Windows Ink ワークスペースを使用する

Windows Ink ワークスペースで、ペンを使ってアイデアを共有したり、スクリーンショットを描いたりすることができます。

ホワイトボードと切り取り領域 & スケッチオプションが含まれる Windows Ink ワークスペースメニュー

注: 以前の Windows Ink ワークスペースには、付箋とスケッチパッドが含まれていました。 また、付箋を使ってアラームを書き留めたり、アイデアをメモしたりすることもできます。 付箋にアクセスするには、「 付箋の使用を開始する」を参照してください。 スケッチパッドは、Windows の旧バージョンでのみ使用できます。 

タスクバーから [ Windows Ink ワークスペース] を選択し て開きます。 ここで、[ホワイトボード ] または [全画面切り取り] を選ぶことができます。 ([詳細] を選択し て、ペン または access のペンの設定について学習することもでき ます)。 

ヒント: Microsoft ホワイトボードをすばやく開くには、ペンの上部にあるボタンを1回押します。または、ダブルクリックして、[切り取り] & スケッチ] を開きます。 ペンのショートカットが機能しない場合は、[設定] で組み合わせる必要がある場合があります。 詳細については、「 Bluetooth デバイスに接続 する」を参照してください。

ホワイトボードで共同作業する

ホワイトボードを使用すると、Microsoft アカウントにサインインしたときに、リアルタイムの ide 用のインテリジェントなキャンバスを作成し、共同作業を行うことができます。 画像を描画、入力、または追加します。 積み重ねをして移動します。 ペンや蛍光ペンなど、作成する機器を選びます。 ブラシ ストロークのサイズを変更します。このサイズは、描画中でも変更できます。 手が滑って描画に失敗した場合は、さまざまな消しゴムを使って修正できます。

注釈付きホワイトボードアプリ

完了すると、ブレーンストーミングセッションは Microsoft cloud に自動的に保存されるので、中断した場所から作業を再開することができます。 

切り取り & スケッチでスクリーンショットにメモを追加する

切り取り & スケッチを開き、その時点における PC 画面上に描画するか、前のイメージを開きます。 ステンシルや線の幅、共有機能、エクスポート機能まで、切り取り & スケッチにはスケッチパッドのツールがすべて用意されています。

& 切り取り領域は、一般的な画像上の注釈付きのスケッチアプリです。

ヒント: ペンのショートカットボタンをクリックしたときの動作を決定するには、[> の設定] に移動して、[ Devices ペン & Windows Ink ] > [ ペンのショートカット] にスクロールして、ボタンの動作をカスタマイズします。

ヘルプを表示

ディスカッションに参加
コミュニティにたずねる
サポートを受ける
お問い合わせ​​

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×