関連トピック
×
保存と印刷
保存と印刷

メーリング リストのラベルを印刷する

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。 Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

Excel のスプレッドシートで住所一覧を設定し、Word の差し込み印刷を使って宛名ラベルを作成することができます。 データにミスがなく、書式が統一されていることを確認します。

ウィザード メニューを使用してラベルを印刷します。 [差し込み文書]、[差し込み印刷の開始]、[差し込み印刷ウィザード] の順に移動します。

  1. [差し込み印刷] メニューで [ラベル] を選択します。

  2. [開始ドキュメント]、[ラベル オプション] を選択して、ラベル サイズを選択します。 ラベルの製造元製品番号を選択します。ラベルのパッケージに製品番号が表示されます。 [OK] をクリックします。 

    ヒント: ラベルに一致するオプションがない場合は、[新しいラベル] を選択し、ラベルの情報を入力して、ラベルに名前を付けます。 [OK] を選択して、[製品番号] リストに新しいラベルを追加します。

  3. [受信者の選択]、[参照] の順に選択してメーリング リストをアップロードします。 メーリング リスト テーブルを選択し、[OK]、[OK] を選択します。

  4. [ラベルの配置]、[住所ブロック] の順に選択して、受信者情報を追加します。 [OK] をクリックします。 最初のラベルをレプリケートするには、[すべてのラベルを更新] を選択します。 

  5. [ラベルのプレビュー] を選択して、段落間隔などの詳細を編集します。

  6. [進捗状況の完了] を選択します。 [印刷]、[OK]、[OK] の順に選択してラベルを印刷します。

  7. [ファイル]、[保存] の順に移動し、文書を保存します。

詳細が必要ですか?

差し込み印刷に使用できるデータ ソース

グラフィックスを含むラベルのページを作成するには、「ラベルにグラフィックスを追加する」を参照してください。

メーリング リスト ラベルにバーコードを追加するには、「ラベルにバーコードを追加する」を参照してください。

  1. [差し込み文書]、[差し込み印刷の開始]、[ラベル] の順に移動します。

    [差し込み文書] タブで、[差し込み印刷​​の開始] と [ラベル] オプションが強調表示されます

  2. [ラベル オプション] ダイアログ ボックスで、[ラベル製品名] の一覧からラベルの製造元を選択します。

    ラベル製品のブランドを選び、特定の製品番号を選びます。
  3. [製品番号] の一覧で、ラベルのパッケージの製品番号を選択します。

    ヒント: ラベルに一致するオプションがない場合は、[新しいラベル] を選択し、ラベルの情報を入力して、ラベルに名前を付けます。 [OK] を選択して、[製品番号] リストに新しいラベルを追加します。

  4. [OK] を選びます。

    文書にラベルの枠線が入った表が表示されるようになりました。 枠線が表示されない場合は、[テーブル レイアウト] に移動し、[グリッド線の表示] を選択します。

  5. [ファイル]、[保存] の順に移動し、文書を保存します。

  6. [差し込み文書]、[宛先の選択] の順に移動してオプションを選択します。

    詳細については、「差し込み印刷に使用できるデータ ソース」を参照してください。

    [差し込み文書] タブで [宛先の選択] が強調表示され、オプションが一覧表示されています

  7. [OK] をクリックします。

  8. [差し込み文書]、[差し込みフィールドの挿入] の順に移動し、ラベルに表示するフィールドを選びます。

    [差し込み文書] タブで [差し込みフィールドの挿入] が強調表示されています

  9. [OK] を選びます。

  10. 残りのラベルで必要な外観になるように、最初のラベルでフィールドを書式設定します。

  11. [差し込み文書]、[ラベルの更新] の順に移動します。

  12. [差し込み文書]、[結果のプレビュー] の順に移動します。

    [差し込み文書] タブで [結果のプレビュー] が強調表示されています

    [結果のプレビュー] を再度選択し、差し込みフィールドを表示、追加、または削除します。 変更を加えた場合は、[完了時にラベルを更新する] を選択します。

  13. 望ましいラベルができたら、[差し込み文書]、[完了と差し込み]、[ドキュメントの印刷] の順に移動します。

    [差し込み文書] タブで [完了と差し込み] と [文書の印刷] が強調表示されています

    ヒント: 印刷前に各ラベルを個別に確認して更新するには、[差し込み文書]、[完了と差し込み差し込み]、[個々のドキュメントの編集] の順に移動します。 完了したら、[ファイル]、[印刷] の順に移動してラベルを印刷します。

関連項目

ラベルを作成および印刷する

差し込み印刷用のデータ ソースを作成する

重要:  Microsoft Office for Mac 2011 はサポートされなくなりました。 Microsoft 365 にアップグレードすることで、どんなデバイスでも、どこからでも仕事ができて、かつサポートを受けることができます。

今すぐアップグレードする

差し込み印刷を実行すると、データ ソースつまり宛先のリストのレコードがメイン文書に挿入されます。 差し込み印刷用の宛先一覧として、Excel シート、Office のアドレス帳、FileMaker Pro データベース、Word 文書、区切りテキスト ファイルを利用できます。

重要: この手順を完了するには、住所が含まれる Word 文書などの既存の宛先一覧を用意しておく必要があります。 宛先一覧の設定方法の詳細については、「差し込み印刷用のデータ ソースを作成する」を参照してください。

  1. [ファイル] メニューで [新規作成] を選びます。

    新しい空白の Word 文書が開きます。 これがメイン文書になります。

  2. [表示] メニューで [印刷レイアウト] を選びます。

  3. [ツール] メニューで [差し込み印刷マネージャー] を選びます。

  4. [1. 文書の種類の選択] で、[新規作成] を選択し、[ラベル] を選びます。

  5. [プリンター] で、使用するプリンターの種類を選びます。

  6. [ラベル製品名] ポップアップ メニューで、ラベルの製造元をクリックします。

    ヒント: その他のラベル製品名を確認する場合は、[ラベル製品名] ポップアップ メニューで [その他] を選びます。

  7. [製品番号] で、該当するラベルの種類を選択し、[OK] を選びます。

    ヒント: ラベルの余白およびその他の特性を確認する場合は、[詳細] を選びます。

  8. [差し込み印刷マネージャー] の [2. 宛先リストの選択] で、[宛先リスト] を選び、宛先一覧のソース (Office のアドレス帳など) を選びます。

  9. [差し込みフィールドの挿入] ポップアップ メニューで、一覧内のフィールド名 (姓など) を選びます。

    [サンプル] ボックスにフィールド名が追加されます。

    ヒント: 後でこのダイアログ ボックスに戻るには、[差し込み印刷マネージャー] の [2. 宛先リストの選択] で、[プレースホルダーを追加または削除する] プレースホルダー ボタンの追加または削除を選びます。

  10. ラベルに表示するフィールドごとに、手順 9 を繰り返します。

  11. 必要なフィールドをすべて追加した後、[OK] を選びます。

    フィールド名が、メイン文書のすべてのラベルにコピーされます。

  12. メイン文書で、最初のラベルを編集して、必要に応じてスペース、コンマ、改行を追加します。

  13. [差し込み印刷マネージャー] の [2. 宛先リストの選択] で、[ラベルの設定を同じにする] [項目に入力してドキュメント完成] ボタンをクリックします。

    最初のラベルで使用する書式設定が、すべてのラベルに適用されます。

  14. ラベルの設定を完了するには、次のいずれかの操作を行います。

目的

操作

ラベルをプレビューする

[差し込み印刷マネージャー] の [5. 結果のプレビュー] で、[差し込んだデータの表示] [差し込んだデータの表示] ボタンを選びます。

ラベルを直ちに印刷する

[差し込み印刷マネージャー] の [6. 差し込みの完了[プリンターに差し込み[プリンターに差し込み] ボタン 選択します。

差し込み済みのラベルが含まれている、保存できる文書を作成する

[差し込み印刷マネージャー] の [6. 差し込みの完了[新しい文書へ差し込み[​​差し込み印刷の完了] ボタン を選択します。

関連項目

ラベルを作成および印刷する

差し込み印刷を使用して封筒を作成する

差し込み印刷用のデータ ソースを作成する

ヘルプを表示

スキルを磨く

トレーニングの探索 >

新機能を最初に入手

Microsoft Insider に参加する >

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×