関連トピック
×
メイン コンテンツへスキップ
サポート
Microsoft アカウントでサインイン
サインインまたはアカウントを作成してください。
こんにちは、
別のアカウントを選択してください。
複数のアカウントがあります
サインインに使用するアカウントを選択してください。
Outlook でキーボードで Loop コンポーネントを使用する

キーボードで新しいOutlook を使用して、 Loopコンポーネントを作成して送信します。 他のチーム メンバーとコンポーネントを共同編集する方法、別のメールで共有する方法、チャットを Microsoft Teamsする方法、Office.com でファイルを確認して編集する方法について説明します。

Loopコンポーネントは、メールを受信するすべてのユーザーがインラインで編集し、変更をすぐに確認できる段落、テーブル、チェックリスト、またはその他のコンポーネントです。 メッセージ内でチーム メンバーと共同作業でき、長いメール スレッドの必要性を最小限に抑えることができます。 たとえば、提案を共同編集する段落、アイデアをブレーンストーミングするための箇条書き、責任を割り当てるタスク リストを送信します。

注: 

  • 新しい Microsoft 365 の機能は Microsoft 365 サブスクリプションをご利用の方に段階的にリリースされるため、ご使用のアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。 より早く新機能を入手するための方法については、Office Insider プログラムにご参加ください

  • 現時点では、 Loopコンポーネントを使用して組織外のユーザーと共同作業することはできません。

このトピックの内容は以下のとおりです。

電子メールで Loopコンポーネントを作成して送信する

  1. メッセージ本文で、F6 キーを 1 回押してリボン タブに移動します。

  2. [ 挿入 ] タブに移動するには、右方向キーまたは左方向キーを押します。

  3. Tab キーを 1 回押して、[ 挿入 ] リボン タブのオプションに移動します。

  4. [コンポーネントのLoop] ボタンに到達するまで右方向キーを押し、Enter キーを押します。 [Loop コンポーネント] メニューが開きます。

  5. 追加する Loopコンポーネント項目が見つかるまで下方向キーを押し、Enter キーを押します。

  6. Loopコンポーネントが開き、フォーカスがコンポーネント内にあります。 方向キーを使用して、コンポーネント内の要素間を移動し、コンポーネントにコンテンツを入力します。

    ヒント: コンポーネント内のユーザーを@Mentionして、投稿する場所を示します。 入力すると、候補の一覧が表示されます。 下方向キーと上方向キーを使用して候補を参照し、Enter キーを押して選択します。

  7. テキストの書式設定オプション (見出しスタイルを追加する場合など) にアクセスするには、Shift キーを押しながら F10 キーを押すか、Windows メニュー キーを押します。

  8. Loopコンポーネントのコンテンツの準備ができたら、Esc キーを 2 回押して、Loopコンポーネントからフォーカスを移動してから、メッセージ本文に移動します。

  9. メールの残りの部分を完了し、Ctrl キーを押しながら Enter キーを押してメールを送信します。

    コンポーネントが送信され、すべての受信者がコンテンツをインラインで編集できるようになりました。

注: 受信者がまだ Outlook に Loopコンポーネント機能を持っていない場合は、送信された電子メールのリンクを使用して、 Loopコンポーネントにアクセスして編集できます。

Loopコンポーネントを他のチーム メンバーと共同編集する

メールを受け取ったすべてのユーザーが、すぐにアクセスして共同作業を開始できるようになりました。 すべての受信者は、 Loopコンポーネントをインラインで編集し、変更をすぐに確認できます。

  1. Loopコンポーネントを含むメッセージを開き、 Loopコンポーネント コンテンツ領域 ( Loopコンポーネント リンクの下) に移動するまで Tab キーを押します。 Enter キーを押します。

  2. 方向キーを使用して、コンテンツを追加または編集する場所に移動し、編集を開始します。

    ヒント: 候補の一覧から項目を選択するには、スラッシュ文字 (/) を入力し、下方向キーと上方向キーを使用して、日付ピッカー、画像、このコンポーネント内の新しいコンポーネントなどを選択します。

  3. テキストを直接編集する代わりにコメントを追加する場合は、スラッシュ 2 文字とスペース () を入力します。 次に、コメントを入力します。 これにより、コメントがユーザーに帰属します。

別のメールまたはチャットでコンポーネント Microsoft Teams共有する

Loopコンポーネントは簡単に共有でき、常に最新の変更を反映できます。 あるメールから別のメール、または Microsoft Teamsチャットにコンポーネントを共有し、より多くのユーザーを招待して共同作業を行うことができます。 編集が行われる場所に関係なく、コンポーネントには常に最新の変更が表示されます。

  1. 共有する Loopコンポーネントを含むメッセージに移動し、コンポーネントの Loopリンクに到達するまで Tab キーを押します。

  2. [コンポーネントのコピー] ボタンに到達するまで右方向キーを押し、Enter キーを押します。

  3. Loopコンポーネントを共有する Microsoft Teamsチャットのメールまたは新規作成ボックスのメッセージ本文に移動します。 [ Microsoft Teams] で、作成ボックスが空であることを確認します。 Ctrl キーを押しながら V キーを押して、 Loopコンポーネントへのリンクをメッセージに追加します。

  4. Ctrl キーを押しながら Enter キーを押して、 Loopコンポーネントを新しいチャットまたはメールの受信者と共有します。 すべての受信者が、 Loopコンポーネントを編集できるようになりました。

Office.com でファイルを確認して編集する

Loopコンポーネントは、作成時に OneDriveに自動的に保存されます。 メールから Office.com の Loopコンポーネント ファイルに移動し、そこでファイルを確認および編集できます。

  1. Office.com で開く Loopコンポーネントを含むメッセージに移動します。

  2. [コンポーネントの Loop] リンクが表示されるまで Tab キーを押し、Enter キーを押します。

    Loopコンポーネント ファイルが Office.com で開き、コンテンツを確認および編集できます。

ヒント:  OneDrive Attachments フォルダーから直接ファイルを開くこともできます。

関連項目

Outlook のキーボード ショートカット

ループ コンポーネントについて最初に知っておくべきこと

Microsoft 365 でアクセシビリティを使用するようにデバイスを設定する

キーボードで Outlook を使用して、 Loop コンポーネントを作成して送信します。 他のチーム メンバーとコンポーネントを共同編集する方法、別のメールで共有する方法、チャットを Microsoft Teams する方法、Office.com でファイルを確認して編集する方法について説明します。

Loop コンポーネントは、メールを受信するすべてのユーザーがインラインで編集し、変更をすぐに確認できる段落、テーブル、チェックリスト、またはその他のコンポーネントです。 メッセージ内でチーム メンバーと共同作業でき、長いメール スレッドの必要性を最小限に抑えることができます。 たとえば、提案を共同編集する段落、アイデアをブレーンストーミングするための箇条書き、責任を割り当てるタスク リストを送信します。

注: 

  • 新しい Microsoft 365 の機能は Microsoft 365 サブスクリプションをご利用の方に段階的にリリースされるため、ご使用のアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。 より早く新機能を入手するための方法については、Office Insider プログラムにご参加ください

  • このトピックでは、 閲覧ウィンドウ がオフになっていることを前提としています。

  • 現時点では、 Loopコンポーネントを使用して組織外のユーザーと共同作業することはできません。

このトピックの内容は以下のとおりです。

電子メールで Loop コンポーネントを作成して送信する

  1. メッセージ本文で、F6 キーを 1 回押してリボン タブに移動します。

  2. N キーを押して [ 挿入 ] タブを開きます。

  3. L キーを押してから C キーを押して 、Loop コンポーネント メニューを開きます。

  4. 追加する Loop コンポーネント項目が見つかるまで下方向キーを押し、Enter キーを押します。

  5. Loop コンポーネントが開き、フォーカスがコンポーネント内にあります。 方向キーを使用して、コンポーネント内の要素間を移動し、コンポーネントにコンテンツを入力します。

    注: フォーカスが Loopコンポーネントの外側に移動する場合は、 Loopコンポーネントの前の左下隅にカーソルを置きます。 Loopコンポーネントを選択するには、Shift キーを押しながら右方向キーを押し、Enter キーを押して編集を続行します。

    ヒント: コンポーネント内のユーザーを@Mentionして、投稿する場所を示します。 入力すると、候補の一覧が表示されます。 下方向キーと上方向キーを使用して候補を参照し、Enter キーを押して選択します。

  6. 見出しのスタイルを追加する場合など、テキストの書式設定オプションにアクセスするには、Shift キーを押しながら F10 キーまたは Windows メニュー キーを押し、方向キーを使用してオプションを参照し、Enter キーを押して選択します。

  7. Loop コンポーネントのコンテンツの準備ができたら、Esc キーを 2 回押して、 Loop コンポーネントからフォーカスを移動してから、メッセージ本文に移動します。

  8. メールの残りの部分を完了し、Ctrl キーを押しながら Enter キーを押してメールを送信します。

    コンポーネントが送信され、すべての受信者がコンテンツをインラインで編集できるようになりました。

注: 受信者がまだ Outlook に Loop コンポーネント機能を持っていない場合は、送信された電子メールのリンクを使用して、 Loop コンポーネントにアクセスして編集できます。

Loop コンポーネントを他のチーム メンバーと共同編集する

メールを受け取ったすべてのユーザーが、すぐにアクセスして共同作業を開始できるようになりました。 すべての受信者は、 Loop コンポーネントをインラインで編集し、変更をすぐに確認できます。

  1. Loop コンポーネントを含むメッセージを開き、フォーカスが Loop コンポーネントに移動するまで Tab キーを押します。 Enter キーを押します。

  2. Tab キーを押して、フォーカスが Loop コンポーネント コンテンツ領域( Loop コンポーネント リンクの下)に移動し、Enter キーを押します。

  3. 方向キーを使用して、コンテンツを追加または編集する場所に移動し、編集を開始します。

    ヒント: 候補の一覧から項目を選択するには、スラッシュ文字 (/) を入力し、下方向キーと上方向キーを使用して、日付ピッカー、画像、このコンポーネント内の新しいコンポーネントなどを選択します。

  4. テキストを直接編集する代わりにコメントを追加する場合は、スラッシュ 2 文字とスペース () を入力します。 次に、コメントを入力します。 これにより、コメントがユーザーに帰属します。

別のメールまたはチャットでコンポーネント Microsoft Teams 共有する

Loop コンポーネントは簡単に共有でき、常に最新の変更を反映できます。 あるメールから別のメール、または Microsoft Teams チャットにコンポーネントを共有し、より多くのユーザーを招待して共同作業を行うことができます。 編集が行われる場所に関係なく、コンポーネントには常に最新の変更が表示されます。

  1. 共有する Loop コンポーネントを含むメッセージを開きます。

  2. フォーカスが Loop コンポーネントに移動するまで Tab キーを押します。 Enter キーを押します。

  3. [リンクのコピー] ボタンにフォーカスが移動するまで Tab キーまたは Shift キーを押しながら Tab キーを押し、Enter キーを押します。

  4. Loop コンポーネントを共有する Microsoft Teams チャットのメールまたは新規作成ボックスのメッセージ本文に移動します。 [ Microsoft Teams] で、作成ボックスが空であることを確認します。 Ctrl キーを押しながら V キーを押して、 Loop コンポーネントへのリンクをメッセージに追加します。

  5. Ctrl キーを押しながら Enter キーを押して、 Loop コンポーネントを新しいチャットまたはメールの受信者と共有します。 すべての受信者が、 Loop コンポーネントを編集できるようになりました。

Office.com でファイルを確認して編集する

Loop コンポーネントは、作成時に OneDrive に自動的に保存されます。 メールから Office.com の Loop コンポーネント ファイルに移動し、そこでファイルを確認および編集できます。

  1. Loop コンポーネントを含むメッセージを開きます。

  2. フォーカスが Loop コンポーネントに移動するまで Tab キーを押し、Enter キーを押します。

  3. Tab キーまたは Shift キーを押しながら Tab キーを押し、フォーカスが Loop コンポーネント リンクに移動し、Enter キーを押します。

    Loop コンポーネント ファイルが Office.com で開き、コンテンツを確認および編集できます。

ヒント: ファイルは、 OneDriveの Attachments フォルダーから直接開くこともできます。

関連項目

Outlook のキーボード ショートカット

ループ コンポーネントについて最初に知っておくべきこと

キーボードで Outlook on the web を使用して、 Loopコンポーネントを作成して送信します。 他のチーム メンバーとコンポーネントを共同編集する方法、別のメールで共有する方法、チャットを Microsoft Teamsする方法、Office.com でファイルを確認して編集する方法について説明します。

Loopコンポーネントは、メールを受信するすべてのユーザーがインラインで編集し、変更をすぐに確認できる段落、テーブル、チェックリスト、またはその他のコンポーネントです。 メッセージ内でチーム メンバーと共同作業でき、長いメール スレッドの必要性を最小限に抑えることができます。 たとえば、提案を共同編集する段落、アイデアをブレーンストーミングするための箇条書き、責任を割り当てるタスク リストを送信します。

注: 

  • 新しい Microsoft 365 の機能は Microsoft 365 サブスクリプションをご利用の方に段階的にリリースされるため、ご使用のアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。 より早く新機能を入手するための方法については、Office Insider プログラムにご参加ください

  • 現時点では、 Loopコンポーネントを使用して組織外のユーザーと共同作業することはできません。

このトピックの内容は以下のとおりです。

電子メールで Loopコンポーネントを作成して送信する

  1. メッセージ本文で、Ctrl キーを押しながら F6 キーを 1 回押してリボン タブに移動します。

  2. N キーを押して [ 挿入 ] タブを開きます。

  3. L キーを押してから P キーを押して 、Loop コンポーネント メニューを開きます。

  4. 追加する Loopコンポーネント項目が見つかるまで下方向キーを押し、Enter キーを押します。

  5. Loopコンポーネントが開き、フォーカスがコンポーネント内にあります。 方向キーを使用して、コンポーネント内の要素間を移動し、コンポーネントにコンテンツを入力します。

    ヒント: コンポーネント内のユーザーを@Mentionして、投稿する場所を示します。 入力すると、候補の一覧が表示されます。 下方向キーと上方向キーを使用して候補を参照し、Enter キーを押して選択します。

  6. 見出しのスタイルを追加する場合など、テキストの書式設定オプションにアクセスするには、Shift キーを押しながら F10 キーまたは Windows メニュー キーを押し、方向キーを使用してオプションを参照し、Enter キーを押して選択します。

  7. Loopコンポーネントのコンテンツの準備ができたら、Esc キーを 2 回押して、Loopコンポーネントからフォーカスを移動してから、メッセージ本文に移動します。

  8. メールの残りの部分を完了し、Ctrl キーを押しながら Enter キーを押してメールを送信します。

    コンポーネントが送信され、すべての受信者がコンテンツをインラインで編集できるようになりました。

注: 受信者がまだ Outlook に Loopコンポーネント機能を持っていない場合は、送信された電子メールのリンクを使用して、 Loopコンポーネントにアクセスして編集できます。

Loopコンポーネントを他のチーム メンバーと共同編集する

メールを受け取ったすべてのユーザーが、すぐにアクセスして共同作業を開始できるようになりました。 すべての受信者は、 Loopコンポーネントをインラインで編集し、変更をすぐに確認できます。

  1. Loopコンポーネントを含むメッセージを開き、 Loopコンポーネント コンテンツ領域 ( Loopコンポーネント リンクの下) に移動するまで Tab キーを押します。 Enter キーを押します。

  2. 方向キーを使用して、コンテンツを追加または編集する場所に移動し、編集を開始します。

    ヒント: 候補の一覧から項目を選択するには、スラッシュ文字 (/) を入力し、下方向キーと上方向キーを使用して、日付ピッカー、画像、このコンポーネント内の新しいコンポーネントなどを選択します。

  3. テキストを直接編集する代わりにコメントを追加する場合は、スラッシュ 2 文字とスペース () を入力します。 次に、コメントを入力します。 これにより、コメントがユーザーに帰属します。

別のメールまたはチャットでコンポーネント Microsoft Teams共有する

Loopコンポーネントは簡単に共有でき、常に最新の変更を反映できます。 あるメールから別のメール、または Microsoft Teamsチャットにコンポーネントを共有し、より多くのユーザーを招待して共同作業を行うことができます。 編集が行われる場所に関係なく、コンポーネントには常に最新の変更が表示されます。

  1. 共有する Loopコンポーネントを含むメッセージに移動し、コンポーネントの Loopリンクに到達するまで Tab キーを押します。

  2. [コンポーネントのコピー] ボタンに到達するまで右方向キーを押し、Enter キーを押します。

  3. Loopコンポーネントを共有する Microsoft Teamsチャットのメールまたは新規作成ボックスのメッセージ本文に移動します。 [ Microsoft Teams] で、作成ボックスが空であることを確認します。 Ctrl キーを押しながら V キーを押して、 Loopコンポーネントへのリンクをメッセージに追加します。

  4. Ctrl キーを押しながら Enter キーを押して、 Loopコンポーネントを新しいチャットまたはメールの受信者と共有します。 すべての受信者が、 Loopコンポーネントを編集できるようになりました。

Office.com でファイルを確認して編集する

Loopコンポーネントは、作成時に OneDriveに自動的に保存されます。 メールから Office.com の Loopコンポーネント ファイルに移動し、そこでファイルを確認および編集できます。

  1. Office.com で開く Loopコンポーネントを含むメッセージに移動します。

  2. [コンポーネントの Loop] リンクが表示されるまで Tab キーを押し、Enter キーを押します。

    Loopコンポーネント ファイルが Office.com で開き、コンテンツを確認および編集できます。

ヒント:  OneDrive Attachments フォルダーから直接ファイルを開くこともできます。

関連項目

Outlook のキーボード ショートカット

ループ コンポーネントについて最初に知っておくべきこと

障碍のあるお客様へのテクニカル サポート

Microsoft は、すべてのお客様に最適な操作性を提供することを目指しています。 障碍のある方、およびアクセシビリティに関してご質問がある方が技術サポートをご希望の場合は、Microsoft Disability Answer Desk までご連絡ください。 Disability Answer Desk サポート チームは、一般的なユーザー補助技術を駆使するトレーニングを受けており、英語、スペイン語、フランス語、および米語の手話でサポートを提供することができます。 お住まいの地域での連絡先の詳細については、Microsoft Disability Answer Desk サイトを参照してください。

政府機関、商用、または法人ユーザーの場合は、法人向け Disability Answer Desk までお問い合わせください。

ヘルプを表示

その他のオプションが必要ですか?

サブスクリプションの特典の参照、トレーニング コースの閲覧、デバイスのセキュリティ保護方法などについて説明します。

コミュニティは、質問をしたり質問の答えを得たり、フィードバックを提供したり、豊富な知識を持つ専門家の意見を聞いたりするのに役立ちます。

一般的な問題の解決策を見つけるか、サポート エージェントからサポートを受けます。

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?
[送信] を押すと、Microsoft の製品とサービスの改善にフィードバックが使用されます。 IT 管理者はこのデータを収集できます。 プライバシーに関する声明。

フィードバックをいただき、ありがとうございます。

×