音声認識を使った PC の操作方法を説明するビデオを視聴します (キャプションを表示するには、[クローズド キャプション] ボタン をタップまたはクリック します)。

お使いのブラウザーはビデオをサポートしていません。

音声認識でディクテーションを使う方法を説明するビデオを視聴します (キャプションを表示するには、[クローズド キャプション] ボタン をタップまたはクリック します)。

お使いのブラウザーはビデオをサポートしていません。

Windows 音声認識では、キーボードとマウスをオプションで使用できます。 キーボードとマウスの代わりに、音声を使用して PC を操作し、テキストをディクテーションできます。

注: 音声認識は、英語 (米国および英国)、フランス語、ドイツ語、日本語、中国語 (簡体字および繁体字)、スペイン語でのみ使用できます。

音声認識を使い始めるには、いくつか手順が必要です。 まず、マイクをセットアップする必要があります。 次に、音声を認識するように、PC をトレーニングします。

マイクをセットアップするには

次の手順が正常に実行されるには、音声認識をセットアップする前にマイクが PC に差し込まれていることを確認します。

  1. 画面の右端から内側へスワイプし、[検索] をタップします。
    (マウスを使用している場合は、画面の右下隅をポイントし、マウス ポインターを上に移動して、[検索] をクリックします)。

    Windows ロゴ キーを押しながら Q キーを押して、キーボードで検索 を開く方法もできます。

  2. 検索ボックスに「マイクのセットアップ」と入力し、[マイクのセットアップ] をタップまたはクリックします。

  3. 画面に表示される指示に従って操作します。

注: できる限りヘッドセット マイクを使用します。ヘッドセット マイクはほとんど雑音を拾いません。

PC をトレーニングして音声を認識させるには

音声認識は、特別な音声プロファイルを使用してユーザーの声や音声コマンドを認識します。 音声認識を使用すればするほど音声プロファイルが詳細になり、PC の認識能力が向上します。

  1. 画面の右端から内側へスワイプし、[検索] をタップします。
    (マウスを使用している場合は、画面の右下隅をポイントし、マウス ポインターを上に移動して、[検索] をクリックします)。

    Windows ロゴ キーを押しながら Q キーを押して、キーボードで検索 を開く方法もできます。

  2. 検索ボックスに「音声認識」と入力し、[音声認識] をタップまたはクリックします。

  3. [コンピューターをトレーニングして認識精度を上げる] をタップまたはクリックします。

  4. 音声認識トレーニングの指示に従います。
     

オンライン フォームへの記入や文字の入力など、多くの操作に音声を使用できます。 マイクに向かって話すと、音声認識によって音声がテキストに変換され、画面に表示されます。

音声認識を使用してテキストをディクテーションするには

  1. 画面の右端から内側へスワイプし、[検索] をタップします。
    (マウスを使用している場合は、画面の右下隅をポイントし、マウス ポインターを上に移動して、[検索] を クリックします)。

    キーボードの Windows ロゴ キー を押しながら Q キーを押しても検索が開きます。

  2. 検索ボックスに「音声認識」と入力し、[Windows 音声認識] をタップまたはクリックします。

  3. 「聞き取りを開始」と言うか、[マイク] ボタンをタップまたはクリックして、聞き取りモードを開始します。

  4. 使用するアプリを開くか、またはテキストのディクテーション先のテキスト ボックスを選択します。

  5. ディクテーションするテキストを言います。

間違いを修正するには

  • 誤りを修正する方法は、3 つあります。

    • 言った最後の単語を修正するには、「それを修正」と言います。

    • 単一の単語を修正するには、修正する単語を言ってから、「を修正」と言います。 その単語が複数表示されている場合、インスタンスがすべて強調表示され、修正の対象を選択できます。

    • [代替パネル] ダイアログ ボックスで、目的の項目の横にある番号を言い、次に「OK」と言います。

音声認識辞書で単語を追加または変更するには

音声辞書を使用すると、独自の単語を追加したり、特定の語をディクテーションしないようにしたり、辞書にある単語を修正または削除したりすることができます。

  1. 画面の右端から内側へスワイプし、[検索] をタップします。
    (マウスを使用している場合は、画面の右下隅をポイントし、マウス ポインターを上に移動して、[検索] を クリックします)。

    キーボードの Windows ロゴ キー を押しながら Q キーを押しても検索が開きます。

  2. 検索ボックスに「音声認識」と入力し、[Windows 音声認識] をタップまたはクリックします。

  3. 「聞き取りを開始」と言うか、[マイク] ボタンをタップまたはクリックして、聞き取りモードを開始します。

  4. 「音声辞書を開く」と言い、次のいずれかの操作を行います。

    • 単語を辞書に追加するには、「新しい単語を追加する」と言い、指示に従います。

    • 特定の単語をディクテーションしないようにするには、「単語をディクテーションしない」と言い、指示に従います。
       

単純で短いコマンドを使って、PC を操作できます。 下記の表は、最もよく使われる音声認識コマンドの一部を示したものです。 太字の 単語は 、例の単語または語句を同様の単語に置き換え、有用な結果を得ることができます。

キーボード ショートカットを直接声に出して、PC を操作できます。 使うことができるキーボード ショートカットの一覧については、「キーボード ショートカット」をご覧ください。

注: 使用するコマンドを見つけるときは必ず、「音声操作の項目」と言ってください。

目的

話す内容

スタート画面を開く

スタート

チャーム バーを開く

Windows C を押す

検索チャームを開く

Windows Q を押す

アプリを表示する

アプリ

アプリを使い始める

右クリック、Windows Z を押す

アプリを使う

実行する動作を言ってください。 たとえばお天気アプリで「気温に移動」と言います。

名前により任意の項目を選択する

[ファイル ] をクリックしますスタート; 表示

任意の項目またはアイコンを選択する

[ごみ 箱] をクリックします。[コンピューター ] をクリックします。[ファイル 名] をクリックする

任意の項目をダブルタップまたはダブルクリックする

[ごみ箱] をダブルクリックします。[コンピューター] を ダブルクリックします。ファイル名を ダブルクリックする

開いているアプリに切り替える

ペイントに切り替え、ワードパッドに切り替え、プログラム名に切り替え、アプリケーションの切り替え

一方向にスクロールする

上にスクロール、下にスクロール、左にスクロール、右にスクロール

ドキュメントに新しい段落または新しい行を挿入する

新しい段落、新しい行

ドキュメント内の単語を選択する

単語を 選択する

単語を選択し、その修正を開始する

正しい 単語

特定の単語を選択して削除する

単語を 削除する

適用できるコマンドの一覧を表示する

どうすればいいですか?

現在利用できる音声コマンドの一覧を更新する

音声コマンドを最新の情報に更新

聞き取りモードを有効にする

聞き取りを開始

聞き取りモードを無効にする

聞き取りを停止

音声認識のマイク バーを動かす

音声認識を移動

マイク バーを最小化する

音声認識を最小化

特定のタスクに関する Windows ヘルプとサポートの内容を表示する

作業の実行方法は?

たとえば、「プリンターのインストール方法は?」と言うと、ヘルプ トピックの一覧が表示されます。

このコマンドを使用できるのは、米国英語の音声認識エンジンを使用している場合のみです。

目的

話す内容

ドキュメントに新しい行を挿入する

新しい行

ドキュメントに新しい段落を挿入する

新しい段落

タブを挿入する

Tab

次に言うコマンドの文字どおりの単語を挿入する (たとえば、句読点ではなく「コンマ」という単語を挿入できます)

リテラル

数字の数値的形式を挿入する

数字

特定の単語の前にカーソルを移動する

単語に移動 する

特定の単語の後にカーソルを移動する

単語の後に 移動する

次の単語の前にスペースを挿入しない

スペースなし

カーソルがある文の最初に移動する

文の最初に移動

カーソルがある段落の最初に移動する

段落の最初に移動

ドキュメントの最初に移動する

ドキュメントの最初に移動

カーソルがある文の最後に移動する

文の最後に移動

カーソルがある段落の最後に移動する

段落の最後に移動

現在のドキュメントの最後に移動する

ドキュメントの最後に移動

現在のドキュメント内の単語を選択する

単語を選択

現在のドキュメント内の単語の範囲を選択する

単語の範囲を選び、単語を選択する

現在のドキュメント内のすべてのテキストを選択する

すべて選択

カーソルの前にある、指定した数の単語を選択する

前の 20 単語を選択、前の 10 単語を選択

カーソルの後ろにある、指定した数の単語を選択する

次の 20 単語を選択、次の 10 単語を選択

ディクテーションした最後のテキストを選択する

それを選択

画面上の選択をクリアする

選択をクリアする

単語の最初の文字を大文字にする

Caps Word

単語のすべての文字を大文字にする

すべて大文字 の単語

単語のすべての文字を小文字にする

大文字の 単語なし

以降にある、指定した数の単語を大文字に変更する

次の 10 単語を大文字に変更

以降にある、指定した数の単語を小文字に変更する

次の 10 単語を小文字に変更

前の文を削除する

前の文を削除

次の文を削除する

次の文を削除

前の段落を削除する

前の段落を削除

次の段落を削除する

次の段落を削除

選択したテキストまたは最後にディクテーションしたテキストを削除する

それを削除

目的

話す内容

キーボードの任意のキーを押す

キーボード キーを押します。; キーを押す大文字の b キーを押します。Shift キー を押しながら a キーを押します。Ctrl キー を押しながら a キーを押す

「を押す」と続けて言わずに、特定のキーボード キーを押す

削除; Backspace; Enter; Page Up; Page Down; ホーム; End; Tab

注: また、ICAO\NATO の音標文字を使用してキーボードの各キーを言うことにより、押すこともできます。 たとえば、"α キーを押す" と言って "a" または "bravo キーを押す" と言って "b" を押します。

音声認識を使用してキーボード キーを押すと、ラテン文字を使用する言語でのみ機能します。

挿入する文字

話す内容

,

コンマ

;

セミコロン

.

ピリオド、点、ドット

:

コロン

"

ダブル クォーテーション開く、クォーテーション開く

"

ダブル クォーテーション閉じる、クォーテーション閉じる、逆向きクォーテーション閉じる

'

アポストロフィ

'

シングル クォーテーション開く

'

シングル クォーテーション閉じる

>

大なり記号

<

小なり記号

/

スラッシュ

\

バックスラッシュ

~

チルダ

@

アットマーク

!

感嘆符、ビックリマーク

?

疑問符、ハテナマーク

#

番号記号、イゲタ

$

ドル記号、ドルマーク

%

パーセント

^

キャレット

(

かっこ開く

)

かっこ閉じる

_

アンダーバー、アンダーライン、下線

-

ハイフン、マイナス、ダッシュ、ヒク

半角ダッシュ

全角ダッシュ

=

イコール

+

プラス

{

中かっこ開く

}

中かっこ閉じる

[

大かっこ開く

]

大かっこ閉じる

|

縦棒

:-)

笑い、ハッピー、スマイリー

:-(

シクシク、アンハッピー

;-)

ウインク

商標記号

¾

4 分の 3 記号

¼

4 分の 1 記号

½

2 分の 1 記号

£

ポンド記号

&

アンド

*

アスタリスク

//

ダブル スラッシュ

`

後ろ向き引用符

<

始め山かっこ

>

終わり山かっこ

±

プラス マイナス

«

二重山かっこ開く

»

二重山かっこ閉じる

×

かける、かけ算記号

÷

割る、割り算記号

¢

セント

¥

円、円記号

§

セクション

©

著作権、著作権記号

®

商標、商標記号

°

度、度記号

段落記号

省略記号、ドット ドット ドット

ƒ

関数記号

目的

話す内容

名前を言うことにより任意の項目を選択する

ファイル; 編集; 表示; 保存

任意の項目を選択する

ファイルをクリック、太字をクリック、保存をクリック、閉じるをクリック

任意の項目をダブルタップまたはダブルクリックする

[コンピューター] を ダブルクリックします。[ごみ箱] をダブルクリックします。フォルダー名 をダブルクリックする

任意の項目を長押しまたは右クリックする

[コンピューター] を 右クリックします。[ごみ箱] を右クリックします。フォルダー名を 右クリックする

ウィンドウをすべて最小化して、デスクトップを表示する

デスクトップを表示

何と言えばいいかわからないアイテムを選択する

番号を表示 (番号は、作業中のウィンドウ内のすべてのアイテムに対し、画面に表示されます。 項目に対応する番号を言って選択します)

番号の付いた項目を選択する

19 OK; 5 わかりました

番号の付いた項目をダブルタップまたはダブルクリックする

19 をダブルクリック、5 をダブルクリック

番号の付いた項目を長押しまたは右クリックする

19 を右クリックします。5 を右クリックする

目的

話す内容

アプリを開く

ペイント を開く;ワード パッドを開く;アプリ 名を開く

開いているアプリに切り替える

ペイントに切り替え、ワードパッドに切り替え、アプリ名に切り替え、アプリケーションを切り替え

アプリを閉じる

閉じる;ペイントを 閉じる;ドキュメント を閉じる

最小化

最小化する;ペイントを 最小化する;ドキュメント を最小化する

最大化

最大化します。ペイントを 最大化する;ドキュメント を最大化する

復元

復元するペイントを 復元する;ドキュメント を復元する

切り取る

それを切り取る、切り取る

コピー

それをコピー、コピー

貼り付け

貼り付け

削除

それを削除、削除

元に戻す

それを元に戻す、元に戻す

一方向にスクロールする

上にスクロール、下にスクロール、右にスクロール、左にスクロール

特定のページ数、スクロールする

下に 2 ページ移動、上に 10 ページ移動

特定の単位数、スクロールする

へスクロール 5;下に スクロールする 7

フォームまたはアプリ内のフィールドに移動する

フィールド名に移動する;[件名] に移動する;[アドレス] に移動する;CCに移動

目的

話す内容

マウスグリッドを表示する

マウスグリッド

任意のマウスグリッド正方形の中心へマウス ポインターを移動する

2 乗の数値;1, 7, 9

マウスグリッドの任意の正方形をタップまたはクリックする

角形の番号をクリックする

ドラッグする項目をマウスグリッドで選択する

アイテムが表示される正方形の数。3、7、9 (その後に記号)

項目をドラッグする領域をマウスグリッドで選択する

ドラッグする四角形の数。4、5、6 (その後に続く) クリック

自分の声を使ってコンピューターを制御できます。 コマンドを言うと、コンピューターが応答します。また、コンピューターに対してテキストをディクテーションできます。

音声認識の使用を開始する前に、Windows 音声認識用にコンピューターをセットアップする必要があります。 音声認識のセットアップには、3 つの手順があります。マイクのセットアップ、コンピューターに話しかける方法の学習、および音声を理解させるためのコンピューターのトレーニングです。

作業を開始する前に、コンピューターにマイクが接続されていることを確認してください。

  1. [スタート] ボタンをクリックして音声認識を開 [スタート] ボタン アイコンコントロール パネル、[簡単操作] の順にクリックし、[音声認識] をクリックします

  2. [マイクのセットアップ] をクリックします。

  3. 画面に表示される指示に従って操作します。

注: 音声認識の成功率は、使用するマイクの品質と直接関係があります。 音声認識用マイクの中で最も一般的な 2 つの種類は、ヘッドセット マイクとデスクトップ マイクです。 ヘッドセット マイクの方が余分な音を拾うことが少ないため、音声認識での使用に適しています。

Windows には、音声認識で使用するコマンドを学ぶのに役立つよう、音声トレーニングのチュートリアルが付いています。 このチュートリアルは、完了するまでに約 30 分かかります。 下記の手順に従って、音声トレーニング チュートリアルを実行します。

  1. [スタート] ボタンをクリックして音声認識を開 [スタート] ボタン アイコンコントロール パネル、[簡単操作] の順にクリックし、[音声認識] をクリックします

  2. [音声認識チュートリアルの実施] をクリックします。

  3. 音声認識チュートリアルの指示に従います。

音声認識は、一意の音声プロファイルを使って、ユーザーの声と音声コマンドを認識します。 音声認識を使用すればするほど、音声プロファイルが詳細になり、コンピューターの認識能力が向上します。

  1. [スタート] ボタンをクリックして音声認識を開 [スタート] ボタン アイコンコントロール パネル、[簡単操作] の順にクリックし、[音声認識] をクリックします

  2. [コンピューターをトレーニングして認識精度を上げる] をクリックします。

  3. 画面に表示される指示に従って操作します。

注: 音声認識は、英語、フランス語、スペイン語、ドイツ語、日本語、簡体字中国語、および繁体字中国語のみで使うことができます。

ヘルプを表示

ディスカッションに参加
コミュニティにたずねる
サポートを受ける
お問い合わせ​​

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?

どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

その他にご意見はありますか?(省略可能)

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×