Microsoft アカウントでサインイン
サインインするか、アカウントを作成します。
こんにちは、
Select a different account.
複数のアカウントがあります
サインインに使用するアカウントを選択してください。

フォームはデータベースの重要なオブジェクトであり、ユーザーがデータを表示してアクセスするウィンドウとして機能します。 利用できるフォームの種類、フォームの作成、カスタマイズ、管理方法など、Microsoft Access フォームの基本に関する包括的な理解を得たいと思ったことがある場合は、この記事で、この画像を理解するのに役立つリソースの一覧を提供します。

この記事の内容

概要

フォームは、ユーザーがデータを入力および編集できるユーザー インターフェイスを作成するために使用できるデータベース オブジェクトです。 フォームには、多くの場合、さまざまなタスクを実行するコントロールが含まれています。 テーブルのデータを編集するだけでフォームを使用せずにデータベースを作成することもできますが、ほとんどのユーザーは、テーブルに含まれるデータを表示、入力、編集するためにフォームを使用することを好む必要があります。 また、フォームを使用して、他のユーザーがデータベース内のデータを操作する方法を制御することができます。 たとえば、特定のフィールドだけを表示するフォームを作成し、特定の操作の実行だけを許可できます。 これにより、データを保護し、データ入力で発生する可能性があるエラーを減らします。 この記事では、Access フォームの基本からフォームの作成とカスタマイズまで、リソースの一覧を提供します。

Microsoft Access データベースのフォームの役割と機能を理解するには、まずデータベースの各部分の概要と、データベース内のフォームの役割を理解し、データベースの基本のビューから始めます。

次に、フォームの概要を使用してフォーム に注目しましょう

フォームを作成する前に、ほとんどのフォームの重要な機能であるコントロールを詳しく見てみることができます。 コントロールを使用すると、ユーザーはデータベースのデータを入力、編集、または表示できます。 Access で使用できるさまざまな種類のコントロールについて知っているのは、フォームをカスタマイズするときに役立ちます。 コントロールの詳細については、「コントロールの概要 」を参照してください

フォームの種類

Access には、作成するフォームの種類に応じて、フォームを作成する方法がいくつか用意されています。 一般的なフォームの種類と作成方法について説明します。

必要なフォームの種類

詳細情報

詳細フォーム: 一度に 1 つのレコードに関する情報を表示する空白の Access フォーム。

フォームの概要

複数項目フォーム: 連続フォームとも呼ばれる、一度に複数のレコードの情報を表示します。 データシートのように見えますが、テキストの書式設定、グラフィック、ボタン、その他のコントロールの追加などの制御が可能です。

複数のアイテム ツールを使用してフォームを作成する

分割フォーム: フォーム ビューとデータシート ビューでデータを同時に表示します。 大量のデータを表示する必要があるが、一度に 1 つのレコードだけを変更する必要がある場合に便利です。

分割フォームを作成する

ナビゲーション フォーム: ナビゲーション コントロールを含むフォーム。 Access ナビゲーション ウィンドウはブラウザーで使用できないので、プランに Web へのデータベースの発行が含まれる場合、ナビゲーション フォームはデータベース内を移動するために特に重要です。

ナビゲーション フォームを作成する

フォームを作成するその他の方法

[作成] タブ を使用して、[フォーム] グループのオプションを して、新しいフォームをすばやく作成します。 ナビゲーション ウィンドウでテーブルまたはクエリを選択し、[フォーム] コマンドを使用して、そのオブジェクトに基づいて新しいフォームをすばやく作成することもできます。

フォームを作成する一般的な方法については、次の表のリソースを参照してください。

フォームを作成するための方法

詳細については、

フォーム ツール: 一度に 1 つのレコードに関する情報を表示する 1 つのアイテム フォームをすばやく作成します。

フォーム ツールを使用してフォームを作成する

フォーム ウィザード: このツールを使用して、フォームに表示するフィールドを選択する場合に、フォームを作成します。 また、データのグループ化と並べ替えの方法を定義できます。

フォーム ウィザードを使用してフォームを作成する

空白のフォーム: フォーム ツールまたはウィザードがニーズを満たさなかった場合、特にフォームに追加するフィールドが少ない場合は特に、空白のフォーム ツールを使用すると、フォームを簡単に 作成できます。

「フォームの概要」の「空白のフォーム ツールを使用してフォームを作成する 」のセクションを参照してください

フォームに異なるビューを使用する

前のセクションで説明した記事の一部から既に学習したように、Access フォームは、フォーム ビュー、デザイン ビュー、レイアウト ビューの 3 つの異なるビューで表示できます。 特定のタスクに使用するビューを確認すると便利です。 たとえば、デザイン ビューまたはレイアウト ビューを使ってフォームをカスタマイズできます。 フォーム ビューはフォームの既定のビューであり、主にデータを含むフォームを表示したり、データを入力したりするために使用されます。 レイアウト ビューとデザイン ビューはフォームのデザイン変更に使われるので、これらのビューの使い方の詳細については、次の表のリソースを参照してください。

ビューの種類

使用される対象

詳細情報

レイアウト ビュー

フォームに対するほとんどの種類の変更。 デザインを変更すると、データが表示されます。これは、フォームの外観や使いやすさに影響するコントロールのサイズや他のデザイン変更を設定するときに非常に便利です。

デザイン ビュー

ヘッダー、詳細、フッターの各セクションなど、フォームの構造の詳細を確認する必要がある変更を行う。 デザイン ビューでデザインを作成するときに、基になるchanges.in表示できません。

デザイン ビューの使い方について

  • オブジェクトフレーム、改ページ、グラフなど、さまざまなコントロールを追加できます。

  • プロパティ シートを使用せずにテキスト ボックス コントロール ソースを編集します。

  • フォーム セクションのサイズを変更する。

レイアウト ビューで変更できない特定のフォーム プロパティを変更する

レイアウト ビューとデザイン ビューの違い

フォームでさらに多くのことを行う

これで、フォームの構造が設計されたので、フォームが連結フォームの場合は、データ ソースに接続する必要があります。 データ ソースには、フォームに表示されるデータSQL含むテーブル、クエリ、またはクエリ ステートメントを使用できます。 "非送信" フォームはデータ ソースに直接リンクするのではなく、アプリケーションの操作に必要なコマンド ボタン、ラベル、その他のコントロールを含むフォームです。 レコード ソースの使い方については、「フォームまたはレポートのレコード ソースを設定する」を参照してください

視覚的に魅力あるフォームは、データベース作業の負担を和らげて効率を高めるとともに、誤ったデータの入力を防ぐ上でも役立ちます。 基本的なフォームの作成以外にも、ユーザー設定のタッチを追加し、独自のタッチにしたい場合は、Access でこれを実現するためのいくつかの方法が用意されています。 一部のオプションでは、意図した通りにデザインを表示する前に練習が必要な場合がありますが、デザインが気に入らない場合は、常に変更できます。

次の表に、フィールドを追加してカスタマイズする次の手順にフォームを移動するためのリソースを示します。

目的に合ったトピックをクリックしてください

詳細については、

フォームにフィールドをすばやく追加する

フォームまたはレポートにフィールドを追加する

フォームの表示を整理し、整理し、作業を簡単にします。

タブ付きのフォームを作成する

フォーム上のコントロールが Tab キーに応答する順序を指定します。 適切に設計されたフォームでは、コントロールは Tab キーに論理的な順序 (上から下、左から右など) で応答して、フォームを使いやすくします。

コントロールのタブ オーダーを設定する

メイン フォームに入れ子になったサブフォームまたはフォームを作成します。

サブフォームは、複数の関連テーブルまたはクエリのデータを同じフォーム内で表示する場合に便利です。

サブフォームを含むフォーム (一対多のフォーム) を作成する

フォーム内の特定のフィールドとデータをより目立つようにします。

ビデオ: レポートで条件付き書式を使用する

データベース内のすべてのフォームのデザイン オプションを設定します。

データベース内のオブジェクトのデザイン設定をカスタマイズする

別のフォームの値を表示するテキスト ボックス コントロールを追加します。

メイン フォームに集計テキスト ボックスを含むサブフォームの結果を表示するために使用できます。

別のフォームのコントロールを参照するコントロールを作成する

Web データベース上のフォームを操作する

Web データベース フォーム のオプション

詳細については、

ナビゲーション フォームとは、ナビゲーション コントロールが含まれているフォームのことです。 ナビゲーション フォームは、データベースに追加された優れた機能ですが、Access のナビゲーション ウィンドウはブラウザーに表示されないため、データベースを Web に発行する予定がある場合はナビゲーション フォームの作成が特に重要です。

ナビゲーション フォームを作成する

Access 2010 には、フォームに Web ページを表示するために使用できる Web ブラウザー コントロールが含まれています。

フォームに Web 閲覧を追加する

次の手順

フォームで次の機能を試してみてください。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Office Insider に参加

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×