Google スライドから Windows 用 PowerPoint に切り替える

作成する、開く

PowerPoint プレゼンテーションを作成して開く

共同作業を始めるこれらの簡単な手順に従って、自分またはチームでプレゼンテーションを作成、共有、編集する方法について説明します。

Google のスライドを PowerPoint に変換するには、[ファイル > > Microsoft PowerPoint (.pptx) をダウンロードします。 次に、PowerPoint でファイルを開きます。 詳細については、「シートの使用を開始する」を参照してください。

注: 本ガイドで説明する機能と情報は、 Microsoft 365で利用できる PowerPoint に該当します。

新しいプレゼンテーションを作成する

  1. PowerPoint を開きます。

  2. [空のプレゼンテーション] を選択するか、いずれかのテーマを選択します。

  3. [その他のテーマ] を選択してギャラリーを表示し、さらに検索します。

新しい PowerPoint を作成する

スライドを追加する

  1. 新しいスライドの次に表示するスライドを選択します。

  2. [ホーム]、[新しいスライド] の順に選択します。

  3. ドロップダウンから必要な入力を行う [レイアウト] を選択します。

PowerPoint スライド レイアウト

保存

クラウドにファイルを保存すると、他のユーザーと共有や共同作業を行うことができます。

  1. [ファイル]、[名前を付けて保存] の順に選択します。

  2. OneDriveフォルダーを選択し、ファイルに名前を指定します。

OneDrive に一度保存すると、自動保存機能が有効になり、数秒ごとにファイルが自動的に保存されます。

選択肢が表示された名前を付けて保存

プレゼンテーションの名前を変更する

  1. タイトル バーでファイル名を選択します。

  2. 表示されるメニューで、ファイル名を変更したり、ファイルの移動先の新しい場所を選択したり、ファイルのバージョン履歴を表示したりすることができます。

Word for Office 365 の文書のタイトルのドロップ ダウン メニュー

オフライン

オンラインの場合、自動保存機能は常にオンの状態になっているので、作業のたびに変更内容が保存されます。 インターネット接続が突然切断された場合や、自分で接続を終了した場合でも、インターネットにもう一度接続するとすぐに、保留中の変更が同期されます。

Office の自動保存のトグル

検索

Windows 版 Microsoft Office アプリの上部には、検索ボックスが表示されます。 この強力なツールは、PowerPoint のコマンドを検索したり、ヘルプを表示したり、Web を検索したりするのに役立ちます。

画像が検索される PowerPoint での検索ボックスの動作

注:  このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 情報が役に立ったかどうか、ご意見をお寄せください。 参考までに、こちらから英語の記事をお読みいただけます。

ヘルプを表示

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×