目次
×
Microsoft アカウントのヘルプ

Microsoft では、アカウントのセキュリティを優先し、他のユーザーがお客様の許可なくサインインできないようにしています。 新しい場所やデバイスからのサインインがあった場合、メール メッセージと SMS でアラートを送信してアカウントを保護します。 電話番号やメール アドレスが変わった場合は、Microsoft がお客様と連携してご利用のアカウントを安全かつアクティブな状態に保つことができるように、「セキュリティの基本」ページにあるセキュリティ連絡先情報を速やかに更新することが重要です。

旅行中にアカウントにサインインした場合や、サインインにお客様のアカウントを使用する新しいアプリをインストールした場合に、アラートを受信する場合があります。 サインインが本人によるもので、ご利用のアカウントが安全であることを確認するために、セキュリティ コードを提供していただく必要があります。

不審なアクティビティへの対処方法については、以下から適切な見出しを選択してください。 詳細情報が表示されます。

ご利用のアカウントに対して不審なサインインがあった場合には、メールまたはテキスト メッセージが届きます。 Microsoft は、すべての代替連絡先にメッセージを送信します。 アカウントを保護するために、代替連絡先のいずれかからセキュリティ コードを提供していただく必要があります。 この手順により、お客様以外のユーザーがサインインできないようにし、お客様が通常とは異なる場所やデバイスからサインインしていたかどうかを Microsoft が知ることができます。 

メールの送信元が不明な場合は、送信者を確認します。 送信者が Microsoft アカウント チーム (account-security-noreply@accountprotection.microsoft.com) である場合、それが正規のものであることを確認できます。

新しいデバイスを使用している場合、新しいアプリをインストールした場合、または旅行中であるか新しい場所にいる場合は、サインインがブロックされる場合があります。 このセキュリティ対策により、他のユーザーがお客様のアカウント情報を取得し、なりすましてサインインしようとした場合でも、アカウントを安全に保つことができます。 アカウントのロックを解除するには、サインイン画面の指示に従い、セキュリティ コードの送信先を選択します。 コードを受信したら、それを入力し、アカウントにアクセスします。

注: 

  • 旅行中で、アカウントに関連付けているメールや電話を利用できない場合は、他にも次のようなオプションがあります。

  • 上記の方法が使えない場合でも、信頼できるデバイスまたは通常の場所からサインインすると、アカウントを回復できます。

  • 通常サインインに使っているデバイスがあり、そのデバイスを信頼済みデバイスに設定している場合は、そのデバイスからサインインして、アカウントを回復できます。

  • ご自宅に電話を置いてきている場合で、その電話を操作できる方がご自宅にいる場合には、その方に連絡を取り、そのデバイスに送信されたセキュリティ コードを伝えてもらうことができます。

メールまたテキスト メッセージで、お使いのアカウントへの不審なサインインの警告を受信した場合で、アカウントに最近特に何もしていない場合には、次の手順でアカウントのセキュリティを確認します。 

  1. ご利用の Microsoft アカウントの [セキュリティの基本] ページにサインインします。

  2. [アクティビティの確認] を選択し、[最近のアクティビティ] ページで不審なサインインの試行がないか確認します。 お客様が実行していないと確信のあるアカウント アクティビティが見つかったら、Microsoft にお知らせいただければ、アカウントを安全に保つためのお手伝いをします。それが [不審なアクティビティ] セクションにある場合は、アクティビティを展開して、[自分ではありません] を選択します。 [最近のアクティビティ] セクションにある場合は、アクティビティを展開し、[アカウントを保護する] を選択します。

  3. 他のユーザーが自分のアカウントにアクセスしたと思われる場合は、[セキュリティの基本] ページに戻り、[パスワードの変更] を選択します。 覚えやすくて強力なパスワードを作成し、他のユーザーと共有しないようにします。

アカウントにサインインしようとしてもサインインできない場合は、他のユーザーによってパスワードが変更されている可能性があります。 アカウントを回復するには、次の手順を実行してください。

  1. Microsoft アカウントにサインインできない場合」に記載されている方法を使用して、パスワードをリセットします。 この手順から開始すれば、アラートの対象とは異なるアカウントで誤ってサインインした場合に、余分な手間が省けます。

  2. それでも問題が解決しない場合は、もう一度アカウントへのサインインを試してみてください。 サインイン ページで [パスワードを忘れた場合] を選択し、[他のユーザーが自分の Microsoft アカウントを使っている可能性がある] を選択します。 画面の指示に従って、アカウントを回復します。

注: 

関連トピック

アカウントが侵害されたと思われる

Microsoft Authenticator アプリを使用して、パスワードを使用しないで安全にサインインする

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×