Microsoft アカウントでサインイン
サインインするか、アカウントを作成します。
こんにちは、
Select a different account.
複数のアカウントがあります
サインインに使用するアカウントを選択してください。

外部データ ソースへのリンクと、さまざまなデータ セットに基づくソリューションの作成は、Access のOfficeです。 リンク テーブル マネージャーは 、Access データベース内のすべてのデータ ソースとリンク テーブルを表示および管理するための中心的な場所です。 データ ソースの場所、テーブル名、またはテーブル スキーマが変更されたため、リンク テーブルの更新、再リンク、検索、編集、または削除が必要になる場合があります。 たとえば、テスト環境から実稼働環境に切り替える場合は、データ ソースの場所を変更する必要があります。 ソリューションの要件が変更された場合は、リンク テーブルを追加または削除することもできます。

メモ    使用している Access のバージョンに応じて、[リンク テーブル マネージャー ] ダイアログ ボックスの動作が異なります。 [ Microsoft 365] では、このダイアログ ボックスを使用してリンク テーブルを更新、再リンク、追加、編集、検索、削除できますが、情報を Excel にエクスポートすることはできません。 このAccess 2016、ダイアログ ボックスははるかに簡単ですが、情報を他のユーザーにエクスポートExcel。

[リンク テーブル マネージャー] ダイアログ ボックス

各データ ソースとそのリンク テーブルをリンク テーブル マネージャーで管理する

何をしたいですか?
始める前に
データ ソースとそのリンク テーブルを更新する
データ ソースまたはリンク テーブルを再リンクする
リンク テーブルを検索する
データ ソースを編集する
データ ソースとリンク テーブルを追加する
データ ソースまたはリンク テーブルを削除する

始める前に

リンク テーブル マネージャーを使用するにはいくつかの方法がありますが、ベスト プラクティスとして次の一連の手順をお勧めします。

  1. データ ソースを更新して、リンクが成功し、問題を特定します。

  2. データ ソースに問題がある場合は、メッセージが表示されたら正しい場所を入力するか、データ ソースを編集して問題を解決します。

  3. [失敗] 状態の個々のテーブル を再リンク します。 Access によって状態が自動的に更新され、成功または失敗が示されます。

  4. すべての問題が修正されるまで、手順 1 から 3 を繰り返します。

ページの先頭へ

データ ソースとそのリンク テーブルを更新する

データ ソースとそのリンク テーブルを更新して、データ ソースにアクセス可能であり、リンク テーブルが正しく動作している必要があります。

  1. [外部 データ] を>テーブル マネージャー] を選択します。

    ヒント    ナビゲーション ウィンドウから特定のリンク テーブルを更新するには、リンク テーブルを右クリックし、[リンクの更新] を選択します。 リンク テーブル名にカーソルを合わせると、接続文字列などの情報を表示できます。

  2. [リンク テーブル マネージャー] ダイアログ ボックスで、データ ソースまたは個々のリンク テーブルを選択します。

    データ ソースを選択すると、すべてのリンク テーブルが選択されます。 データ ソースのエントリを展開 (+) して、個々 のリンク テーブルを選択します。

  3. [更新] を選択します

  4. データ ソースの場所に問題がある場合は、メッセージが表示されたら正しい場所を入力するか、データ ソースを編集 します

  5. [状態] 列が 表示され (横にスクロールする必要がある場合があります)、確認して結果を確認します。

    • 成功     リンク テーブルが正常に更新されました。

    • 失敗     1 つ以上のリンク テーブルに問題があります。 失敗した状態の最も一般的な理由は、新しい資格情報、またはテーブル名の変更です。 この問題を解決するには、 データ ソースまたはリンク テーブルを再リンクします

  6. 失敗した各リンクテーブルを修正し、[状態] 列に "成功" と表示されるまで、もう一度 [最新の情報に更新] を選択します

ページの先頭へ

リンク テーブルを検索する

多数のリンク テーブルがある場合は、[リンク テーブル マネージャー]ダイアログ ボックスの上部にある [検索] ボックスを使用して、必要な情報を検索します。

  1. [検索] ボックスにテキストを入力します。

    Access は、[データ ソース名] 列と [データ ソース情報] 列を検索して一致を検索します。

    検索では大文字と小文字が区別され、先行入力を使用してリンク テーブル名の一致を動的に一覧表示します。

  2. 表示をリセットするには、[検索] ボックスを オフ にします。

ページの先頭へ

データ ソースを編集する

データ ソースに応じて、表示名、データ ソース パス、ファイル名、パスワード、または接続文字列を変更できます。

  1. [外部 データ] を>テーブル マネージャー] を選択します。

    ヒント    ナビゲーション バーで、リンク テーブル名にカーソルを合わせると、接続文字列などの情報が表示されます。

  2. [リンク テーブル マネージャー] ダイアログ ボックスで、データ ソースを選択し、データ ソースにカーソルを合わせると、[編集] を 選択します

  3. [リンクの編集] ダイアログ ボックスで情報を 変更します。

    データ ソースの [リンクのExcel] ダイアログ ボックス

    データ ソースに関Excel編集する

  4. [完了] をクリックします。

ページの先頭へ

データ ソースとリンク テーブルを追加する

Access、SQL (サーバーと Azure)、Excel、またはカスタム (テキスト、Microsoft Dynamics、ShaePoint リスト、ODBC) のデータ ソースの種類を追加できます。

ヒント    VBA コードに接続文字列を入力する Access 開発者は、コードを直接変更したり、接続文字列を自動的に変更する複雑なコードを記述したりするのではなく、[リンク テーブル マネージャー] ダイアログ ボックスから接続文字列を追加および編集します。

  1. [外部 データ] を>テーブル マネージャー] を選択します。

  2. [リンク テーブル マネージャー] ダイアログ ボックスで 、[追加] を 選択します

  3. 見やすさと意味を向上するには、[表示名] ボックスに 名前を入力 します。 既定の表示名は、データ ソースの種類です。

    この名前は [データ ソース] 列に表示され、この列を並べ替え、その名前を使用してデータ ソースを分類できます。これは、多くのデータ ソースがある場合に特に便利です。

  4. 次のいずれかの操作を行います。

  5. [閉じる] を選択します。

ページの先頭へ

データ ソースまたはリンク テーブルを削除する

データ ソースまたはリンク テーブルは不要になったため削除し、[テーブル マネージャーのリンク] ダイアログ ボックスを閉じ たくない場合があります

  1. [外部 データ] を>テーブル マネージャー] を選択します。

  2. [リンク テーブル マネージャー] ダイアログ ボックスで、1 つ以上のデータ ソースまたはリンク テーブルを選択します。

    [データ ソース] 列のエントリを展開 (+) する必要がある場合 があります。

  3. [削除] を選択します。

  4. 確認を求めるメッセージが表示されたら、[はい] を 選択します

    リンク テーブルを削除すると、テーブル自体ではなく、データ ソースでテーブルを開くのに使用される情報だけが削除されます。

ページの先頭へ

関連項目

リンクされているデータ ソース情報を Excel にエクスポート

Access でのデータのインポート、リンク、およびエクスポートの概要

ODBC データ ソースを管理する

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Office Insider に参加

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×