メイン コンテンツへスキップ
サポート
Microsoft アカウントでサインイン
サインインまたはアカウントを作成してください。
こんにちは、
別のアカウントを選択してください。
複数のアカウントがあります
サインインに使用するアカウントを選択してください。
スクリーン リーダーを使用して Windows のエクスプローラーを探索および移動する

この記事は、Windows のナレーター、JAWS、Microsoft 365 製品で NVDA などのスクリーン リーダー プログラムを使用する視覚障碍または認知障碍のあるユーザーを対象としています。 この記事は、Microsoft 365 スクリーン リーダー サポート コンテンツ セットの一部であり、アプリのアクセシビリティに関する詳細情報を見つけることができます。 一般的なヘルプについては、Microsoft サポート にアクセスしてください。

キーボードとスクリーン リーダーを使用して、エクスプローラー内を移動Windows 11。 ナレーター、JAWS、NVDA でこの記事をテストしましたが、一般的なアクセシビリティの標準と手法に従っている限り、手順は他のスクリーン リーダーで動作する可能性があります。

注: 

このトピックの内容は以下のとおりです。

エクスプローラーを開きます。

Windows ロゴ キーを押しながら E キーを押して、エクスプローラー を開きます。 フォーカスがコンテンツ ウィンドウの最初のアイテムに移動します。 既定では、これはクイック アクセス ビューの最初のアイテムで、フォルダーと最近使用したファイルが一覧表示されます

メイン画面の要素を切り返す

F6 キー (前方) または Shift キーを押しながら F6 キー (後方) キーを押して、 エクスプローラーの主要な要素を次の順序で順番に切り替えてください。

  • 画面の大部分を使用するコンテンツ ウィンドウ

  • コンテンツ ウィンドウの並べ替えボタン (コンテンツ ウィンドウが詳細ビュー モードの場合)

  • 表示モードを変更するボタンを含む、画面下部のステータス バー

  • ナビゲーション ボタンと [検索] ボックスを含む、画面の上部にあるツール バー

  • 画面の左側にあるナビゲーション ウィンドウ

コンテンツ ウィンドウ内を移動する

コンテンツ ウィンドウを使用して、コンピューターに保存されているファイルを操作します。 コンテンツ ウィンドウには、クイック アクセス ビュー 、または現在選択されているフォルダー、ドライブ、またはネットワークの場所のフォルダーとファイルが一覧表示されます。

  • コンテンツ ウィンドウにフォーカスを移動するには、F6 キーまたは Shift キーを押しながら F6 キーを押し、"アイテム ビュー" または "テーブルアイテムの入力ビュー" と聞こえ、その後に最初のアイテムの名前が聞こえます。

  • コンテンツを参照するには、下方向キーと上方向キーを使用します。 選択したファイルまたはフォルダーを開く場合は、Enter キーを押します。

  • コンテンツ ウィンドウの並べ替えボタンを使用するには (コンテンツ ウィンドウが [詳細] ビュー モードの場合)、現在選択されている並べ替え条件の名前 ("日付の変更、分割ボタン" など) が聞こえるまで F6 キーまたは Shift キーを押しながら F6 キーを押します。 並べ替えボタン間を移動するには、右方向キーと左方向キーを使用します。 選択したオプション ([名前] や [変更日]など) で現在のビューを並べ替えるには、Enter キーを押します。 これらのレイアウトの中には、アイテムの内容を含むサムネイルが表示されるレイアウトと、ファイルの種類に基づく標準アイコンが表示されるレイアウトがあります。 ファイルとフォルダーをプレビューするさまざまなビューは、非常に大きなアイコン、大きなアイコン中程度のアイコンタイル、およびコンテンツです

  • 複数のファイルを選択するには、選択する最初のファイルまたはフォルダーの名前が聞こえるまで Tab キーを押します。 次に、Shift キーを押しながら方向キーを使用して、ファイルまたはフォルダーを選択します。 必要なすべてのファイルとフォルダーを選択した後、Ctrl キーを押しながら X キーを押して切り取り、Ctrl キーを押しながら C キーを押してコピーするか、Delete キーを押して削除します。

ナビゲーション ウィンドウ内を移動する

ナビゲーション ウィンドウを使用して、フォルダー、ドライブ、ライブラリ、ピン留めされたファイルまたはフォルダー、ネットワーク上の場所 (OneDrive。 既定では、ナビゲーション ウィンドウの最初のアイテムはクイックアクセス ビューで、ピン留めフォルダーと頻繁フォルダーが一覧されます。 [クイック アクセス] を選択すると、[ピン留め] フォルダーと [頻繁にアクセスする] フォルダーに加えて、[最近使用したファイル]がコンテンツウィンドウに表示されます

  • ナビゲーション ウィンドウにフォーカスを移動するには、"ナビゲーション ウィンドウ" と聞こえるまで F6 キーまたは Shift キーを押しながら F6 キーを押し、ナレーターの後に最初のアイテムの名前 ("クイック アクセス" など) が聞こえます。 NVDA では、"ツリー ビュー" と読み上されます。 JAWS では、"ナビゲーション ウィンドウ、ツリー ビュー" と読み上されます。

  • フォルダーとドライブを参照するには、下方向キーと上方向キーを使用します。

  • コンテンツ ウィンドウで選択したフォルダーまたはドライブを開く場合は、Enter キーを押します。 フォーカスはナビゲーション ウィンドウに残ります。

ツール バー内を移動する

ツール バーには、現在のビューに応じて、さまざまなナビゲーション ボタンが表示されます。 [戻る]、[転送]、[最近使用した場所]、および [上へ] ボタンがあります。

  • フォーカスをツールバーに移動するには、"表示モード" と聞こえるまで F6 キーまたは Shift キーを押しながら F6 キーを押し、もう一度 F6 キーを押します。 フォーカスがツール バーの最初のアクティブ ボタンに移動します。

  • ツール バー ボタン間を移動するには、Tab キーを押します。 Enter キーを押して選択します。

[アプリ バー] ボタンを移動する

ツール バーの上には、新しいフォルダーの作成、コピー、移動、削除、ファイルの共有に使用されるアプリ バー ボタンの行があります。

  • フォーカスを [アプリ バー] ボタンに移動するには、Alt キーを押します。 "アプリ バー" と聞こえ、その後に現在選択されているボタンの名前 (例: "コピー、アプリ バー ボタン") と聞こえます。

  • ボタン間を移動するには、左方向キーまたは右方向キーを使用し、Enter キーを押してボタンを選択します。 

[検索] ボックスを使用する

[検索] ボックスは、特定のフォルダーまたはライブラリ内のファイルを見つけるのに役立ちます。

  1. [検索] ボックスを使用するには、Ctrl キーを押しながら E キーを押します。 検索用語を入力します。 入力を停止すると、[検索] ボックスの下にいくつかの上位の結果が表示されます。

  2. 次のいずれかの操作を行います。

  • コンテンツ ウィンドウで検索結果の完全な一覧を開く場合は、Enter キーを押します。 次に、最初の検索結果が聞こえるまで F6 キーを押し、下方向キーと上方向キーを使用して一覧を参照し、Enter キーを押して選択した結果を開きます。

  • [検索] ボックスの下に表示されている上位の結果を参照するには、下方向キーを押します。 選択した結果を開く場合は、Enter キーを押します。 検索を閉じるには、Esc キーを押します。

フォルダーを選択した場合、フォーカスはフォルダー内の最初のアイテムに移動します。

ファイルを選択した場合、関連付けられているアプリでファイルが開き、そのウィンドウにフォーカスが移動します。

関連項目

スクリーン リーダーを使用して、スクリーン リーダー内のスタート メニュー移動Windows

スクリーン リーダーを使用して、スクリーン リーダーを使用して、設定をWindows

デバイスでアクセシビリティ機能を使用Microsoft 365

ユーザー補助機能のWindows

キーボードとスクリーン リーダーを使用して、エクスプローラー内を移動 Windows 10 の場合。 ナレーター、JAWS、NVDA でこの記事をテストしましたが、一般的なアクセシビリティの標準と手法に従っている限り、手順は他のスクリーン リーダーで動作する可能性があります。

注: 

このトピックの内容は以下のとおりです。

エクスプローラーを開きます。

Windows ロゴ キーを押しながら E キーを押して、エクスプローラー を開きます。 フォーカスがコンテンツ ウィンドウの最初のアイテムに移動します。 既定では、これはクイック アクセス ビューの最初のアイテムで、頻繁なフォルダーと最近使用したファイルが一覧表示されます

メイン画面の要素を切り返す

F6 キー (前方) または Shift キーを押しながら F6 キー (後方) キーを押して、 エクスプローラーの主要な要素を次の順序で順番に切り替えてください。

  • 画面の大部分を使用するコンテンツ ウィンドウ

  • コンテンツ ウィンドウの並べ替えボタン (コンテンツ ウィンドウが詳細ビュー モードの場合)

  • 表示モードを変更するボタンを含む、画面下部のステータス バー

  • ナビゲーション ボタンと [検索] ボックスを含む、画面の上部にあるツール バー

  • 画面の左側にあるナビゲーション ウィンドウ

コンテンツ ウィンドウ内を移動する

コンテンツ ウィンドウには、クイック アクセス ビュー 、または現在選択されているフォルダー、ドライブ、またはネットワークの場所のフォルダーとファイルが一覧表示されます。

  • コンテンツ ウィンドウにフォーカスを移動するには、F6 キーまたは Shift キーを押しながら F6 キーを押し、"アイテム ビュー" または "テーブルアイテムの入力ビュー" と聞こえ、その後に最初のアイテムの名前が聞こえます。

  • コンテンツを参照するには、下方向キーと上方向キーを使用します。 選択したファイルまたはフォルダーを開く場合は、Enter キーを押します。

  • 前のビューに戻る場合は、Alt キーを押しながら左方向キーを押します。 戻ったビューに進むには、Alt キーを押しながら右方向キーを押します。

  • コンテンツ ウィンドウの並べ替えボタンを使用するには (コンテンツ ウィンドウが [詳細] ビュー モードの場合)、現在選択されている並べ替え条件の名前 ("日付の変更、分割ボタン" など) が聞こえるまで F6 キーまたは Shift キーを押しながら F6 キーを押します。 並べ替えボタン間を移動するには、右方向キーと左方向キーを使用します。 選択したオプション ([名前] や [変更日]など) で現在のビューを並べ替えるには、Enter キーを押します。

ナビゲーション ウィンドウ内を移動する

ナビゲーション ウィンドウには、コンピューター上のフォルダーとドライブと、お使いのコンピューターなどのネットワークの場所が一OneDrive。 既定では、ナビゲーション ウィンドウの最初のアイテムはクイックアクセス ビューで、[頻繁にアクセスする] フォルダーと [最近使用したファイル]が一覧に表示されます

  • ナビゲーション ウィンドウにフォーカスを移動するには、"ツリー ビュー" と読み上されるまで F6 キーまたは Shift キーを押しながら F6 キーを押します。

  • フォルダーとドライブを参照するには、下方向キーと上方向キーを使用します。

  • コンテンツ ウィンドウで選択したフォルダーまたはドライブを開く場合は、Enter キーを押します。 フォーカスはナビゲーション ウィンドウに残ります。

ツール バー内を移動する

ツール バーには、現在のビューに応じて、さまざまなナビゲーション ボタンが表示されます。 [戻る]、[転送]、[最近使用した場所]、および [上へ] ボタンがあります。

  • フォーカスをツールバーに移動するには、"表示モード" と聞こえるまで F6 キーまたは Shift キーを押しながら F6 キーを押し、もう一度 F6 キーを押します。 フォーカスがツール バーの最初のアクティブ ボタンに移動します。

  • ツール バー ボタン間を移動するには、Tab キーを押します。 Enter キーを押して選択します。

リボン タブ間を移動する

ツール バーの上には、たとえばファイルのコピー、移動、削除、共有を行うツールを含むリボン タブの行があります。

  • フォーカスをリボン タブの行に移動するには、Alt キーを押します。 "リボン、終了テーブル" と聞こえ、その後に現在選択されているタブが聞こえます。

  • リボン タブ間を移動するには、左方向キーまたは右方向キーを使用し、Enter キーを押してタブを選択します。 選択したリボン タブの内容がリボン タブの下のリボンに表示され、フォーカスがリボンの最初のオプションに移動します。

  • リボン内を移動するには、Tab キーまたは Shift + Tab キーを押します。 Enter キーを押してオプションを選択します。

[検索] ボックスを使用する

[検索] ボックスは、ファイル名がわかっている場合にすばやく見つけるのに役立ちます。

  1. [検索] ボックスを使用するには、Ctrl キーを押しながら E キーを押し、検索用語を入力します。 入力を停止すると、[検索] ボックスの下にいくつかの上位の結果が表示されます。

  2. 次のいずれかの操作を行います。

    • コンテンツ ウィンドウで検索結果の完全な一覧を開く場合は、Enter キーを押します。 次に、最初の検索結果が聞こえるまで F6 キーを押し、下方向キーと上方向キーを使用して一覧を参照し、Enter キーを押して選択した結果を開きます。

    • [検索] ボックスの下に表示されている上位の結果を参照するには、下方向キーを押します。 選択した結果を開く場合は、Enter キーを押します。 検索を閉じるには、Esc キーを押します。

フォルダーを選択した場合、フォーカスはフォルダー内の最初のアイテムに移動します。

ファイルを選択した場合、関連付けられているアプリでファイルが開き、そのウィンドウにフォーカスが移動します。

関連項目

スクリーン リーダーを使用して、スクリーン リーダー内のスタート メニューをWindows

スクリーン リーダーを使用して、スクリーン リーダーを使用して、設定をWindows

デバイスでアクセシビリティ機能を使用Microsoft 365

ユーザー補助機能のWindows

Windows のキーボード ショートカット

障碍のあるお客様へのテクニカル サポート

Microsoft は、すべてのお客様に最適な操作性を提供することを目指しています。 障碍のある方、およびアクセシビリティに関してご質問がある方が技術サポートをご希望の場合は、Microsoft Disability Answer Desk までご連絡ください。 Disability Answer Desk サポート チームは、一般的なユーザー補助技術を駆使するトレーニングを受けており、英語、スペイン語、フランス語、および米語の手話でサポートを提供することができます。 お住まいの地域での連絡先の詳細については、Microsoft Disability Answer Desk サイトを参照してください。

政府機関、商用、または法人ユーザーの場合は、法人向け Disability Answer Desk までお問い合わせください。

ヘルプを表示

その他のオプションが必要ですか?

サブスクリプションの特典の参照、トレーニング コースの閲覧、デバイスのセキュリティ保護方法などについて説明します。

コミュニティは、質問をしたり質問の答えを得たり、フィードバックを提供したり、豊富な知識を持つ専門家の意見を聞いたりするのに役立ちます。

一般的な問題の解決策を見つけるか、サポート エージェントからサポートを受けます。

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?
[送信] を押すと、Microsoft の製品とサービスの改善にフィードバックが使用されます。 IT 管理者はこのデータを収集できます。 プライバシーに関する声明。

フィードバックをいただき、ありがとうございます。

×