スクリーン リーダーを使用して、メールの画像または添付ファイルを保存Outlook

この記事は、Microsoft のナレーター、JAWS、Microsoft 365 製品で NVDA などのスクリーン リーダー プログラムを使用する、視覚障碍または認知障碍のあるユーザーを対象としています。 この記事は、Microsoft 365 スクリーン リーダー サポート コンテンツ セットの一部であり、アプリのアクセシビリティに関する詳細情報を見つけることができます。 一般的なヘルプについては、「Microsoft サポート ホーム」または「最近の Office の問題の修正または回避策」を参照してください。

キーボード Outlook スクリーン リーダーを使用して、埋め込み画像または添付ファイルをメールからコンピューターに保存します。 ナレーター、JAWS、NVDA でテストしましたが、一般的なアクセシビリティの標準と手法に従っている限り、他のスクリーン リーダーでも動作する可能性があります。

装飾アイコン メールから添付ファイルを保存する方法について説明 Outlook スクリーン リーダーを使用しない場合 「添付 ファイルを開くまたは保存する」を参照してください

注: 

この記事の内容

メールから画像を保存する

メールの本文に埋め込まれている画像を簡単に保存できます。

  1. [ Outlook] で、コンピューターに保存する画像を含むメールに移動し、Enter キーを押して開きます。

  2. "画像" と聞こえるまで Tab キーを押します。 次に、Shift キーを押しながら F10 キーを押して、画像のコンテキスト メニューを開きます。 "切り取り、メニュー項目" と読み上げされます。

    注: メールに複数の画像が埋め込まれている場合、ナレーターはそれらをすべて "画像" と呼び出します。 元のファイル名を保持するために、送信者に添付ファイルとして送信を要求できます。 添付ファイルを保存する方法については、「メールから添付ファイル を保存する」を参照してください

  3. "図として保存、メニュー項目" と聞こえるまで下方向キーを押し、Enter キーを押します。 "ファイルの保存、ファイル名" と読み上されます。

  4. イメージ ファイルの名前を入力します。

  5. "保存ボタン" と読み上げられるまで Tab キーを押し、目的の音声が聞こえたら Enter キーを押します。

    画像がコンピューターに保存され、フォーカスがメールに戻されます。

メールから添付ファイルを保存する

画像などのファイルをメールの添付ファイルとして受信する場合があります。 すべての種類の添付ファイルを同じ方法で保存できます。

  1. [ Outlook] で、コンピューターに保存する添付ファイルを含むメールに移動し、Enter キーを押して開きます。

    ヒント: メールボックスを参照するときに、メッセージに 1 つ以上の添付ファイルが含まれている場合、送信者の名前の前に "添付ファイル付き" と読み上されます。

  2. "新しいドキュメント ウィンドウ" に続いて最初の添付ファイルの名前とファイル サイズが聞こえるまで Tab キーを押します。 複数の添付ファイルがある場合は、"2 つの添付ファイルの 1 つ" など、数がナレーターによって表示されます。

    注: "新しいドキュメント ウィンドウ" と聞こえない場合は、メール ヘッダーが展開されている必要があります。 "文書ヘッダーの展開" と聞こえるまで Tab キーを押し、Enter キーを押します。

  3. 添付ファイル間を移動するには、右方向キーと左方向キーを使用します。

  4. 現在選択されている添付ファイルを保存するには、Alt キーを押しながら J キー、A キー、V キーを押します。"添付ファイルの保存、ファイル名" と聞こえ、その後に元のファイル名が続きます。

    ヒント: すべての添付ファイルを一度に保存するには、Alt キーを押しながら J キー、A キー、A キーを押します。"すべての添付ファイルを保存、OK ボタン" と読み上されます。 Enter キーを押して選択を確定し、"OK ボタン" と聞こえるまで Tab キーを押し、Enter キーを押します。 すべての添付ファイルがコンピューターに保存され、メールの添付ファイル一覧にフォーカスが戻されます。

  5. ファイル名を変更する場合は、新しい名前を入力します。

  6. "保存ボタン" と読み上げられるまで Tab キーを押し、目的の音声が聞こえたら Enter キーを押します。

    ファイルがコンピューターに保存され、メールの添付ファイル一覧にフォーカスが戻されます。

関連項目

Outlook でスクリーン リーダーを使用して図または画像を挿入する

Outlook でスクリーン リーダーを使用してメールのテキストの書式設定を行う

Outlook のキーボード ショートカット

Outlook のメールでスクリーン リーダーを利用する基本的な作業

Microsoft 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ

スクリーン リーダーを使用して Outlook メールの中を移動する

Microsoft 365 の新機能

スクリーン リーダーでのスクリーン リーダーのOutlook

キーボード Outlook for Mac MacOS の組み込みスクリーン リーダーである VoiceOver を使用して、添付ファイルまたは埋め込み画像をメールからコンピューターに保存します。

装飾アイコン メールから添付ファイルを保存する方法について説明 Outlook スクリーン リーダーを使用しない場合 「添付ファイルを表示する」Outlook for Mac

注: 

  • 新しい Microsoft 365 の機能は Microsoft 365 サブスクリプションをご利用の方に段階的にリリースされるため、ご使用のアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。 より早く新機能を入手するための方法については、Office Insider プログラムにご参加ください

  • このトピックでは、組み込みの macOS スクリーン リーダーである VoiceOver を使っていることを前提としています。 VoiceOver の使用の詳細については、「VoiceOver スタートアップガイド」をご覧ください。

この記事の内容

メールから添付ファイルを保存する

画像などのファイルをメールの添付ファイルとして受信する場合があります。 すべての種類の添付ファイルを同じ方法で保存できます。 すべての添付ファイルを 1 回の操作で保存することもできます。

メールからすべての添付ファイルを保存する

  1. [ Outlookで に移動し、添付ファイルを含むメールを開きます。 VoiceOver では、添付ファイルを含むメールが "添付ファイルを含む" と通知されます。

  2. "すべてダウンロード" と聞こえるまで Tab キーを押し、Ctrl + Option + Space キーを押します。

  3. "選択" と聞こえるまで Tab キーを押し、Ctrl + Option + Space キーを押します。 すべての添付ファイルは、元のファイル名でコンピューターに保存されます。

メールから 1 つの添付ファイルを保存する 

  1. [ Outlookで に移動し、添付ファイルを含むメールを開きます。 VoiceOver では、添付ファイルを含むメールが "添付ファイルを含む" と通知されます。

  2. 添付ファイルの数、最初の添付ファイルのファイル名が聞こえるまで Tab キーを押します。 添付ファイル間を移動するには、Ctrl + Option + 右方向キーまたは左方向キーを押します。 保存する添付ファイルに到達した後、Ctrl キーと Option キーを押しながら Space キーを押します。

  3. "名前を付けて保存" と聞こえるまで下方向キーを押し、Ctrl + Option + Space キーを押します。

  4. 保存場所として現在選択されているフォルダーの名前が聞こえるまで Tab キーを押します。 フォルダーを変更するには、Ctrl キーと Option キーを押しながら Space キーを押し、必要なフォルダーが聞こえるまで下方向キーを押し、Ctrl + Option + Space キーを押します。

  5. 添付ファイルを保存するには、"保存ボタン" と聞こえるまで Tab キーを押し、Ctrl + Option + Space キーを押します。

メールから埋め込み画像を保存する

  1. [ Outlookで に移動し、添付ファイルを含むメールを開きます。 VoiceOver では、添付ファイルを含むメールが "添付ファイルを含む" と通知されます。

  2. メールで、"メッセージ ヘッダーを離れる" と聞こえるまで Tab キーを押し、"画像" と聞こえるまで Ctrl + Option + 左方向キーを押します。 画像にフォーカスが置かされます。

  3. コンテキスト メニューを開くには、Ctrl + Option + Shift + M キーまたは Shift + F10 キーを押します。

  4. "名前を付けて保存" と聞こえるまで下方向キーを押し、Control + Option + Space キーを押します。 "保存中ダイアログ" と読み上されます。

  5. 保存場所として現在選択されているフォルダーの名前が聞こえるまで Tab キーを押します。 フォルダーを変更するには、Ctrl + Option + Space キーを押し、下方向キーを押して目的の場所に移動し、Ctrl + Option + Space キーを押します。

  6. 画像を保存するには、"保存ボタン" と聞こえるまで Tab キーを押し、Control + Option + Space キーを押します。 イメージは、元のファイル名でコンピューターに保存されます。

関連項目

Outlook でスクリーン リーダーを使用して図または画像を挿入する

Outlook でスクリーン リーダーを使用してメールのテキストの書式設定を行う

Outlook のキーボード ショートカット

Outlook のメールでスクリーン リーダーを利用する基本的な作業

Microsoft 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ

スクリーン リーダーを使用して Outlook メールの中を移動する

Microsoft 365 の新機能

iOS iOS 版 Outlook スクリーン リーダーである VoiceOver を使用して、添付ファイルをメールから OneDrive、iCloud Drive、またはスマートフォンに保存します。

注: 

  • 新しい Microsoft 365 の機能は Microsoft 365 サブスクリプションをご利用の方に段階的にリリースされるため、ご使用のアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。 より早く新機能を入手するための方法については、Office Insider プログラムにご参加ください

  • このトピックでは、組み込みの iOS スクリーン リーダーである VoiceOver を使っていることを前提としています。 VoiceOver の使用の詳細については、「Apple accessibility」 (Apple のアクセシビリティ) をご覧ください。

この記事の内容

メールから添付ファイルを保存する

添付ファイルは、iPhone に保存したり、ネットワーク ストレージ ( OneDriveなど) に保存#x0。

添付ファイルを電話に保存する

  1. [ iOS 版 Outlook] で に移動し、保存する添付ファイルを含むメールを開きます。 VoiceOver では、添付ファイルを含むメールが "添付ファイルがあります" と通知されます。

  2. 保存する添付ファイルが見つけるまで右にスワイプします。 ファイル名とサイズ、続いて "添付ファイル" と聞こえます。

  3. 画面をダブル タップします。 iOS 版 Outlook のプレビューが読み込まれます。 "閉じるボタン" と読み上がった場合、プレビューの準備が整います。

  4. "共有、ボタン" と聞こえるまで右にスワイプし、画面をダブルタップします。

  5. "ファイルの共有、省略記号" と聞こえるまで右にスワイプし、画面をダブルタップします。

  6. "ファイルに保存、ボタン" と聞こえるまで右にスワイプし、画面をダブルタップします。

  7. "自分の画面で" と聞こえるiPhone右にスワイプし、画面をダブルタップします。 "保存ボタン" と聞こえるまで右にスワイプし、画面をダブルタップします。 ファイルが電話に保存され、Files アプリで つけられている。

  8. メールに戻る場合は、"閉じるボタン" と聞こえるまで左にスワイプし、画面をダブルタップします。

添付ファイルをファイルに保存 OneDrive

  1. [ iOS 版 Outlook] で に移動し、保存する添付ファイルを含むメールを開きます。 VoiceOver では、添付ファイルを含むメールが "添付ファイルがあります" と通知されます。

  2. 保存する添付ファイルが見つけるまで右にスワイプします。 ファイル名とサイズ、続いて "添付ファイル" と聞こえます。

  3. 画面をダブル タップします。 iOS 版 Outlook のプレビューが読み込まれます。 "閉じるボタン" と読み上がった場合、プレビューの準備が整います。

  4. "共有、ボタン" と聞こえるまで右にスワイプし、画面をダブルタップします。

  5. "アカウントに保存" と聞こえるまで右にスワイプし、画面をダブルタップします。

  6. 右にスワイプし、"OneDrive、ユーザー名" と聞こえた後、画面をダブルタップします。 ファイルは、 に保存 OneDrive。

添付ファイルを iCloud に保存する

  1. [ iOS 版 Outlook] で に移動し、保存する添付ファイルを含むメールを開きます。 VoiceOver では、添付ファイルを含むメールが "添付ファイルがあります" と通知されます。

  2. 保存する添付ファイルが見つけるまで右にスワイプします。 ファイル名とサイズ、続いて "添付ファイル" と聞こえます。

  3. 画面をダブル タップします。 iOS 版 Outlook のプレビューが読み込まれます。 "閉じるボタン" と読み上がった場合、プレビューの準備が整います。

  4. "共有、ボタン" と聞こえるまで右にスワイプし、画面をダブルタップします。

  5. "ファイルに保存、ボタン" と聞こえるまで右にスワイプし、画面をダブルタップします。

  6. "iCloud ドライブ" と聞こえるまで右にスワイプし、画面をダブルタップします。

  7. 必要なフォルダーが聞こえるまで右にスワイプし、画面をダブルタップします。

  8. "保存、ボタン" と読み上されるまで左にスワイプし、画面をダブルタップします。添付ファイルは iCloud ドライブに保存され、 ファイル アプリで確認できます。

  9. メールに戻る場合は、"閉じるボタン" と聞こえるまで左にスワイプし、画面をダブルタップします。

メールから埋め込み画像を保存する

  1. [ iOS 版 Outlook] で に移動し、保存する画像を含むメールを開きます。 VoiceOver では、添付ファイルを含むメールが "添付ファイルがあります" と通知されます。

  2. 埋め込まれた画像が見つけるまで右にスワイプします。 VoiceOver で "画像、画像" と呼び出されます。 画面をダブル タップします。

  3. "共有、ボタン" と聞こえるまで右にスワイプし、画面をダブルタップします。

  4. "ファイルの共有、省略記号" と聞こえるまで右にスワイプし、画面をダブルタップします。

  5. "ファイルに保存、ボタン" と聞こえるまで右にスワイプし、画面をダブルタップします。

  6. "自分の画面で" と聞こえるiPhone右にスワイプし、画面をダブルタップします。 "保存ボタン" と聞こえるまで右にスワイプし、画面をダブルタップします。 ファイルが電話に保存され、Files アプリで つけられている。

  7. メールに戻る場合は、"閉じるボタン" と聞こえるまで左にスワイプし、画面をダブルタップします。

関連項目

Outlook でスクリーン リーダーを使用して図または画像を挿入する

Outlook でスクリーン リーダーを使用してメールのテキストの書式設定を行う

Outlook のメールでスクリーン リーダーを利用する基本的な作業

Microsoft 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ

スクリーン リーダーを使用して Outlook メールの中を移動する

Microsoft 365 の新機能

Android Android 版 Outlook スクリーン リーダーである TalkBack を使用して、埋め込み画像または添付ファイルをメールから保存します。

注: 

  • 新しい Microsoft 365 の機能は Microsoft 365 サブスクリプションをご利用の方に段階的にリリースされるため、ご使用のアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。 より早く新機能を入手するための方法については、Office Insider プログラムにご参加ください

  • このトピックでは、Android の組み込みのスクリーン リーダーである、TalkBack を使用していることを前提としています。 TalkBack の使用の詳細については、「Android accessibility」 (Android のアクセシビリティ) をご覧ください。

この記事の内容

メールから埋め込み画像を保存する

メールの本文に埋め込まれている画像を携帯電話や携帯電話に保存Google ドライブ。

埋め込み画像を電話に保存する

  1. [ Android 版 Outlook] で に移動し、保存する画像を含むメールを開きます。 TalkBack は、添付ファイルを含むメールを "添付ファイルがあります" と通知します。

  2. 埋め込まれた画像が見つけるまで右にスワイプします。 TalkBack では、"画像、グラフィック" と呼び出されます。 画面をダブル タップします。 "写真のダウンロード" と読み上されます。

  3. 既定では、 Outlookフォトやギャラリーなど、ネイティブ ギャラリー アプリで画像を開くオプションが用意されています。 選択したアプリで画像を常に開くか、1 回だけ開く場合は、目的のオプションが聞こえるまで右にスワイプし、画面をダブルタップします。

  4. "共有、ボタン" と聞こえるまで右にスワイプし、画面をダブルタップします。

  5. "詳細" と聞こえるまで右にスワイプし、画面をダブルタップします。

  6. アプリ名 ("写真にアップロード" など) が聞こえるまで右にスワイプし、画面をダブルタップします。

  7. 右にスワイプし、"アップロード" と聞こえ、画面をダブルタップします。 画像がアップロードされ、電話に保存されます。

  8. メールに戻る場合は、下にスワイプしてから左にスワイプします。

埋め込みイメージを保存してGoogle ドライブ

  1. [ Android 版 Outlook] で に移動し、保存する画像を含むメールを開きます。 TalkBack は、添付ファイルを含むメールを "添付ファイルがあります" と通知します。

  2. 埋め込まれた画像が見つけるまで右にスワイプします。 TalkBack では、"画像、グラフィック" と呼び出されます。 画面をダブル タップします。 "写真のダウンロード" と読み上されます。

  3. 既定では、 Outlookフォトやギャラリーなど、ネイティブ ギャラリー アプリで画像を開くオプションが用意されています。 選択したアプリで画像を常に開くか、1 回だけ開く場合は、目的のオプションが聞こえるまで右にスワイプし、画面をダブルタップします。

  4. "共有、ボタン" と聞こえるまで右にスワイプし、画面をダブルタップします。

  5. "詳細" と聞こえるまで右にスワイプし、画面をダブルタップします。

  6. "ドライブに保存" と聞こえるまで右にスワイプし、画面をダブルタップします。 フォーカスが [ドキュメント タイトル ] フィールドに 移動します。 "ドライブによるデバイス上の写真、メディア、ファイルへのアクセスを許可する" と聞こえる場合は、"許可、ボタン" と聞こえるまで右にスワイプし、画面をダブルタップします。

  7. 既定のファイル名を使用しない場合は、スクリーン キーボードを使用してフィールドに新しい名前を入力します。 完了したら、下にスワイプしてから左にスワイプし、スクリーン キーボードを閉じます。

  8. "保存、ボタン" と聞こえるまで右にスワイプし、画面をダブルタップします。 イメージは、お使Google ドライブ。

  9. メールにフォーカスを戻す場合は、下にスワイプしてから左にスワイプします。 

メールから添付ファイルを保存する

画像などのファイルをメールの添付ファイルとして受信する場合があります。 すべての種類の添付ファイルを同じ方法で保存できます。

  1. [ Android 版 Outlook] に移動し、保存する添付ファイルを含むメールを開きます。 TalkBack は、添付ファイルを含むメールを "添付ファイルがあります" と通知します。

  2. 保存する添付ファイルが見つけるまで右にスワイプします。 TalkBack は、各添付ファイルのファイルの種類、名前、サイズを知らせします。

  3. 右に 1 回スワイプします。 "For" と読み上されます。 画面をダブル タップします。

  4. "デバイスに保存" と聞こえるまで右にスワイプし、画面をダブルタップします。 "デバイス上の写真、メディア、ファイルへのアクセスを Outlookに許可する" と聞こしたら、"許可、ボタン" と聞こえるまで右にスワイプし、画面をダブルタップします。 添付ファイルは電話に保存され、Files アプリの [ダウンロード] フォルダーにあります

  5. 受信トレイに戻る場合は、下にスワイプしてから左にスワイプします。

関連項目

Outlook でスクリーン リーダーを使用して図または画像を挿入する

Outlook でスクリーン リーダーを使用してメールのテキストの書式設定を行う

Outlook のメールでスクリーン リーダーを利用する基本的な作業

Microsoft 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ

スクリーン リーダーを使用して Outlook メールの中を移動する

Microsoft 365 の新機能

キーボード Outlook on the web スクリーン リーダーを使用して、添付ファイル (ドキュメントなど) をメールからコンピューターに保存したり、 を使用 OneDrive。 Microsoft Edge ではナレーター、Chrome では JAWS と NVDA でテストしましたが、一般的なアクセシビリティの標準と手法に従っている限り、他のスクリーン リーダーや Web ブラウザーでも動作する可能性があります。 また、メール メッセージからインライン画像を保存する方法も学習します。

装飾アイコン のメールから添付ファイルを保存する方法について説明 Outlook スクリーン リーダーを使用しない場合 「添付 ファイルを開くまたは保存する」を参照してください

注: 

  • 新しい Microsoft 365 の機能は Microsoft 365 サブスクリプションをご利用の方に段階的にリリースされるため、ご使用のアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。 より早く新機能を入手するための方法については、Office Insider プログラムにご参加ください

  • スクリーン リーダーの詳細については、「Microsoft Office でのスクリーン リーダーの機能」を参照してください。

  • 現在、Outlook.office.com (Outlook on the Web) を更新中です。 一部のユーザーは既に新しい Outlook を使用していますが、それ以外のユーザーは更新が完了するまで従来のバージョンが既定の操作環境として表示されます。 詳細については、「新しい Outlook on the web に関するサポートを受ける」を参照してください。 このトピックの手順は新しい環境に適用されるため、従来の環境から新しい Outlook に切り替えることをお勧めします。 新しい Outlook に切り替えるには、「コマンド、新しい Outlook を試してみる」と読み上げられるまで Ctrl キーを押しながら F6 キーを押し、続けて Enter キーを押します。 「コマンド、新しい Outlook を試してみる」の代わりに「コマンド ツール バー」と読み上げられる場合は、新しい Outlook を既に使用しています。

  • Outlook on the web を使う場合は、Web ブラウザーとして Microsoft Edge を使うことをお勧めします。 Outlook on the web は Web ブラウザーで実行されるため、キーボード ショートカットは、デスクトップ プログラムのキーボード ショートカットとは異なります。 たとえば、コマンド内を移動するには、F6 キーではなく、Ctrl + F6 キーを押します。 また、F1 (ヘルプ) キーや Ctrl + O キー (開く) などの Web ブラウザーに適用される一般的なショートカットは、Outlook on the web には適用されません。

この記事の内容

メールから添付ファイルを保存する

添付ファイルを 1 つ 1 つコンピューターに保存するか、 を OneDrive。

  1. コンピューターに保存する添付ファイルを含むメールに移動して開きます。

    ヒント: メールボックスを参照するときに、メッセージに 1 つ以上の添付ファイルが含まれている場合、送信者の名前の後に "添付ファイルがあります" と読み上されます。

  2. 保存する添付ファイルが見つけるまで Tab キーを押します。

  3. "その他のアクション、折りたたみボタン" と聞こえるまで Tab キーを押し、Space キーを押します。

  4. 次のいずれかの操作を行います。

    • 添付ファイルを PC の [ダウンロード ] フォルダーにダウンロードするには、"ダウンロード" と聞こえるまで下方向キーを押し、Enter キーを押します。 通知が聞こえ、 Alt キーを押しながら N キーを押し、"保存ボタン" と読み上されるまで Tab キーを押します。 Enter キーを押します。

    • 添付ファイルを OneDriveするには、"ファイルに保存、Microsoft" と読み上OneDrive Tab キーを押します。 Enter キーを押します。

すべての添付ファイルを一度に保存する

添付ファイルを 1 つ 1 つ保存する代わりに、すべての添付ファイルを 1 回で保存することもできます。

  1. コンピューターに保存する添付ファイルを含むメールに移動して開きます。

  2. 次のいずれかの操作を行います。

    • 添付ファイルを PC の [ダウンロード ] フォルダーにダウンロードするには、"すべてダウンロード、ボタン" と聞こえるまで Tab キーを押し、Enter キーを押します。 通知が聞こえ、

      通知ダイアログに移動するには、Alt キーを押しながら N キーを押します。 "保存ボタン" と読み上されるまで Tab キーを押し、Enter キーを押します。

    • 添付ファイルを OneDriveに保存するには、"すべてのファイルを Microsoft、Microsoft に保存" と聞こえるまで Tab キーを押し、聞こOneDrive Enter キーを押します。

インラインイメージを保存する

メッセージ本文にインラインで挿入された画像をコンピューターに保存できます。

  1. コンピューターに保存するインライン 画像を含むメールに移動して開きます。

  2. "画像" と読み上されるまで SR キーを押しながら右方向キーを押します。

  3. Shift + Enter キーを押します。 画像が別のウィンドウで開きます。

  4. "ダウンロード" と聞こえるまで Shift キーを押しながら Tab キーを押し、Enter キーを押します。 通知が聞こえ、

  5. 通知ダイアログに移動するには、Alt キーを押しながら N キーを押します。 "保存ボタン" と読み上されるまで Tab キーを押し、Enter キーを押します。

関連項目

Outlook でスクリーン リーダーを使用して図または画像を挿入する

Outlook でスクリーン リーダーを使用してメールのテキストの書式設定を行う

Outlook のキーボード ショートカット

Outlook のメールでスクリーン リーダーを利用する基本的な作業

スクリーン リーダーを使用して Outlook メールの中を移動する

Microsoft 365 の新機能

スクリーン リーダーでのスクリーン リーダーのOutlook

障碍のある方向けのテクニカル サポート

Microsoft は、すべてのお客様に最適な操作性を提供することを目指しています。 障碍のある方、およびアクセシビリティに関してご質問がある方が技術サポートをご希望の場合は、Microsoft Disability Answer Desk までご連絡ください。 Disability Answer Desk サポート チームは、一般的なユーザー補助技術を駆使するトレーニングを受けており、英語、スペイン語、フランス語、および米語の手話でサポートを提供することができます。 お住まいの地域での連絡先の詳細については、Microsoft Disability Answer Desk サイトを参照してください。

政府機関、商用、または法人ユーザーの場合は、法人向け Disability Answer Desk までお問い合わせください。

ヘルプを表示

ディスカッションに参加
コミュニティにたずねる
サポートを受ける
お問い合わせ​​

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×