スクリーン リーダーを使用して、OneNote のノートブックを共有し共同作業を行う

この記事は、Microsoft のナレーター、JAWS、Microsoft 365 製品で NVDA などのスクリーン リーダー プログラムを使用する、視覚障碍または認知障碍のあるユーザーを対象としています。 この記事は、Microsoft 365 スクリーン リーダー サポート コンテンツ セットの一部であり、アプリのアクセシビリティに関する詳細情報を見つけることができます。 一般的なヘルプについては、Microsoft サポート ホームにアクセスしてください。

キーボードとスクリーン リーダーで OneNote を使用してノートブックを共有し、同僚と効率的に共同作業します。 ナレーター、JAWS および NVDA でテストしていますが、他のスクリーン リーダーでも、一般的なアクセシビリティの標準と技法に準拠していれば、機能する可能性があります。 また、ノートブックから 1 つのページやセクションなど、特定のノートのコピーを作成し、共有する方法についても説明します。

注: 

この記事の内容

ノートブックを OneDriveに保存する

ノートブックを共有する場合は、対象のノートブックが OneDrive に保存されていることを確認します。

新しいノートブックを OneDriveに保存する

共有するノートブックを新規に作成した場合は、それを OneDrive に直接保存します。

  1. Alt キーを押しながら F キーを押し、N キーを押します。ナレーターでは、"フォルダーの選択" と読み上げられます。 JAWS では、「新規、バックステージ ビュー」と読み上げられます。 NVDA では、「新しいグループ化、新しいノートブック」と読み上げられます。

  2. 保存場所を選択するには、読み上げられるまで Shift キーを押しながら Tab キーを押し、ナレーターと JAWS で "機能の保存、最近使ったタブ" を使用します。 NVDA では、"最近選択したタブ" と読み上げられます。 目的の OneDrive の場所が読み上げられるまで下方向キーを押します。

  3. Tab キーを 1 回押します。 "フォルダーの選択" と読み上げられ、その後に現在選択されているOneDriveフォルダー名が読み上げられます。

  4. 新しいノートブックに名前を付けるには、Enter キーを押します。 "新しいノートブック ダイアログの作成、ノートブック名" と読み上げられます。 新しいノートブック名を入力します。

  5. ノートブックを作成するには、Enter キーを押します。 ノートブックを他のユーザーと共有するかどうかを確認する新しいダイアログ ボックスが開きます。 次のいずれかの操作を行います。

    • ノートブックを共有する場合は、"ユーザーの招待、ボタン" と読み上げられるまで Tab キーを押し、Enter キーを押します。 [共有] ウィンドウに移動し、ノートを共有する相手を選択できます。 詳細については、「 ノートブックの共有」を参照してください。

    • ノートブックを共有しない場合は、"Not now, button" と読み上げられるまで Tab キーを押し、Enter キーを押します。 フォーカスが新しい空のノートブックに移動します。

ノートブックを OneDriveに移動する

共有したいノートブックがあって、OneDrive に保存されていなければ、ノートブックを移動することができます。

  1. 移動するノートブックが開いていることを確認します。

  2. ノートブックを OneDriveに移動するには、Alt キーを押しながら F キー、Z キーを押します。"共有" と読み上げられます。

  3. OneDrive の場所を選択するには、目的の場所が読み上げられるまで上方向キーと下方向キーを使用します。

  4. ノートブックを移動するには、Enter キーを押します。 ノートブックは OneDriveに保存されます。 同期の進行状況が読み上げられます。 ナレーターと NVDA を使用して OneDrive への同期が成功すると、"Microsoft#x2 ダイアログが読み上げられます。 [OK] ボタン」と JAWS では、「ノートブックが新しい場所に同期されました」と読み上げられます。 Enter キーを押します。

これで、ノートを共有する相手を選ぶことができるようになりました。 ノートブックの共有の詳細については、「ノートブックの 共有」を参照してください。

ノートブックを共有する

共有するノートブックを選び、そのノートブックで共同作業するユーザーを招待します。

  1. 共有するノートブックが開いていることを確認します。

  2. ノートブックを共有するには、Alt キーを押しながら F キー、Z キーを押します。"共有" と読み上げられます。

  3. ユーザーを電子メールで共同作業に招待するには、"共有相手の名前またはメール アドレスを入力してください" と読み上げられるまで Tab キーを押します。 招待するユーザーの名前またはメール アドレスを入力します。

  4. 既定では、招待されたユーザーは招待者のノートブックを編集できます。 ノートブックのみを表示できるようにする場合は、"リンクアクセス許可の選択" と読み上げられるまで Tab キーを押します。 Space キーを押してメニューを開き、"表示可能" と読み上げられるまで下方向キーを押し、Enter キーを押して選択します。

  5. "送信、ボタン" と読み上げられるまで Tab キーを押し、Enter キーを押してノートブックを共有します。

ノートの一部を共有する

ページやセクションなど、ノートの特定の部分を共有したい場合もあります。 それを行うには、共有するページまたはセクションを OneDrive 上の特定の場所にエクスポートします。

  1. 共有するページまたはセクションがアクティブになっていることを確認します。 ノートブック内の現在のページまたはセクションのみをエクスポートすることができます。

  2. Alt キーを押しながら F キー、S キーを押します。ナレーターと NVDA では、"エクスポート" と読み上げられます。 JAWS では、"Backstage ビュー。 ファイル。 [エクスポート] タブ。

  3. エクスポートする内容を選択します。

    • 現在のページをエクスポートするには、P キーを押します。"ページ タブ" と読み上げられます。

    • 現在のセクションをエクスポートするには、S キーを押します。"セクション タブ" と読み上げられます。

  4. エクスポートしたファイルの形式を選択するには、Tab キーを押し、目的の形式が見つかるまで上下の方向キーを使用します。 Enter キーを押して選択します。 "名前を付けて保存ダイアログ" と読み上げられます。

    注:  OneNote独自の形式 (*.1) のほかに、ノートを Wordドキュメント (*.docx または *.doc)、PDF (*.pdf)、XPS (*.xps)、またはシングル ファイル Web ページ (*.mht) としてエクスポートできます。

  5. エクスポートしたファイルのファイル名を入力し、Enter キーを押して保存します。

  6. 保存したドキュメントは他のユーザーと共有できるようになります。 OneDrive ファイルを他のユーザーと共有する方法については、OneDriveを使用したスクリーン リーダーを使用した基本的なタスクのOneDrive項目の共有に関するセクションを参照してください。

更新の作成者、日付、時刻を確認する

共有ノートブックの作成者の誰かが変更を加えると、OneDrive 内で自動的に反映されます。 ノートを編集する場合は、更新の作成者と、更新が作成された日時を確認できます。

  1. 編集可能なテキストで、上方向キーまたは下方向キーを使用してノートを参照します。 閲覧時にスクリーン リーダーがアイテムを読み取ります。

  2. 現在選択されている項目に変更を加えたユーザーと日時を確認するには、Shift + F10 キーまたは Windows メニュー キーを押し、Shift キーを押しながら Tab キーを 2 回押します。 作成者の名前、更新の日付と時刻が読み上げられます。

関連項目

スクリーン リーダーを使って OneNote のノートブックにコンテンツを挿入する

OneNote でスクリーン リーダーを使用して、ノートブック、セクション、ページを整理する

OneNoteのキーボード ショートカット

OneNote でスクリーン リーダーを利用する基本的な作業

Microsoft 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ

スクリーン リーダーを使用して、OneNoteを調べて移動する

キーボードと組み込みの macOS スクリーン リーダーである VoiceOver で OneNote for Mac を使用して、ノートブックを共有し、同僚と効率的に共同作業します。 また、ノートブックの単一のページなどをコピーして特定のノートを作成し、同僚と共有することもできます。

注: 

  • 新しい Microsoft 365 の機能は Microsoft 365 サブスクリプションをご利用の方に段階的にリリースされるため、ご使用のアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。 より早く新機能を入手するための方法については、Office Insider プログラムにご参加ください

  • このトピックでは、組み込みの macOS スクリーン リーダーである VoiceOver を使っていることを前提としています。 VoiceOver の使用の詳細については、「VoiceOver スタートアップガイド」をご覧ください。

この記事の内容

ノートブックを共有する

共有するノートブックを選び、そのノートブックで共同作業するユーザーを招待します。

  1. 共有するノートブックを OneNote for Macで開きます。

  2. 現在選択されているタブ ("ホーム、選択済み、タブ" など) が読み上げられるまで F6 キーを押します。

  3. "共有メニュー ボタン" と読み上げられるまで Tab キーを押し、Control + Option + Space キーを押します。 [ 共有 ] ダイアログ ボックスが開きます。

  4. "共有するユーザーの名前またはメール アドレスを入力してください" と読み上げられるまで Tab キーを押し、招待するユーザーの名前またはメールを入力します。 ノートブックを初めて共有する場合は、連絡先へのアクセスを要求するポップアップが表示されることがあります。

  5. 既定では、招待されたユーザーは招待者のノートブックを編集できます。 ノートブックを表示できるようにしたい場合は、Tab キーを 1 回押します。 "リンクのアクセス許可を選択し、選択した内容を編集できます" と読み上げられます。 次に Control+Option+Spacebar キーを押します。 下方向キーを 1 回押し、Control + Option + Space キーを押して 、[表示可能] オプションを選択します。

  6. 招待にメッセージを含める場合は、"ここにオプション メッセージを入力してください" と読み上げられるまで Tab キーを押し、メッセージを書きます。

  7. ノートブックを共有するには、"送信ボタン" と読み上げられるまで Tab キーを押し、Control + Option + Space キーを押して選択します。

ノートの一部を共有する

ノート内の特定のページだけを共有したいこともあります。 その場合は、ページをメール メッセージとして送信したり、PDF としてページを添付したりできます。

  1. 共有するページがアクティブになっていることを確認します。 ノートブック内の現在のページのみをエクスポートすることができます。

  2. 現在選択されているタブ ("ホーム、選択済み、タブ" など) が読み上げられるまで F6 キーを押します。

  3. "共有メニュー ボタン" と読み上げられるまで Tab キーを押し、Control + Option + Space キーを押します。 [ 共有 ] ダイアログ ボックスが開きます。

  4. "ページのコピーの送信" と読み上げられるまで Tab キーを押し、Control + Option + Space キーを押します。 フォーカスは [ 戻る ] ボタンにあります。

  5. 次のいずれかの操作を行います。

    • 電子メールでページを送信する場合は、"PDF 添付ファイル、ファイル形式のポップアップ ボタン" と読み上げられるまで Tab キーを押し、Control + Option + Space キーを押してメニューを開きます。 下方向キーを 1 回押して [電子メール メッセージ ] オプションに移動し、Control + Option + Space キーを押して選択します。 次に、"電子メール ボタン" と読み上げられるまで Tab キーを押し、Control + Option + Space キーを押します。 これにより、メール アプリで新しいメッセージ ウィンドウが開き、ページコンテンツが既に貼り付けされており、書式設定が含まれます。 ページを送信する前に、メール アドレスと件名を追加するだけです。

    • ページを PDF 添付ファイルとして電子メールで送信する場合は、"電子メール ボタン" と読み上げられるまで Tab キーを押し、Control + Option + Space キーを押します。 これにより、ページが PDF として添付された新しいメッセージ ウィンドウがメール アプリで開きます。 PDF を送信する前に、メール アドレスと件名を追加するだけです。

関連項目

スクリーン リーダーを使って OneNote のノートブックにコンテンツを挿入する

OneNote でスクリーン リーダーを使用して、ノートブック、セクション、ページを整理する

OneNoteのキーボード ショートカット

OneNote でスクリーン リーダーを利用する基本的な作業

Microsoft 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ

スクリーン リーダーを使用して、OneNoteを調べて移動する

OneNote for iOS では、iOS の組み込みスクリーン リーダーである VoiceOver を使用して、ノートブックを共有し、同僚と効率的に共同作業を行うことができます。

注: 

  • 新しい Microsoft 365 の機能は Microsoft 365 サブスクリプションをご利用の方に段階的にリリースされるため、ご使用のアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。 より早く新機能を入手するための方法については、Office Insider プログラムにご参加ください

  • このトピックでは、組み込みの iOS スクリーン リーダーである VoiceOver を使っていることを前提としています。 VoiceOver の使用の詳細については、「Apple accessibility」 (Apple のアクセシビリティ) をご覧ください。

  • このトピックでは、デバイスに電子メール アカウントを追加したことを前提としています。

この記事の内容

ノートブックを共有する

新しいノートブックを作成すると、OneNote for iOS はそれを自動的に OneDrive に保存するので、後は共有するノートブックを選んで、共同作業する同僚を招待するだけです。

  1. 共有するノートブックが [セクション] ビューで開かれていることを確認します。

  2. "共有メニュー、ボタン" と読み上げられるまで右にスワイプし、画面をダブルタップします。

  3. "ノートブックにユーザーを招待する、ボタン" と読み上げられるまで右にスワイプし、画面をダブルタップします。

  4. "名前またはメール アドレスの入力、テキスト フィールド" と読み上げられるまで右にスワイプし、画面をダブルタップします。

    ノートブックを初めて共有する場合は、連絡先へのアクセスを要求するポップアップが表示されることがあります。

  5. 招待するユーザーのメール アドレスを入力します。 OneNoteが連絡先にアクセスできる場合は、アドレスを入力するときに表示されるドロップダウン リストから連絡先を選択することもできます。

  6. 画面の下半分を 4 本の指でタップします。 "戻る" と読み上げられます。 画面をダブル タップします。

    ヒント: 既定では、招待されたユーザーは招待者のノートブックを編集できます。 ノートブックの表示だけを許可したい場合は、"編集可能、切り替えボタン、オン" と読み上げられるまで、右にスワイプします。 その後、画面をダブルタップして設定をオフにします。

  7. "送信ボタン" と読み上げられるまで左にスワイプし、画面をダブルタップします。

    ノートブックでの作業に招待するメールが、共同作業者に送信されます。

  8. "完了" と読み上げられるまで左にスワイプし、画面をダブルタップして セクション ビューに戻ります。

ページを電子メールで送信する

ノートブックの 1 ページのみを他のユーザーに見せたい場合は、PDF の添付ファイルとしてメールで送信できます。

  1. メールで送信するノートブックのページを開きます。

  2. "ページ アクション ボタン" と読み上げられるまで右にスワイプし、画面をダブルタップします。

  3. "メール ページ ボタン" と読み上げられるまで右にスワイプし、画面をダブルタップします。

  4. "To, text field" と読み上げられるまで右にスワイプし、画面をダブルタップします。

  5. 受信者のメール アドレスを入力します。 OneNote が連絡先にアクセスできる場合は、アドレスを入力するときに表示されるドロップダウン リストから連絡先を選択することもできます。

    [件名] フィールドには、ページのタイトルが自動的に入力されます。

  6. 画面の下半分を 4 本の指でタップします。 "戻る" と読み上げられます。 画面をダブル タップします。

  7. 4 本の指で画面の上半分をタップします。 "キャンセル ボタン" と読み上げられます。

  8. "送信ボタン" と読み上げられるまで右にスワイプし、画面をダブルタップします。

メールが送信され、メニューが閉じ、ページ ビューに戻ります。

作成者情報を非表示にする

既定では、OneNote for iOS のテキスト領域の横には他の作成者のイニシャルが表示され、閲覧モードではそれが VoiceOver で読み上げられます。

  1. OneNote for iOSのノートブックリスト ビューで、"設定、ボタン" と読み上げられるまで左にスワイプします。 その後、画面をダブルタップします。

    ヒント: ノートブック リスト ビューではない場合は、画面の上半分を 4 本の指でタップします。 VoiceOver によって、戻る場所が読み上げられます。その後に "戻るボタン" が表示されます。 画面をダブルタップして 1 つ上のレベルに戻ります。 フォーカスは [戻る] ボタンに留まるので、"設定 ボタン" と読み上げられるまでダブルタップを続けることができます。

  2. "編集と表示、ボタン" と読み上げられるまで右にスワイプし、画面をダブルタップします。

  3. "作成者を表示しない、切り替えボタン、オフ" と読み上げられるまで、右にスワイプします。 ダブルタップして設定をオフにします。

  4. "戻るボタン" と読み上げられるまで左にスワイプし、画面をダブルタップします。 "閉じるボタン" と読み上げられます。 画面をダブルタップしてトップ レベル ビューに戻ります。

関連項目

スクリーン リーダーを使って OneNote のノートブックにコンテンツを挿入する

OneNote でスクリーン リーダーを使用して、ノートブック、セクション、ページを整理する

OneNote でスクリーン リーダーを利用する基本的な作業

Microsoft 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ

スクリーン リーダーを使用して、OneNoteを調べて移動する

OneNote for Android では、Android の組み込みスクリーン リーダーである TalkBack を使用して、ノートブック (OneDrive 経由) とページを共有し、同僚と効率的に共同作業を行うことができます。

注: 

  • 新しい Microsoft 365 の機能は Microsoft 365 サブスクリプションをご利用の方に段階的にリリースされるため、ご使用のアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。 より早く新機能を入手するための方法については、Office Insider プログラムにご参加ください

  • このトピックでは、Android の組み込みのスクリーン リーダーである、TalkBack を使用していることを前提としています。 TalkBack の使用の詳細については、「Android accessibility」 (Android のアクセシビリティ) をご覧ください。

  • OneNote for Android を起動する前に TalkBack を有効にしていることを確認します。

この記事の内容

ノートブックを共有する

OneNote for Android で新しいノートブックを作成すると、OneDrive に自動的に保存されます。 スマートフォンに OneDrive アプリがインストールされている場合、そのアプリを使用してノートブック全体を共有できます。

注: 職場または学校のアカウントを使用している場合は、手順が若干異なる場合があります。

  1. OneNote で共有するノートブックを作成したら、OneDrive アプリを開きます。

  2. OneDriveで、ファイルとフォルダーを参照するには、右または左にスワイプします。 フォルダーを開くには、画面をダブルタップします。 OneNote ファイルは "Notebook" として通知され、その後にノートブック名が続きます。

  3. 共有するノートブックの名前が読み上げられると、右に 1 回スワイプします。 ファイル名の後に "コマンド ボタン" と読み上げられます。 メニューを開くには、画面をダブルタップします。

  4. "共有ボタン" と読み上げられるまで右にスワイプし、画面をダブルタップします。 [共有] メニューが開きます。

  5. "折りたたまれた、編集ボックス、共有するユーザーの名前またはメール アドレスを入力する" と読み上げられるまで右にスワイプし、画面をダブルタップします。 スクリーン キーボードが開きます。

  6. スクリーン キーボードを使用して、招待するユーザーのメール アドレスを入力します。 完了したら、"Go" と読み上げられるまでキーボードで指をドラッグし、それを持ち上げます (必要に応じて画面をダブルタップします)。 キーボードを閉じるには、下にスワイプし、さらに左にスワイプします。

    注: 画面上のアイテムを検索することで、キーボードを探すことができます。 検索するには、画面に指を置いてドラッグします。 アクセスするたびに TalkBack がアイテムを読み上げます。 アイテムを選択するには、目的のアイテムで指を離します。 デバイスの設定によっては、画面をダブルタップして文字を挿入する必要があります。

  7. 他のユーザーを招待する場合は、"折りたたまれた、編集ボックス、共有する別のユーザーまたはグループを入力する" と読み上げられるまで右または左にスワイプし、画面をダブルタップして手順 6 を繰り返します。

  8. 既定では、招待されたユーザーは招待者のノートブックを編集できます。 ノートブックのみを表示できるようにする場合は、"折りたたまれたリンクのアクセス許可を選択します" と読み上げられるまで右にスワイプします。 画面をダブルタップしてメニューを展開し、"表示可能" と読み上げられるまで右にスワイプし、画面をダブルタップします。

  9. "送信、ボタン" と読み上げられるまで右にスワイプし、画面をダブルタップします。

    共同作業者に電子メールが送信され、ノートブックを操作するように招待されます。 [共有] メニューが閉じます。

ページを電子メールで送信する

ノートブックの 1 ページのみを他のユーザーに見せたい場合は、Android 版 Outlook のメールで送信できます。

  1. OneNote で、メールで送信するノートブックのページを開きます。

  2. "その他のオプション ボタン" と読み上げられるまで左にスワイプし、画面をダブルタップします。

  3. "ページの共有" と読み上げられるまで右にスワイプし、画面をダブルタップします。 [ 名前を付けて共有 ] ダイアログ ボックスが開きます。

  4. 次のいずれかの操作を行います。

    • ページを PDF 形式の添付ファイルとしてメールで共有するには、"PDF" と読み上げられるまで右にスワイプし、画面をダブルタップします。

    • メッセージ本文でページをプレーンテキストとして共有するには、"プレーンテキスト" と読み上げられるまで右にスワイプし、画面をダブルタップします。

  5. "Outlook"と読み上げられるまで右にスワイプし、画面をダブルタップします。 Android 版 Outlookで新しいメッセージが開きます。 "編集ボックス、宛先フィールド、受信者の電子メール アドレス、編集ボックスを入力します" と読み上げられるまで右にスワイプします。 画面をダブル タップします。

  6. スクリーン キーボードを使用して受信者のメール アドレスを入力します。 完了したら、キーボード上で指をドラッグし、"完了" が聞こえたら指を放します (必要に応じて画面をダブルタップします)。 キーボードを閉じるには、下にスワイプし、さらに左にスワイプします。

    注: [件名] フィールドには、ページのタイトルが自動的に入力されます。

  7. 電子メール メッセージを送信するには、"送信ボタン" と読み上げられるまで左にスワイプし、画面をダブルタップします。

    注:  Android 版 Outlookでメールを作成して送信する方法の詳細については、Outlookのスクリーン リーダーを使用した基本的なタスクの「メールの作成と送信」セクションを参照してください。

メールが送信され、 Outlook が閉じられ、フォーカスが OneNoteページ ビューの [その他のオプション] ボタンに戻ります。

関連項目

スクリーン リーダーを使って OneNote のノートブックにコンテンツを挿入する

OneNote でスクリーン リーダーを使用して、ノートブック、セクション、ページを整理する

OneNote でスクリーン リーダーを利用する基本的な作業

Microsoft 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ

スクリーン リーダーを使用して、OneNoteを調べて移動する

キーボードとスクリーン リーダーで OneNote for Windows 10 を使用してノートブックを共有し、同僚と効率的に共同作業します。 ナレーター、JAWS および NVDA でテストしていますが、他のスクリーン リーダーでも、一般的なアクセシビリティの標準と技法に準拠していれば、機能する可能性があります。 また、特定のノートのコピーを作成し、共有する方法についても説明します。

注: 

この記事の内容

ノートブックを共有する

新しいノートブックを作成すると、OneNote for Windows 10 はそれを自動的に OneDrive に保存するので、後は共有するノートブックを選んで、共同作業する同僚を招待するだけです。

  1. Ctrl + G キーを押してノートブック ナビゲーションを開きます。

  2. 上方向キーと下方向キーを使用して、共有するノートブックに移動します。 正しいノートブックが見つかったら、Enter キーを押します。 ノートブックが開きます。

  3. ノートブックを共有するには、Alt + H キーを押します。 "ホーム タブ" と読み上げられます。 次に、"共有ボタン" と読み上げられるまで Tab キーを押し、Space キーを押して選択します。 [ 共有] ダイアログ ボックスが開きます。 "共有相手の名前またはメール アドレスを入力してください" と読み上げられます。

  4. 複数のユーザーがいる場合は、セミコロンで区切って、招待するユーザーの名前またはメールを入力します。

  5. 既定では、招待されたユーザーは招待者のノートブックを編集できます。 ノートブックのみを表示できるようにする場合は、Tab キーを 1 回押します。 "リンクのアクセス許可を選択し、選択した内容を編集できます" と読み上げられます。 Enter キーを押し、下方向キーを 1 回押します。 "表示可能" と読み上げられます。 Enter キーを押して選択します。

  6. 招待を含むメッセージを送信する場合は、"ここに省略可能なメッセージを入力してください" と読み上げられるまで Tab キーを押し、メッセージを入力します。

  7. ノートブックを共有するには、"送信ボタン" と読み上げられるまで Tab キーを押し、Space キーを押します。

  8. ノートブックが共有されたことを通知する確認メッセージ ウィンドウが開きます。 このウィンドウを閉じてノートブックに戻るには、Esc キーを押します。

    ヒント: ノートブックの他のユーザーとの共有を停止するには、[ 共有 ] ダイアログ ボックスで、ナレーターと NVDA で "Shared with" と読み上げられるまで Tab キーを押します。 JAWS では、「アクセスの管理、ボタン」と読み上げられます。 次に、Enter キーを押します。 [ アクセスの管理 ] ダイアログ ボックスが開き、ノートブック用に共有したリンクが表示されます。 ナレーターと NVDA で "上記のリンクにアクセスできるユーザー" と読み上げられるまで Tab キーを押します。 JAWS では、「このリンクを使用しているユーザーを表示する」と読み上げられます。 Enter キーを押してユーザーの一覧を開きます。 次に、"削除" と読み上げられるまで Tab キーを押し、削除するユーザーの名前を続けて Enter キーを押します。 "削除、ボタン" と読み上げられるまで Tab キーを押し、Enter キーを押してユーザーとの共有を停止します。

コピーをメールで送信する

OneNote for Windows 10 では、ノートのコピーをメールで簡単に送信できます。

  1. 共有するページが編集モードでアクティブになっていることを確認します。

  2. ページのコピーを送信するには、Alt + H キーを押します。 "ホーム タブ" と読み上げられます。 次に、"共有ボタン" と読み上げられるまで Tab キーを押し、Space キーを押して選択します。 [ 共有] ダイアログ ボックスが開きます。 "共有相手の名前またはメール アドレスを入力してください" と読み上げられます。

  3. "ページのコピーの送信ボタン" と読み上げられるまで Tab キーを押し、Enter キーを押します。 ポップアップ ウィンドウが開き、"共有中" と読み上げられます。その後に、共有しているページのタイトルが表示されます。

  4. "アプリに共有、メール" と読み上げられるまで Tab キーを押し、Enter キーを押して選択します。

    注: 使用するアカウントを選択するように求められる場合があります。 Tab キーを使用してオプションを参照し、Enter キーを押して選択します。

  5. Windows 10 のメール アプリが開き、[ コピー先 ] フィールドにフォーカスが設定され、コピーを送信する相手のメールを入力できます。 スクリーン リーダーを使用して電子メール メッセージを送信する方法については、メールでスクリーン リーダーを使用する基本的なタスクに関する記事を参照してください。

関連項目

スクリーン リーダーを使って OneNote のノートブックにコンテンツを挿入する

OneNote でスクリーン リーダーを使用して、ノートブック、セクション、ページを整理する

OneNoteのキーボード ショートカット

OneNote でスクリーン リーダーを利用する基本的な作業

Microsoft 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ

スクリーン リーダーを使用して、OneNoteを調べて移動する

キーボードとスクリーン リーダーで OneNote for the web を使用してノートブックを共有し、同僚と効率的に共同作業します。 Chrome の Microsoft Edgeおよび JAWS および NVDA でナレーターを使用してテストしましたが、一般的なアクセシビリティの標準と手法に従っている限り、他のスクリーン リーダーや Web ブラウザーで動作する可能性があります。

注: 

  • 新しい Microsoft 365 の機能は Microsoft 365 サブスクリプションをご利用の方に段階的にリリースされるため、ご使用のアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。 より早く新機能を入手するための方法については、Office Insider プログラムにご参加ください

  • スクリーン リーダーの詳細については、「Microsoft Office でのスクリーン リーダーの機能」を参照してください。

  • OneNote for the webを使用する場合は、web ブラウザーとして Microsoft Edge を使用することをお勧めします。 OneNote for the web は Web ブラウザーで実行されるため、キーボード ショートカットはデスクトップ プログラムとは異なります。 たとえば、コマンドの外部から内部へ、および内部から外部へ移動するには、F6 キーではなく Ctrl キー + F6 キーを使用します。 また、F1 (ヘルプ) や Ctrl + O (開く) などの一般的なショートカットは、 OneNote for the webではなく、Web ブラウザーに適用されます。

この記事の内容

ノートブックを共有する

共有するノートブックを選び、そのノートブックで共同作業するユーザーを招待します。

  1. 共有するノートブックを OneNote for the webで開きます。

  2. ナレーターと JAWS の [リボン タブ] の後に、現在選択されているタブの名前が読み上げられるまで Ctrl + F6 キーを押します。 NVDA では、"リボン ツール バー、タブ コントロール" と読み上げられ、その後に現在選択されているタブの名前が聞こえます。 

  3. Z キーを押し、S キーを押します。"共有" と読み上げられます。 Enter キーを押します。 [共有] ダイアログ ボックスが開き、フォーカスが [To] フィールドに表示されます。

  4. Shift + Tab キーを 1 回押します。 "共有ダイアログ、リンク設定、リンクを含む組織内のユーザーは編集できます" と読み上げられます。 

    注: 以前にファイルを共有し、共有設定を変更した場合は、代わりに選択した前の設定 ("共有ダイアログ、リンク設定、既存のアクセス権を持つユーザー" など) が読み上げられる場合があります。

  5. 共有するリンクの対象ユーザーを変更する場合、または受信者が共有ノートブックを編集できるかどうかを変更する場合は、Enter キーを押します。 [ リンク設定 ] ダイアログ ボックスが開きます。 次のいずれかの操作を行います。

    1. 特定のユーザーまたはユーザーへのリンクを制限するには、"リンク設定、このリンクを誰に使用しますか? 目的のオプションが読み上げられるまで、下方向キーまたは上方向キーを押します。 JAWS で Space キーを押して選択を確定します。

    2. ビュー リンクへのリンクを変更するには、「その他の設定、編集を許可する、チェック ボックスがオン」と読み上げられるまで Tab キーを押し、Space キーを押します。 ナレーターでは、"オフ" と読み上げられます。 JAWS と NVDA では、"未確認" と読み上げられます。

  6.  [リンク設定] ダイアログ ボックスで選択内容を確認するには、"適用ボタン" と読み上げられるまで Tab キーを押し、Enter キーを押します。 [共有] ダイアログ ボックスに戻ります。

  7. "名前またはメール アドレスを入力してください" と読み上げられるまで Tab キーを押します。 複数のユーザーがいる場合は、セミコロンで区切って、招待するユーザーの名前またはメールを入力します。

  8. 招待を含むメッセージを送信する場合は、"ここに省略可能なメッセージを入力してください" と読み上げられるまで Tab キーを押し、メッセージを入力します。

  9. ノートブックを共有するには、"送信ボタン" と読み上げられるまで Tab キーを押し、Space キーを押します。

  10. ノートブックが共有されたことを通知する確認メッセージ ウィンドウが開きます。 このウィンドウを閉じてノートブックに戻るには、Esc キーを押します。 JAWS と NVDA では、Esc キーを 2 回押す必要がある場合があります。

関連項目

スクリーン リーダーを使って OneNote のノートブックにコンテンツを挿入する

OneNote でスクリーン リーダーを使用して、ノートブック、セクション、ページを整理する

OneNoteのキーボード ショートカット

OneNote でスクリーン リーダーを利用する基本的な作業

スクリーン リーダーを使用して、OneNoteを調べて移動する

障碍のある方向けのテクニカル サポート

Microsoft は、すべてのお客様に最適な操作性を提供することを目指しています。 障碍のある方、およびアクセシビリティに関してご質問がある方が技術サポートをご希望の場合は、Microsoft Disability Answer Desk までご連絡ください。 Disability Answer Desk サポート チームは、一般的なユーザー補助技術を駆使するトレーニングを受けており、英語、スペイン語、フランス語、および米語の手話でサポートを提供することができます。 お住まいの地域での連絡先の詳細については、Microsoft Disability Answer Desk サイトを参照してください。

政府機関、商用、または法人ユーザーの場合は、法人向け Disability Answer Desk までお問い合わせください。

ヘルプを表示

ディスカッションに参加
コミュニティにたずねる
サポートを受ける
お問い合わせ​​

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×