Sign in with Microsoft
Sign in or create an account.

Windows セキュリティで悪意のあるファイルとして検出されたファイル、ファイルの種類、またはプロセスを信頼できる場合は、それらを除外リストに追加することにより、Windows セキュリティによる警告やプログラムのブロックを回避できます。 

注意: これは、安全であると確信できるファイルに対してのみ行います。 安全でないプログラムの除外を追加すると、システムとデータが危険にさらされるリスクが高まります。

  1. [スタート] を選択し、[設定] を開きます 。 [プライベートとセキュリティ]  を選択し、[ウイルスと脅威の防止] を選択します。

  2. [ウイルスと脅威の防止の設定] で、[設定の管理] を選択し、[除外] で、[除外の追加または削除] を選択します。

    Windows セキュリティ アプリで除外を追加する場所。

  3. [除外を追加する] を選択し、ファイル、フォルダー、ファイルの種類、またはプロセスから選択します。 フォルダーの除外は、フォルダー内のすべてのサブフォルダーにも適用されます。

  1. [スタート]  > [設定]  > [更新とセキュリティ]  > [Windows セキュリティ] > [ウイルスと脅威の防止] の順に移動します。

  2. [ウイルスと脅威の防止の設定] で、[設定の管理] を選択し、[除外] で、[除外の追加または削除] を選択します。

    代替テキスト

  3. [除外を追加する] を選択し、ファイル、フォルダー、ファイルの種類、またはプロセスから選択します。 フォルダーの除外は、フォルダー内のすべてのサブフォルダーにも適用されます。

関連項目

Windows セキュリティにファイルの種類またはプロセスの除外を追加する方法

Microsoft セキュリティのヘルプと学習

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×