2020 年 1 月 23 日 - KB4534321 (OS ビルド 17763.1012)

適用対象: Windows 10, version 1809, all editionsWindows Server version 1809Windows Server 2019, all editions

注目点


  • Microsoft Edge の新しいバージョンにアップグレードした後に発生する Windows Mixed Reality の問題を更新します。 
  • 特定の状況で、デバイスの Windows Out Of Box Experience (OOBE) の再起動ループが繰り返し実行される問題を更新します。 
  • いずれかのキーを選択したときにタッチ キーボードが閉じる問題を更新します。 
  • ウィンドウのサイズを縮小できないことがある問題を更新します。 
  • レイアウトがロックされているか、部分的にロックされている場合でも、[スタート] メニューでユーザーがカスタマイズしたタイルの順序を変更する問題を更新します。 
  • [設定] ページが予期せず終了する原因となる問題を更新します。
  • ユーザーの設定がデバイス間で同期できなくなる可能性がある問題を更新します。 

機能追加および修正


このセキュリティ以外の更新プログラムでは、品質が強化されました。 主要な変更点としては、次のようなものがあります。

  • Microsoft Edge の新しいバージョンにアップグレードした後に発生する Windows Mixed Reality の問題を修正します。 
  • 複数の短期間のタブとリダイレクトがあるダウンロード通知の問題を修正します。 
  • アクセス制御リスト (ACL) が存在するかどうかを確認せずに、Microsoft Windows Search Indexer ( searchindexer.exe) が必要な ACL を追加または修復する問題を修正します。 
  • 特定の状況で、デバイスの Windows Out Of Box Experience (OOBE) の再起動ループが繰り返し実行される問題を修正します。 
  • [このデバイスでのエクスペリエンスを続行する] グループ ポリシーが無効になっている場合の、[アカウント] ページの設定の同期に関する問題を修正します。 
  • ソフトウェア間接ディスプレイ ドライバーが複数の証明書で署名されない問題を修正します。 
  • 編集可能なボックスを持つアプリケーションを更新するときに発生する ctfmon.exe のメモリリークの問題を修正します。 
  • ユーザーが新しいセッションにサインインしたときに言語バーが表示されない場合がある問題を修正します。 これは、言語バーが適切に構成されていても発生します。 
  • いずれかのキーを選択したときにタッチ キーボードが閉じる問題を修正します。 
  • ウィンドウのサイズを縮小できないことがある問題を修正します。 
  • レイアウトがロックされているか、部分的にロックされている場合でも、[スタート] メニューでユーザーがカスタマイズしたタイルの順序を変更する問題を修正します。 
  • ローカルまたは移動ユーザー プロファイルを持つユーザーがファイル、リンク、およびアプリケーションを開けないようにする、ユーザーのクラス レジストリ キーに対する正しくないアクセス許可に関する問題を修正します。 
  • [設定] ページが予期せず閉じ、既定のアプリケーションが適切に設定されない問題を修正します。 
  • グループ ポリシーがスタート メニューのレイアウトにサブグループを適用すると、Windows Search が予期せず終了してしまう問題を修正します。 
  • Windows 10 デバイスにサインインするための既定のオプションを表示できない Windows Hello for Business の多要素ロック解除ポリシーの問題を修正します。 
  • リモート PowerShell セッション ジョブが、ターゲット マシン上のセッションが終了したことを報告しない問題を修正します。 
  • EnableTraceEx2() 関数でのハンドル リークの問題を修正します。 
  • Microsoft User Experience Virtualization (UE-V) を使用して多くのお気に入りをローミングするときに、Internet Explorer が開かない問題を修正します。 
  • UE-V AppMonitor の信頼性を向上します。 
  • ユーザーの設定がデバイス間で同期できなくなる可能性がある問題を修正します。 
  • 更新されたユーザー プリンシパル名 (UPN) を使用してサインインすると (UserN@contoso.comUser.Name@contoso.com に変更するなど)、ローカル セキュリティ機関サブシステム サービス (LSASS) プロセスが機能しなくなる問題を修正します。 エラー コードは、“0xc0000005 (STATUS_ACCESS_VIOLATION)” です。  
  • Windows Defender Application Control が監査モードの場合に実行されないが、署名されていないイメージの実行を許可する、署名されていないプログラム ファイルの問題を修正します。 
  • [拡張表示] オプションを有効にすると、印刷管理コンソールでスクリプト エラーが表示される可能性がある問題を修正します。
  • 切断後に名前解決ポリシー テーブル (NRPT) ルールの削除に失敗する Always On 仮想プライベート ネットワーク (VPN) の問題を修正します。 
  • ゲスト ユーザーまたは固定ユーザー プロファイルのユーザーが Windows Server にサインインおよびサインアウトするときにリークする、AppContainer ファイアウォール ルールの問題を修正します。 
  • 組み込み MultiMediaCard (eMMC) ストレージ デバイスの操作時に一部のシステムが応答を停止する問題をを修正します。 
  • Active Directory データベース ファイルを移動できない ntdsutil.exe の問題を修正します。 エラーは、”ソース <original_full_db_path> および宛先 <new_full_db_path> でファイルの移動がエラー 5 で失敗しました (アクセスが拒否されました。)” です。 
  • bitmask 0x800 を信頼オブジェクトに追加して制約のない委任が明示的に有効になっている場合に、netdom.exe が信頼関係を正しく識別できない問題を解決します。 ビットマスク設定が必要なのは、2019 年 7 月 9 日以降にリリースされた Windows 更新プログラムの制約のない委任の既定の動作に対するセキュリティの変更が原因です。 詳細については、KB44904256.1.6.7.9 trustAttributes を参照してください。 
  • パーティション間でバックアップを実行するために、正しくないバイト数を使用することにより、十分な領域がある場合でもバックアップが失敗する問題を修正します。 
  • Windows のすべての更新プログラムに対してアプリケーションとデバイスの互換性を確保できるように Windows エコシステムの互換状態を評価する処理に関する問題を修正します。 
  • 新しいデバイスのセットアップの Windows Out of Box Experience (OOBE) フェーズに関する問題を修正します。 中国語、日本語、または韓国語の入力方式エディター (IME) を使用すると、ローカル ユーザー アカウントを作成できない場合があります。
  • ストレージ ボリュームがいっぱいで、データが Extensible Storage Engine Technology (ESENT) データベースにまだ書き込まれているときにログ ファイルが破損する問題を修正します。
  • Shared Content Store (SCS) モードを有効にすると、Application Virtualization (App-V) Streaming Driver (appvstr.sys) がメモリをリークすることがある問題を修正します。
  • ReFS で複製されたファイルに対する多数の操作を伴うシナリオで、Resilient File System (ReFS) のブロック複製のパフォーマンスを向上させます。
  • コード リファクタリングがメタデータの書き込みの最適化を中断し、論理ボリューム保全記述子 (LVID) が増加する問題を修正します。
  • I/O 要求キューに関連する問題を修正します。
  • I/O 高度なプログラミング割り込みコントローラー (APIC) 割り込みがある場合、周辺機器が正しく機能しない問題を修正します。
  • ハイブリッド Azure Active Directory に参加した環境で、パスワード (Fast Identity Online 2 (FIDO2) セキュリティ キー) を必要としない最新の資格情報のサポートを追加します。

以前の更新プログラムをインストールした場合は、このパッケージに含まれている新しい修正のみがダウンロードされ、デバイスにインストールされます。

この更新プログラムの既知の問題


現象 回避策
名前の変更など、クラスター共有ボリューム (CSV) 上のファイルまたはフォルダーに対して実行する操作によっては、“STATUS_BAD_IMPERSONATION_LEVEL (0xC00000A5)” というエラーで失敗する場合があります。 このエラーは、管理者特権を持たないプロセスから CSV 所有者ノードに対して操作を実行したときに発生します。

以下のいずれかの手順を実行します。

  • 管理者特権を持つプロセスから操作を実行する。
  • CSV 所有権を持たないノードから操作を実行する。
マイクロソフトは解決方法に取り組んでおり、今後のリリースで更新プログラムを提供します。
KB4493509 のインストール後、一部のアジア言語パックをインストールしたデバイスで "0x800f0982 - PSFX_E_MATCHING_COMPONENT_NOT_FOUND" というエラーが発生することがあります。
  1. 最近追加した言語パックをすべてアンインストールし、再インストールします。 手順については、「Windows 10 で入力および表示の言語設定を管理する」を参照してください。
  2. [更新プログラムの確認] をクリックし、2019 年 4 月の累積的な更新プログラムをインストールします。 手順については、「Windows 10 を更新するを参照してください。

: 言語パックを再インストールしても問題が緩和されない場合は、次の手順で、お使いの PC をリセットしてください。

  1. [設定] アプリで [回復] に移動します。
  2. 回復オプション [この PC を初期状態に戻す] の [開始する] をクリックします。
  3. [個人用ファイルを保持する] を選択します。

マイクロソフトは解決方法に取り組んでおり、今後のリリースで更新プログラムを提供します。

この更新プログラムの入手方法


この更新プログラムをインストールする前に

マイクロソフトは、最新の累積更新プログラム (LCU) をインストールする前に、お使いのオペレーティング システム用の最新のサービス スタック更新プログラム (SSU) をインストールすることを強くお勧めします。 LCU をインストールするときに発生する可能性がある問題を緩和するために、SSU によって更新プログラム プロセスの信頼性を向上します。 SSU に関する一般的な情報については、「サービス スタック更新プログラムサービス スタック更新プログラム (SSU)」を参照してください。 よく寄せられる質問

Windows Update を使用している場合は、最新の SSU (KB4523204) が自動的に提供されます。 最新の SSU のスタンドアロン パッケージを入手するには、Microsoft Update カタログを検索してください。

この更新プログラムのインストール

リリース チャネル 使用可能 次の手順
Windows Update または Microsoft Update あり [設定] > [更新とセキュリティ] > [Windows Update] に移動します。 [利用可能なオプションの更新プログラム] 領域に、更新プログラムをダウンロードしてインストールするためのリンクがあります。
Microsoft Update カタログ あり この更新プログラムのスタンドアロン パッケージを入手するには、Microsoft Update カタログ Web サイトに移動してください。
Windows Server Update Services (WSUS) なし

この更新プログラムは WSUS に手動でインポートできます。 手順については、「Microsoft Update カタログ」を参照してください。

 

ファイル情報

この更新プログラムで提供されるファイルの一覧については、 累積的な更新プログラム 4534321 のファイル情報をダウンロードしてください。 

注: 一部のファイルには、CSV ファイルの [ファイル バージョン] 列に誤って “該当なし” が含まれています。 これにより、サードパーティ製のスキャン検出ツールを使用してビルドを検証する際に、誤検出または偽陰性が発生する可能性があります。