があります。 システムでのユーザー権限が少なく設定されているアカウントを持つユーザーに対しては、管理者ユーザー権限で実行しているユーザーよりも、この脆弱性による影響が少ないと考えられます。 この脆弱性の詳細については、Microsoft Common Vulnerabilities and Exposures CVE-2017-0160 (英語情報) を参照してください。 重要

  • 今後の Windows RT 8.1、Windows 8.1、および Windows Server 2012 R2 のすべてのセキュリティ更新プログラムとセキュリティ以外の更新プログラムには、更新プログラム 2919355 がインストールされている必要があります。 将来の更新プログラムをインストールするために、Windows RT 8.1 ベース、Windows 8.1 ベース、または Windows Server 2012 R2 ベースのコンピューターに更新プログラム 2919355 をインストールしておくことをお勧めします。

  • この更新プログラムをインストールした後に言語パックをインストールした場合は、この更新プログラムを再インストールする必要があります。 そのため、この更新プログラムをインストールする前に、必要な言語パックをすべてインストールすることをお勧めします。 詳細については、「Windows への言語パックの追加」を参照してください。

このセキュリティ更新プログラムの関連情報

  • 次のエラー メッセージを返す Windows Management Instrumentation (WMI) アプリケーションの場合:

    Get-WmiObject: The method or operation is not implemented. (方法または操作が実装されていません。)

    この更新プログラムを一時的に無効にするために、利用者は次のレジストリ エントリをシステムに適用できます。

    警告: このレジストリ エントリを有効にした場合、リモートでコードが実行される可能性も含め、セキュリティ上の脆弱性が悪用される可能性があります。

    レジストリ エントリ

    • 32 ビット システム上での 32 ビット処理および 64 ビット システム上での 64 ビット処理の場合:

      HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\.NETFramework\v4.0.30319@WMIDisableCOMSecurity=1

    • 64 ビット システム上での 32 ビット処理の場合:

      HKEY_LOCAL_MACHINE \Software\Wow6432Node\Microsoft\.NETFramework\v4.0.30319@WMIDisableCOMSecurity=1

    注意事項

    • このレジストリ エントリは、DWORD エントリにする必要があります。

    • このレジストリ エントリは、以前のセキュリティで保護されていない状態を復元します。

  • Windows 8.1 および Windows Server 2012 R2 に関連するこのセキュリティ更新プログラムの詳細については、次の Microsoft サポート技術情報の資料を参照してください。

    4014987 Windows 8.1 および Windows Server 2012 R2 用の .NET Framework 3.5、4.5.2、4.6、4.6.1、4.6.2 更新プログラムのセキュリティのみの更新プログラム: 2017 年 4 月 12 日

更新プログラムの入手方法およびインストール方法

方法 1: Microsoft Update カタログ

この更新プログラムのスタンドアロン パッケージを入手するには、Microsoft Update カタログにアクセスしてください。

方法 2: Windows Software Update Services (WSUS)

WSUS サーバーで、次の手順を実行します。

  1. [スタート] ボタンをクリックし、[管理ツール] をポイントし、[Microsoft Windows Server Update Services 3.0] をクリックします。

  2. [ComputerName] を展開し、[操作] をクリックします。

  3. [更新のインポート] をクリックします。

  4. ブラウザーのウィンドウが開き、ActiveX コントロールをインストールするようにというメッセージが表示される場合があります。 操作を続行するには、ActiveX コントロールをインストールする必要があります。

  5. このコントロールをインストールすると、Microsoft Update カタログの画面が表示されます。 [検索]ボックスに「4014987」と入力し、[検索]をクリックします。

  6. 実際の環境のオペレーティング システム、言語、プロセッサと合う.NET Framework パッケージを選択します。 [追加] をクリックしてバスケットに追加します。

  7. 必要なパッケージをすべて選択したら、[バスケットの表示] をクリックします。

  8. [インポート] をクリックして、WSUS サーバーにパッケージをインポートします。

  9. パッケージのインポートが完了したら、[閉じる] をクリックして WSUS に戻ります。

これで、WSUS 経由で更新プログラムをインストールすることができます。

更新プログラムの展開に関する情報

このセキュリティ更新プログラムの展開の詳細については、次の Microsoft サポート技術情報の資料を参照してください。

セキュリティ更新プログラムの展開に関する情報: 2017 年 4 月 12 日

更新プログラムのアンインストール情報

注: セキュリティ更新プログラムのアンインストールはお勧めしません。 この更新プログラムを削除するには、コントロール パネルの [プログラムの追加と削除] または [プログラムと機能] を使用します。

更新プログラムに伴う再起動に関する情報

更新対象のファイルがロックされたり使用されていない限り、この更新プログラムを適用した後にシステムを再起動する必要はありません。

更新プログラムの置き換えに関する情報

この更新プログラムを適用しても、これまでにリリースされた更新プログラムが置き換えられることはありません。

ファイル情報

パッケージ名

パッケージ ハッシュ SHA 1

パッケージ ハッシュ SHA 2

Windows8.1-KB4014562-arm.msu

A1E6EC1AD9FF6AB8870D8BEC111AA0461A5B549B

6C3C7B8E17B9D6F4FDB4300FD68CEC84F95F9E8E4A8000D35706B6B0FDFC06FE

Windows8.1-KB4014562-x64.msu

9501AA68A4842F68AD636DBD9FED5D67B619A2F2

9F90BCB53CF989FC56D6D119A92D0F1BDB7318C8DCF01FF917AEE2310D6CD2BA

Windows8.1-KB4014562-x86.msu

B9A510B371BE58D8B2C816FD5B93D46518FD8D2A

3207F5F2EC1B2A3B393840F3B614C184E6E4412346AA7C369B6E0E0277624A1B

この修正プログラムの英語 (米国) 版では、次の表に示す各属性を持つファイル群がインストールされます。 これらのファイルの日付と時刻は世界協定時刻 (UTC) で記載されています。 お使いのコンピューターでは、これらのファイルの日付と時刻は夏時間 (DST) 調整済みのローカル時刻で表示されます。 さらに、ファイルに対して特定の操作を実行すると、日時が変更される場合があります。

注: インストールされている MANIFEST ファイル (.manifest) および MUM ファイル (.mum) は記載されていません。

サポートされているすべてのバージョン (ARM ベース)

ファイル名

ファイル バージョン

ファイル サイズ

日付

時刻

プラットフォーム

Msvcp120_clr0400.dll

12.0.52386.36386

602,128

21-Mar-2017

13:09

Not Applicable

Msvcr120_clr0400.dll

12.0.52386.36386

634,384

21-Mar-2017

13:09

Not Applicable

Wminet_utils.dll

4.0.30319.36386

110,080

21-Mar-2017

13:09

Not Applicable

System.management.dll

4.0.30319.36386

416,960

21-Mar-2017

13:09

x86

サポートされているすべてのバージョン (x64 ベース)

ファイル名

ファイル バージョン

ファイル サイズ

日付

時刻

プラットフォーム

Msvcp120_clr0400.dll

12.0.52386.36386

678,592

21-Mar-2017

13:11

x64

Msvcr120_clr0400.dll

12.0.52386.36386

869,568

21-Mar-2017

13:11

x64

System.management.dll

4.0.30319.36386

416,960

21-Mar-2017

13:11

x86

Wminet_utils.dll

4.0.30319.36386

174,256

21-Mar-2017

13:11

x64

System.management.dll

4.0.30319.36386

416,960

21-Mar-2017

13:11

x86

Msvcp120_clr0400.dll

12.0.52386.36386

536,768

21-Mar-2017

13:11

x86

Msvcr120_clr0400.dll

12.0.52386.36386

875,712

21-Mar-2017

13:11

x86

Wminet_utils.dll

4.0.30319.36386

126,136

21-Mar-2017

13:11

x86

サポートされているすべてのバージョン (x86 ベース)

ファイル名

ファイル バージョン

ファイル サイズ

日付

時刻

プラットフォーム

System.management.dll

4.0.30319.36386

416,960

21-Mar-2017

13:11

x86

Msvcp120_clr0400.dll

12.0.52386.36386

536,768

21-Mar-2017

13:11

x86

Msvcr120_clr0400.dll

12.0.52386.36386

875,712

21-Mar-2017

13:11

x86

Wminet_utils.dll

4.0.30319.36386

126,136

21-Mar-2017

13:11

x86

このセキュリティ更新プログラムに関するヘルプとサポートを受ける方法

適用対象

この資料は、以下を対象としています。

  • Microsoft .NET Framework 4.5.2 を以下のオペレーティング システムと共に使用した場合:

    • Windows Server 2012 R2

    • Windows 8.1

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?

どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

その他にご意見はありますか?(省略可能)

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×