現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

Windows Update Web サイトまたは Microsoft Update Web サイトを使用して更新プログラムをインストールするときにエラー コード 0x8007F0DA が表示される

Windows XP のサポートは終了しました

マイクロソフトでは、2014 年 4 月 8 日に Windows XP のサポートを終了しました。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響しています。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

Windows Server 2003 のサポートは 2015 年 7 月 14 日で終了しています

Windows Server 2003 のサポートは 2015 年 7 月 14 日で終了しています。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響しています。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

現象
Windows Update Web サイトまたは Microsoft Update Web サイトから更新プログラムをインストールするときに、次のエラー コードが表示されます。
0x8007F0DA
原因
この問題は、Windows Update または Microsoft Update が update.inf ファイルを確認できない場合に発生します。
解決方法
この問題を解決するには、以下の手順を実行します。

手順 1 : 暗号化サービスを自動に設定する

暗号化サービスを自動に設定するには、次の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。services.msc と入力し、[OK] をクリックします。
  2. 利用可能なサービスの一覧の [Cryptographic Services] を右クリックし、[プロパティ] をクリックします。
  3. [スタートアップの種類] ボックスの一覧の [自動] をクリックし、[適用] をクリックします。
  4. [サービスの状態] で [開始] をクリックします。
  5. 更新プログラムを再度インストールします。
: Windows 2000 では、サービス管理ユーティリティの一覧に [Cryptographic Services] が表示されません。

この手順を実行しても更新プログラムをインストールできない場合は、手順 2. に進みます。

手順 2 : 暗号化サービスに関連付けられている DLL ファイルを再登録する

重要 : このセクション、方法、またはタスクには、レジストリの編集方法が記載されています。 レジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生することがあります。 レジストリを編集する際には十分に注意してください。 万一に備えて、編集の前にレジストリをバックアップしておくと、 問題が発生した場合にレジストリを復元することができます。 バックアップおよび復元方法の詳細を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
322756 Windows でレジストリをバックアップおよび復元する方法
暗号化サービスに関連付けられている .dll ファイルを登録するには、次の手順を実行します。
  1. メモ帳を起動します。 これを行うには、[スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。次に、notepad と入力し、[OK] をクリックします。
  2. 次のコマンドをコピーしてメモ帳に貼り付けます。
    regsvr32 /u softpub.dll /s
    regsvr32 /u wintrust.dll /s
    regsvr32 /u initpki.dll /s
    regsvr32 /u dssenh.dll /s
    regsvr32 /u rsaenh.dll /s
    regsvr32 /u gpkcsp.dll /s
    regsvr32 /u sccbase.dll
    regsvr32 /u slbcsp.dll /s
    regsvr32 /u mssip32.dll /s
    regsvr32 /u cryptdlg.dll /s
  3. メモ帳のファイルを register.bat という名前でデスクトップに保存します。 これを行うには、以下の手順を実行します。
    1. メモ帳で、[ファイル] メニューの [名前を付けて保存] をクリックし、register.bat と入力します。
    2. [保存する場所] ボックスの一覧の [デスクトップ] をクリックします。
    3. [ファイルの種類] ボックスの一覧の [すべてのファイル] をクリックし、[保存] をクリックします。
  4. デスクトップの register.bat ファイルをダブルクリックします。

    : この操作を実行すると、Windows レジストリにレジストリ キーが追加されます。
  5. [OK] をクリックします。更新プログラムを再度インストールします。
  6. 問題が解決された場合は、この手順で保存した register.bat ファイルを削除します。
問題が解決されない場合は、手順 3. に進みます。

手順 3 : CatRoot2 フォルダの名前を変更する

重要 : 以下の手順は、Windows XP および Windows Server 2003 にのみ適用されます。 Windows Vista、Windows 2000、または Windows Server 2008 を実行しているコンピュータでは、この方法は実行しないでください。

CatRoot2 フォルダの名前を変更するには、次の手順を実行します。
  1. メモ帳を起動します。 これを行うには、[スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。次に、notepad と入力し、[OK] をクリックします。
  2. 次のコマンドをコピーしてメモ帳に貼り付けます。
    net stop cryptsvc
    cd %systemroot%\system32
    ren catroot2 catroot2old
    net start cryptsvc
  3. このファイルを rename.bat という名前で保存します。 これを行うには、以下の手順を実行します。
    1. メモ帳で、[ファイル] メニューの [名前を付けて保存] をクリックし、rename.bat と入力します。
    2. [保存する場所] ボックスの一覧の [デスクトップ] をクリックします。
    3. [ファイルの種類] ボックスの一覧の [すべてのファイル] をクリックし、[保存] をクリックします。
  4. デスクトップで rename.bat ファイルをダブルクリックして、Windows Update ファイルを登録します。
  5. 更新プログラムを再度インストールします。
  6. 問題が解決された場合は、この手順で作成した rename.bat ファイルを削除しても問題ありません。
: 引き続き問題が発生する場合は、サポート担当者にお問い合わせください。 マイクロソフトのサポートへのお問い合わせ方法については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
詳細

高度なトラブルシューティング

この資料に記載されている一般的なトラブルシューティング手順を実行しても問題が解決されない場合は、資料 822798 に記載されている高度なトラブルシューティング手順を実行してください。

更新プログラムのインストールに関する高度なトラブルシューティング手順の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください (この資料には英語版 (未翻訳) のコンテンツが含まれている場合があります)。
822798 プログラムや更新プログラムをインストールできない
0x8007F0DA 8007F0DA
プロパティ

文書番号:958050 - 最終更新日: 05/21/2009 07:15:48 - リビジョン: 1.1

Microsoft Update, Microsoft Windows Update, Microsoft Windows XP Professional, Microsoft Windows XP Home Edition, Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition (32-bit x86), Microsoft Windows Server 2003, Enterprise x64 Edition, Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition for Itanium-based Systems, Microsoft Windows Server 2003, Datacenter Edition (32-bit x86), Microsoft Windows Server 2003, Datacenter x64 Edition, Microsoft Windows Server 2003, Datacenter Edition for Itanium-Based Systems, Microsoft Windows Server 2003, Standard Edition (32-bit x86), Microsoft Windows Server 2003, Standard x64 Edition, Microsoft Windows 2000 Advanced Server, Microsoft Windows 2000 Datacenter Server, Microsoft Windows 2000 Professional, Microsoft Windows 2000 Server

  • kbwindowsupdate kbpubtypekc kbtshoot kbprb KB958050
フィードバック