Outlook で大きいファイルを送信する

サイズの上限を超えるファイルを添付すると、エラー メッセージが表示されます。 このサイズ制限を回避するには、ファイル共有サービスの使用やファイルの圧縮など、いくつかの方法があります。

Outlook では、送信できるファイルのサイズに制限があります。 この制限により、ほとんどのインターネット サービス プロバイダーの制限を超える非常に大きい添付ファイルのアップロードをコンピューターが試し続けることがなくなります。 Outlook.com や Gmail などのインターネット メール アカウントの場合、結合されたファイル サイズの上限は 20 メガバイト (MB) です。 Outlook.com や Gmail などのファイル サイズの上限は 20 MB で、 Exchange アカウント (ビジネス メール) の場合、既定のファイル サイズの組み合わせは 10 MB です。

クラウド サービスにファイルを保存してリンクを共有する

大きなファイルをアップロードして共有できるクラウド ストレージ サービスは多数用意されています。 一般的なクラウド ストレージ サービスには、 OneDrive、 Dropbox、iCloud、Google Drive が含まれます。 クラウドにファイルを格納した後は、ドキュメントへのリンクをメール メッセージに含めることができます。

  1. OneDrive や Dropbox などのクラウド サービスにファイルをアップロードします。

    注: サービスによってファイルにアクセスするためのリンクが生成されます。 受信者はリンクを開いてファイルをダウンロードできます。

  2. ファイルをアップロードした後、リンクをコピーし、メール メッセージに貼り付けます。

    ヒント: OneDrive でのファイルのアップロードとダウンロード リンクの作成の詳細については、「写真やファイルをアップロードする」および「ファイルとフォルダーを共有し、アクセス許可を変更する」を参照してください。

ファイルを圧縮する

ファイルを圧縮 (zip 圧縮) すると、ファイルのサイズが減り、Outlook での添付ファイル サイズ制限に収まるほど小さくなる可能性があります。 異なる Windows オペレーティング システムでファイルを圧縮して抽出する方法については、以下の記事を参照してください。

画像のサイズを縮小する

大きな画像ファイルを送信する場合、自動的にサイズを変更してファイル サイズを縮小できます。

  1. 画像をメール メッセージに添付します。

  2. [ファイル]、[情報] の順にクリックします。

  3. [画像添付ファイル] セクションで、[このメッセージを送信するときに大きな画像のサイズを変更する] を選択します。

    このオプションをクリックすると、画像の送信時に Outlook により自動的にそのサイズが変更されます。
  4. メッセージに戻り、[送信] をクリックします。

ファイルを SharePoint サーバー ライブラリに保存する

Outlook をビジネス環境で使用していて、SharePoint を使用している場合は、ファイルを SharePoint ライブラリに保存し、ファイルへのリンクを共有することができます。 方法については、「文書を SharePoint または OneDrive で共有する」を参照してください。

Office 2010 のサポートは 2020 年 10 月 13 日に終了しました

Microsoft 365 にアップグレードすると、あらゆるデバイスでどこでも作業を行うことができ、サポートを引き続き受けることができます。

今すぐアップグレード

Outlook 2010 と Outlook 2007 の場合、添付ファイルが大きすぎるメッセージを送信しようとすると、"添付ファイルのサイズが最大値を越えています" というメッセージが表示されます。

メッセージが Outlook または Exchange Server の添付サイズの制限を超えていない場合でも、受信者のメール プロバイダーによって、サイズの大きな添付ファイルを含むメッセージがブロックされる可能性があります。 Outlook で送信する添付ファイルのサイズを小さくするには、「画像および添付ファイルのサイズを小さくする」をご覧ください。

メール プロバイダーがメッセージの合計サイズに関する制限を設定していることに加え、メールを介してサイズの大きな添付ファイルを送信することは必ずしも最善の方法ではありません。

  • メッセージにより、受信者のメールボックスが記憶域のクォータを超える可能性がある    受信者のメールボックスが記憶域のクォータを超えている場合、受信者は他のメッセージを受信できません。

  • メッセージにより、メールボックスが記憶域のクォータを超える可能性がある    送信する各メッセージは、[送信済みアイテム] フォルダーに保存 されます。 大きな添付ファイルを他のユーザーに送信する場合も、メールボックス のサイズクォータにカウントされます。 記憶域のクォータを超えると、追加のメッセージの受信がブロックされる可能性があります。

  • 添付ファイルのサイズが大き    ファイルがメッセージに添付されている場合は、エンコードする必要があります。 エンコード プロセスにより、添付ファイルはコンピューターの 1.37 倍大きくなります。 たとえば、5 MB の添付ファイルを送信する場合、添付ファイルは 6.85 MB のデータとして送信されます。

ページの先頭へ

添付ファイルを送信せずに、サイズの大きなファイルを共有して他のユーザーと共同作業を行う方法がいくつかあります。

  • Microsoft SharePoint Server ライブラリ    SharePoint Server ライブラリにアクセスできる場合は、ライブラリにファイルを保存できます。 詳しくは、「ファイルを SharePoint ライブラリに保存する」をご覧ください。 SharePoint ライブラリには Outlook から直接アクセスできます。

組織で SharePoint Server を使っていて、自分の個人用サイトがある場合、個人用サイトの共有ドキュメント ライブラリにファイルをアップロードして、そのファイルへのリンクをメッセージに含めることができます。

ファイルをアップロードしてある SharePoint ドキュメント ライブラリを開くときに、ドキュメントへのリンクを右クリックし、[ショートカットのコピー] をクリックして、そのショートカットをメッセージに貼り付けます (Ctrl+V キー)。

  • OneDrive   OneDrive は無料の Microsoft サービスで、パスワードで保護されたオンラインのファイル ストレージを使って、ほとんどすべての場所からファイルを保存したり、ファイルにアクセスしたり、友人や同僚とオンラインでファイルを共有したりできます。 Microsoft Office ドキュメントは、OneDrive に直接保存できます。 詳細については、「OneDrive の概要」を参照してください。

  • 共有ネットワークの場所    受信者もアクセスできるフォルダーにファイルを保存します。 共有の場所へのリンクを含むメッセージを受信者に送信できます。 [挿入] タブの [リンク] グループで、[ハイパーリンク] をクリックします。 共有の場所のパスまたはファイル名にスペースが含まれている場合は、「電子メール メッセージにスペースを含 むリンクを追加する」を参照してください

  • 写真共有サイト    他のユーザーに画像を送信する場合は、送信する前にそれらの画像のサイズ変更を検討してください。 「画像 と添付ファイルのサイズを小さい」を参照してください。 最新のデジタル カメラでは、カメラから転送するときに各画像を 3 MB 以上にできます。 画像のサイズを変更したくない場合は、写真をアップロードし、メッセージ内の画像へのリンクを送信できる多くの写真共有 Web サイトがあります。

  • ビデオ共有サイト    短いビデオ ファイルでも、非常に大きなサイズになる場合があります。 この記事で説明する方法の 1 つ、またはビデオ共有 Web サイトを使用して、ビデオ クリップを共有する方法を検討してください。

セキュリティ メモ: メッセージにファイルを添付するときは、誰が受信者かを心に決めています。 共有の場所やサービスにファイルをアップロードする場合は、だれがそのファイルにアクセスできるかなど、そのサイトのプライバシーとセキュリティの設定について理解するようにしてください。

ページの先頭へ

関連項目

Outlook メール メッセージの画像および添付ファイルのサイズを小さくする

ヘルプを表示

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

×