Exchange Server 2016 の累積的な更新プログラム 12

適用対象: Exchange Server 2016

Microsoft Exchange Server 2016 の累積的な更新プログラム 12 は、2019 年 2 月 12 日にリリースされました。 この累積的な更新プログラムはセキュリティ更新プログラムです。 セキュリティ以外の問題に対する修正プログラムと、セキュリティとセキュリティ以外の問題に対して以前にリリースされていたすべての修正プログラムが含まれています。  これらの修正プログラムは Exchange Server 2016 の累積的な更新プログラムの後続リリースにも含まれています。この更新プログラムは Microsoft Exchange  のセキュリティ アドバイザリを提供します。 詳細については、セキュリティ アドバイザリ ADV190004 を参照してください。 一部の脆弱性も解決されます。詳細については Microsoft の一般的な脆弱性と露出に関する記事 CVE-2019-0686 および Microsoft の一般的な脆弱性と露出に関する記事 CVE-2019-0724 を参照してください。   

この更新プログラムには、Exchange Server 2016 用の新しい夏時間 (DST) の更新プログラムも含まれています。 DST の詳細については、「Daylight Saving Time Help and Support Center」(英語情報) を参照してください。  

この累積的な更新プログラムの既知の問題


Exchange がインストールされているか、SETUP で /PrepareDomain オプションを使用してExchange がすでに準備されているマルチドメイン Active Directory フォレストでは、この累積的な更新プログラムに対する /PrepareAD コマンドの実行が完了して、変更がすべてのドメインにレプリケートされた後で、このアクションを完了する必要があります。最初のサーバーインストール時に、セットアップ プログラムが/PrepareAD コマンドを実行しようとします。 SETUP を起動したユーザーに適切な権限がある場合にのみ、インストールが終了します。

この累積的な更新プログラムで修正される問題


この累積的な更新プログラムを適用することにより、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base)に記載されている問題が修正されます。

  • 4487596 Exchange Server 2016 で大量のメールを送信すると、モデレーター メールボックスの送信トレイ フォルダーでメールがブロックされる
  • 4456241 Exchange Server 2016 で "not supported calendar message.ics" が添付された会議出席依頼が届く
  • 4456239 Exchange Server 2016 の New-MailboxRepairRequest で RBAC RecipientWriteScope の制限が考慮されない
  • 4487591 Exchange Server 2016 で受信者の範囲に OU を含めると、範囲の設定が兄弟ドメインに対して機能しない
  • 4468363 Exchange Server にオンライン アーカイブ メールボックスがあるメールボックスに対して MRM が機能しない
  • 4487603 Exchange Server 2016 で Outlook のアドレス帳の多数の受信者を選択すると、操作を完了できないという内容のエラーが発生する
  • 4488076 Exchange Server 2016 でオペレーティング システムの無効な Windows 言語をユーザーが使用すると、Outlook on the web を読み込めない
  • 4488079 Exchange Server 2016 で Exchange Server 2019 のメールボックス サーバーを同じ DAG に追加できる (その逆も可能)
  • 4488077 Exchange Server 2016 でユーザーが異なるドメインに存在する場合、ボイス メール オプションを構成できない
  • 4488263 Exchange Server 2016 で X-MS-Exchange-Organization-BCC ヘッダーが正しくエンコードされない
  • 4488080 Exchange Server 2016 の New-MigrationBatch で RBAC 管理スコープが考慮されない
  • 4488262 Exchange Server 2016 で会議室リソース付きで送信される会議出席依頼を追跡する際に配信レポート例外が発生する
  • 4488268 Exchange Server 2016 で作成される無関係なクエリ ログを無効にする
  • 4488267 Exchange Server 2016 で Exchange Server がプロキシを使用してインターネットに接続すると、Test-OAuthConnectivity が常に失敗する
  • 4488266 Exchange Server 2016 でクライアント アプリケーションが EwsAllowList を考慮しない
  • 4488265 Exchange Server 2016 で添付ファイル フィルターが有効な場合、デジタル署名メッセージに対して、署名に問題があるという内容のエラーが発生する
  • 4488264 Exchange Server 2016 で、無効な移動要求を含んだメールボックスを移動先メールボックス データベースから消去できない
  • 4488261 Exchange Server 2016 でストア ワーカー プロセスがクラッシュしたとき、ID 1002 のイベントが発生する
  • 4488260 Exchange Server 2016 の New-MailboxExportRequest および New-MailboxImportRequest で RBAC 管理スコープが考慮されない
  • 4488259 Exchange Server 2016 でユーザーが異なるドメインに存在する場合、配布グループの誤ったユーザー数がメール ヒントに表示される
  • 4488258 Exchange Server 2016 で MAPI 仮想ディレクトリ設定を EAC に保存すると、OAuth 認証が削除される
  • 4490060 Exchange Web サービスのプッシュ通知を使用して不正なアクセスが可能になる
  • 4490059 共有アクセス許可モデルを使用して Exchange Server を実行するにはアクセス許可の削減が必要になる

Exchange Server 2016 の累積的な更新プログラム 12 の入手


ダウンロード センター

ダウンロード 今すぐ Exchange Server 2016 の累積的な更新プログラム 12 (KB4471392) をダウンロード。

ダウンロード 今すぐ Exchange Server 2016 CU12 UM 言語パックをダウンロード。 

注意事項

  • 累積的な更新プログラム 12 パッケージを使用して、Exchange Server 2016 を新規インストールするか、既存の Exchange Server 2016 インストールを累積的な更新プログラム 12 にアップグレードすることができます。 
  • 累積的な更新プログラム 12 をインストールする前に、以前にリリースされた Exchange Server 2016 の累積的な更新プログラムまたは Service Pack をインストールする必要はありません。

累積的な更新プログラムの情報


必要条件

この累積的な更新プログラムには、Microsoft .NET Framework 4.7.1 が必要です。

Exchange Server 内で使用されているコンポーネントには、新しい Visual C++ コンポーネントが Exchange Server と共にインストールされている必要があります。 この必要条件は、Visual Studio 2013 の Visual C++ 再頒布可能パッケージでダウンロードできます。    詳細については、サポート技術情報 4295081 を参照してください。

Exchange Server 2016 のセットアップの必要条件の詳細については、「Exchange 2016 prerequisites」を参照してください。 

セキュリティ更新プログラムの展開に関する情報

この更新プログラムの展開に関する情報については、「セキュリティ更新プログラムの展開に関する情報:  2019 年 2 月 12 日」を参照してください。 

再起動の必要性

この累積的な更新プログラム パッケージの適用後、コンピュータの再起動が必要な場合があります。

レジストリ情報

この累積を適用した後に、レジストリを変更する必要はありません

アンインストール情報

この累積的な更新プログラム パッケージをインストールした後に、パッケージをアンインストールして、以前のバージョンの Exchange Server 2016 に戻すことはできません。 この累積的な更新プログラム パッケージをアンインストールすると、Exchange Server 2016 はサーバーから削除されます。

詳細情報


Exchange Server 2016 の展開の詳細については、Exchange 2016 のリリース ノートを参照してください。

Exchange Server 2016 と以前のバージョンの Exchange Server が同じ環境内での共存する場合の詳細については、Exchange 2016 のシステム要件を参照してください。

他の Exchange の更新プログラムの詳細については、「Exchange Server 更新プログラム: ビルド番号とリリース日」を参照してください。

ファイル情報


ファイル ハッシュ情報

ファイル名 SHA1 ハッシュ SHA256 ハッシュ
ExchangeServer2016-x64-cu12.iso 0E2F7CEB3C21BAB433EFAB50255703044DC2CC71 9F295F77C4CDD738C0F8DE8CCBF2D32FE49CDA7502692C9B87F1609E19E41AD3

 

Exchange Server のファイル情報

セキュリティ更新プログラム (4471392) に含まれるファイルの一覧をダウンロードしてください。

参照情報


マイクロソフトでソフトウェア更新プログラムの説明に使用する用語集を参照してください。

このセキュリティ更新プログラムに関するヘルプとサポートを受ける方法


更新プログラムのインストールのヘルプ: オンライン上で自分を守る

Windows を搭載しているコンピューターをウイルスやマルウェアから保護する: Microsoft Security 

国ごとのローカル サポート: インターナショナル サポート