Surface デバイスの明るさとコントラストの自動調整

適用対象: Surface

画面の明るさとコントラストは、表示されるコンテンツに基づいて調整されます。たとえば、ほとんどが黒いコンテンツを開いてから、ほとんどが白いコンテンツに切り替えると、明るさとコントラストが調整されることがあります。これは通常の状態です。コンテンツの明るさとコントラストの自動調整機能では、電力を節約してバッテリー残量を長持ちさせながら、明るさとコントラストを最適化します。別の動作にする場合はこのオプションを調整することができますが、その場合は、バッテリー駆動時のデバイス動作時間が短くなります。

この機能を一時的に無効にするには、Surface を電源アダプターに接続するだけです。

この機能を調整し、設定を保持する


Surface Go、Surface Laptop 2、Surface Laptop 3 (Intel プロセッサ)、Surface Pro 6、Surface Pro 7、または Surface Book 3 の場合:

  1. インテル グラフィックス・コマンド・センター アプリを開きます。このアプリは Microsoft Store から入手できます。
  2. 左側のメニューから [システム] を選択して、トップメニューの [電源] を選択します。
  3. まず、[Power Efficiency] (電源効率) を左にスライドして、グラフィックスの品質を高めながら、バッテリー残量を節約します。
  4. それでも画面の明るさが必要以上に変更される場合は、[Display Power Savings] (ディスプレイ省電力) 設定を [オフ]にします。 

Surface Laptop 3 15 インチ (AMD プロセッサ) の場合:

  1. Windows タスク バーでバッテリー アイコンを選択します。
  2. スライダーを [最も高いパフォーマンス] 設定に移動します。