OneNote のキーボード ショートカット

多くのユーザーは、キーボード ショートカットを使用して外部キーボードを使用すると、 OneNote 作業を効率化できると判断しています。 運動機能障碍または視覚障碍を伴うユーザーの場合、キーボード ショートカットはタッチスクリーンを使用するよりも簡単であり、マウスの基本的な代替手段です。

注: 

  • このトピックで示すショートカット キーは、米国のキーボードのレイアウトを参照しています。 その他のレイアウトでのキーは、米国のキーボードのキーと正確に対応しない可能性があります。

  • ショートカットのプラス記号 (+) は、複数のキーを同時に押す必要があることを意味しています。

  • ショートカットのコンマ記号 (,) は、複数のキーを順番に押す必要があることを意味しています。

この記事では、デスクトップ用のキーボード ショートカット OneNote 一覧 Windows します。

注: 

  • アプリのバージョンの違いについては、「バージョンとバージョンの違いOneNoteしてください。

  • この記事のショートカットをすばやく見つけるには、[検索] を使用します。 Ctrl キー + F を押してから、検索語句を入力します。

この記事の内容

よく使われるショートカット キー

目的

キー

新しいウィンドウを OneNote します。

Ctrl キー + M

クイック ノート を作成します

Ctrl + Shift + M または Alt + Windows ロゴ キー + N

ウィンドウを OneNote します。

Ctrl + Alt + D

前の操作を元に戻します。

Ctrl + Z

可能であれば、前のアクションをやり直します。

Ctrl + Y

現在のページのすべてのアイテムを選びます。

Ctrl + A

選択範囲を展開するには、もう一度 Ctrl キーを押しながら A キーを押します。

選択されているテキストまたはアイテムを切り取ります。

Ctrl + X

選択したテキストまたはアイテムをクリップボードにコピーします。

Ctrl + C

クリップボードの内容を貼り付けます。

Ctrl + V

行の先頭に移動します。

Home

行の末尾に移動します。

End

左へ 1 単語分移動する。

Ctrl + ←

右へ 1 単語分移動する。

Ctrl + →

左に 1 文字削除する。

BackSpace

右に 1 文字削除する。

Delete

左側の 1 語を削除します。

Ctrl + BackSpace

右に 1 単語削除する。

Ctrl + Delete

新しい段落を開始せずに改行を挿入します。

Shift + Enter

スペルをチェックします。

F7

現在選択されている単語の類義語辞典を開きます。

Shift + F7

現在フォーカスされているオブジェクトのコンテキスト メニューを表示します。

Shift + F10 または Windows Menu キー

情報バーがページの 上部に表示 されたら、推奨されるアクションを実行します。

Ctrl + Shift + W

選択したオーディオ録音を再生します。

Ctrl + Alt + P

オーディオ録音の再生を停止します。

Ctrl + Alt + S

現在のオーディオ録音を 10 秒後にスキップします。

Ctrl + Alt + Y

現在のオーディオ録音を 10 秒前にスキップします。

Ctrl + Alt + U

ページの先頭へ

ノートの書式を設定する

操作内容

キー

選択したテキストを強調表示します。

Ctrl + Alt + H

ハイパーリンクを挿入する。

Ctrl + K

選択したテキストの書式をコピーします ([書式のコピー/貼り付け])。

Ctrl + Shift + C

選択したテキストに書式を貼り付けます ([書式のコピー/貼り付け])。

Ctrl + Shift + V

ハイパーリンクを開きます。

ハイパーリンク テキストに「」と入力する

太字の書式を適用または削除します。

Ctrl + B

Italics の書式設定を適用または削除します。

Ctrl + I

下線の書式を適用または削除します。

Ctrl + U

取り消し線の書式を適用する、または解除する。

Ctrl + ハイフン (-)

上付き書式を適用または削除します。

Ctrl + Shift + 等号 (= )

下付き文字の書式を適用または削除します。

Ctrl + 等号 (= )

箇条書きの書式を適用または削除します。

Ctrl + ピリオド (.)

番号付きリストの書式を適用または削除します。

Ctrl + スラッシュ (/)

現在の ノートに見出し 1 スタイルを適用します。

Ctrl + Alt + 1

現在の ノートに見出し 2 スタイルを適用します。

Ctrl + Alt + 2

現在の ノートに見出し 3 スタイルを適用します。

Ctrl + Alt + 3

現在の ノートに見出し 4 スタイルを適用します。

Ctrl + Alt + 4

現在の ノートに見出し 5 スタイルを適用します。

Ctrl + Alt + 5

現在の ノートに見出し 6 スタイルを適用します。

Ctrl + Alt + 6

選択したテキストに適用されているすべての書式をクリアします。 (標準スタイル を適用 します)。

Ctrl + Shift + N

段落のインデントを増やします。

行の先頭にある場合は、Alt + Shift + 右方向キーまたは Tab キー

段落のインデントを減らします。

行の先頭にある場合は、Alt + Shift + 左方向キーまたは Shift + Tab

段落を左に揃える。

Ctrl + L

段落を右に揃える。

Ctrl キー + R

選択したテキストのフォント サイズを拡大する。

Ctrl キー + Shift キー + 右角かっこ (>)

選択したテキストのフォント サイズを縮小する。

Ctrl キー + Shift キー + 左角かっこ (<)

現在のページのルール行を表示または非表示にする。

Ctrl + Shift + R

ページの先頭へ

ページにアイテムを挿入する

目的

キー

現在のページにドキュメントまたはファイルを挿入します。

Alt + N、F

現在のページにドキュメントまたはファイルの印刷イメージを挿入します。

Alt + N、O

Windows 10 の場合のハイ コントラスト モードまたはWindows 11 のコントラスト テーマの 1 つがアクティブになっている場合は、現在のページで文書の印刷結果を表示または非表示にします。

Alt + Shift + P

ファイルから画像を挿入します。

Alt + N、P

ステッカーを挿入します。

Alt + N、S

画面の領域を挿入します。

注: タスク OneNote タスク バーの通知領域で、 Windows アイコンがアクティブである必要があります。

Windows + Shift + S キーを押し、Ctrl + V キーを押します。

2007 OneNote 2010 年には、ロゴ Windows + S

現在の日付を挿入します。

Alt + Shift + D

現在の日付と時刻を挿入します。

Alt + Shift + F

現在の時刻を挿入します。

Alt + Shift + T

改行を挿入します。

Shift + Enter

方程式を開始します。または、選択したテキストを方程式に変換します。

Alt + 等号 (= )

ページの先頭へ

表を操作する

目的

キー

表を作成します。

新しいテキスト行を入力した後の Tab キー

1 行のテーブルに 1 列作成します。

Tab キー

テーブルの末尾のセルに位置しているときに 1 列作成します。

Enter

注: もう一度 Enter キーを押して、テーブルの作成を完了します。

現在の行の下に行を挿入します。

表のセルに Ctrl キーを押しながら Enter キーを押す

テーブルの同じセル内に別の段落を作成します。

Alt + Enter

テーブルの現在の列の右側に 1 列作成します。

Ctrl + Alt + R

表の現在の列の左側に 1 列作成します。

[ OneNote 2010]、Ctrl + Alt + E

テーブル内の現在の行の上に行を作成します。

カーソルが行の先頭にあるときに入力します (最初の行を除く)

新しいセルまたは行を作成します。

テーブルの最後のセルにあるときに Tab キーを押す

テーブル内の現在の空の行を削除します。

カーソルが行の先頭にあるときに、もう一度削除してから削除します。

ページの先頭へ

テキストおよびオブジェクトを選択する

操作内容

キー

現在のページのすべてのアイテムを選びます。

Ctrl + A

選択範囲を展開するには、もう一度 Ctrl キーを押しながら A キーを押します。

現在のカーソル位置から行の末尾までを選択します。

Shift + End

行全体を選択します。

カーソルが行の先頭にある場合は、Shift + 下方向キー

ページのタイトルにジャンプし、タイトルを選びます。

Ctrl + Shift + T

アウトラインまたはページの選択を取り消します。

Esc キー

選択した段落を上に移動します。

Alt + Shift + ↑ キー

選択した段落を下に移動します。

Alt + Shift + ↓

段落のインデントを増やします。

Alt + Shift + ←

段落のインデントを減らします。

Alt + Shift + →

現在の段落とその下位レベルの段落を選びます。

Ctrl + Shift + ハイフン (-)

選択したノートまたはオブジェクトを削除します。

Delete

行の先頭に移動します。

Home

行の末尾に移動します。

End

直前に開いたページに戻ります。

Alt キー + ←キー

次に開いたページに進みます。

Alt キー + →キー

ページの先頭へ

ノートにノート シールを適用する

操作内容

キー

タグを適用、選択、またはTo Doします。

Ctrl キー + 1

[重要] タグを 適用またはクリア します。

Ctrl + 2

質問タグを適用 またはクリア します。

Ctrl + 3

[後で覚える] タグを適用またはクリア します。

Ctrl + 4

Definition タグを適用または クリア します。

Ctrl + 5

[蛍光ペン] タグを 適用またはクリア します。

Ctrl + 6

連絡先タグを適用 またはクリア します。

Ctrl + 7

アドレス タグを適用または クリア します。

Ctrl + 8

番号タグを適用または電話します

Ctrl キー + 9

選択したノート タグをすべて削除します。

Ctrl + 0

ページの先頭へ

アウトラインを使う

操作内容

キー

選択したアウトラインをレベル 1 に折りたたむ

Alt + Shift + 1

アウトラインをレベル 2 まで展開します

Alt + Shift + 2

アウトラインをレベル 3 まで展開します

Alt + Shift + 3

アウトラインをレベル 4 まで展開します

Alt + Shift + 4

アウトラインをレベル 5 まで展開します

Alt + Shift + 5

アウトラインをレベル 6 まで展開します

Alt + Shift + 6

アウトラインをレベル 7 まで展開します

Alt + Shift + 7

アウトラインをレベル 8 まで展開します

Alt + Shift + 8

アウトラインをレベル 9 まで展開します

Alt + Shift + 9

アウトラインのすべてのレベルを展開します。

Alt + Shift + 0

選択した見出しを展開します。

Alt + Shift + 等号 (= )

選択した見出しを折りたたむ。

Alt + Shift + ハイフン (-)

インデントを 1 レベル上げします。

Tab キー

インデントを 1 レベル下げします。

Shift キー + Tab キー

選び、折りたたむアウトラインを展開します。

Alt + Shift + 正符号 (+)

選択した展開されたアウトラインを折りたたむ。

Alt + Shift + 負符号 (-)

ページの先頭へ

言語を設定する

注: ノートの書き込み方向を変更するには、まず、「言語設定の設定」で 1 つ以上の右から左に記述する言語Office必要があります。 手順については、「編集言語または編集言語を追加する」を参照するか、言語設定を設定する方法に関するページOffice

目的

キー

記述方向を左から右に設定します。

Ctrl + 左 Shift キー

記述方向を右から左に設定します。

Ctrl + 右 Shift キー

右から左に記述するテキストのインデントを 1 レベルずつ上げます。

Tab キー

右から左に記述するテキストのインデントを 1 レベルずつ下げます。

Shift + Tab

ページの先頭へ

ページを操作する

目的

キー

フルページ ビューを有効または無効にします。

F11

新しいウィンドウを OneNote します。

Ctrl キー + M

クイック ノート を作成します

Ctrl + Shift + M

ページ ナビゲーション ウィンドウでページ グループを展開または折りたたむ。

Ctrl キー + Shift キー + アスタリスク (*)

現在のページを印刷します。

Ctrl + P

選択したセクションの最後に新しいページを追加します。

Ctrl + N

ページ ナビゲーション ウィンドウの幅を広くします。

Ctrl + Shift + 左角かっこ ([)

ページ ナビゲーション ウィンドウの幅を減らします。

Ctrl + Shift + 右角かっこ (])

ページ ナビゲーション ウィンドウで現在のページのインデント レベルを下にします。

Ctrl + Alt + 左角かっこ ([)

ページ ナビゲーション ウィンドウで現在のページのインデント レベルを上げろ。

Ctrl + Alt + 右角かっこ (])

現在のページの下に新しいサブページを作成します。

Ctrl + Shift + Alt + N

すべてのアイテムを選びます。

Ctrl + A

選択範囲を展開するには、もう一度 Ctrl キーを押しながら A キーを押します。

現在のページを選びます。

Ctrl キー + Shift キー + A

選択したページがグループの一部である場合は、Ctrl キーを押しながら A キーを押して、グループ内のすべてのページを選択します。

ページ ナビゲーション ウィンドウで、選択したページを上に移動します。

Alt + Shift + ↑ キー

ページ ナビゲーション ウィンドウで、選択したページを下に移動します。

Alt + Shift + ↓

ページ タイトルに移動します。

Ctrl + Shift + T

ページ ナビゲーション ウィンドウに現在表示されているページのセットの最初のページに移動します。

Alt + Page Up

ページ ナビゲーション ウィンドウに現在表示されているページのセットの最後のページに移動します。

Alt + Page Down

現在のページの上へスクロールします。

PageUp

現在のページの下へスクロールします。

PageDown

現在のページの最初までスクロールします。

Ctrl + Home

現在のページの最後までスクロールします。

Ctrl + End

次の段落に移動します。

Ctrl + ↓

1 つ前の段落に移動します。

Ctrl + ↑

カーソルを現在のページの上に移動するか、ページを上に展開します。

Ctrl + Alt + 上方向

カーソルを現在のページの下に移動するか、ページを下に展開します。

Ctrl + Alt + 下方向

カーソルを現在のページの左に移動するか、ページを左に展開します。

Ctrl + Alt + 左方向

カーソルを現在のページの右に移動するか、ページを右に展開します。

Ctrl + Alt + 右方向

次のノート コンテナーに移動します。

Alt キー + ↓キー

行の最初に移動します。

Home

行の最後に移動します。

End

アクセスした前のページに移動します。

Alt キー + ←キー

可能であれば、次にアクセスしたページに移動します。

Alt キー + →キー

拡大表示します。

Alt + Ctrl + テンキーのプラス記号 (+) または Alt + Ctrl + Shift + プラス記号 (+)

縮小表示します。

テンキーの Alt + Ctrl + 負符号 (-) または Alt + Ctrl + Shift + ハイフン (-)

ノートブックを同期します。

注: ノート OneNote 、ノートを変更するたびに自動的に保存されます。 ノートを手動で保存する必要はありません。

Ctrl + S

ページの先頭へ

ノートブックとセクションを操作する

操作内容

キー

を開 OneNote。

Windows ロゴ キー + Shift + N

ノートブックを開きます。

Ctrl + O

セクションを開きます。

Ctrl + Alt + Shift + O

通知を開き、 OneNote します

Windows ロゴ キー + N

新しいセクションを作成します。

Ctrl + T

次のセクションに移動します。

Ctrl + Tab

1 つ前のセクションに移動します。

Ctrl + Shift + Tab

セクション内の次のページに移動します。

Ctrl + Page Down

セクション内の前のページに移動します。

Ctrl + Page Up

セクション内の最初のページに移動します。

Alt + Home

セクション内の最後のページに移動します。

Alt + End

表示されているページ タブ セットの最初のページに移動します。

Alt + Page Up

表示されているページ タブ セットの最後のページに移動します。

Alt + Page Down

現在のページを移動またはコピーします。

Ctrl + Alt + M

現在のページ タブにフォーカスを置きます。

Ctrl + Alt + G

現在のページ タブを選びます。

Ctrl キー + Shift キー + A

現在のセクション タブにフォーカスを置きます。

Ctrl + Shift + G

現在のセクションを移動します。

Ctrl + Shift + G キーを押し、Shift + F10 キーを押すか、メニュー Windows M キーを押します。

ナビゲーション バー上の異なるノートブックに切り替えます。

Ctrl + G キーを押し、下方向キーまたは上方向キーを使用してノートブックを選択し、Enter キーを押します。

ページの先頭へ

ノートを検索する

目的

キー

[検索] ボックスに移動 して、すべてのノートブックを検索します。

Ctrl + E

すべてのノートブックを対象とする検索で、次の結果をプレビューで表示します。

下方向キー

すべてのノートブックを検索中に、選択した結果に移動し、検索を閉じられます。

Enter

検索範囲を変更します。

Ctrl + E、Tab キー、Space キー

[検索結果 ] ウィンドウを開 きます。

(検索後に) Alt + O

現在のページを検索します。

Ctrl + F

現在のページを対象とする検索で、次の結果に移動します。

Enter

F3

現在のページを対象とする検索で、前の結果に移動します。

Shift + F3

検索を閉じ、ページに戻ります。

Esc キー

ページの先頭へ

ノートを共有する

目的

キー

選択したページをメール メッセージで送信します。

Ctrl + Shift + E

選択した メモOutlook 今日のタスクを作成します。

Ctrl キー + Shift キー + 1

選択した メモOutlook 明日のタスクを作成します。

Ctrl キー + Shift キー + 2

選択した ノートからOutlook タスクを作成します。

Ctrl キー + Shift キー + 3

選択した メモからOutlook を作成します。

Ctrl キー + Shift キー + 4

選択した メモからOutlook 日付なしタスクを作成します。

Ctrl キー + Shift キー + 5

選択したタスクを Outlook します。

Ctrl + Shift + K

選択したタスクを Outlook 完了としてマークします。

Ctrl キー + Shift キー + 9

選択したタスクを Outlook します。

Ctrl キー + Shift キー + 0

現在の共有ノートブックの変更を同期します。

Shift キー + F9 キー

すべての共有ノートブックの変更を同期します。

F9

現在のページを未読 としてマークします

Ctrl + Q

ページの先頭へ

ノートを保護する

目的

キー

パスワードで保護されたセクションをすべてロックします。

Ctrl + Alt + L

ページの先頭へ

関連項目

OneNote学習&ヘルプ

スクリーン リーダーを使用して、スクリーン リーダーを使って画面をOneNote

OneNote でスクリーン リーダーを利用する基本的な作業

スクリーン リーダーでのスクリーン リーダーのOneNote

この記事では、 のキーボード ショートカットを OneNote for Windows 10。

注: 

  • アプリのバージョンの違いについては、「バージョンとバージョンの違いOneNoteしてください。

  • この記事のショートカットをすばやく見つけるには、[検索] を使用します。 Ctrl キー + F を押してから、検索語句を入力します。

この記事の内容

よく使われるショートカット キー

次の表は、OneNote for Windows 10 で最もよく使用するショートカットの一覧です。

操作内容

キー

現在のセクションにフォーカスを置く。

Ctrl キー + Shift キー + G

コンテキスト メニューを開きます。

Shift + F10 または Windows Menu キー

選択したセクションの最後に新しいページを追加します。

Ctrl + N

ノートブックを開きます。

Ctrl + O

ナビゲーション バーで別のノートブックに 切り替 えます。

Ctrl + G キーを押し、下方向キーまたは上方向キーを押して別のノートブックを選択し、Enter キーを押します。

新しいセクションを作成します。

Ctrl + T

現在のページの下に新しいサブページを作成します。

Ctrl + Alt + Shift + N

フルページ ビューを有効または無効にします。

F11

現在のページ タブにフォーカスを置きます。

Ctrl + Alt + G

現在のページを移動またはコピーします。

Ctrl + Alt + M

現在のページを選びます。

Ctrl キー + Shift キー + A

ページ タイトルに移動して選択します。

Ctrl + Shift + T

検索ボックスを開き、現在開いているすべてのノートブックを検索します。

Ctrl キー + E

ページの先頭へ

キーボード OneNote for Windows 10を使用して移動する

次の表は、OneNote for Windows 10 で操作に使用できるキーボード ショートカットの一覧です。

操作内容

キー

リボン タブ バー、ナビゲーション ウィンドウ、ページ キャンバスの間を移動します。

F6

リボン タブからリボンに移動します。

下方向キー

リボン タブ間、またはリボンのオプション間を移動します。

←キーまたは→キー

現在選択されているリボン コマンドを実行します。

Enter

メイン メニュー バーのアイテム間を移動します。

Tab キーまたは Shift キー + Tab キー

フォーカスを に移動し、リボンを開きます。

Alt

フォーカスを に移動し、[ホーム] リボン タブ を開きます。

Alt キー + H

フォーカスを に移動し、[挿入] リボン タブ を開きます。

Alt キー + N

フォーカスを に移動し、[描画] リボン タブ を開きます。

Alt + D

フォーカスを に移動し、[表示] リボン タブ を開きます。

Alt キー + W

ページの先頭へ

ノートの入力と編集

操作内容

キー

新しいウィンドウを OneNote します。

Ctrl キー + M

直前の操作を元に戻します。

Ctrl + Z

直前の操作を繰り返します。

Ctrl + Y

現在のページのすべてのアイテムを選びます。

Ctrl + A

選択範囲を展開するには、もう一度 Ctrl キーを押しながら A キーを押します。

選択したテキストまたはアイテムをクリップボードに切り取ります。

Ctrl + X

選択したテキストまたはアイテムをクリップボードにコピーします。

Ctrl + C

クリップボードの内容を貼り付けます。

Ctrl + V

行の先頭に移動します。

Home

行の末尾に移動します。

End

左へ 1 単語分移動する。

Ctrl + ←

右へ 1 単語分移動する。

Ctrl + →

左に 1 文字削除する。

BackSpace

右に 1 文字削除する。

Delete

左側の 1 語を削除します。

Ctrl + BackSpace

右に 1 単語削除する。

Ctrl + Delete

新しい段落を開始せずに改行を挿入します。

Shift + Enter

フォーカスがあるオブジェクトのコンテキスト メニューを開きます。

Shift + F10 または Windows Menu キー

ページの上部に 表示される場合 は、情報バーで推奨されるアクションを実行します。

Ctrl + Shift + W

作成者名と最終更新日時のタイムスタンプを挿入します。

Ctrl + Shift + M

ページの先頭へ

ノートの書式を設定する

操作内容

キー

選択したテキストを強調表示します。

Ctrl + Shift + H または Ctrl + Alt + H

ハイパーリンクを挿入する。

Ctrl + K

選択したテキストの書式をコピーします ([書式のコピー/貼り付け])。

Ctrl + Shift + C

選択したテキストに書式を貼り付けます ([書式のコピー/貼り付け])。

Ctrl + Shift + V

ハイパーリンクを開きます。

ハイパーリンク テキストに「」と入力する

太字の書式を適用または削除します。

Ctrl + B

Italics の書式設定を適用または削除します。

Ctrl + I

下線の書式を適用または削除します。

Ctrl + U

取り消し線の書式を適用する、または解除する。

Ctrl + ハイフン (-)

上付き書式を適用または削除します。

Ctrl + Shift + 等号 (= )

下付き文字の書式を適用または削除します。

Ctrl + 等号 (= )

箇条書きの書式を適用または削除します。

Ctrl + ピリオド (.)

番号付きリストの書式を適用または削除します。

Ctrl + スラッシュ (/)

現在の ノートに見出し 1 スタイルを適用します。

Ctrl + Alt + 1

現在の ノートに見出し 2 スタイルを適用します。

Ctrl + Alt + 2

現在の ノートに見出し 3 スタイルを適用します。

Ctrl + Alt + 3

現在の ノートに見出し 4 スタイルを適用します。

Ctrl + Alt + 4

現在の ノートに見出し 5 スタイルを適用します。

Ctrl + Alt + 5

現在の ノートに見出し 6 スタイルを適用します。

Ctrl + Alt + 6

選択したテキストに適用されているすべての書式をクリアします。 (標準スタイル を適用 します)。

Ctrl + Shift + N

段落のインデントを増やします。

行の先頭にある場合は、Alt + Shift + 右方向キーまたは Tab キー

段落のインデントを減らします。

行の先頭にある場合は、Alt + Shift + 左方向キーまたは Shift + Tab

選択した段落を右揃えで配置します。

Ctrl + R

選択した段落を左揃えで配置します。

Ctrl + L

選択したテキストのフォント サイズを拡大する。

Ctrl キー + Shift キー + 右角かっこ (>)

選択したテキストのフォント サイズを縮小する。

Ctrl キー + Shift キー + 左角かっこ (<)

現在のページのルール行を表示または非表示にする。

Ctrl + Shift + R

ページの先頭へ

ページにアイテムを追加する

操作内容

キー

画面の領域をクリップボードにコピーします (Creators Update のWindows 10 の場合 必要があります)。

Windows ロゴ キー + Shift + S

現在の日付を挿入します。

Alt + Shift + D

現在の日付と時刻を挿入します。

Alt + Shift + F

現在の時刻を挿入します。

Alt + Shift + T

改行を挿入します。

Shift + Enter

数式を開始するか、選択したテキストを数式に変換します。

Alt + 等号 (= )

ページの先頭へ

表を操作する

目的

キー

表を作成します。

新しいテキスト行を入力した後の Tab キー

1 行のテーブルに 1 列作成します。

Tab キー

テーブルの末尾のセルに位置しているときに 1 列作成します。

Enter

注: もう一度 Enter キーを押して、テーブルの作成を完了します。

現在の行の下に行を挿入します。

表のセルに Ctrl キーを押しながら Enter キーを押す

テーブルの同じセル内に別の段落を作成します。

Alt + Enter

テーブルの現在の列の右側に 1 列作成します。

Ctrl + Alt + R

テーブル内の現在の行の上に行を作成します。

カーソルが行の先頭にあるときに入力します (最初の行を除く)

新しいセルまたは行を作成します。

テーブルの最後のセルにあるときに Tab キーを押す

テーブル内の現在の空の行を削除します。

カーソルが行の先頭にあるときに、もう一度削除してから削除します。

ページの先頭へ

ノートとオブジェクトを選ぶ

操作内容

キー

現在のページのすべてのアイテムを選びます。

Ctrl + A

選択範囲を展開するには、もう一度 Ctrl キーを押しながら A キーを押します。

行の末尾まで選択します。

Shift + End

ページ タイトルに移動して選択します。

Ctrl + Shift + T

アウトラインまたはページの選択を取り消します。

Esc キー

現在の段落または選択した段落を上に移動します。

Alt + Shift + ↑ キー

現在の段落または選択した段落を下に移動します。

Alt + Shift + ↓

段落のインデントを増やします。

Alt + Shift + →

段落のインデントを減らします。

Alt + Shift + ←

現在の段落とその下位レベルの段落を選びます。

Ctrl + Shift + ハイフン (-)

選択したノートまたはオブジェクトを削除します。

Delete

行の先頭に移動します。

Home

行の末尾に移動します。

End

アクセスした前のページに移動します。

Alt キー + ←キー

可能であれば、次にアクセスしたページに移動します。

Alt キー + →キー

新しいオーディオ録音を作成します。

Ctrl + Alt + A

選択したオーディオ録音を再生します。

Ctrl + Alt + P

オーディオ録音の再生を停止します。

Ctrl + Alt + S

現在のオーディオ録音を 10 秒後にスキップします。

Ctrl + Alt + Y

現在のオーディオ録音を 5 分後にスキップします。

Ctrl + Alt + T

現在のオーディオ録音を 10 秒前にスキップします。

Ctrl + Alt + U

現在のオーディオ録音を 5 分前にスキップします。

Ctrl + Alt + I

ページの先頭へ

ノートにノート シールを適用する

操作内容

キー

タグを適用、選択、またはTo Doします。

Ctrl キー + 1

[重要] タグを 適用またはクリア します。

Ctrl + 2

質問タグを適用 またはクリア します。

Ctrl + 3

[後で覚える] タグを適用またはクリア します。

Ctrl + 4

Definition タグを適用または クリア します。

Ctrl + 5

選択したノートからすべてのノート シールを削除します。

Ctrl + 0

ページの先頭へ

アウトラインを使う

操作内容

キー

レベル 1 まで表示します

Alt + Shift + 1

レベル 2 まで展開します

Alt + Shift + 2

レベル 3 まで展開します

Alt + Shift + 3

レベル 4 まで展開します

Alt + Shift + 4

レベル 5 まで展開します

Alt + Shift + 5

レベル 6 まで展開します

Alt + Shift + 6

レベル 7 まで展開します

Alt + Shift + 7

レベル 8 まで展開します

Alt + Shift + 8

レベル 9 まで展開します

Alt + Shift + 9

すべてのレベルを表示します。

Alt + Shift + 0

インデントを 1 レベル上げします。

Tab キー

インデントを 1 レベル下げします。

Shift + Tab

折りたたまれているアウトラインを展開します。

Alt + Shift + 正符号 (+)

展開されているアウトラインを折りたたみます。

Alt + Shift + 負符号 (-)

ページの先頭へ

言語を設定する

注: ノートの書き込み方向を変更するには、まず、「言語設定の設定」で 1 つ以上の右から左に記述する言語Office必要があります。 手順については、「編集言語または編集言語を追加する」を参照するか、言語設定を設定する方法に関するページOffice

目的

キー

書き込み方向を左から右に設定します。

Ctrl + 左 Shift キー

書き込み方向を右から左に設定します。

Ctrl + 右 Shift キー

右から左に記述するテキストのインデントを 1 レベルずつ上げます。

Tab キー

右から左に記述するテキストのインデントを 1 レベルずつ下げます。

Shift + Tab

ページの先頭へ

ページを操作する

目的

キー

フルページ ビューを有効または無効にします。

F11

新しいウィンドウを OneNote します。

Ctrl キー + M

選択したページ グループを展開または折りたたむ。

Ctrl キー + Shift キー + アスタリスク (*)

[アクセシビリティ チェック] ウィンドウを 開き、アクセシビリティの問題を確認します。

Ctrl + Shift + F

現在のページを印刷します。

Ctrl + P

選択したセクションの最後に新しいページを追加します。

Ctrl + N

現在のページの下に同じレベルで新しいページを作成します。

Ctrl + Alt + N

現在のページの下に新しいサブページを作成します。

Ctrl + Alt + Shift + N

すべてのアイテムを選ぶ。

Ctrl + A

選択範囲を展開するには、もう一度 Ctrl キーを押しながら A キーを押します。

現在のページを選びます。

Ctrl + Alt + G

選択したページを上に移動します。

Alt + Shift + ↑ キー

選択したページを下に移動します。

Alt + Shift + ↓

カーソルをページ タイトルに移動します。

Ctrl + Shift + T

現在のページを上にスクロールします。

PageUp

現在のページを下にスクロールします。

PageDown

現在のページの最初までスクロールします。

Ctrl + Home

現在のページの最後までスクロールします。

Ctrl + End

次の段落に移動します。

Ctrl + ↓

1 つ前の段落に移動します。

Ctrl + ↑

次のノート コンテナーに移動します。

Alt キー + ↓キー

行の最初に移動します。

Home

行の最後に移動します。

End

戻るしたページに移動します。

Alt キー + ←キー

次にアクセスしたページに進む。

Alt キー + →キー

現在のページを読み取りまたは未読としてマークします。

Ctrl キー + Q

拡大表示します。

テンキーの Ctrl + Alt + プラス記号 (+) または Ctrl + Alt + Shift + プラス記号 (+)

縮小表示します。

テンキーの Ctrl + Alt + 負符号 (–) または Ctrl + Alt + Shift + ハイフン (-)

ノートブックを同期します。

注: ノート OneNote 、ノートを変更するたびに自動的に保存されます。 ノートを手動で保存する必要はありません。

Ctrl + S

ページの先頭へ

ノートブックとセクションを操作する

操作内容

キー

ノートブックを開きます。

Ctrl + O

新しいセクションを作成します。

Ctrl + T

次のセクションに移動します。

Ctrl + Tab

1 つ前のセクションに移動します。

Ctrl + Shift + Tab

セクション内の次のページに移動します。

Ctrl + Page Down

セクション内の前のページに移動します。

Ctrl + Page Up

セクション内の最初のページに移動します。

Alt + Home

セクション内の最後のページに移動します。

Alt + End

現在のページを移動またはコピーします。

Ctrl + Alt + M

現在のページ タブにフォーカスを置きます。

Ctrl + Alt + G

現在のセクション タブにフォーカスを置きます。

Ctrl + Shift + G

ナビゲーション バーで別のノートブックに 切り替 えます。

Ctrl + G キーを押し、下方向キーまたは上方向キーを押して別のノートブックを選択し、Enter キーを押します。

現在のセクションのコンテキスト メニューを開きます。

Ctrl + Shift + G キーを押し、Shift + F10 キーまたは Windows Menu キー

ページの先頭へ

ノートを検索する

操作内容

キー

検索ボックスを開き、現在開いているすべてのノートブックを検索します。

Ctrl キー + E

検索ボックスを開き、現在のページを検索します。

Ctrl + F

すべてのノートブックを対象とする検索で、次の結果をプレビューします。

下方向キー

すべてのノートブックを検索中に、選択した結果に移動します。

Enter

検索範囲を変更します。

Ctrl + E、Tab キーの順に 2 回、下方向キー

検索を閉じ、ページに戻ります。

Esc キー

ページの先頭へ

ノートを共有する

目的

キー

[リンクの 送信] ダイアログ ボックス を開きます。

Ctrl + Shift + E

現在のノートブックを同期します。

Ctrl + S または Shift + F9

すべてのノートブックを同期します。

F9

ページの先頭へ

ノートを保護する

目的

キー

パスワードで保護されたセクションをすべてロックします。

Ctrl + Alt + L

ページの先頭へ

関連項目

スクリーン リーダーを使用して、スクリーン リーダーを使って画面をOneNote

OneNote でスクリーン リーダーを利用する基本的な作業

スクリーン リーダーでのスクリーン リーダーのOneNote

この記事では、 のキーボード ショートカットを OneNote for Mac。

注: 

  • 一部のバージョンのオペレーティング システムと一部のユーティリティ アプリケーションの設定は、 のキーボード ショートカットやファンクション キー操作と競合 Microsoft 365 for Mac。 キーボード ショートカットのキー割り当ての変更については、macOS のバージョンまたはユーティリティ アプリケーションのオペレーティング システムのヘルプを参照してください。

  • ニーズを満たすキーボード ショートカットがここで見つからない場合は、キーボード ショートカットを自分で作成できます。 手順については、「Office for Mac のカスタム ショートカット キーを作成する」にアクセスしてください。

  • この記事のショートカットをすばやく見つけるには、[検索] を使用します。 Command キーを押しながら F キーを押し、検索語を入力します。

この記事の内容

フル キーボード アクセスを有効にする

リボンでキーボードを使用して最適な操作を行う場合は、キーボードですべてのコントロールにアクセスできます。

  1. [システム 環境設定] を開くには、次のいずれかの操作を行います。

    • Ctrl キーを押しながら F2 キーを押してメニュー バーにフォーカスを移動し、Space キーを押します。 [システム環境設定] オプションが表示されるまで下方向キーを し、Space キーを押します。

    • Command + Space キーを押し、システム 環境設定を入力し、Return キーを押します。

  2. [システム環境設定] で [アクセシビリティ ] を選択します

  3. [アクセシビリティ ] ダイアログ ボックスで、[ナビゲーション ] タブ を選択します。

  4. [フル キーボード アクセスを有効にする] チェック ボックスをオンにします。

ページの先頭へ 

よく使われるショートカット

次の表は、 で最も頻繁に使用されるショートカットの一覧 OneNote for Mac。

目的

キー

新しいページの作成

コマンド+ N

前の操作を元に戻します。

コマンド + Z

可能であれば、前のアクションをやり直します。

コマンド+ Y

選択したコンテンツをクリップボードに切り取ります。

コマンド+ X

選択したコンテンツをクリップボードにコピーします。

コマンド+ C

クリップボードの内容を貼り付けます。

コマンド + V

ノートブックを開きます。

コマンド+ O

全画面モードを開始または終了します。

コマンド + Control キー + F

現在のノートブックを閉じます。

コマンド+ Shift + W

このノートブックを同期します。

コマンド+ S

すべてのノートブックを同期します。

コマンド+ Shift + S

現在のページのすべてのアイテムを選びます。

コマンド + A

選択範囲を展開するには、もう一度 コマンドキーを押します。

ページ タイトルを選びます。

コマンド + Shift キー + T

段落のインデントを増やします。

行の先頭または右角かっこ (]) コマンドの場合は Tab キー

段落のインデントを減らします。

Shift キーを押しながら Tab キーを押し、行の末尾または左角かっこ ([) コマンド位置にある場合

拡大表示します。

コマンド+ プラス記号 (+)

縮小表示します。

コマンド+ 負符号 (-)

ズーム倍率をリセットします。

コマンド+ 0

展開されているアウトラインを折りたたみます。

Control + Shift + プラス記号 (+)

折りたたまれているアウトラインを展開します。

Control + Shift + 負符号 (-)

選択したリンクを開きます。

Return または Shift + Return

選択した書式をコピーします。

コマンド+ Option + C

コピーした書式を貼り付けます。

コマンド+ Option + V

ページでテキストを検索します。

コマンド + F

開いているすべてのノートブック内のテキストを検索します。

コマンド+ Option + F

ページの先頭へ

ページ内を移動する

目的

キー

左へ 1 単語分移動する。

Option キー + ←キー

右へ 1 単語分移動する。

Option キー + →キー

行の先頭に移動します。

コマンド + ←キー

行の末尾に移動します。

コマンド + →キー

1 段落上に移動する。

コマンド+ 上方向キーまたは Option + 上方向キー

1 段落下に移動する。

コマンド+ 下方向キーまたは Option + 下方向キー

現在のページの上へスクロールします。

PageUp

現在のページの下へスクロールします。

PageDown

現在のアウトライン内でカーソルを上に移動します。

コマンド + Option キー + ↑キー

カーソルを現在のページのタイトルに移動します。

コマンド + Shift キー + T

ページの先頭へ

テキストやグラフィックスを編集する

操作内容

キー

選択したコンテンツをクリップボードに切り取ります。

コマンド+ X

選択したコンテンツをクリップボードにコピーします。

コマンド+ C

クリップボードの内容を貼り付けます。

コマンド + V

選択した書式をコピーします。

コマンド+ Option + C

コピーした書式を貼り付けます。

コマンド+ Option + V

箇条書きの作成を開始します。

アスタリスク (*) 、Control + Option + Space

注: テキストに箇条書きを 1 つ挿入するには、Option キーを押しながら 8 キーを押します。

番号付きリストの作成を開始します。

1.を入力 Ctrl + Option + Space キーを押するか、 コマンド+ スラッシュ (/) キーを押します。

選択したリストアイテムを上昇(インデント)させます。

コマンド+ 右角かっこ (])

選択したリスト項目を降格 (インデントを減らします)。

コマンド+ 左角かっこ ([)

上付き書式を適用します。

コマンド+ Shift + Option + 等号 (= )

下付き文字の書式を適用します。

コマンド+ Control + Option + 等号 ( = )

改行を挿入します。

Shift キー + Return キー

現在の日付を挿入します。

コマンド+ D

現在の日付と時刻を挿入します。

コマンド+ Shift + D

数式を挿入します (または、選択したテキストを数式に変換します)。

Control + 等号 (= )

[スマート検索] 作業ウィンドウを使用して、 選択したテキスト を検索します。

コマンド+ Control + Option + L

絵文字を挿入します。

コマンド+ Control + Space

カーソルの左側の文字を削除します。

削除

カーソルの右側の文字を削除します。

Fn + Delete

カーソルの左側にある単語を削除します。

Option + Delete

カーソルの右側にある単語を削除します。

Fn + Option + Delete または Option + Del

段落のインデントを増やします。

コマンド + Option キー + →キー

段落のインデントを減らします。

コマンド + Option キー + ←キー

選択した画像またはオブジェクトを上に移動します。

コマンド + Option キー + ↑キー

選択した画像またはオブジェクトを下に移動します。

コマンド + Option キー + ↓キー

ページの先頭へ

表を操作する

目的

キー

別のテーブル行を作成します。

テーブルの末尾のセルで を返します。

注: もう一度 Return キーを押して、テーブルを終了します。

現在の列の右側にテーブル列を作成します。

コマンド+ Control + R

現在の列の左側にテーブル列を作成します。

コマンド+ Control + L

現在の行の下にテーブル行を作成します。

コマンド + Return キー

同じセルに別の段落を作成します。

Option + Return

ページの先頭へ

ノートブックとセクションを操作する

操作内容

キー

ノートブック内のセクションを移動します。

コマンド+ Shift + 左中かっこ ({) または コマンド+ Shift + 右中かっこ (})

セクション内のページを切り替えます。

  1. ページ内にカーソルを置きます。

  2. コマンド+ Control + G キーを押して、ページ リストにフォーカスを移動します。

  3. Ctrl + Option + 上方向キーまたは下方向キーを押して、セクション内の前のページまたは次のページを選択するか、 コマンド+ ページを上または下 コマンド押します。

他のノートブックを開くか、新しく作成します。

コマンド+ O

開いているノートブックの一覧を確認します。

Control キー + G

新しいノートブック ページを作成します。

コマンド+ N

アプリの環境設定 OneNote 開きます。

コマンド+ コンマ (,)

現在のページを別の場所に移動します。

コマンド+ Shift + M

現在のページを別の場所にコピーします。

コマンド+ Shift + C

全画面モードを開始します。

コマンド + Control キー + F

このノートブックを同期します。

コマンド+ S

すべてのノートブックを同期します。

コマンド+ Shift + S

キーボード フォーカスをページ 一覧に移動します。

コマンド+ Control + G

セクション リストにキーボード フォーカスを移動します。

Control + Shift + G キー

ページの先頭へ

関連項目

OneNote学習&ヘルプ

スクリーン リーダーを使用して、スクリーン リーダーを使って画面をOneNote

OneNote でスクリーン リーダーを利用する基本的な作業

スクリーン リーダーでのスクリーン リーダーのOneNote

この記事では、 のキーボード ショートカットを OneNote for the web。

注: 

  • Windows 10 Fall Creators Update でナレーターを使用する場合、Web版 Microsoft 365 でドキュメント、スプレッドシート、プレゼンテーションを編集するには、スキャン モードをオフにする必要があります。 詳細については、「Turn off virtual or browse mode in screen readers in Windows 10 Fall Creators Update」 (Windows 10 Fall Creators Update のスクリーン リーダーで仮想モードまたはブラウズ モードをオフにする) を参照してください。

  • この記事のショートカットをすばやく見つけるには、[検索] を使用します。 Ctrl キー + F を押してから、検索語句を入力します。

  • を使用 OneNote for the web、Web ブラウザーとして Microsoft Edge を使用することをお勧めします。 Web OneNote for the web で実行される場合、キーボード ショートカットはデスクトップ プログラムとは異なります。 たとえば、コマンドの外部から内部へ、および内部から外部へ移動するには、F6 キーではなく Ctrl キー + F6 キーを使用します。 また、F1 (ヘルプ) や Ctrl + O (開く) のような一般的なショートカットは、Web ブラウザーには適用され、 は適用 OneNote for the web。

この記事の内容

表示モードでリボンとウィンドウ内を移動する

目的

キー

ノートブックのナビゲーションからブラウザーのフィールドに移動します。

Shift + F6

リボン コマンド間を移動します。

Tab キー

現在選択されているリボン コマンドを実行します。

Enter

ページを上または下にスクロールします。

ページアップまたはページダウン

ノートブックを前方に移動する

Ctrl + Page Down

ノートブックの後方にページを移動します。

Ctrl + Page Up

セクションの最初のページに移動します。

Alt + Page Up

セクションの最後のページに移動します。

Alt + Page Down

選択したセクションを展開します。

セクションに「」と入力します。

ナレーターを使用するときに、クラシック リボンにアクセス キー (リボン コマンド) を表示します。

Alt + ピリオド (.)

ページの先頭へ

編集モードでリボンとウィンドウを移動する

目的

キー

特定のページを開きます。

現在のノートブックが選択されているナビゲーション バーにフォーカスが移動するまで Ctrl + F6 キーを押し、フォーカスがページ ナビゲーション ウィンドウに移動するまで Tab キーを押し、別のページにフォーカスを移動するには下方向キーまたは上方向キーを押し、Enter キーを押してページを選択します。

別のリボン タブをアクティブにします。

Ctrl + F6 キーを押してリボン タブの行に移動し、右方向キーまたは左方向キーを押してリボン タブ間を移動します。 フォーカスされたリボンが自動的に表示されます。 

リボン コマンド間を移動します。

Tab キーを押して、リボン タブの行からリボンにフォーカスを移動し、リボン上で右方向キーまたは左方向キーを移動します。

選択したリボン コマンドをアクティブにします。

Enter

セクションの最初のページに移動します。

Alt + Page Up

セクションの最後のページに移動します。

Alt + Page Down

現在のページを上下に移動します。

Alt + Shift + 上方向キーまたは下方向キー

ページの先頭へ

ページ内を移動する

目的

キー

タイトル領域からページ本文にカーソルを移動します。

Tab キーまたは Enter キー

カーソルを 1 単語右に移動します。

Ctrl + →

カーソルを 1 単語左に移動します。

Ctrl + ←

カーソルを 1 段落上に移動します。

Ctrl + ↑

カーソルを 1 段落下に移動します。

Ctrl + ↓

カーソルを行の先頭に移動します。

ホーム

カーソルを行の末尾に移動します。

End

カーソルをページアウトラインの先頭に移動します。

Ctrl + Home

カーソルをページ アウトラインの末尾に移動します。

Ctrl + End

カーソルをタイトル領域に移動します。

ページ上に移動するか、Ctrl キーを押しながら A キーを押し、タイトルが選択されるまで Tab キーを押します。

ページの先頭へ

テキストやグラフィックを選択する

目的

キー

テキストを選択します。

Shift + 方向キー

右側の単語を選択します。

Ctrl + Shift + 右方向キー

左側の単語を選択します。

Ctrl + Shift + 左方向キー

現在の位置から段落の先頭までを選択します。

Shift + Home

現在の位置から段落の末尾までを選択します。

Shift + End

現在の位置からアウトラインの先頭までを選択します。

Shift + Ctrl + Home

現在の位置からアウトラインの末尾までを選択します。

Shift + Ctrl + End

選択範囲を展開します。

Ctrl + A キーを押して、選択範囲を段落、アウトライン、ページ全体に展開します。

ページの先頭へ

コンテンツを編集

操作内容

キー

選択したコンテンツをクリップボードに切り取ります。

Ctrl + X

選択したコンテンツをクリップボードにコピーします。

Ctrl + C

クリップボードの内容を貼り付けます。

Ctrl + V

ハイパーリンクを挿入する。

Ctrl + K

前の操作を元に戻します。

Ctrl + Z

可能であれば、前のアクションをやり直します。

Ctrl + Y

次のスペル ミスの単語に移動します。

Alt + F7

新しいアウトラインを作成します。

Ctrl + Shift + F

アウトラインを別のアウトラインに移動します。

Ctrl + A キーを押し、Tab キーを押します。

ノートブックを同期します。

注:  OneNote for the web の実行中は、ノートに変更を加えるたびに、変更が自動保存されます。 ノートを手動で保存する必要はありません。

Ctrl + S

ページの先頭へ

表を操作する

目的

キー

表を作成します。

新しいテキスト行を入力した後の Tab キー

新しいセルを作成します。

テーブルの最後のセルにあるときに Tab キーを押す

現在の行の下に行を挿入します。

表のセルに Ctrl キーを押しながら Enter キーを押す

ページの先頭へ

テキストの書式を設定する

注: セル、列、行のいずれかが選択されているとき、位置調整は選択したセルの内容に適用されます。 表が選択されているとき、位置調整は表に適用され、セルの位置調整は影響されません。

目的

キー

太字の設定を適用する。

Ctrl + B

Italics の書式設定を適用します。

Ctrl + I

下線の書式を適用する。

Ctrl + U

箇条書きを作成します。

Ctrl + ピリオド (.)

番号付きリストを作成します。

Ctrl + スラッシュ (/) または Ctrl + Shift + O

段落を左に揃える。

Ctrl + L

段落を右に揃える。

Ctrl キー + R

段落のインデントを増やします。

Alt + Shift + →

段落のインデントを減らします。

Alt + Shift + ←

ページの先頭へ

ノートにノート シールを適用する

操作内容

キー

タグを適用、選択、またはTo Doします。

Ctrl キー + 1

[重要] タグを 適用またはクリア します。

Ctrl + 2

質問タグを適用 またはクリア します。

Ctrl + 3

[後で覚える] タグを適用またはクリア します。

Ctrl + 4

Definition タグを適用または クリア します。

Ctrl + 5

[蛍光ペン] タグを 適用またはクリア します。

Ctrl + 6

連絡先タグを適用 またはクリア します。

Ctrl + 7

アドレス タグを適用または クリア します。

Ctrl + 8

数値タグを適用または電話します

Ctrl + 9

ページの先頭へ

関連項目

OneNote学習&ヘルプ

スクリーン リーダーを使用して、スクリーン リーダーを使って画面をOneNote

OneNote でスクリーン リーダーを利用する基本的な作業

スクリーン リーダーでのスクリーン リーダーのOneNote

障碍のある方向けのテクニカル サポート

Microsoft は、すべてのお客様に最適な操作性を提供することを目指しています。 障碍のある方、およびアクセシビリティに関してご質問がある方が技術サポートをご希望の場合は、Microsoft Disability Answer Desk までご連絡ください。 Disability Answer Desk サポート チームは、一般的なユーザー補助技術を駆使するトレーニングを受けており、英語、スペイン語、フランス語、および米語の手話でサポートを提供することができます。 お住まいの地域での連絡先の詳細については、Microsoft Disability Answer Desk サイトを参照してください。

政府機関、商用、または法人ユーザーの場合は、法人向け Disability Answer Desk までお問い合わせください。

ヘルプを表示

ディスカッションに参加
コミュニティにたずねる
サポートを受ける
お問い合わせ​​

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×