Excel でアドレス帳の宛名ラベルを作成して印刷する

Excel でアドレス帳の宛名ラベルを作成して印刷する

Microsoft Excel スプレッドシートで管理しているアドレス帳に大量のメールを送信する場合は、Microsoft Word の差し込み印刷を使用できます。 差し込み印刷プロセスでは、印刷可能な宛名ラベルが作成され、用紙の各ラベルにはアドレス帳の住所が印刷されます。

宛名ラベルを作成して印刷するには、まず Excel でワークシート データを準備してから、Word を使用して宛名ラベルを構成、配置、確認して、印刷する必要があります。

差し込み印刷用のデータを準備するためのヒントをいくつか紹介します。 以下のことをご確認ください。

  • スプレッドシートの列名は、ラベルに挿入するフィールド名と一致します。

  • 結合するすべてのデータが、スプレッドシートの最初のシートに存在している。

  • 郵便番号のデータはスプレッドシートで正しく書式設定されているため、Word では値を適切に読み取ることができます。

  • 差し込み印刷で使用する Excel スプレッドシートは、ローカルコンピューターに保存されています。

  • Word の差し込み印刷文書に接続する前に、スプレッドシートへの変更または追加が完了します。

注: Excel スプレッドシートの情報をインポートするには、コンマ区切り値 (.csv) ファイルまたはテキスト (.txt) ファイルから情報をインポートし、テキストインポートウィザードを使用して新しいスプレッドシートを作成します。
詳細については、「 Word の差し込み印刷用に Excel データソースを準備する」を参照してください。

スプレッドシートの準備ができたら、自分のコンピューターに保存します。 Word を開き、手順に従ってメーリングリストのラベルを印刷します。

注:  このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 情報が役に立ったかどうか、ご意見をお寄せください。 参考までに、こちらから英語の記事をお読みいただけます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×