Microsoft アカウントでサインイン
サインインするか、アカウントを作成します。
こんにちは、
Select a different account.
複数のアカウントがあります
サインインに使用するアカウントを選択してください。
ドキュメント ライブラリ Web パーツを使う

サイトに 最新のページを追加すると、ページの構成要素である Webパーツ を追加およびカスタマイズできます。 この記事では、ドキュメント ライブラリを表示できるドキュメント ライブラリ Web パーツについて説明します。 

ドキュメント ライブラリ Web パーツを使用する場合は、ライブラリの特定のビューを表示するか、ライブラリ内のフォルダーを表示することもできます。 適切なアクセス許可を持つユーザーは、Web パーツから直接ファイルを追加、表示、または編集できます。 ユーザーは、ドキュメントをライブラリの上部にピン留めしたり、ファイルをダウンロード、削除、名前変更したり、または [すべて表示] をクリックして完全なドキュメント ライブラリ に移動することもできます。 さらに、ファイルを詳細ビューまたはタイル ビューに表示したり、ソース リストに作成された列の書式設定と入れ子になったフォルダーを表示したりすることもできます。

注: 一部の機能は、対象指定リリース プログラム に参加している組織に段階的に導入されます。 つまり、この機能はまだ表示されない場合があります。または、このヘルプ記事で説明されている機能とは異なって見える場合があります。

最新のページのドキュメント ライブラリ Web パーツ。

ドキュメント ライブラリをページに追加する

  1. ライブラリのカスタム ビューをページに表示する場合は、ビュー を作成します

  2. ライブラリを追加するページに移動します。

  3. ページが編集モードではない場合は、 ページの上部 にある [編集] をクリックします。

    ただし、既存の Web パーツの上または下にポインターを置くと、次のような丸で囲まれた + と線が表示されます。

    ページに Web パーツを追加するためのプラス記号

  4. [+ ]をクリックし 、Web パーツの一覧から [ドキュメント ライブラリ] を選択します。

  5. ページに追加するドキュメント ライブラリを選択します。

    ページに表示するドキュメント ライブラリを選択する

  6. 左側 の [Web パーツ [Web パーツの編集] ボタン 編集] をクリックして、ドキュメント ライブラリ、ライブラリのビュー、サイズを変更します。 フォルダー名を入力して、ライブラリ内の特定のフォルダーを表示することもできます ("/" を使用して入れ子になったフォルダーの名前を分離します。次の例では、Projects はドキュメント ライブラリ内のフォルダー、プレゼンテーションは入れ子になったフォルダーです)。

    代替テキスト

  7. 作業を終えたら、[適用] をクリックします。

  8. 準備ができたら、ページの上部 にある [発行 ] をクリックします。

リストまたはタイルでドキュメントを表示する

ユーザーはツール バーの右側をクリックして、ライブラリのビューを [詳細] (リスト ビュー) から [タイル ] (アイコンとしてファイルを表示する) に変更できます。

ドキュメント ライブラリのタイルビュー

新しいドキュメントを追加するか、ドキュメントをアップロードする

Web パーツでは、ユーザーは新しいフォルダーやドキュメントを追加したり、ファイルやフォルダーをアップロードしたりできます。 ファイルとフォルダーを追加する最も簡単な方法は、別の場所からライブラリにドラッグする方法です。

ツール バーを使用して、ドキュメントを追加またはアップロードすることもできます。

  • [+ 新規] をクリックし、[ フォルダー] または [ ドキュメントの種類] を選択します。 または、[ + アップロード ]をクリックし、[ファイル] または [フォルダー]選択します

    新しいコマンドアップロードコマンド

ダウンロード、名前の変更、削除、上部にピン留めする

  • ファイルを選択すると、ファイルのダウンロード、名前の変更、削除、ライブラリの上部へのピン留めなど、多くの操作を実行して簡単にアクセスできます。

    [削除]、[ダウンロード]、および [名前の変更] コマンド

ドキュメント ライブラリ Web パーツ内のアイテムを並べ替え、フィルター処理、またはグループ化する

Web パーツでは、ユーザーはアイテムを並べ替え、フィルター処理、グループ化できます。 Web パーツで実行されるアクションは、基になるライブラリには影響を与え、現在のセッションでのみ表示できます。

  1. 並べ替え、フィルター、またはグループ化する列のタイトルの横にある下矢印をクリックします。

  2. 実行するアクションを選択します。

    並べ替え、フィルター、およびグループ メニューを示すドキュメント ライブラリ Web パーツ

最新のページのドキュメント ライブラリ Web パーツ。

ドキュメント ライブラリをページに追加する

  1. ライブラリのカスタム ビューをページに表示する場合は、ビュー を作成します

  2. ライブラリを追加するページに移動します。

  3. ページが編集モードではない場合は、 ページの上部 にある [編集] をクリックします。

    ただし、既存の Web パーツの上または下にポインターを置くと、次のような丸で囲まれた + と線が表示されます。

    ページに Web パーツを追加するためのプラス記号

  4. [+ ]をクリックし 、Web パーツの一覧から [ドキュメント ライブラリ] を選択します。

  5. ページに追加するドキュメント ライブラリを選択します。

    ページに表示するドキュメント ライブラリを選択する

  6. 左側 の [Web パーツ [Web パーツの編集] ボタン 編集] をクリックして、ドキュメント ライブラリ、ライブラリのビュー、サイズを変更します。 フォルダー名を入力して、ライブラリ内の特定のフォルダーを表示することもできます ("/" を使用して、入れ子になったフォルダーの名前を分離します)。

    代替テキスト

  7. 作業を終えたら、[適用] をクリックします。

  8. 準備ができたら、ページの上部 にある [発行 ] をクリックします。

新しいドキュメントを追加するか、ドキュメントをアップロードする

Web パーツでは、ユーザーは新しいフォルダーやドキュメントを追加したり、ファイルやフォルダーをアップロードしたりできます。 ファイルとフォルダーを追加する最も簡単な方法は、別の場所からライブラリにドラッグする方法です。

ツール バーを使用して、ドキュメントを追加またはアップロードすることもできます。

  • [+ 新規] をクリックし、[ フォルダー] または [ ドキュメントの種類] を選択します。 または、[ + アップロード ]をクリックし、[ファイル] または [フォルダー]選択します

    新しいコマンドアップロードコマンド

ダウンロード、名前の変更、または削除

  • ファイルを選択すると、ファイルのダウンロード、名前の変更、削除など、多くの操作を実行できます。

    ダウンロード、名前変更、削除のコマンド

最新のページのドキュメント ライブラリ Web パーツ。

ドキュメント ライブラリをページに追加する

  1. ライブラリのカスタム ビューをページに表示する場合は、ビュー を作成します

  2. ライブラリを追加するページに移動します。

  3. ページが編集モードではない場合は、 ページの上部 にある [編集] をクリックします。

    ただし、既存の Web パーツの上または下にポインターを置くと、次のような丸で囲まれた + と線が表示されます。

    ページに Web パーツを追加するためのプラス記号

  4. [+ ]をクリックし 、Web パーツの一覧から [ドキュメント ライブラリ] を選択します。

  5. ページに追加するドキュメント ライブラリを選択します。

    ページに表示するドキュメント ライブラリを選択する

  6. 左側 の [Web パーツ [Web パーツの編集] ボタン 編集] をクリックして、ドキュメント ライブラリ、ライブラリのビュー、サイズを変更します。 フォルダー名を入力して、ライブラリ内の特定のフォルダーを表示することもできます ("/" を使用して、入れ子になったフォルダーの名前を分離します)。

    代替テキスト

  7. 作業を終えたら、[適用] をクリックします。

  8. 準備ができたら、ページの上部 にある [発行 ] をクリックします。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Office Insider に参加

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×