目次
×

認証アプリを設定して、モバイル デバイスに通知を送信したり、セキュリティ確認方法として確認コードを送信したりすることができます。 Microsoft Authenticator アプリを使用する必要はありません。また、セットアップ プロセス中に別のアプリを選択することもできます。 ただし、この記事では、アプリのMicrosoft Authenticatorします。

重要: アカウントを追加する前に、アプリをダウンロードしてインストールMicrosoft Authenticatorがあります。 まだインストールしていない場合は、アプリのダウンロードとインストールに関する記事の手順に従ってください。

注: [モバイル アプリ] オプションが灰色表示されている場合は、組織で認証アプリを使用して検証を許可されていない可能性があります。 この場合は、別の方法を選択するか、管理者に問い合わせてサポートを受ける必要があります。

通知を送信Microsoft Authenticatorアプリを設定する

  1. [追加のセキュリティ確認] ページで、[手順1:連絡方法] 領域から [モバイル アプリ] を選択します。

  2. [モバイル アプリの使い方]領域から [確認用の通知を受け取る]を選択し、[設定]を選択します


    [モバイル アプリ] と [確認の通知を受信] が選択された [追加のセキュリティ確認] ページを示すスクリーンショット。
    [モバイル アプリの構成]ページが表示されます。

    QR コードを提供する画面

  3. アプリをMicrosoft Authenticator、右上の [カスタマイズと制御] アイコンから [アカウントの追加] を選択し、[仕事用または学校用アカウント]を選択します

    注: アプリがカメラ (iOS) にアクセスできるかどうか、またはアプリが写真を撮ってビデオを録画できるかどうかを確認するメッセージが表示された場合 (Android)。 認証アプリがカメラにアクセスして、次の手順で QR コードの写真を撮影するには、[許可] を選択します。 カメラを許可しない場合は、「アプリにアカウントを手動で追加する」の説明に従って、認証アプリを設定できます

  4. デバイスのカメラを使用して、コンピューターの [モバイルアプリの構成] 画面から QR コードをスキャンし、[次へ] を選択します

  5. コンピューターと [追加のセキュリティ確認] ページに戻り、構成が成功したというメッセージが表示されたことを確認し、[次へ] を選択します。 認証アプリは、テストとしてモバイル デバイスに通知を送信します。

    [モバイル アプリが構成されています...] が表示された [追加のセキュリティ確認] ページを示すスクリーンショット。成功メッセージが強調表示されています。

  6. モバイル デバイスで、[承認] を選択します

  7. コンピューターで、モバイル デバイスの電話番号を 「手順3:モバイル アプリ領域にアクセスしなき場合」に追加し、[次へ] を選択します。 何らかの理由でモバイル アプリにアクセスまたは使用できない場合は、バックアップとして機能するモバイル デバイスの電話番号を追加します。

  8. [手順4: 既存のアプリケーションを使用し続ける] 領域で、指定されたアプリ パスワードをコピーし、安全な場所に貼り付けます。

    [追加のセキュリティ確認] ページの [アプリ パスワード] 領域

    注: 古いアプリでアプリ パスワードを使用する方法については、「アプリ パスワードの管理」を参照してください。 2 要素認証をサポートしない古いアプリを引き続き使用する場合は、アプリ パスワードを使用する必要があります。

  9. [完了] を選択します。

確認コードを使用Microsoft Authenticatorアプリを設定する

  1. [追加のセキュリティ確認]ページで、[手順 1: お客様に連絡する方法] から [モバイル アプリ] を選択します

  2. [モバイル アプリの使い方] 領域で [確認コードの使用]を選択し、[セットアップ]を選択します


    モバイル アプリと通知オプションを含む追加のセキュリティ確認ページ
    [モバイル アプリの構成]ページが表示されます。

    QR コードを提供する画面

  3. アプリをMicrosoft Authenticator、右上の [カスタマイズと制御] アイコンから [アカウントの追加] を選択し、[仕事用または学校用アカウント]を選択します

    注: アプリがカメラ (iOS) にアクセスできるかどうか、またはアプリが写真を撮ってビデオを録画できるかどうかを確認するメッセージが表示された場合 (Android)。 認証アプリがカメラにアクセスして、次の手順で QR コードの写真を撮影するには、[許可] を選択します。 カメラを許可しない場合は、「アプリにアカウントを手動で追加する」の説明に従って、認証アプリを設定できます

  4. デバイスのカメラを使用して、コンピューターの [モバイルアプリの構成] 画面から QR コードをスキャンし、[次へ] を選択します

  5. コンピューターと [追加のセキュリティ確認] ページに戻り、構成が成功したというメッセージが表示されたことを確認し、[次へ] を選択します。 認証アプリは、テストとして確認コードを要求します。

    成功メッセージが表示された追加のセキュリティ確認ページ

  6. Microsoft Authenticator アプリから、下にスクロールして、仕事または学校のアカウントに移動し、アプリから 6 桁のコードをコピーしてコンピューターの [手順2:モバイル アプリから確認コードを入力] ボックスに貼り付け、[確認] を選択します。

    確認コード テストを含む追加のセキュリティ確認ページ

  7. コンピューターで、モバイル デバイスの電話番号を 「手順3:モバイル アプリ領域にアクセスしなき場合」に追加し、[次へ] を選択します。 何らかの理由でモバイル アプリにアクセスまたは使用できない場合は、バックアップとして機能するモバイル デバイスの電話番号を追加します。

  8. [手順4: 既存のアプリケーションを使用し続ける] 領域で、指定されたアプリ パスワードをコピーし、安全な場所に貼り付けます。

    [追加のセキュリティ確認] ページの [アプリ パスワード] 領域

    注: 以前のアプリでアプリ パスワードを使用する方法については、「アプリ パスワードを管理する」を参照してください。 2 要素認証をサポートしない古いアプリを引き続き使用する場合は、アプリ パスワードを使用する必要があります。

  9. [完了] を選択します。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×