2018 年 11 月 28 日 — KB4467684 (OS ビルド 14393.2639)

適用対象: Windows 10, version 1607Windows Server 2016

機能追加および修正


この更新プログラムには、品質の向上が含まれています。 新しいオペレーティング システム機能は導入されていません。 主要な変更点としては、次のようなものがあります。

  • GetCalendarInfo 関数から日本の元号の 1 日目に不適切な元号名が返される問題を修正します。 詳細については、KB4469068 を参照してください。
  • ロシアの夏時間標準時のタイムゾーンの変更に対応します。
  • モロッコの夏時間標準時のタイムゾーンの変更に対応します。
  • タッチでマウス動作が促進され、マウス入力をブロックするように設計されている低レベルのマウスフックがバイパスされる問題を修正します。 その結果、予期しない WM_MOUSEMOVE メッセージが表示されます。
  • ユニバーサル Windows プラットフォーム (UWP) アプリケーションの編集不可能な領域をタップすると、ソフトウェア キーボードが自動的に表示される問題を修正します。 この問題は、Windows 10 Anniversary Update をインストールし、物理キーボードが取り付けられていないデバイスに影響があります。
  • エクスプローラーで、共有の子フォルダーを削除するときに共有の親フォルダーのアクセス許可が削除されることがある問題を修正します。 この解決策を適用するには、グループ ポリシー “User Configuration\Administrative Templates\Windows Components\Network Sharing\Prevent users from sharing files within their profile” を有効にします。
  • ログオフ中にエクスプローラーが動作しなくなる問題を修正します。
  • 大量に入力されたときに、FMOD の AMD64 固有の実装から適切な結果が返されないことがある Universal CRT の問題を修正します。 FMOD は、Universal C ランタイムを使用する JavaScript および Python 実装でモジュロ演算子を実装する場合によく使用されます。
  • 64 ビット システムの Internet Explorer で ActiveX コントロールがブロックされる問題を修正します。 この問題は、Windows Defender アプリケーション制御を使用し、Internet Explorer ですべての ActiveX コントロールの実行を許可するポリシーを作成している場合に発生します。
  • Windows Defender アプリケーション制御 (Device Guard) が監査モードのときに一部のアプリケーションを実行できない問題を修正します。
  • 多数の Windows ファイアウォール ルールがあるため、サーバーのパフォーマンスが低下したり、サーバーが応答しなくなったりする問題を修正します。 変更を有効にするには、regedit を使用して新しいレジストリ キー “DeleteUserAppContainersOnLogoff” (DWORD) を “HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\SharedAccess\Parameters\FirewallPolicy” に追加し、1 に設定します。
  • 802.1x 認証が失敗したときにネットワーク接続が失敗する問題を修正します。
  • ネットワーク接続状態インジケーター (NCSI) ゲートウェイの MAC アドレス解決のタイミングによってインターネット接続に失敗する問題を修正します。
  • root\interop クラスの依存関係がある Hyper-V コマンドレットを使用するときに、一部の Windows Management Instrumentation (WMI) クラスの登録を正しく消去できない問題を修正します。 この問題により、(PowerShell または UI を使用する) 仮想マシンの管理タスクが失敗することがあります。 さらに、仮想マシンを作成または変更できなくなることがあります。 たとえば、Set-VMFirmware を実行して起動順序を変更しようとすると、エラー “ObjectNotFound” で失敗することがあります。
  • Just Enough Administration (JEA) に関する問題を修正します。 “S-1-5-94-xxx” というセキュリティ識別子 (SID) 権限を持つ一時的なアカウントが、[サービスとしてログオンする] ユーザー権限以下のサーバー セキュリティ ポリシーに残ります。 その結果、ローカル セキュリティ機関 (LSA) データベースが大きくなり、ドメイン コントローラーのパフォーマンスに影響が及ぶことがあります。
  • ストレージ レプリカ環境で停止コード “0xA” を使用してメモリ コール スタックに書き込む問題を修正します。
  • Windows Server 2019 および 1809 の LTSC キー管理サービス (KMS) ホストキー (CSVLK) のインストールとクライアントのライセンス認証が期待どおりに動作しない問題を修正します。 元の機能の詳細については、KB4347075 を参照してください。
  • ルートではないドメインの昇格が、“レプリケーション操作中に、データベースのエラーが発生しました” というエラーで失敗する問題を修正します。 この問題は、Active Directory リサイクルなどのオプションの機能が有効な Active Directory フォレストで発生します。
  • Hyper-V サーバーがエラー "0x7F (UNEXPECTED_KERNEL_MODE_TRAP)" で動作しなくなることがある問題を修正します。
  • 新しいドメイン コントローラーの昇格後に初めて再起動したときにエラー “C00002E2 (STATUS_DS_INTI_FAILURE)” が発生する問題を修正します。 この更新プログラムのインストール後に昇格したドメイン コントローラーでは、不要な “api” Active Directory ログ ファイル (api.chk など) が作成されなくなります。 ドメイン コントローラーの昇格時に、ドメイン コントローラーには代わりに正しい “edb” ログ ベース名が使用されるようになります。

以前の更新プログラムをインストールした場合は、このパッケージに含まれている新しい修正のみがダウンロードされ、デバイスにインストールされます。

この更新プログラムの既知の問題


現象 回避策

8 月の品質ロールアップのプレビューまたは 2018 年 9 月 12 日の .NET Framework の更新プログラムをインストールすると、SqlConnection のインスタンス化から例外がスローされます。 この問題の詳細については、次のマイクロソフト サポート技術情報を参照してください。

4470809 2018 年 8 月から 9 月の .NET Framework の更新プログラムの後に発生する .NET Framework 4.6 以降の SqlConnection インスタンス化の例外。

この問題は KB4480977 で解決されています。

この更新プログラムをインストールした後に、Windows Media Player で特定のファイルを再生するときにユーザーがシーク バーを使用できなくなることがあります。 この問題は通常の再生には影響がありません。

この問題は KB4471321 で解決されています。
エンドユーザー定義文字 (EUDC) に関連する機能を使用すると、システム全体が応答しなくなることがあります。

この問題は KB4471321 で解決されています。

System Center Virtual Machine Manager (SCVMM) によって管理されているホストの場合、この更新プログラムのインストール後に、ホストに展開されている論理スイッチを SCVMM で列挙および管理できなくなります。

また、ベスト プラクティスに従わないと、ホスト上の vfpext.sys で STOP エラーが発生する可能性があります。
  1. 影響を受けるホスト上で次の mof ファイルに対して mofcomp を実行してください。
    • Scvmmswitchportsettings.mof
    • VMMDHCPSvr.mof
  2. SDN v2 環境 (NC マネージド ホスト) の vfpext.sys で STOP エラーが発生しないようにするには、ベスト プラクティスに従い、さらに修正プログラムを適用してください。

Windows Server 2016 にこの更新プログラムをインストールした後に Microsoft Outlook クライアントでクイック検索を実行すると、"Outlook では指定した検索を行うことができません" というエラーで失敗します。

この問題は KB4487026 で解決されています。

グループ ポリシーに構成されている [パスワードの最小文字数] が 14 文字を超えている場合、KB4467684 をインストールした後、エラー “2245 (NERR_PasswordTooShort)” でクラスター サービスが起動しなくなることがあります。

ドメインの既定の [パスワードの最小文字数] ポリシーを 14 文字以下に設定してください。

マイクロソフトは解決方法に取り組んでおり、今後のリリースで更新プログラムを提供します。

搭載されている RAM が 8 GB 未満の一部の Lenovo 製と富士通製のラップトップでは、KB4467691 をインストールした後、Windows が起動に失敗することがあります。

影響を受ける Unified Extensible Firmware Interface (UEFI) 搭載のコンピューターを再起動します。 セキュア ブートを無効にしてから再起動します。

お使いのコンピューターで BitLocker が有効になっている場合は、セキュア ブートを無効にした後に BitLocker の回復を実行する必要があります。

Lenovo と富士通はこの問題を認識しています。 お使いのデバイス用のファームウェア更新プログラムがリリースされているかどうかは、OEM にお問い合わせください。

この更新プログラムの入手方法


この更新プログラムをインストールする前に

マイクロソフトは、最新の累積更新プログラム (LCU) をインストールする前に、お使いのオペレーティング システム用の最新のサービス スタック更新プログラム (SSU) をインストールすることを強くお勧めします。 LCU をインストールするときに発生する可能性がある問題を緩和するために、SSU によって更新プログラム プロセスの信頼性を向上します。 詳細については、「サービス スタック更新プログラム」を参照してください。

Windows Update を使用している場合は、最新の SSU (KB4465659) が自動的に提供されます。 最新の SSU のスタンドアロン パッケージを入手するには、Microsoft Update カタログにアクセスしてください。

この更新プログラムのインストール

この更新プログラムをダウンロードしてインストールするには、[設定]、[更新とセキュリティ]、[Windows Update] の順に選択し、[更新プログラムの確認] を選択します。

この更新プログラムのスタンドアロン パッケージを入手するには、Microsoft Update カタログ Web サイトに移動してください。

ファイル情報

この更新プログラムで提供されるファイルの一覧については、累積的な更新プログラム 4467684 のファイル情報をダウンロードしてください。