Microsoft は、お使いのデバイスの正確な地理的位置を特定するのに役立つ位置情報Windowsしています。 デバイスの正確な場所を使用すると、アプリでルート案内を提供し、近くのショップやレストランを表示できます。

多くのアプリやサービスがデバイスに位置情報を要求し、Windows Location Service を使用すると、正確な場所にアクセスできるアプリを制御できます。

位置情報設定のしくみ

Location Services は、デバイス管理者が制御できる、デバイス全体の設定です。 オンにすると、タイム ゾーンの自動Windowsデバイスの検索など、特定の機能が正常に機能します。 この場所の設定を有効にすると、Microsoft の位置情報サービスは、グローバル測位サービス (GPS)、近くのワイヤレス アクセス ポイント、セルのそびえ、IP アドレス (または既定の場所) の組み合わせを使用して、デバイスの場所を決定します。 デバイスの位置を特定できる精度はデバイスの性能によって異なり、厳密に特定できる場合もあります。

Location Servicesを有効にした場合、デバイスは、デバイスを離れる前にユーザーまたはデバイスを識別するデータを削除した後、位置情報 (ワイヤレス アクセス ポイント情報、携帯電話の通信台情報、利用可能な場合は正確な GPS 位置を含む) を Microsoft に送信します。 この場所情報の識別されないコピーは、Microsoft の位置情報サービスを改善するために使用され、場合によっては、プロバイダーの位置情報サービスを改善するために、現在 HEREおよび Skyhookの位置情報サービス パートナーと共有されます。

さらに、この設定を有効にすると、デバイス上の各ユーザーは、アプリがデバイスの場所と場所の履歴を使用して、デバイスでサポートされているのと同じ正確に場所対応のサービスを提供できます。 [設定] ページで、デバイスの位置情報への特定のアプリのアクセスを許可する場合、そのアプリは、正確な位置情報にアクセスできます。 この許可が行われない場合は、アプリに提供される位置情報の精度が低くなります。 位置情報を認識するアプリまたは Windows サービス/機能によってユーザーの位置情報が使用されると、位置情報と最近の位置情報履歴がユーザーのデバイスに保存されます。

アプリまたは機能がデバイスの場所にアクセスし、Microsoft アカウントでサインインしている場合、最後に知られている場所の情報もクラウドに保存されます。この情報は、Microsoft アカウントを使用する他のアプリまたはサービスと、アクセス許可を付与した他のアプリまたはサービスでデバイス間で利用できます。 Microsoft アカウントでサインインし、デバイスが自分の現在の場所を自分で確実に判断できない場合 (ビルや施設に入っている場合など)、アプリまたはサービスは、クラウドに保存されている場所の履歴から最後に知られた場所を使用できます (利用可能な場合)。 Windows デバイスの最近の場所の履歴に関するデータは、Microsoft アカウントが使用されなくてもデバイスに保存され、特定のアプリと Windows の機能でこの場所の履歴にアクセスできます。

デバイスの位置情報を特定する方法には、位置情報の設定で直接管理されていない、いくつかの例外があります。

デスクトップ アプリは、デバイスの位置情報の検出許可を個別に求めない特別な種類のアプリであり、位置情報を使用できるアプリを選ぶための一覧に表示されません。 デスクトップ アプリは 通常、インターネットからダウンロードするか、何らかの種類のメディア (CD、DVD、USB 記憶装置など) を使ってインストールします。 通常、.EXE または .DLL ファイルを使用して起動されます。また、(クラウドで実行される) Web ベースのアプリとは異なり、通常、デバイス上で実行されます。

Windows で Location サービスをオフにした場合でも、一部のサード パーティ製アプリやサービスでは、他のテクノロジ (Bluetooth、Wi-Fi、携帯電話のモデムなど) を使用して、さまざまな精度でデバイスの場所を特定できます。 Microsoft では、Microsoft Store 用のアプリを開発するサード パーティのソフトウェア開発者や、Microsoft ツールを使用してアプリを開発する開発者に対し、法的に必要な同意手続きによってユーザーがこれらのサード パーティ開発者に位置情報の特定を許可した場合を除き、Windows 位置情報の設定に従うよう求めています。 ただし、Windows デバイスの位置情報設定がオフの場合にユーザーの位置情報がアプリまたはサービスによって特定されるリスクをさらに軽減するためには、信頼できるソースから入手したアプリやサービスのみをインストールしてください。 さらに総合的に位置情報を保護するには、デバイスで無線ベースのコンポーネント (Wi-Fi、Bluetooth、携帯電話モデム、GPS コンポーネントなど) を無効にすることを検討してください。これらはアプリによって、ユーザーの正確な位置状態を特定するために使用される可能性があります。 ただしこれらを無効にすると、通話 (緊急通話を含む)、メッセージング、インターネット接続や、ヘッドホンのような周辺機器への接続など、他のエクスペリエンスも損なわれます。 インストールしたアプリやサービスによってデバイスの位置情報がどのように使用されるかについて詳しくは、そのアプリやサービスのプライバシー ポリシーをご覧ください。

ユーザーが非常時に緊急電話をかけたときには支援を得ることができるように、Windows はユーザーの位置情報設定に関係なく、ユーザーの正確な位置情報の特定と共有を試みます。 また、デバイスに SIM カードが挿入されている場合や他の方法で携帯電話サービスが使用されている場合は、携帯電話会社もデバイスの位置情報にアクセスできます。

場所の設定を管理する

[位置情報サービス]

  1. [スタート] >  設定> セキュリティ&に移動>します

  2. 次のいずれかの操作を行います。

    • デバイスの管理者である場合は、[位置情報サービス] 設定を使用して、このデバイスで位置情報サービスを使用できるかどうかを制御できます。 このデバイスの管理者ではない場合は、この設定は表示されます。

    • ユーザー アカウントの場所を制御するには、[アプリに位置情報へのアクセスを許可する] 設定を [オン] または [オフ]切り替えます。 [設定] ページに [位置情報サービスがオフ] と表示された場合は、個々のユーザーアカウントの [アプリに位置情報へのアクセスを許可する] 設定をオンにすることはできません。

[場所の履歴]

位置情報を使う Windows アプリとサービスの中には、場所の履歴も使うものがあります。 場所の設定がオンの場合、アプリまたはサービスによって参照された場所は、限られた時間 (24 時間) デバイスに保存され、削除されます。 この情報にアクセスできるアプリは、位置情報の設定ページに [場所の履歴を使用] と表示されます。

場所の履歴  を消去するには、デバイスを再起動するか、[スタート]>設定>プライバシー & セキュリティ>の場所] に移動し、[場所の履歴] で [クリア] を選択します 。 場所の履歴を消去すると、デバイス上の履歴のみが消去されます。 履歴が消去される前にアクセスしたアプリは、他の場所に保存されていることがあります。 詳細については、アプリのプライバシー ポリシーを参照してください。

クラウドに保存され、Microsoft アカウントに関連付けられている場所の履歴を消去するには、account.microsoft.com に移動し、アカウントにサインイン済みである必要があります。 [位置情報アクティビティの消去] を選択し、[クリア] を選択します。

既定の場所

GPS などの方法を使用してより正確な場所を検出できないWindows、アプリ、サービスが使用できるデバイスの既定の場所を設定できます。

より正確な場所が検出できないWindows、アプリ、サービスが使用できるデバイスの既定の場所を変更するには

  1. [スタート]>設定>  セキュリティ &場所>移動します

  2. [既定の場所] で、[既定値に設定] を選択します。

  3. Windows マップ アプリが開きます。 指示に従って、既定の場所を設定または変更します。

Web サイトの場所 Microsoft Edge

Microsoft Edge に対して位置情報がオンになっている場合は、さらに細かい設定として、デバイスの位置情報にアクセスできる Web サイトを制御できます。 位置情報を要求する Web サイトに初めてアクセスすると、Microsoft Edge から許可を求められます。 Web サイトごとの位置情報へのアクセス許可は、Microsoft Edge の設定でオフにできます。 場所とプライバシーの詳細については、Microsoft Edge

位置情報サービスのデータベースを構築する方法

位置情報サービスが有効になっていて、お使いのデバイスに GPS 機能がある場合、Microsoft は、位置情報サービスの提供に役立つモバイル Wi-Fiアクセス ポイントの場所を記録します。 データベースには、ワイヤレス ルーターの MAC アドレスや、ネットワーク デバイスに隣接するその他のWi-Fiが含まれる場合があります。 MAC アドレスと、お客様個人またはネットワークに接続されたデバイスを関連付けることはありません。

Microsoft が位置情報サービス データベース内の Wi-Fiの MAC アドレスを使用することを防ぐには、「位置情報サービスをオプトアウトする」 を参照してください

位置情報が利用されていることを知る方法: 位置情報アイコン

1 つ以上のアプリが現在、Windows Location サービスを通じてデバイスの場所を使用している場合は、タスク バーの通知領域に場所アイコンが表示されます。 アイコンをポイントすると、場所を使用するアプリまたはアプリの名前が表示されます。

また、[>   設定>Privacy & security>Location]に移動し、[アプリによる位置情報へのアクセスを許可する] の下に、場所が最後に使用された日時が表示されます。 Windows  

Microsoft は、お使いのデバイスの正確な地理的位置を特定するのに役立つ位置情報Windowsしています。 デバイスの正確な場所を使用すると、アプリでルート案内を提供し、近くのショップやレストランを表示できます。

多くのアプリやサービスがデバイスに位置情報を要求し、Windows Location Service を使用すると、正確な場所にアクセスできるアプリを制御できます。

位置情報設定のしくみ

デバイス位置情報の設定を有効にすると、タイム ゾーンの自動設定やデバイスの検索など、特定の Windows 機能が正しく機能するようになります。 デバイス位置情報の設定が有効になっている場合、Microsoft の位置情報サービスは、全地球測位システム (GPS)、近隣のワイヤレス アクセス ポイントや携帯電話基地局、IP アドレスの組み合わせを使用して、デバイスの位置を特定します。 デバイスの位置を特定できる精度はデバイスの性能によって異なり、厳密に特定できる場合もあります。

デバイスの場所の設定を有効にした場合、デバイスは、デバイスを離れる前にユーザーまたはデバイスを識別するデータを削除した後、識別されていない場所情報 (ワイヤレス アクセス ポイント情報、携帯電話の通信台情報、利用可能な場合は正確な GPS 位置を含む) を Microsoft に送信します。 この場所情報の識別されないコピーは、Microsoft の位置情報サービスを改善するために使用され、場合によっては、プロバイダーの位置情報サービスを改善するために、現在 HEREおよび Skyhookの位置情報サービス パートナーと共有されます。

さらに、デバイス上の各ユーザーに対してこの設定をオンにすると、アプリはデバイスの場所と場所の履歴を使用して、デバイスがサポートする場所に対応したサービスを正確に配信できます。 [設定] ページで、デバイスの位置情報への特定のアプリのアクセスを許可する場合、そのアプリは、正確な位置情報にアクセスできます。 この許可が行われない場合は、アプリに提供される位置情報の精度が低くなります。 位置情報を認識するアプリまたは Windows サービス/機能によってユーザーの位置情報が使用されると、位置情報と最近の位置情報履歴がユーザーのデバイスに保存されます。

アプリまたは機能がデバイスの場所にアクセスし、Microsoft アカウントでサインインしている場合、最後に知られている場所の情報もクラウドに保存されます。この情報は、お使いの Microsoft アカウントを使用する他のアプリまたはサービスと、アクセス許可を付与した他のアプリまたはサービスに対してデバイス間で使用できます。 ユーザーが Microsoft アカウントでサインインしていて、信頼性のある現在地情報をデバイスによって特定できない場合 (建物内や地下にいるときなど)、アプリやサービスはクラウドに保存されている直近の位置情報を (利用可能であれば) 位置情報履歴から取得して使用できます。

デバイスの位置情報を特定する方法には、位置情報の設定で直接管理されていない、いくつかの例外があります。

デスクトップ アプリは、デバイスの位置情報の検出許可を個別に求めない特別な種類のアプリであり、位置情報を使用できるアプリを選ぶための一覧に表示されません。 デスクトップ アプリは 通常、インターネットからダウンロードするか、何らかの種類のメディア (CD、DVD、USB 記憶装置など) を使ってインストールします。 通常、.EXE または .DLL ファイルを使用して起動されます。また、(クラウドで実行される) Web ベースのアプリとは異なり、通常、デバイス上で実行されます。

デバイスの位置情報の設定をオフにした場合も、サード パーティによる一部のアプリやサービスが、他のテクノロジ (Bluetooth、Wi-Fi、携帯電話モデムなど) を使用して、さまざまなレベルの精度でデバイスの位置情報を特定する可能性があります。 Microsoft では、Microsoft Store 用のアプリを開発するサード パーティのソフトウェア開発者や、Microsoft ツールを使用してアプリを開発する開発者に対し、法的に必要な同意手続きによってユーザーがこれらのサード パーティ開発者に位置情報の特定を許可した場合を除き、Windows 位置情報の設定に従うよう求めています。 ただし、Windows デバイスの位置情報設定がオフの場合にユーザーの位置情報がアプリまたはサービスによって特定されるリスクをさらに軽減するためには、信頼できるソースから入手したアプリやサービスのみをインストールしてください。 さらに総合的に位置情報を保護するには、デバイスで無線ベースのコンポーネント (Wi-Fi、Bluetooth、携帯電話モデム、GPS コンポーネントなど) を無効にすることを検討してください。これらはアプリによって、ユーザーの正確な位置状態を特定するために使用される可能性があります。 ただしこれらを無効にすると、通話 (緊急通話を含む)、メッセージング、インターネット接続や、ヘッドホンのような周辺機器への接続など、他のエクスペリエンスも損なわれます。 インストールしたアプリやサービスによってデバイスの位置情報がどのように使用されるかについて詳しくは、そのアプリやサービスのプライバシー ポリシーをご覧ください。

ユーザーが非常時に緊急電話をかけたときには支援を得ることができるように、Windows はユーザーの位置情報設定に関係なく、ユーザーの正確な位置情報の特定と共有を試みます。 また、デバイスに SIM カードが挿入されている場合や他の方法で携帯電話サービスが使用されている場合は、携帯電話会社もデバイスの位置情報にアクセスできます。

[場所の履歴]

位置情報を使う Windows アプリとサービスの中には、場所の履歴も使うものがあります。 位置情報の設定がオンのときにアプリやサービスが検索した場所は、デバイスに一定時間 (Windows 10 では 24 時間) 保存されてから削除されます。 この情報にアクセスできるアプリは、位置情報の設定ページに [場所の履歴を使用] と表示されます。

既定の場所

GPS や他の方法を使って正確な場所を検出できないときに Windows、アプリ、サービスが使うことができるように、デバイスの既定の場所を設定できます。

ジオフェンス

アプリによっては、特定のサービスをオンまたはオフにしたり、アプリにより定義された (つまり "囲まれた") エリアにいるときに役立つ情報を表示できるジオフェンスを利用します。 アプリでジオフェンスを使えるのは、そのアプリに対して位置情報がオンになっている場合に限ります。 Windows アプリのいずれかがジオフェンスを使っている場合は、位置情報の設定ページに "現在、1 つ以上のアプリがジオフェンスを使っています" というメッセージが表示されます。

Cortana

Cortana が最大限の機能を発揮するには、デバイスの位置情報と場所の履歴にアクセスする必要があります。このデータは、出発前に交通情報を表示したり、場所に基づいて "牛乳を購入する予定の食料品店が近くにあります" のようなリマインダーを表示したりなど、便利な情報を表示するために利用されます。 Cortana は、Wi‑Fi への接続時や Bluetooth からの切断時など、ユーザーが Cortana とやり取りしていないときでも定期的に位置情報を収集します。 Cortana がオンになると、検索アプリもデバイスの位置情報にアクセスできるようになり、プライバシーに関する声明で説明されているように Bing が使う検索の候補と結果を Cortana が提示するときに、自動的に Bing に送信されます。 デバイスの位置情報に対する Cortana からのアクセスを禁止するには、次の手順を実行します。

  1. [スタート]>設定> Cortana。

  2. [アクセス許可] または [アクセス許可と履歴] を選択します。

  3. [Cortana がこのデバイスからアクセスできる情報を管理します] を選択します。

  4. [位置情報] の設定を [オフ] にします。

Microsoft Edge

Microsoft Edge に対して位置情報がオンになっている場合は、さらに細かい設定として、デバイスの位置情報にアクセスできる Web サイトを制御できます。 位置情報を要求する Web サイトに初めてアクセスすると、Microsoft Edge から許可を求められます。 Web サイトごとの位置情報へのアクセス許可は、Microsoft Edge の設定でオフにできます。

2 つのバージョンのMicrosoft EdgeにインストールできるWindows 10。 新しい Microsoft Edge がダウンロード可能になり、デスクトップ アプリと見なされています。 次の手順に従って、新しいサービスの場所を有効Microsoft Edge。

  1. [スタート] >  設定> プライバシー >に移動します

  2. [このデバイスでの位置情報へのアクセスを許可する] をオンにします。

  3. [アプリが位置情報にアクセスできるようにする] をオンにします。

  4. [デスクトップ アプリが位置情報にアクセスできるようにする] をオンにします (表示されている場合)。

従来のバージョンの Microsoft Edge 2015 年 7 月にリリースされた HTML ベースのブラウザー Windows 10バージョンです。  次の手順に従って、従来のバージョンのバージョンの場所を有効Microsoft Edge。

  1. [スタート] >  設定> プライバシー >に移動します

  2. [このデバイスでの位置情報へのアクセスを許可する] をオンにします。

  3. [アプリが位置情報にアクセスできるようにする] をオンにします。

  4. [詳しい位置情報にアクセスできるアプリを選ぶ] で、[Microsoft Edge] の設定を [オン] に切り替えます。

新しい Microsoft Edge での場所とプライバシーについて

位置情報サービスのデータベースを構築する方法

位置情報サービスが有効になっている場合、位置情報サービスの提供を支援するために、お使いのデバイスに GPS 機能がある場合、Microsoft は携帯電話のそびえWi-Fi位置とアクセス ポイントの正確な位置を記録します。 データベースには、ワイヤレス ルーターの MAC アドレスや、ネットワーク デバイスに隣接するその他のWi-Fiが含まれる場合があります。 MAC アドレスと、お客様個人またはネットワークに接続されたデバイスを関連付けることはありません。

Microsoft が位置情報サービス データベース内の Wi-Fiの MAC アドレスを使用することを防ぐには、「位置情報サービスをオプトアウトする」 を参照してください

位置情報が利用されていることを知る方法: 位置情報アイコン

1 つ以上のアプリが現在 Windows 位置情報サービスを通じてデバイスの位置情報を利用している場合、タスク バーの通知領域 (Windows 10 PC の場合) または画面上部のステータス バー (Windows 10 Mobile デバイスの場合) に位置情報アイコンが表示されます。 ジオフェンスの場合、アイコンは表示されません。

位置情報アイコンを表示または非表示にするには

Windows 10 PC での手順:

  1. [スタート] >設定>タスク バー >移動します

  2. [通知領域][タスク バーに表示するアイコンを選択します] を選択します。

  3. [位置情報通知] 設定を [オン] または [オフ] にします。

Windows 10 Mobile での手順:

  1. [設定]に移動します

  2. [プライバシー] > [位置情報] の順に選択します。

  3. [位置情報アイコンを表示する] をオンまたはオフにします。

職場から割り当てられたデバイスを使っている場合や、個人用のデバイスを職場で使っている場合は、位置情報の設定の変更ができなくなっていることがあります。 この場合、位置情報の設定ページに "一部の設定は組織によって管理されています" というメッセージが表示されます。

位置情報の設定を制御する方法

Windows の位置情報の設定では、Windows 機能がデバイスの位置情報にアクセスできるかどうか、またどの Windows アプリにデバイスの位置情報や場所の履歴情報の使用を許可するかを制御できます。 場所の設定を確認するには、[プライバシー設定の場所>設定>   >します

場所の履歴を消去するには、デバイスを再起動するか、[スタート] >設定 > プライバシー  >場所] に移動し、[場所の履歴] で[クリア] を選択します。 場所の履歴を消去すると、デバイス上の履歴のみが消去されます。 履歴が消去される前にアクセスしたアプリは、他の場所に保存されていることがあります。 詳しくは、アプリのプライバシー ポリシーを参照してください。

クラウドに保存され、Microsoft アカウントに関連付けられている場所の履歴を消去するには 、account.microsoft.comに移動し、アカウントにサインイン済みです。 [位置情報アクティビティの消去] を選択し、[クリア] を選択します。

Windows の位置情報設定を切り替えるには:

PC での手順:

  1. [スタート] >設定> プライバシー > に移動します

  2. 次のいずれかの操作を行います。

    • デバイスの管理者がデバイス全体の位置情報を管理するには、[変更] を選択し、[このデバイスの位置情報] メッセージで、設定を [オン] または [オフ] に切り替えます。

    • お使いのユーザー アカウントの位置情報だけを管理するには、[アプリが位置情報にアクセスできるようにする] 設定を [オン] または [オフ] に切り替えます。 [このデバイスの位置情報はオフです] が [設定] ページに表示される場合は、個々のユーザー アカウントについて [アプリが位置情報にアクセスできるようにする] 設定をオンにすることはできません (以前のバージョンの Windows では、この設定は [位置情報サービス] と呼ばれていました)。

Windows 10 PC では、タスク バーの右端にある通知領域から [位置情報] タイルを追加または削除できます。 以下にその方法を示します:

  1. [Start >設定Notifications > アクション] &移動します。 

  2. [クイック アクション] で、[クイック アクションの編集] を選択します。

  3. [位置情報] タイルを追加、削除、または移動します。

モバイル デバイスでの手順:

  1. [プライバシー ] 設定>の場所>移動します

  2. [位置情報] を選択してオンまたはオフにします。

個々のアプリが正確な位置情報にアクセスできるかどうかを変更するには:

  1. [スタート] >設定>  プライバシー > に移動します

  2. [詳しい位置情報にアクセスできるアプリを選ぶ] に表示された各アプリをオンまたはオフにします。 デバイスでは、各ユーザーが自分のアカウントに同じ操作を行うことができます。 お使いのユーザー アカウントで [アプリが位置情報にアクセスできるようにする][オフ] になっている場合、[アプリが位置情報にアクセスできるようにする][オン] になるまでオン/オフ スイッチをオンにすることはできません。

正確な場所を検出できないときに Windows、アプリ、サービスが利用できる PC の既定の場所を変更するには

  1. [スタート] >設定>  プライバシー > に移動します

  2. [既定の場所] で、[既定値に設定] を選択します。

  3. Windows マップ アプリが開きます。 手順に従って既定の場所を変更します。

ヘルプを表示

ディスカッションに参加
コミュニティにたずねる
サポートを受ける
お問い合わせ​​

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×