削除したアイテムは [削除済みアイテム] フォルダーまたは [ごみ箱] フォルダーに移動されますが、それらのフォルダーが空になるまで完全に削除されません。 時間がたつ間に、[ 削除 済みアイテム] フォルダーの内容によって、コンピューターまたはメール サーバーの記憶域クォータに大量の領域が消費される可能性があります。

Outlook削除済みアイテム フォルダーを自動的に空にするように構成できます。また、いつでも手動でフォルダーを空にすることもできます。

注: Microsoft 365、Outlook.com、または Exchange アカウントを使用している場合は、[削除済みアイテム] フォルダーがあります。 別の種類のアカウント (Gmail、Yahoo、別のメール アカウントなど) を使用している場合、フォルダーの名前はゴミ箱になります。

[削除済みアイテム] フォルダーを手動で空にする

フォルダーの一覧で、[削除済みアイテム] フォルダーまたは [ごみ箱] フォルダーを右クリックし、[フォルダーを空にする] を選択します

[削除済みアイテム] フォルダーを自動的に空にする

  1. [File > Options] を 選択します

  2. [詳細設定] を選択し、[Outlook] の [終了時に削除済みアイテム フォルダーを空にする] チェック ボックスをオンにします。

    代替テキスト

  3. [削除済みアイテム] フォルダーが自動的に空になる前に通知を受け取る場合は、[詳細オプション] 画面を下にスクロールして [その他] セクションに移動し、[アイテムを完全に削除する前に確認を求める] チェック ボックスをオンにします。

関連項目

削除済みのアイテムを復元する

古いアイテムを自動的に整理する

メッセージを削除すると、Outlookごみ箱フォルダーに移動されます。 このフォルダー内のアイテムは、コンピューターのハードディスクを占有し続け、またアカウントの設定が、メール サーバーにメッセージのコピーを残すようになっている場合、アカウントのメール ボックスも占有し続けます。 一部のディスクとメールボックスの空き領域を解放するには、ごみ箱フォルダーを にします。

複数のメール アカウントがある場合は、アカウントごとに ごみ箱 フォルダーがあります。

  1. Control キーを押したまま、[ごみ箱] フォルダー一覧フォルダーを 選択 します。

  2. [空 のフォルダー] を選択します

    注: 

    • メール アカウントなどの一部の種類のメール アカウント Windows Live Hotmail 、定義済みの時間に ごみ 箱フォルダーを自動的に空にします。

    • 一部のメール アカウントでは、ごみ箱フォルダーを定期的に空Outlookスケジュールを設定できます。

    • IMAP アカウントには、削除済みアイテムの保存と表示のためのオプションが複数あります。 環境設定を設定するには、[ツール] メニューの [アカウント] をクリックし、アカウントのリストで IMAP アカウントを選びます。 [詳細設定] をクリックし、[フォルダー] タブをクリックして、[ゴミ箱] の横で、目的のオプションをクリックします。

関連項目

フォルダー間でメッセージを移動またはコピーする

フォルダーを移動または名前を変更する

Time Machine バックアップと Outlook について

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Office Insider に参加

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×