目次
×

名前を使用することにより、数式の理解と整備がより簡単になります。 セル範囲、関数、定数、またはテーブルの名前を定義できます。 ブックで名前を使用する方法を導入すると、名前の更新、監査、および管理を簡単に実行できるようになります。

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。

セルに名前を付ける

  1. セルを選択します。

  2. [名前] ボックスに名前を入力します。

    名前ボックス

  3. Enter キーを押します。

選択範囲から名前を定義する

  1. 名前を付ける範囲を、行または列のラベルを含めて選択します。

  2. [数式]、[選択範囲から作成] の順に選択します。

  3. [選択範囲から名前を作成] ダイアログ ボックスで、[上端行]、[左端列]、[最下行]、[右端列] のいずれかのチェック ボックスをオンにして、ラベルを含む領域を指定します。

  4. [OK] を選択します。

    指定した範囲内のラベルに基づいて、セルに名前が付けられます。

数式で名前を使う

  1. セルを選択し、数式を入力します。

  2. その数式内で名前を使う位置にカーソルを置きます。

  3. 名前の最初の文字を入力し、表示される一覧から名前を選択します。

    または、[数式]、[数式で使用] の順に選択して、使用する名前を選択します。

  4. Enter キーを押します。

[名前の管理] で、ブック内の名前を管理します。

  1. リボンで、[数式] > [定義された名前]>[名前の管理]の順で移動します。 作成、編集、削除することや、ブックで使用されているすべての名前を検索することができます。

セルに名前を付ける

  1. セルを選択します。

  2. [名前] ボックスに名前を入力します。

    名前ボックス

  3. Enter キーを押します。

選択範囲から名前を定義する

  1. 名前を付ける範囲を、行または列のラベルを含めて選択します。

  2. [数式]、[選択範囲から作成] の順に選択します。

  3. [選択範囲から名前を作成] ダイアログ ボックスで、[上端行]、[左端列]、[最下行]、[右端列] のいずれかのチェック ボックスをオンにして、ラベルを含む領域を指定します。

  4. [OK] を選択します。

    指定した範囲内のラベルに基づいて、セルに名前が付けられます。

数式で名前を使う

  1. セルを選択し、数式を入力します。

  2. その数式内で名前を使う位置にカーソルを置きます。

  3. 名前の最初の文字を入力し、表示される一覧から名前を選択します。

    または、[数式]、[数式で使用] の順に選択して、使用する名前を選択します。

  4. Enter キーを押します。

[名前の管理] で、ブック内の名前を管理します。

  1. リボンで、[数式] > [定義された名前]>[名前の管理]の順で移動します。 作成、編集、削除することや、ブックで使用されているすべての名前を検索することができます。

では、 Web 用 ExcelMac または Mac に対して、Excelで定義Windows使用できます。 範囲の場所に移動する [名前] ボックスから名前を選択、または数式内で [名前付き範囲] を使用します。

現在のところ、新しい名前付き範囲を Web 用 Excel 作成できません。

補足説明

Excel 技術コミュニテでは、いつでも専門家に質問できます。また、Answers コミュニティでは、サポートを受けられます。

関連項目

なぜ Excel で [名前の競合] ダイアログ ボックスが表示されるのでしょうか?

Excel の名前付き範囲を作成する

Excel の数式に名前付き範囲を挿入する

Excel で [名前の管理] を使用する

数式の名前について詳細を表示する

既存の数式に名前付き範囲を適用する

Excel テーブルの数式で構造化参照を使う

Excel の数式の概要

セル参照を作成または変更する

ワークシートで選択したセルから、名前付き範囲を作成する

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×