Microsoft アカウントを保護する

ここで紹介するヒントに従うと、Microsoft アカウントの安全を確保し、危険にさらされたときに簡単に復元できるようになります。

アカウントが既にハッキングされていると思われる場合は、「Microsoft アカウントが侵害された場合にアカウントを回復する」をご覧になってから、以下のヒントに従い、今後の攻撃に対してアカウントを強化してください。

アカウントの強力なパスワードを作成する

Microsoft のメール アドレス (Outlook.com や Hotmail など) を使う場合は、強力なパスワードを設定することが特に重要です。これは、現在、多くのサービスで、本人確認にメール アドレスが使用されているためです。第三者がお客様の Microsoft アカウントへのアクセスに成功した場合、お客様のメールを使って、銀行やオンライン ショッピングなど、その他のアカウントのパスワードをリセットできる可能性があります。

次のことは行わないでください 次のことを行うことをお勧めします
異なるアカウントに同じパスワードを使わないでください。以前使用したパスワードとはまったく異なる新しいパスワードを使用します。
「password」、「monkey」、「sunshine」など、1 単語のみのパスワードは使用しないでください。文章や語句を頭文字の文字列や数字や記号に変換したものを使用します。
「password」、「iloveyou」、「12345678」など、よく使われるパスワードを使用しないでください。自分のことをよく知る人物でも推測できないようなパスワードにします (家族の名前や誕生日、お気に入りのバンドなどは避けます)。

オペレーティング システムに最新の更新プログラムを適用する

ほとんどのオペレーティング システムでは、セキュリティとパフォーマンスを強化するための無料のソフトウェア更新プログラムを利用できます。更新プログラムは、PC の安全性を確保するために重要です。これらの更新プログラムを自動的にダウンロードするように PC を設定することを強くお勧めします。Windows 10 の最新の更新プログラムを自動的に入手するように PC をセットアップできます。

パスワードをたずねるメールには決して返信しない

Microsoft メールでお客様のパスワードをたずねることはないので、個人情報を求めるメールには決して返信しないでください。Outlook.com または Microsoft と名乗っているメールであっても同様です。メールが本当に Microsoft から送信されたものかどうかわからない場合は、「フィッシング詐欺メール メッセージ、リンクまたは電話を識別する方法」を確認してください。このページでは、メールが正当な送信元から送信されたものかどうかを判断するために役立つヒントを紹介しています。

メールの安全性の詳細については、Outlook のセキュリティについてお読みください。

アカウントを復元しやすくする

アカウントにセキュリティ情報を追加すると、アカウントがハッキングされた場合でも、簡単に復元できるようになります。この情報はアカウントの安全のために使用されるので、最新の状態を保つことが重要です。セキュリティ情報とセキュリティ コードについて確認し、アカウントを保護するための対策を今日から実行してください。

最近のアクティビティを確認する

異常な活動を通知するメールを受け取った場合は、最近のアクティビティのページを確認すると、自分のアカウントがいつどこからアクセスされたかを、成功したサインインやセキュリティ チャレンジを含めて、知ることができます。Microsoft では、アカウントへの通常のサインイン方法を把握しており、疑わしいイベントにはフラグが設定されます。

2 段階認証を使用する

さらに強力な保護機能が必要な場合は、2 段階認証を使用し、サインインするときに 2 つの形式で識別情報を問い合わせることでアカウントを保護できます。これにより、ハッカーがあなたを装ってサインインするのが難しくなります (ハッカーがパスワードを入手した場合でも同様です)。信頼されていないデバイスからサインインするときは必ず、セキュリティ コードを入力するように求められます。詳細については、「2 段階認証について」をお読みください。



プロパティ

文書番号:12410 - 最終更新日: 2016/06/22 - リビジョン: 1

フィードバック