ライセンス認証のトラブルシューティング ツールを使用する

適用対象: Windows 10

ライセンス認証を実行すると、お使いの Windows が正規品であり、Microsoft ソフトウェアライセンス条項で許可されているデバイス数を超えて使われていないことを確認できます。

Windows 10 のライセンス認証が行えない場合、ライセンス認証のトラブルシューティング ツールが役立つ可能性があります。トラブルシューティング ツールを使用するには、[スタート] > [設定]  > [更新とセキュリティ]  > [ライセンス認証] を選択し、[トラブルシューティング] を選択します。
トラブルシューティング設定を開く 

このオプションを使用するには、管理者としてサインインしている必要があります。管理者ではない場合、詳しくは、「Windows 10 でローカルのユーザー アカウントまたは管理者アカウントを作成する」をご覧ください。[トラブルシューティング] オプションは、お使いの Windows 10 (Version 1607 以降) でライセンス認証が行われていない場合にのみ使用できます。ライセンス認証すると、このオプションは表示されなくなります。

トラブルシューティング ツールによって解決できる問題の一部を以下に示します。エラー コードが表示され、それが以下の手順で解決できない場合は、「Windows のライセンス認証エラーに関するヘルプ」をご覧ください。 

ライセンス認証について詳しくは、「Windows 10 のライセンス認証を行う」をご覧ください。プロダクト キーに関するヘルプについては、「Windows のプロダクト キーを探す」をご覧ください。トラブルシューティング ツールで問題を解決できない場合は、サポートにお問い合わせください

ライセンス認証に関する一般的な問題のトラブルシューティング


トラブルシューティング ツールを使用するには、[スタート] > [設定]  > [更新とセキュリティ]  > [ライセンス認証] を選択し、[トラブルシューティング] を選択します。
トラブルシューティング設定を開く