ランダム ハードウェア アドレスを使う理由と方法

適用対象: Windows 10

ランダム ハードウェア アドレスを使う

ランダム ハードウェア アドレスを使うためのコントロールは 2 つあります。1 つはすべての Wi-Fi ネットワーク用、もう 1 つは指定した特定の Wi-Fi ネットワーク用です。 すべてのネットワークを対象として有効にした場合は、PC がネットワークをスキャンし、いずれかのネットワークに接続する間、ランダム ハードウェア アドレスが使用されます。 指定した特定のネットワークを対象として有効にした場合は、そのネットワークに次に接続する際にランダム ハードウェア アドレスが使用されます。

  • すべてのネットワークを対象としてランダム ハードウェア アドレスを使う:

    • まず、[スタート] ボタンを選び、[設定] [ネットワークとインターネット][Wi-Fi] の順に選びます。

    • 次に、[ランダムなハードウェア アドレスを使う] を選びます。

  • 特定のネットワークを対象としてランダム ハードウェア アドレスを使う:

    • まず、[スタート] ボタンを選び、[設定] [ネットワークとインターネット][Wi-Fi] [既知のネットワークの管理] の順に選びます。

    • ネットワークを選択し、[プロパティ] を選んだら、[Use random hardware addresses for this network] (このネットワークでランダム ハードウェア アドレスを使用する) を選びます。

ランダム ハードウェア アドレスを使う理由

Wi-Fi に接続していないとき、接続しやすくするために、その地域内で Wi-Fi ネットワークを探すための信号が PC から送信されます。 この信号には、デバイスを表す一意の物理ハードウェア (MAC) アドレスが含まれています。 ショッピング モール、店舗、その他公共の場所では、この一意のアドレスを使って、地域内での動きが追跡されることがあります。 Wi-Fi ハードウェアでサポートされている場合は、ランダム ハードウェア アドレスを有効にして、PC がネットワークと接続をスキャンしているときに追跡されにくくすることができます。