Word のキーボード ショートカット

多くのユーザーは、 Word のキーボード ショートカットで外部キーボードを使用すると、より効率的に作業できることがわかります。 運動機能障碍または視覚障碍を伴うユーザーの場合、キーボード ショートカットはタッチスクリーンを使用するよりも簡単であり、マウスの代替手段として不可欠なものとなっています。

注: 

  • このトピックで示すショートカット キーは、米国のキーボードのレイアウトをベースにしています。 その他のレイアウトでのキーは、米国のキーボードのキーと正確に対応しない可能性があります。

  • ショートカットのプラス記号 (+) は、複数のキーを同時に押す必要があることを意味しています。

  • ショートカットのコンマ記号 (,) は、複数のキーを順番に押す必要があることを意味しています。

この記事では、 Windowsの Word のキーボード ショートカットとファンクション キーについて説明します。

注: 

  • この記事でショートカットをすばやく見つけるには、Search を使用します。 Ctrl キー + F を押してから、検索語句を入力します。

  • 頻繁に利用するアクションにショートカット キーがない場合、マクロを記録してショートカット キーを作成できます。

  • Microsoft#x1 Starter を使用している場合は、 Word に一覧表示されているすべての機能が WordStarter でサポートされているわけではないことに注意してください。 WordStarter で使用できる機能の詳細については、 Word Starter 機能のサポートに関するページを参照してください。

  • このリンクの Wordドキュメントでこれらのキーボード ショートカットを取得します。Windows キーボード ショートカットのWord 2016

この記事の内容

よく使われるショートカット キー

次の表は、Microsoft#x1で最もよく使用されるショートカットを示しています。

目的

キー

文書を開く。

Ctrl + O

文書を新規作成する。

Ctrl + N

文書を保存します。

Ctrl キー + S

文書を閉じます。

Ctrl + W

選択したコンテンツをクリップボードに切り取ります。

Ctrl + X

選択したコンテンツをクリップボードにコピーします。

Ctrl + C

クリップボードの内容を貼り付ける。

Ctrl + V

すべてのドキュメント コンテンツを選択します。

Ctrl + A

テキストに太字の書式を適用します。

Ctrl + B

テキストに斜体の書式設定を適用します。

Ctrl + I

テキストに下線の書式設定を適用します。

Ctrl + U

フォント サイズを 1 ポイント小さくする。

Ctrl + 左角かっこ ([)

フォント サイズを 1 ポイント大きくする。

Ctrl + 右角かっこ (])

テキストの中央揃え。

Ctrl キー + E

テキストを左に揃えます。

Ctrl + L

テキストを右側に揃えます。

Ctrl キー + R

コマンドを取り消します。

Esc キー

前の操作を元に戻します。

Ctrl + Z

可能であれば、前のアクションをやり直します。

Ctrl + Y

ズーム倍率を調整します。

Alt + W、Q、ズーム ダイアログ ボックス の Tab キーを使用して、目的の値に移動します。

文書ウィンドウを分割する。

Ctrl + Alt + S

文書ウィンドウの分割を解除する。

Alt + Shift + C または Ctrl + Alt + S

ページの先頭へ

作業ウィンドウを閉じる

キーボードを使用して作業ウィンドウを閉じるには:

  1. 作業ウィンドウが選択されるまで F6 キーを押します。

  2. Ctrl キーを押しながら Space キーを押します。

  3. 方向キーを使用して [閉じる] を選択し、Enter キーを押します。

リボンのキーボード ショートカット

タブのリボン グループ関連のオプション。 たとえば、[ ホーム ] タブの [ フォント ] グループに [ フォントの色 ] オプションが含まれています。 Alt キーを押すと、下の図で示すようなキー ヒントと呼ばれるリボンのショートカットが、タブやオプションの横に小さな画像の中の文字として表示されます。

Word 365 のリボンの主なヒント

注: アドインやその他のプログラムは、リボンに新しいタブを追加でき、それらのタブのアクセス キーを提供する場合があります。

キー ヒントの文字と Alt キーを組み合わせて、リボンのオプションのアクセス キーと呼ばれるショートカットを作成することができます。 たとえば、Alt キーを押しながら H キーを押して [ホーム ] タブを開き、Alt + Q キーを押して [通知 ] または [検索 ] フィールドに移動します。 もう一度 Alt キーを押すと、選択したタブのオプションのキー ヒントが表示されます。

使用している Office のバージョンによっては、アプリ ウィンドウの上部にある [検索] テキスト フィールドが代わりに [操作アシスト] と呼ばれる場合があります。 どちらもほぼ同じような体験ができますが、オプションや検索結果は異なる場合があります。

Office 2013 や Office 2010 では、従来の Alt キーのメニュー ショートカットのほとんども引き続き使用できます。 ただし、完全なショートカットを知っておく必要があります。 たとえば、Alt キーを押して、従来のメニュー キーの E (編集)、W (表示)、I (挿入) などのいずれかを押します。 従来のバージョンの Microsoft Office のアクセス キーを使用しているという通知がポップアップ表示されます。 キー シーケンス全体がわかる場合には、そのまま入力して使用します。 シーケンスがわからない場合には、Esc キーを押して、代わりにキー ヒントを使用します。

リボン タブのアクセス キーを使用する

リボンのタブに直接アクセスするには、次のアクセス キーのいずれかを押します。 ドキュメント内の選択内容によっては、追加のタブが表示される場合があります。

目的

キー

リボンの [通知 ] フィールドまたは [検索 ] フィールドに移動して、サポートまたはヘルプ コンテンツを検索します。

Alt キー + Q を押して、検索語句を入力します。

[ ファイル ] ページを開き、Backstage ビューを使用します。

Alt キー + F

[ ホーム ] タブを開き、一般的な書式設定コマンド、段落スタイル、検索ツールを使用します。

Alt キー + H

[ 挿入 ] タブを開いて、テーブル、図、図形、ヘッダー、またはテキスト ボックスを挿入します。

Alt キー + N

[デザイン] タブを開いて、テーマ、色、効果 (ページ罫線など) を使用します。

Alt + G

[レイアウト] タブを開き、ページ余白、ページの向き、インデント、間隔を操作します。

Alt キー + P

[ 参照 ] タブを開き、目次、脚注、または引用文献の表を追加します。

Alt + S

差し 込み印刷 タスクを管理したり、封筒やラベルを操作したりするには、[差し込み印刷] タブを開きます。

Alt キー + M

[校閲] タブを開いてスペル チェックを使用し、校正言語を設定し、文書の変更を追跡および確認します。

Alt キー + R

[表示] タブを開き、ドキュメント ビューまたはモード (読み取りモードやアウトライン ビューなど) を選択します。 ズーム倍率を設定し、複数のドキュメント ウィンドウを管理することもできます。

Alt キー + W

ページの先頭へ

キーボードでリボンを操作する

操作内容

キー

リボンのアクティブなタブを選択し、アクセス キーをアクティブにします。

Alt キーまたは F10 キー。 別のタブに移動するには、アクセス キーまたは方向キーを使用します。

リボン上のコマンドにフォーカスを移します。

Tab キーまたは Shift キー + Tab キー

リボン上のコマンド グループ間を移動します。

Ctrl + 左または右方向キー

リボン上のアイテム間を移動します。

方向キー

現在フォーカスされているリボン要素のツールヒントを表示します。

Ctrl キー + Shift キー + F10 キー

選択したボタンをアクティブにします。

Space または Enter キー

選択したコマンドの一覧を開きます。

下方向キー

選択したボタンのメニューを開きます。

Alt + 下方向キー

メニューまたはサブメニューが開いているときに、次のコマンドに移動する。

下方向キー

リボンを展開する、または折りたたむ。

Ctrl + F1

コンテキスト メニューを開きます。

Shift + F10

または、 Windowsキーボードの Windows メニュー キー (右 Alt キーと右 Ctrl キーの間)

メイン メニューが開いているか、選択されているときに、サブメニューに移動します。

左方向キー

ページの先頭へ

ドキュメントを移動する

目的

キー

カーソルを 1 単語左に移動します。

Ctrl + ←

カーソルを 1 単語右に移動します。

Ctrl + →

カーソルを 1 段落上に移動します。

Ctrl + ↑

カーソルを 1 段落下に移動します。

Ctrl + ↓

カーソルを現在の行の末尾に移動します。

End

カーソルを現在の行の先頭に移動します。

ホーム

カーソルを画面の上部に移動します。

Ctrl + Alt + PageUp

画面の下部にカーソルを移動します。

Ctrl + Alt + PageDown

文書ビューを 1 画面上にスクロールしてカーソルを移動します。

PageUp

ドキュメント ビューを 1 画面下にスクロールしてカーソルを移動します。

PageDown

次のページの上部にカーソルを移動します。

Ctrl + Page down

前のページの上部にカーソルを移動します。

Ctrl + Page up

文書の末尾にカーソルを移動します。

Ctrl + End

文書の先頭にカーソルを移動します。

Ctrl + Home

前のリビジョンの場所にカーソルを移動します。

Shift キー + F5 キー

ドキュメントが最後に閉じられる前に行われた最後のリビジョンの場所にカーソルを移動します。

Shift キーを押しながら F5 キーを押します。ドキュメントを開いた直後です。

テキスト ボックス、画像などのフローティング シェイプを切り替えます。

Ctrl + Alt + 5 の後、Tab キーを繰り返し押す

フローティング シェイプのナビゲーションを終了し、標準のナビゲーションに戻ります。

Esc キー

ナビゲーション作業ウィンドウを表示して、ドキュメントコンテンツ内で検索します。

Ctrl + F

[移動] ダイアログ ボックスを表示して、特定のページ、ブックマーク、脚注、テーブル、コメント、グラフィック、またはその他の場所に移動します。

Ctrl + G

ドキュメントに対して行われた 4 つの変更の場所を循環します。

Ctrl + Alt + Z

ページの先頭へ

Word 2007 と 2010 の参照オプションを使用してドキュメントを移動する

Word 2007 と 2010 では、フィールド、脚注、見出し、グラフィックスなど、さまざまな種類のオブジェクトでドキュメントを参照できます。

目的

キー

参照オプションの一覧を開き、参照するオブジェクトの種類を定義します。

Ctrl + Alt + Home

定義された型の前のオブジェクトに移動します。

Ctrl + Page up

定義された型の次のオブジェクトに移動します。

Ctrl + Page down

ページの先頭へ

ドキュメントのプレビューと印刷

目的

キー

ドキュメントを印刷します。

Ctrl + P

印刷プレビューに切り替える。

Ctrl + Alt + I

拡大表示されているときに、プレビュー ページ内を移動する。

方向キー

縮小表示されているときに、プレビュー ページを 1 ページずつ移動する。

ページアップまたはページダウン

縮小表示されているときに、先頭のプレビュー ページに移動する。

Ctrl + Home

縮小表示されているときに、最後のプレビュー ページに移動する。

Ctrl + End

ページの先頭へ

テキストやグラフィックを選択する

目的

キー

テキストを選択します。

Shift + 方向キー

左側の単語を選択します。

Ctrl + Shift + 左方向キー

右側の単語を選択します。

Ctrl + Shift + 右方向キー

現在の位置から現在の行の先頭までを選択します。

Shift + Home

現在の位置から現在の行の末尾までを選択します。

Shift + End

現在の位置から現在の段落の先頭までを選択します。

Ctrl + Shift + ↑ キー

現在の位置から現在の段落の末尾までを選択します。

Ctrl + Shift + ↓ キー

現在の位置から画面の上部までを選択します。

Shift + Page up

現在の位置から画面の下部までを選択します。

Shift + Page down

現在の位置から文書の先頭までを選択します。

Ctrl キー + Shift キー + Home キー

現在の位置から文書の末尾までを選択します。

Ctrl キー + Shift キー + End キー

現在の位置からウィンドウの下部までを選択します。

Ctrl + Alt + Shift + Page down

すべてのドキュメント コンテンツを選択します。

Ctrl + A

ページの先頭へ

選択範囲を拡張する

目的

キー

選択範囲の拡張を開始します。

F8

拡張選択モードでは、ドキュメント内の場所をクリックすると、現在の選択範囲がその場所に拡張されます。

最も近い文字を左または右に選択します。

F8、左、または右方向キー

選択範囲を展開します。

F8 は繰り返し、単語、文、段落、セクション、および文書全体に選択範囲を展開します。

選択範囲を減らします。

Shift キー + F8 キー

縦のテキストのブロックを選択する。

Ctrl + Shift + F8 キーを押し、方向キーを押します

選択範囲の拡張を停止します。

Esc キー

ページの先頭へ

テキストやグラフィックスを編集する

操作内容

キー

左に 1 単語削除する。

Ctrl + BackSpace

右に 1 単語削除する。

Ctrl + Delete

クリップボード作業ウィンドウを開き、Office クリップボードを有効にします。これにより、 Microsoft Office アプリ間でコンテンツをコピーして貼り付けることができます。

Alt + H、F、O

選択したコンテンツをクリップボードに切り取ります。

Ctrl + X

選択したコンテンツをクリップボードにコピーします。

Ctrl + C

クリップボードの内容を貼り付ける。

Ctrl + V

選択したコンテンツを特定の場所に移動します。

F2 キーを押し、カーソルを移動先に移動し、Enter キーを押します。

選択したコンテンツを特定の場所にコピーします。

Shift キーを押しながら F2 キーを押し、カーソルを移動先に移動し、Enter キーを押します。

選択したコンテンツを含む定型句ブロックを定義します。

Alt + F3

定型句を挿入します。

定型句ブロックの最初の数文字を入力し、ヒントが表示されたら Enter キーを押します。

選択したコンテンツを Spike に切り取る。

Ctrl + F3

Spike の内容を貼り付けます。

Ctrl + Shift + F3

選択した書式をコピーします。

Ctrl + Shift + C

選択した書式を貼り付けます。

Ctrl + Shift + V

文書の前のセクションで使用したヘッダーまたはフッターをコピーする。

Alt + Shift + R

[ 置換 ] ダイアログ ボックスを表示して、テキスト、特定の書式設定、または特殊な項目を検索して置き換えます。

Ctrl + H

[オブジェクト] ダイアログ ボックスを表示して、ドキュメントにファイル オブジェクトを挿入します。

Alt + N、J、J

SmartArt グラフィックを挿入します。

Alt + N、M

ワードアート グラフィックを挿入します。

Alt + N、W

ページの先頭へ

段落を配置および書式設定する

操作内容

キー

段落の中央揃え。

Ctrl キー + E

段落を正当化します。

Ctrl + J

段落を左に揃えます。

Ctrl + L

段落を右に揃えます。

Ctrl キー + R

段落をインデントします。

Ctrl キー + M

段落のインデントを削除します。

Ctrl + Shift + M

ぶら下げインデントを設定する。

Ctrl + T

ぶら下げインデントを削除します。

Ctrl + Shift + T

段落書式を解除する。

Ctrl + Q

段落に 1 つの間隔を適用します。

Ctrl キー + 1

段落に二重間隔を適用します。

Ctrl + 2

段落に 1.5 行の間隔を適用します。

Ctrl + 5

段落の前にスペースを追加または削除します。

Ctrl + 0 (ゼロ)

AutoFormat を有効にします。

Ctrl + Alt + K

標準スタイルを適用します。

Ctrl + Shift + N

見出し 1 スタイルを適用します。

Ctrl + Alt + 1

見出し 2 スタイルを適用します。

Ctrl + Alt + 2

見出し 3 スタイルを適用します。

Ctrl + Alt + 3

[スタイルの適用] 作業ウィンドウを表示します。

Ctrl + Shift + S

[スタイル] 作業ウィンドウを表示します。

Ctrl + Alt + Shift + S

ページの先頭へ

文字列の書式設定

操作内容

キー

[フォント] ダイアログ ボックスを表示する。

Ctrl + D または Ctrl + Shift + F

フォントのサイズを大きくする。

Ctrl キー + Shift キー + 右角かっこ (>)

フォントのサイズを小さくする。

Ctrl キー + Shift キー + 左角かっこ (<)

フォント サイズを 1 ポイント大きくする。

Ctrl + 右角かっこ (])

フォント サイズを 1 ポイント小さくする。

Ctrl + 左角かっこ ([)

大文字、小文字、タイトルの大文字と小文字を切り替えます。

Shift + F3

テキストをすべての大文字に変更します。

Ctrl キー + Shift キー + A

選択したテキストを非表示にします。

Ctrl + Shift + H

太字の設定を適用する。

Ctrl + B

箇条書きを追加します。

Ctrl キー + Shift キー + L

下線の書式を適用する。

Ctrl + U

スペースではなく、単語に下線の書式設定を適用します。

Ctrl + Shift + W

二重下線の書式設定を適用します。

Ctrl + Shift + D

斜体の書式を適用する。

Ctrl + I

小さな大文字の書式設定を適用します。

Ctrl + Shift + K

下付き書式を適用します。

Ctrl + 等号 ( = )

上付き書式を適用します。

Ctrl キー + Shift キー + 正符号 (+) キー

手動で設定された文字書式を解除する。

Ctrl + Space

選択したテキストを [シンボル] フォントに変更します。

Ctrl + Shift + Q

ページの先頭へ

テキストの書式設定を管理する

目的

キー

すべての非印刷文字を表示します。

Ctrl + Shift + 8 (テンキーを使用しない)

[書式の表示] 作業ウィンドウを表示します。

Shift + F1

ページの先頭へ

特殊文字の挿入

操作内容

キー

改行を挿入します。

Shift + Enter

改ページを挿入します。

Ctrl キー + Enter キー

列区切りを挿入します。

Ctrl + Shift + Enter

em ダッシュを挿入します (—)。

Ctrl + Alt + マイナス記号 (テンキーで)

en ダッシュ (–) を挿入します。

Ctrl + マイナス記号 (テンキー上)

オプションのハイフンを挿入します。

Ctrl + ハイフン (-)

区切りのないハイフンを挿入します。

Ctrl + Shift + ハイフン (-)

中断しない領域を挿入します。

Ctrl + Shift + Space

著作権記号 (©) を挿入します。

Ctrl + Alt + C

登録済みの商標記号 (®) を挿入します。

Ctrl + Alt + R

商標記号 (™) を挿入します。

Ctrl + Alt + T

省略記号 (...) を挿入します。

Ctrl + Alt + ピリオド (.)

指定した Unicode (16 進) 文字コードに対応する Unicode 文字を挿入する。 たとえば、ユーロの通貨記号 (ユーロの通貨記号) を挿入するには、「20AC」を入力し、Alt キーを押しながら X キーを押す。

ヒント: 選択した文字の Unicode 文字コードを調べるには、Alt キーを押しながら X キーを押します。

文字コードを入力し、Alt キーを押しながら X キーを押します。

指定した ANSI (10 進) 文字コードに対応する ANSI 文字を挿入する。 たとえば、ユーロ通貨記号を挿入するには、Alt キーを押しながらテンキーで「0128」と入力する。

Alt + 文字コード (テンキー)

ページの先頭へ

Web コンテンツを操作する

目的

キー

ハイパーリンクを挿入する。

Ctrl + K

1 ページ戻る。

Alt キー + ←キー

1 ページ進む。

Alt キー + →キー

ページを更新します。

F9

ページの先頭へ

表を操作する

表内で移動する

操作内容

キー

行の次のセルに移動し、その内容を選択します。

Tab キー

行の前のセルに移動し、その内容を選択します。

Shift キー + Tab キー

行の最初のセルに移動します。

Alt + Home

行の最後のセルに移動します。

Alt + End

列の最初のセルに移動します。

Alt + Page up

列の最後のセルに移動します。

Alt + Page down

前の行に移動します。

上方向キー

次の行に移動する。

下方向キー

1 行上に移動します。

Alt + Shift + ↑ キー

1 行下に移動します。

Alt + Shift + ↓

ページの先頭へ

テーブルの内容を選択する

目的

キー

次のセルでコンテンツを選択します。

Tab キー

前のセルの内容を選択します。

Shift + Tab

選択範囲を拡張して隣接するセルも選択する。

Shift + 方向キー

列を選択する。

列の上または下のセルを選択し、Shift キーを押しながら上方向キーまたは下方向キーを押します。

行を選択します。

行の最初または最後のセルを選択し、Shift + Alt + End または Home キーを押します。

テーブル全体を選択します。

数値キーパッドの Alt + 5(Num Lock がオフになっている状態)

ページの先頭へ

表に段落とタブ文字を挿入する

操作内容

キー

セルに新しい段落を挿入します。

Enter

セルにタブ文字を挿入します。

Ctrl + Tab

ページの先頭へ

文書を校閲する

操作内容

キー

コメントを挿入する。

Ctrl+Alt+M

変更履歴のオンとオフを切り替える。

Ctrl + Shift + E

[校閲] ウィンドウを閉じます。

Alt + Shift + C

ページの先頭へ

参照、引用文献、インデックス作成を操作する

目次、脚注、引用文献など、ドキュメントへの参照を追加するには、次のショートカットを使用します。

目的

キー

目次エントリを登録する。

Alt + Shift + O

引用文献一覧のエントリを登録する。

Alt + Shift + I

引用オプションを選択します。

Alt + Shift + F12、Space キー

索引エントリを登録する。

Alt + Shift + X

脚注を挿入する。

Ctrl + Alt + F

文末脚注を挿入する。

Ctrl + Alt + D

次の脚注に移動します。

Alt + Shift + 右山かっこ (>)

前の脚注に移動します。

Alt + Shift + Left 山かっこ (<)

ページの先頭へ

差し込み印刷とフィールドの操作

次のキーボード ショートカットを使用するには、[ メーリング] リボン タブを選択する必要があります。 [差し込み文書] タブを選択するには、Alt キーを押しながら M キーを押します。

差し込み印刷を行う

操作内容

キー

差し込み印刷をプレビューします。

Alt + Shift + K

文書を差し込む。

Alt + Shift + N

差し込み文書を印刷する。

Alt + Shift + M

差し込み文書のデータ ファイルを編集します。

Alt + Shift + E

差し込み印刷フィールドを挿入する。

Alt + Shift + F

ページの先頭へ

フィールドを使用する

操作内容

キー

DATE フィールドを挿入する。

Alt + Shift + D

LISTNUM フィールドを挿入する。

Ctrl キー + Alt キー + L

PAGE フィールドを挿入する。

Alt + Shift + P

TIME フィールドを挿入する。

Alt + Shift + T

空のフィールドを挿入する。

Ctrl + F9

Word ソース ドキュメント内のリンクされた情報を更新します。

Ctrl + Shift + F7

選択したフィールドを更新する。

F9

フィールドのリンクを解除する。

Ctrl + Shift + F9

選択したフィールド コードとその実行結果の表示を切り替える。

Shift + F9

すべてのフィールド コードとその実行結果の表示を切り替える。

Alt + F9

フィールドの結果を表示するフィールドから GOTOBUTTON または MACROBUTTON を実行します。

Alt + Shift + F9

次のフィールドに移動する。

F11

前のフィールドに移動する。

Shift + F11

フィールドをロックする。

Ctrl + F11

フィールドのロックを解除する。

Ctrl + Shift + F11

ページの先頭へ

他の言語のテキストを操作する

校正言語を設定する

すべての文書には既定の言語が設定されており、通常は、コンピューターのオペレーティング システムの既定の言語と同じです。 ドキュメントに別の言語の単語または語句も含まれている場合は、それらの単語の校正言語を設定することをお勧めします。 これにより、これらの語句のスペル チェックや文章校正が可能になるだけでなく、スクリーン リーダーなどの支援技術でも適切に処理できます。

目的

キー

[ 言語 ] ダイアログ ボックスを表示して、校正言語を設定します。

Alt + R、U、L

既定の言語を設定します。

Alt + R、L

ページの先頭へ

国際文字を挿入する

Shift キーを含むキーの組み合わせを使用して小文字を入力するには、Ctrl + Shift + 記号キーを同時に押しながら、文字を入力する前にリリースします。

注: 別の言語で広範に入力する場合は、代わりに別のキーボードに切り替える必要があります。

挿入するアイテム

キー

à, è, ì, ò, ù,
À、È、Ì、Ò、Ù

Ctrl + グレーブ アクセント (')、文字

á、é、í、ó、ú、ý
Á、É、Í、Ó、Ú、Ý

Ctrl + 単一引用符 (')、文字

â、ê、î、ô、â
Â、Ê、Î、Ô、Â

Ctrl + Shift + Caret (^)、文字

õ、ñ、õ
Õ、Ñ、Õ

Ctrl + Shift + Tilde (~)、文字

ä、ë、ï、ö、ü、ÿ、
Ä、Ë、Ï、Ö、Ü、Ÿ

Ctrl + Shift + Colon (:)、文字

å、Å

Ctrl + Shift + At 記号 (@)、a または A

æ、Æ

Ctrl + Shift + Ampersand (&)、a または A

œ、Œ

Ctrl + Shift + Ampersand (&)、o または O

ç、Ç

Ctrl + コンマ (,),c または C

ð、Ð

Ctrl + 単一引用符 (')、d または D

ø、Ø

Ctrl + スラッシュ (/)、o または O

¿

Ctrl + Alt + Shift + 疑問符 (?)

¡

Ctrl + Alt + Shift + 感嘆符 (!)

ß

Ctrl + Shift + Ampersand (&)、s

ページの先頭へ

東アジア言語の入力メソッド エディターを使用する

目的

キー

使用可能な場合は、101 キー キーボードの日本語入力メソッド エディター (IME) に切り替えます。

Alt + Tilde (~)

使用可能な場合は、101 キー キーボードの韓国語入力メソッド エディター (IME) に切り替えます。

右 Alt

使用可能な場合は、101 キー キーボードの中国語入力メソッド エディター (IME) に切り替えます。

Ctrl キー + Space キー

ページの先頭へ

ドキュメント ビューを操作する

Word には、ドキュメントのいくつかの異なるビューが用意されています。 それぞれの表示モードでは、特定の作業をより簡単に行うことができます。 たとえば、 読み取りモード を使用すると、文書をページの水平方向のシーケンスとして表示できます。これにより、左方向キーと右方向キーを使用してすばやく参照できます。

ドキュメント ビューを切り替える

目的

キー

読み取りモード ビューに切り替えます。

Word 2007 および 2010 では、これは 全画面表示 ビューと呼ばれます。

Alt + W、F

印刷レイアウト ビューに切り替えます。

Ctrl + Alt + P

アウトライン ビューに切り替えます。

Ctrl + Alt + O

下書きビューに切り替えます。

Ctrl + Alt + N

ページの先頭へ

文書のアウトラインを作成する

これらのショートカットは、ドキュメントが アウトライン ビューにある場合にのみ適用されます。

目的

キー

段落のレベルを上げる。

Alt + Shift + ←

段落のレベルを下げる。

Alt + Shift + →

段落を本文テキストに降格します。

Ctrl + Shift + N

選択した段落を上に移動します。

Alt + Shift + ↑ キー

選択した段落を下に移動します。

Alt + Shift + ↓

見出しの下にテキストを展開します。

Alt + Shift + 正符号 (+)

見出しの下のテキストを折りたたみます。

Alt + Shift + マイナス記号 (-)

すべてのテキストまたは見出しを展開する、または折りたたむ。

Alt + Shift + A

文字の書式設定を非表示または表示します。

スラッシュ (/) (テンキーの場合)

本文テキストの最初の行を表示することと、すべての本文テキストを表示する方法を切り替えます。

Alt + Shift + L

見出し 1 スタイルのすべての 見出し を表示します。

Alt + Shift + 1

指定した見出しレベルを持つすべての見出しを表示します。

Alt + Shift + 見出しレベル番号

タブ文字を挿入する。

Ctrl + Tab

ページの先頭へ

読み取りモードでドキュメント内を移動する

目的

キー

ドキュメントの先頭に移動します。

ホーム

ドキュメントの末尾に移動します。

End

特定のページに移動します。

ページ番号を入力し、Enter キーを押します

読み取りモードを終了します。

Esc キー

ページの先頭へ

ファンクション キーのショートカットを使用する

キー

説明

F1

  • F1 のみ: Word ヘルプ 作業ウィンドウが表示されます。

  • Shift + F1: 状況依存のヘルプまたは [書式設定の表示] 作業ウィンドウを表示または非表示にします。

  • Ctrl + F1: リボンの表示と非表示が切り替わります。

  • Alt + F1: 次のフィールドに移動します。

  • Alt + Shift + F1: 前のフィールドに移動します。

F2

  • F2 単独: 選択したテキストまたはグラフィックを移動します。 矢印キーを使用して、テキストまたはグラフィックを移動する場所にカーソルを置き、Enter キーを押して移動するか、Esc キーを押して取り消します。

  • Shift + F2: 選択したテキストまたはグラフィックをコピーします。 矢印キーを使用して、テキストまたはグラフィックをコピーする場所にカーソルを置き、Enter キーを押してコピーするか、Esc キーを押して取り消します。

  • Ctrl + F2: Backstage ビューの [印刷] タブに 印刷 プレビュー領域を表示します。

  • Alt + Shift + F2: ドキュメントを保存します。

  • Ctrl + Alt + F2: [開く ] ダイアログ ボックスを表示します。

F3

  • Shift + F3: 選択したテキストを大文字、小文字、タイトルの大文字と小文字の間で切り替えます。

  • Ctrl + F3: 選択したコンテンツを Spike に切り取ります。 複数のテキストとグラフィックスを Spike に切り取り、グループとして別の場所に貼り付けることができます。

  • Ctrl + Shift + F3: Spike の内容を貼り付けます。

  • Alt + F3: 新しい文書パーツを作成します。

F4

  • F4 単独: 直前のコマンドまたは操作を繰り返します (可能な場合)。

  • Shift + F4: 最後の 検索 または移動アクション 繰り返します。

  • Ctrl + F4: 現在のドキュメントを閉じます。

  • Alt + F4: Wordを閉じます。

F5

  • F5 単独: [ジャンプ] ダイアログ ボックスが表示されます。

  • Shift + F5: カーソルを最後の変更に移動します。

  • Ctrl + Shift + F5: [ブックマーク ] ダイアログ ボックスが表示されます。

  • Alt + F5: ドキュメント ウィンドウ サイズを復元します。

F6

  • F6 のみ: ドキュメント、作業ウィンドウ、ステータス バー、リボンを切り替えます。 分割されたドキュメントでは、F6 には、ウィンドウと作業ウィンドウの切り替え時に分割ウィンドウが含まれます。

  • Shift + F6: ドキュメント、リボン、ステータス バー、作業ウィンドウを切り替えます。

  • Ctrl + F6: 複数のドキュメントが開いているときに、次のドキュメント ウィンドウに切り替えます。

  • Ctrl + Shift + F6: 複数のドキュメントが開いているときに、前のドキュメント ウィンドウに切り替えます。

  • Alt + F6: 開いているダイアログ ボックスからドキュメントに戻り、この動作をサポートするダイアログ ボックスに移動します。

F7 キーを押すか、

  • F7 単独: 文書または選択したテキストのスペル チェックと文章校正を行うために 、[エディター] 作業ウィンドウを表示します。

  • Shift + F7: 類義語辞典 作業ウィンドウを表示します。

  • Ctrl + Shift + F7: Word ソース ドキュメント内のリンクされた情報を更新します。

  • Alt + F7: 次のスペル ミスまたは文法上のエラーを見つけます。

  • Alt + Shift + F7: Word 2013 以降では、 Translator 作業ウィンドウが表示されます。 Word 2007 と 2010 では、[ リサーチ ] 作業ウィンドウが表示されます。

F8

  • F8 のみ: 選択範囲を拡張します。 たとえば、単語が選択されている場合、選択サイズは 1 つの文に拡張されます。

  • Shift + F8: 選択範囲を減らします。 たとえば、段落が選択されている場合、選択サイズは 1 文に縮小されます。

  • Ctrl + Shift + F8: 拡張選択モードのオンとオフを切り替えます。 拡張選択モードでは、方向キーによって選択範囲が拡張されます。

  • Alt + F8: マクロの作成、実行、編集、または削除を行う [ マクロ ] ダイアログ ボックスが表示されます。

F9

  • F9 のみ: 選択したフィールドを更新します。

  • Shift + F9: フィールド コードとその結果を切り替えます。

  • Ctrl + F9: 空のフィールドを挿入します。

  • Ctrl + Shift + F9: 現在のフィールドのリンクを解除します。

  • Alt + F9: すべてのフィールド コードとその結果を切り替えます。

  • Alt + Shift + F9: フィールドの結果を表示するフィールドから GOTOBUTTON または MACROBUTTON を実行します。

F10

  • F10 単独: キーヒントをオンまたはオフにします。

  • Shift + F10: 選択した項目のショートカット メニューを表示します。

  • Ctrl + F10: ドキュメント ウィンドウ サイズを最大化または復元します。

  • Alt + F10: [選択] 作業ウィンドウが表示されます。

  • Alt + Shift + F10: 貼り付けられたテキストや オートコレクト の変更など、使用可能なアクションのメニューまたはメッセージを表示します。

F11

  • F11 単独: 次のフィールドに移動します。

  • Shift + F11: 前のフィールドに移動します。

  • Ctrl + F11: 現在のフィールドをロックします。

  • Ctrl + Shift + F11: 現在のフィールドのロックを解除します。

  • Alt + F11: Microsoft Visual Basic for Applications エディターを開き、 Visual Basic for Applications (VBA)を使用してマクロを作成できます。

F12

  • F12 単独: [名前を付けて保存] ダイアログ ボックスが表示されます。

  • Shift + F12: ドキュメントを保存します。

  • Ctrl + F12: [開く ] ダイアログ ボックスが表示されます。

  • Ctrl + Shift + F12: Backstage ビューに [印刷 ] タブを表示します。

  • Alt + Shift + F12: コンテナーがアクティブ な場合、目次コンテナーの [目次] ボタンを選択します。

ページの先頭へ

関連項目

Word ヘルプ センター

Word でスクリーン リーダーを使用する基本タスク

スクリーン リーダーを使用して Word の中を移動する

Word のアクセシビリティに関するサポート

この記事では、 Word for Macのキーボード ショートカットとファンクション キーについて説明します。

注: 

  • Mac オペレーティング システム (OS) の一部のバージョンや一部のユーティリティ アプリケーションの設定が、Office for Mac のキーボード ショートカットやファンクション キーの操作と競合する可能性があります。 キーボード ショートカットのキーの割り当てを変更する方法については、macOS のバージョン、ユーティリティ アプリケーションの Mac ヘルプ、または ショートカットの競合に関するページを参照してください。

  • ニーズを満たすキーボード ショートカットがここで見つからない場合は、キーボード ショートカットを自分で作成できます。 手順については、「Office for Mac のカスタム ショートカット キーを作成する」にアクセスしてください。

  • Windowsキーボードの Ctrl キーを使用するショートカットの多くは、 Word for Macの Control キーでも機能します。 ただし、すべてが当てはまるわけではありません。

  • この記事でショートカットをすばやく見つけるには、Search を使用します。 Command キーを押しながら F キーを押し、検索語を入力します。

リボンでキーボードを使用して最適な操作を行うために、キーボードですべてのコントロールにアクセスできるようにします。

  1. システム環境設定を開くには、 コマンド+Space キーを押し、システム環境設定と入力して Return キーを押します。

  2. [キーボードの設定] に移動するには、「キーボード」と入力して Return キーを押します。

  3. [ ショートカット ] タブで、Control キーを押しながら F7 キーを押して、[ フル キーボード アクセス ] 設定を テキスト ボックスとリスト から [すべてのコントロール] のみに変更します。

この記事の内容

よく使われるショートカット キー

次の表に、 Word for Macで頻繁に使用されるショートカットを示します。

目的

キー

前の操作を元に戻します。

コマンド+Z または F1

可能であれば、前のアクションをやり直します。

コマンド+Y

選択したコンテンツをクリップボードに切り取ります。

コマンド+X または F2

選択したコンテンツをクリップボードにコピーします。

コマンド+C または F3

クリップボードの内容を貼り付ける。

コマンド+V または F4

選択した項目のショートカット メニューを表示する。 *

Shift + F10

[移動先] ダイアログ ボックスを表示します。

コマンド+Option + G または F5

[スペル チェックと文章校正] ダイアログ ボックスを表示します。

コマンド+Option + L または F7

拡張選択モードを有効にします。

F8

次のウィンドウに切り替えます。

コマンド+グレーブ アクセント ( ' )

前のウィンドウに切り替えます。

コマンド+Shift + グレーブ アクセント (')

[名前を付けて保存] ダイアログ ボックスを表示する

コマンド+Shift + S

テキストを検索します (フォーカスを [ドキュメント内の検索 ] ボックスに移動します)。

コマンド + F

[検索と置換] ウィンドウを表示します。

Control + H

[印刷] ダイアログ ボックスを表示します。

コマンド+P

現在のドキュメントを閉じます。

コマンド + F4 キー

リボンを展開または最小化します。

コマンド + Option キー + R

次のスペル チェックまたは文法上のエラーを見つけます。 入力時にスペル チェック機能を有効にする必要があります。

Option + F7

ディクショナリを開きます。

Word 2011 では、Option + Shift + F7

ページの先頭へ

ショートカット キーの競合

一部の Word for Mac キーボード ショートカットは、既定の macOS キーボード ショートカットと競合します。 このトピックでは、そのようなショートカットにアスタリスク (*) を付けています。 これらのショートカットを使用するには、Mac キーボード設定を変更してキーのショートカットを変更する必要がある場合があります。

キーボード ショートカットのシステム設定を変更する

  1. Apple メニューの [システム環境設定] を選択します。

  2. [キーボード] を選択します。

  3. [ショートカット] タブを選択します。

  4. [ ミッション コントロール] を選択します。

  5. 使用する Word for Mac ショートカットと競合するキーボード ショートカットのチェック ボックスをオフにします。

ドキュメントを移動する

目的

キー

カーソルを 1 単語左に移動します。

Option キー + ←キー

カーソルを 1 単語右に移動します。

Option キー + →キー

カーソルを 1 段落上に移動します。

コマンド + ↑キー

カーソルを 1 段落下に移動します。

コマンド + ↓キー

カーソルを現在の行の先頭に移動します。

コマンド+ 左矢印

ホーム

カーソルを現在の行の末尾に移動します。

コマンド + →キー

End

前のページの上部にカーソルを移動します。

コマンド+ ページアップ

MacBook で、 コマンド+Fn + 上方向キーを押します

次のページの上部にカーソルを移動します。

コマンド+ ページダウン

MacBook で、 コマンド+ Fn + ↓キーを押します

文書の先頭にカーソルを移動します。

コマンド+ ホーム

MacBook で、 コマンド+ Fn + 左方向キーを押します

文書の末尾にカーソルを移動します。

コマンド+End

MacBook で、 コマンド+ Fn + 右方向キーを押します

カーソルを前のカーソル位置に移動します。

Shift キー + F5 キー

文書ビューを 1 画面上にスクロールしてカーソルを移動します。

PageUp

ドキュメント ビューを 1 画面下にスクロールしてカーソルを移動します。

PageDown

ページの先頭へ

テキストやグラフィックを選択する

ヒント: カーソルを移動するキーの組み合わせがわかっている場合は、通常、Shift キーを押しながら同じキーの組み合わせを使用してテキストを選択できます。 たとえば、+右矢印 コマンドカーソルを次の単語に移動し、 コマンド+Shift キーを押しながら右方向キーを押すと、カーソルから次の単語の先頭までテキストが選択されます。

目的

キー

隣り合わない複数の項目を選択します。

最初に必要な項目を選択し、 コマンド押したまま、追加の項目をマウスでクリックします。

テキストを選択します。

Shift + 方向キー

左側の単語を選択します。

Shift + Option + 左方向キー

右側の単語を選択します。

Shift + Option + 右方向キー

現在の位置から現在の行の先頭までを選択します。

コマンド+ Shift + 左方向キー

Shift + Home

現在の位置から現在の行の末尾までを選択します。

コマンド+Shift + 右方向キー

Shift + End

現在の位置から現在の段落の先頭までを選択します。

コマンド+ Shift + 上方向キー

現在の位置から現在の段落の末尾までを選択します。

コマンド+ Shift + ↓キー

現在の位置から画面の上部までを選択します。

Shift + Page up

現在の位置から画面の下部までを選択します。

Shift + Page down

現在の位置から文書の先頭までを選択します。

コマンド+ Shift + Home

現在の位置から文書の末尾までを選択します。

コマンド+ Shift + End

現在の位置からウィンドウの下部までを選択します。

コマンド+ Shift + Option + Page down

すべてのドキュメント コンテンツを選択します。

コマンド + A

ページの先頭へ

選択範囲を拡張する

目的

キー

選択範囲の拡張を開始します。 *

F8

拡張選択モードでは、ドキュメント内の場所をクリックすると、現在の選択範囲がその場所に拡張されます。

左側の最も近い文字を選択します。

F8、左方向キー

右側の最も近い文字を選択します。

F8、右方向キー

選択範囲を展開します。

F8 は繰り返し、単語、文、段落、セクション、および文書全体に選択範囲を展開します。

選択範囲を減らします。 *

Shift キー + F8 キー

縦のテキストのブロックを選択する。

+Shift キーを押しながら F8 キーを押 コマンドし、方向キーを押します

選択範囲の拡張を停止します。

Esc キー

ページの先頭へ

テキストやグラフィックスを編集する

操作内容

キー

選択したコンテンツをクリップボードに切り取ります。

コマンド+X

F2

選択したコンテンツをクリップボードにコピーします。

コマンド+C

F3

クリップボードの内容を貼り付ける。

コマンド + V

F4

[貼り付け] ダイアログ ボックスを表示します。

コマンド+Control + V

選択したコンテンツを Spike に切り取る。

コマンド + F3 キー

Spike の内容を貼り付けます。

コマンド + Shift キー + F3 キー

選択した書式をコピーします。

コマンド+ Shift + C

コピーした書式を貼り付けます。

コマンド+ Shift + V

定型句を作成します。

Option + F3

ページの先頭へ

段落を配置および書式設定する

操作内容

キー

段落の中央揃え。

コマンド + E

段落を正当化します。

コマンド+J

段落を左に揃えます。

コマンド + L

段落を右に揃えます。

コマンド+R

段落をインデントします。

Control + Shift + M

段落のインデントを削除します。

コマンド+ Shift + M

ぶら下げインデントを設定する。

コマンド+T

ぶら下げインデントを削除します。

コマンド + Shift キー + T

段落に単一間隔を適用します。

コマンド + 1

段落に二重間隔を適用します。

コマンド+2

段落に 1.5 行の間隔を適用します。

コマンド+5

AutoFormat を有効にします。

コマンド+Option + K

標準スタイルを適用します。

コマンド+ Shift + N

見出し 1 スタイルを適用します。

コマンド+Option+1

見出し 2 スタイルを適用します。

コマンド+Option+2

見出し 3 スタイルを適用します。

コマンド+Option+3

リスト スタイルを適用 します

コマンド+ Shift + L(カーソルが行の先頭にある場合)

中断しない領域を挿入します。

Option + Space キー

ページの先頭へ

文字列の書式設定

操作内容

キー

フォントのサイズを大きくする。

コマンド + Shift キー + 右角かっこ (>)

フォントのサイズを小さくする。

コマンド + Shift キー + 左角かっこ (<)

フォント サイズを 1 ポイント大きくする。

コマンド+右角かっこ (])

フォント サイズを 1 ポイント小さくする。

コマンド+左角かっこ ([)

[フォント] ダイアログ ボックスを表示する。

コマンド+D

大文字、小文字、タイトルの大文字と小文字を切り替えます。

Shift + F3

テキストをすべての大文字に変更します。

コマンド+ Shift + A

太字の設定を適用する。

コマンド + B

箇条書きを追加します。

コマンド + Shift キー + L

下線の書式を適用する。

コマンド + U

スペースではなく、単語に下線の書式設定を適用します。

コマンド+ Shift + W

二重下線の書式設定を適用します。

コマンド+ Shift + D

斜体の書式設定を適用します。

コマンド + I

小さな大文字の書式設定を適用します。

コマンド + Shift キー + K

取り消し線の書式設定を適用します。

コマンド + Shift キー + X

ページの先頭へ

特殊文字の挿入

操作内容

キー

空のフィールドを挿入する。

コマンド+F9

改行を挿入します。

Shift キー + Return キー

改ページを挿入します。

コマンド + Return キー

列区切りを挿入します。

コマンド+ Shift + Return

区切りのないハイフンを挿入します。

コマンド+Shift + ハイフン (-)

登録済みの商標記号 (®) を挿入します。

Option + R

商標記号 (™) を挿入します。

Option + 2

ページの先頭へ

表を操作する

表内で移動する

操作内容

キー

次のセルに移動し、その内容を選択します。

Tab キー

前のセルに移動し、その内容を選択します。

Shift + Tab

次の行に移動します。

下方向キー

前の行に移動します。

上方向キー

行の最初のセルに移動します。

Control + Home

行の最後のセルに移動します。

Control + End

列の最初のセルに移動します。

Control + Page up

列の最後のセルに移動します。

Control + Page down

テーブルの下部に新しい行を追加します。

最後の行の末尾にある Tab キー

行を挿入します。

コマンド+Control + I

ページの先頭へ

テーブルの内容を選択する

目的

キー

次のセルでコンテンツを選択します。

Tab キー

前のセルの内容を選択します。

Shift + Tab

選択範囲を拡張して隣接するセルも選択する。

Shift + 方向キー

行を選択します。

行の最初または最後のセルを選択し、Shift + Alt + End または Home キーを押します。

ページの先頭へ

ルーラーを使用してテーブル列のサイズを変更する

目的

キー

列のサイズを右側に保持し、テーブルの幅を変更します。

ルーラーで列の境界をドラッグする

1 つの列行を移動し、テーブルの幅を保持します。

Shift キーを押しながらルーラーの列の境界をドラッグする

すべての列のサイズを右に均等に変更し、テーブルの幅を保持します。

コマンド+ Shift + ルーラーの列境界をドラッグする

すべての列のサイズを右に比例して変更し、テーブルの幅を保持します。

コマンド+ ルーラーで列の境界をドラッグする

ページの先頭へ

表の列のサイズ変更 (表内での直接操作)

ヒント: 列の幅を細かく調整し、列のサイズを変更するときにルーラーに列の測定値を表示するには、ショートカット キーで Option キーを押してスナップ機能をオフにします。

目的

キー

1 つの列行を移動し、テーブルの幅を保持します。

列の境界をドラッグする

列のサイズを右側に保持し、テーブルの幅を変更します。

Shift キーを押しながら列の境界をドラッグする

すべての列のサイズを右に均等に変更し、テーブルの幅を保持します。

コマンド+ Shift + 列の境界をドラッグする

すべての列のサイズを右に比例して変更し、テーブルの幅を保持します。

コマンド+ 列の境界をドラッグする

ページの先頭へ

表に段落とタブ文字を挿入する

操作内容

キー

セルに新しい段落を挿入します。

Return キー

セルに Tab 文字を挿入します。

Option + Tab

ページの先頭へ

図形描画​​

操作内容

キー

描画モードを切り替えます。

コマンド + Control キー + Z

ページの先頭へ

フィールドを使用する

操作内容

キー

DATE フィールドを挿入する。

Control + Shift + D

LISTNUM フィールドを挿入する。

コマンド+ Option + Shift + L

PAGE フィールドを挿入する。

Control + Shift + P

TIME フィールドを挿入する。

Control + Shift + T

空のフィールドを挿入する。

コマンド+F9

選択したフィールドを更新する。 *

F9

フィールド コードとその実行結果の表示を切り替える。 *

Shift + F9

すべてのフィールド コードとその実行結果の表示を切り替える。

Option + F9

フィールドの結果を表示するフィールドから GOTOBUTTON または MACROBUTTON を実行します。

Option + Shift + F9

フィールドをロックする。

コマンド + F11 キー

フィールドのロックを解除する。

コマンド+ Shift + F11

ページの先頭へ

文書のアウトラインを作成する

これらのショートカットは、ドキュメントが アウトライン ビューにある場合にのみ適用されます。

目的

キー

段落のレベルを上げる。

Control + Shift + 左方向キー

段落のレベルを下げる。

Control + Shift + 右方向キー

段落を本文テキストに降格します。

コマンド+ Shift + N

選択した段落を上に移動します。 *

Control + Shift + 上方向キー

選択した段落を下に移動します。 *

Control + Shift + ↓キー

見出しの下にテキストを展開します。

Control + Shift + Plus 記号 (+)

見出しに属するテキストを折りたたむ。 *

Control + Shift + マイナス記号 (-)

すべての本文テキストと見出しを展開するか、すべての本文テキストを折りたたみます。

Control + Shift + A

本文テキストの最初の行を表示することと、すべての本文テキストを表示する方法を切り替えます。

Control + Shift + L

指定した見出しレベルを持つすべての見出しを表示します。

Control + Shift + 見出しレベル番号

ページの先頭へ

文書を校閲する

操作内容

キー

コメントを挿入する。

コマンド+Option + A

変更履歴のオンとオフを切り替える。

コマンド+ Shift + E

コメントの先頭に移動します。

ホーム

コメントの末尾に移動します。

End

(End キーは、一部のキーボードでは使用できません。)

コメントの一覧の先頭に移動します。

[ 校閲] ウィンドウの [+ホーム] を コマンドします。

コメントの一覧の末尾に移動します。

コマンド+End、 校閲ウィンドウで。

ページの先頭へ

脚注と文末脚注を使用する

操作内容

キー

脚注を挿入する。

コマンド+Option + F

文末脚注を挿入する。

コマンド+Option + E

ページの先頭へ

右から左への言語を操作する

Word では、テキストの書き込み、編集、表示を行う右から左、左から左の組み合わせ環境で動作する言語の右から左への機能がサポートされています。 このコンテキストにおいて、右から左方向の言語とは、右から左に記述されるすべての書記体系を意味し、アラビア語のようにコンテキストの創造が必要な言語とそうでない言語が含まれます。

これらのショートカット キーを使用するには、まず、使用する言語のショートカット キーが有効になっていることを確認する必要があります。

  1. アップル メニューの [システム環境設定] > [キーボード] に移動します。

  2. [入力ソース] タブで、ショートカット キーを有効にする言語を選択します。

  3. タブの右側にある [ショートカットキーを有効化] チェック ボックスをオンにします。

目的

キー

書き込み方向を右から左に切り替えます。

Control +コマンド+ 左方向キー

書き込み方向を左から右に切り替えます。

Control +コマンド+ 右方向キー

ページの先頭へ

ファンクション キーのショートカットを使用する

Word for Mac は、コピーや貼り付けなど、一般的なコマンドにファンクション キーを使用します。 これらのショートカットにすばやくアクセスするには、アップル メニューのシステム環境設定を変更して、Fn キーを押さなくてもファンクション キーのショートカットを使用できるようにします。

注: システムのファンクション キーの基本設定を変更すると、 Wordだけでなく、Mac でのファンクション キーの動作に影響します。 この設定を変更した後でも、ファンクション キーに印字された特別な機能を引き続き実行できます。 Fn キーを押すだけです。 たとえば、F12 キーを使用して音量を変更するには、Fn + F12 キーを押します。

ファンクション キーを押しても予期した機能が実行されなかった場合は、ファンクション キーと同時に Fn キーも押してください。 Fn キーを毎回押したくない場合は、Apple システムの環境設定を変更できます。 手順については、 ファンクション キーの基本設定の変更に関する記事を参照してください

次の表に、 Word for Macのファンクション キーショートカットを示します。

キー

説明

F1

  • F1 のみ: 前の操作を元に戻します。

F2

  • F2 のみ: 選択したコンテンツをクリップボードに切り取ります。

  • Shift + F2: 選択したテキストまたはグラフィックをコピーします。 矢印キーを使用して、テキストまたはグラフィックをコピーする場所にカーソルを置き、Return キーを押してコピーするか、Esc キーを押して取り消します。

F3

  • F3 のみ: 選択したコンテンツをクリップボードにコピーします。

  • Shift + F3: 選択したテキストを大文字、小文字、タイトルの大文字と小文字の間で切り替えます。

  • コマンド+F3: 選択したコンテンツを Spike に切り取ります。 複数のテキストとグラフィックスを Spike に切り取り、グループとして別の場所に貼り付けることができます。

  • コマンド+ Shift + F3: Spike の内容を貼り付けます。

  • Option + F3: 定型句を作成します。

F4

  • F4 のみ: クリップボードからコンテンツを貼り付けます。

  • Shift + F4: 最後の 検索 または移動アクション 繰り返します。

  • コマンド Shift + F4: 最後の 検索 または 移動 アクションを繰り返します。

F5

  • F5 単独: [ジャンプ] ダイアログ ボックスが表示されます。

  • Shift + F5: カーソルを最後の変更に移動します。

  • コマンド+ Shift + F5: [ブックマーク ] ダイアログを表示します。

F6

  • F6 のみ: ドキュメント、作業ウィンドウ、ステータス バー、リボンを切り替えます。 分割されたドキュメントでは、F6 には、ウィンドウと作業ウィンドウの切り替え時に分割ウィンドウが含まれます。

  • Shift + F6: ドキュメント、リボン、ステータス バー、作業ウィンドウを切り替えます。

  • コマンド+F6: 複数のドキュメントが開いているときに、次のドキュメント ウィンドウに切り替わります。

  • コマンド+ Shift + F6: 複数のドキュメントが開いているときに、前のドキュメント ウィンドウに切り替わります。

F7 キーを押すか、

  • F7 のみ: [スペル チェックと文章校正 ] ダイアログ ボックスを表示します。

  • Shift + F7: 類義語辞典 作業ウィンドウを表示します。

  • コマンド+ Shift + F7: Word ソース ドキュメント内のリンクされた情報を更新します。

  • Option + F7: 次のスペル ミスまたは文法上のエラーを検出します。

  • Option + Shift + F7: ディクショナリを開きます。

F8

  • F8 のみ *: 選択範囲を拡張します。 たとえば、単語が選択されている場合、選択サイズは 1 つの文に拡張されます。

  • Shift + F8 *: 選択範囲を減らします。 たとえば、段落が選択されている場合、選択サイズは 1 文に縮小されます。

  • コマンド+Shift + F8: 選択モードの延長をオンまたはオフにします。 拡張選択モードでは、方向キーによって選択範囲が拡張されます。

  • Option + F8: マクロを作成、実行、編集、または削除するための [ マクロ ] ダイアログ ボックスを表示します。

F9

  • F9 単独 *: 選択したフィールドを更新します。

  • Shift + F9 *: フィールド コードとその結果を切り替えます。

  • コマンド+F9: 空のフィールドを挿入します。

  • コマンド+ Shift + F9: 現在のフィールドのリンクを解除します。

  • Option + F9: すべてのフィールド コードとその結果を切り替えます。

  • Option + Shift + F9: フィールドの結果を表示するフィールドから GOTOBUTTON または MACROBUTTON を実行します。

F10

  • Shift + F10 *: 選択した項目のショートカット メニューが表示されます。

F11

  • F11 単独 *: 次のフィールドに移動します。

  • Shift + F11 *: 前のフィールドに移動します。

  • コマンド+F11: 現在のフィールドをロックします。

  • コマンド+ Shift + F11: 現在のフィールドのロックを解除します。

  • Option + F11: Microsoft Visual Basic for Applications エディターを開き、 Visual Basic for Applications (VBA)を使用してマクロを作成できます。

ページの先頭へ

ファンクション キーの基本設定を変更する

  1. Apple メニューの [システム環境設定] を選択します。

  2. [キーボード] を選択します。

  3. [キーボード] タブで、[F1、F2 などのすべてのキーを標準のファンクション キーとして使用] チェック ボックスをオンにします。

関連項目

Word ヘルプ センター

Word でスクリーン リーダーを使用する基本タスク

スクリーン リーダーを使用して Word の中を移動する

この記事では、 Word for iOSのキーボード ショートカットについて説明します。

注: 

  • macOS コンピューターのキーボード ショートカットに慣れている場合は、同じキーの組み合わせが外部キーボードを使用して Word for iOS でも機能します。

  • この記事でショートカットをすばやく見つけるには、Search を使用します。 コマンド+F キーを押し、検索語句を入力します。

この記事の内容

よく使われるショートカット

目的

キー

文書を保存します。

コマンド+S

ドキュメントを印刷します。

コマンド+P

文書を閉じます。

コマンド + W

ページの先頭へ

ドキュメントを移動する

目的

キー

テキストを検索します。

コマンド + F

次に出現するテキストを見つけます。

コマンド+G

テキストの前の出現箇所を検索します。

Shift +コマンド+G

すべてのドキュメント コンテンツを選択します。

コマンド + A

ページの先頭へ

ドキュメントを編集して書式設定する

目的

キー

テキスト予測を受け入れる場合。

右方向キー

前の操作を元に戻します。

コマンド + Z

可能であれば、前のアクションをやり直します。

コマンド+Y

選択したコンテンツをクリップボードに切り取ります。

コマンド+X

選択したコンテンツをクリップボードにコピーします。

コマンド+C

クリップボードからコンテンツを貼り付けます。

コマンド + V

選択したテキストに太字の書式を適用する。

コマンド + B

選択したテキストに斜体の書式設定を適用します。

コマンド + I

選択した文字列に下線を引きます。

コマンド + U

選択した単語に下線を付け、スペースに線を付けないようにします。

コマンド+ Shift + W

選択したテキストを標準スタイルを使用するように変更します。

Alt +コマンド+N

選択したテキストをハイパーリンクに変更します。

コマンド+K

選択したテキストを小さな大文字に変更します。

Shift +コマンド+K

選択したテキストをすべての大文字に変更します。

Shift +コマンド+A

選択されている段落を中央揃えにする。

コマンド + E

選択されている段落を両端揃えにする。

コマンド+J

選択した段落を左に揃えます。

コマンド + L

選択した段落を右に揃えます。

コマンド+R

選択した段落をインデントします。

Control + Shift + M

選択した段落からインデントを削除します。

Shift +コマンド+M

選択した段落にぶら下げインデントを適用します。

コマンド+T

以前にコピーしたテキストの書式を、現在選択されているテキストに適用します。

Shift +コマンド+V

選択したテキストまたは図形にコメントを追加します。

Alt +コマンド+A

文字列を検索および置換する。

Control + H

文書のリビジョン マークをオンまたはオフに切り替えます。

Shift +コマンド+E

ページの先頭へ

関連項目

Word のヘルプ&学習

Word のスクリーン リーダーのサポート

Word でスクリーン リーダーを使用する基本タスク

スクリーン リーダーを使用して Word の中を移動する

この記事では、 Word for Androidのキーボード ショートカットについて説明します。

注: この記事でショートカットをすばやく見つけるには、Search を使用します。 Ctrl キー + F を押してから、検索語句を入力します。

この記事の内容

ドキュメントを移動する

目的

キー

テキストを検索します。

Ctrl + F

カーソルを 1 段落上に移動します。

Alt キー + ↑キー

カーソルを 1 段落下に移動します。

Alt キー + ↓キー

カーソルを 1 単語左に移動します。

Alt キー + ←キー

カーソルを 1 単語ずつ右に移動します。

Alt キー + →キー

カーソルを現在の行の先頭に移動します。

Ctrl + ←

カーソルを現在の行の末尾に移動します。

Ctrl + →

テキストを選択します。

Shift + 方向キー

上の段落を選択します。

Shift + Alt + 上方向キー

下の段落を選択します。

Shift + Alt + ↓キー

左側の単語を選択します。

Shift + Alt + 左方向キー

右側の単語を選択します。

Shift + Alt + 右方向キー

現在の位置から行の先頭までを選択します。

Shift + Ctrl + 左方向キー

現在の位置から行末までを選択します。

Shift + Ctrl + 右方向キー

すべてのドキュメント コンテンツを選択します。

Ctrl + A

ページの先頭へ

ドキュメントを編集して書式設定する

目的

キー

前の操作を元に戻します。

Ctrl + Z

可能であれば、前のアクションをやり直します。

Ctrl + Y

選択したコンテンツをクリップボードに切り取ります。

Ctrl + X

選択したコンテンツをクリップボードにコピーします。

Ctrl + C

クリップボードからコンテンツを貼り付けます。

Ctrl + V

選択したテキストに太字の書式を適用する。

Ctrl + B

選択したテキストに斜体の書式を適用する。

Ctrl + I

選択した文字列に下線を引きます。

Ctrl + U

改行を挿入します。

Shift + Enter

ページの先頭へ

関連項目

Word のヘルプ&学習

Word のスクリーン リーダーのサポート

Word でスクリーン リーダーを使用する基本タスク

スクリーン リーダーを使用して Word の中を移動する

この記事では、 Web 用 Wordのキーボード ショートカットについて説明します。

注: 

  • Windows 10 Fall Creators Update でナレーターを使用する場合、Web 用 Office でドキュメント、スプレッドシート、プレゼンテーションを編集するには、スキャン モードをオフにする必要があります。 詳細については、「Turn off virtual or browse mode in screen readers in Windows 10 Fall Creators Update」 (Windows 10 Fall Creators Update のスクリーン リーダーで仮想モードまたはブラウズ モードをオフにする) を参照してください。

  • この記事でショートカットをすばやく見つけるには、Search を使用します。 Ctrl キー + F を押してから、検索語句を入力します。

  • Web 用 Word を使用する場合は、Web ブラウザーとして Microsoft Edge を使用することをお勧めします。 Web 用 Word は Web ブラウザーで実行されるため、キーボード ショートカットは、デスクトップ プログラムのキーボード ショートカットとは異なります。 たとえば、コマンド内を移動するには、F6 キーではなく、Ctrl + F6 キーを押します。 また、F1 キー (ヘルプ) や Ctrl + O キー (開く) などの Web ブラウザーに適用される一般的なショートカットは、Web 用 Word には適用されません。

この記事の内容

よく使われるショートカット

次の表に、 Web 用 Wordで最もよく使用されるショートカットを示します。

目的

キー

閲覧ビューで、スクリーン リーダーを操作するためにタグ付けされた PDF ベースのビューを開きます。

アクセシビリティ モード ボタンに到達するまで Tab キーを押し、Enter キーを押します。

読み取りビューでテキストを検索します。

Ctrl + F、または F3

編集ビューでテキストを検索します。

Ctrl + F または Ctrl + G

編集ビューでテキストを検索して置き換えます。

Ctrl + H

作業ウィンドウが開いている場合は、作業ウィンドウを非表示にします。

Esc キー

Zoom コントロールに切り替えます。

Alt + Period、W、次に Q または Alt + Windows ロゴ キー、W、次に Q

ドキュメントを印刷します。

Ctrl + P

次のランドマークリージョンに移動します。

Ctrl + F6

[通知] または [検索] テキスト フィールドに移動します。

Alt キー + Q

ページの先頭へ

リボンのキーボード ショートカット

Web 用 Word には、リボンを移動するためのアクセス キーと呼ばれるショートカットが用意されています。 デスクトップ コンピューターの Word の時間を節約するためにアクセス キーを使用したことがある場合は、 Web 用 Wordのアクセス キーによく似ています。

Windowsコンピューターでは、アクセス キーはすべて Alt + Period (.) で始まります。 または Alt + Windows ロゴ キーを押し、リボン タブの文字を追加します。 たとえば、[ 校閲 ] タブに移動するには、Alt キーを押しながらピリオドキー、R キー、または Alt キーを押しながら Windows ロゴ キー R キーを押します。

Mac コンピューターで Web 用 Word を使用している場合は、Control + Period (.) キーを押します。 を選択して開始します。

Word for Web のアクセス キーを含むリボン
  • リボンに移動するには、Alt + ピリオドキーまたは Alt + Windows ロゴ キーを押します。 または、[ ホーム ] タブに到達するまで Ctrl + F6 キーを押します。

  • リボンのタブ間を移動するには、Tab キーを押します。

  • 作業領域を増やすためにリボンを非表示にするには、Ctrl + F3 キーを押します。 リボンをもう一度表示するには、同じ操作を行います。

リボンへのアクセス キー

リボンのタブに直接アクセスするには、次のいずれかのアクセス キーを押します。

目的

キー

リボンの [通知 ] または [ 検索 ] テキスト フィールドを開き、検索語句を入力します。

Alt + Period、Q または Alt + Windows ロゴ キー、Q

[ ファイル ] タブを開き、Backstage ビューを使用します。

Alt + Period、F または Alt + Windows ロゴ キー、F

[ホーム] タブを開いてテキストの書式設定を行い、[検索] ツールを使用します。

Alt + Period、H または Alt + Windows ロゴ キー、H

[挿入] タブを開いて、図、リンク、コメント、ヘッダーまたはフッター、またはページ番号を挿入します。 [記号] ギャラリーにもアクセスできます。

Alt + Period、N または Alt + Windows ロゴ キー、N

[ページ レイアウト] タブを開き、ページの余白、向き、サイズ、段落間隔を設定します。

Alt + Period、A または Alt + Windows ロゴ キー、A

[ 参照 ] タブを開き、目次、脚注、文末脚注を挿入します。

Alt + Period、S または Alt + Windows ロゴ キー、S

[ 校閲 ] タブを開き、スペル チェック、コメントの追加、文書の変更の追跡と確認を行います。

Alt + Period、R または Alt + Windows ロゴ キー、R

[表示] タブを開いてビューを選択し、ナビゲーション ウィンドウを開き、ヘッダー&フッターを編集し、ドキュメント ビューをズームします。

Alt + Period、W または Alt + Windows ロゴ キー、W

ページの先頭へ

検索機能を使用する

すばやくオプションを探したりアクションを実行したりするには、[検索] テキスト フィールドを使用します。 [検索] 機能の詳細については、「Office の Microsoft Search を使用して必要な情報を探す] を参照してください。

注: 使用している Office のバージョンによっては、アプリ ウィンドウの上部にある [検索] テキスト フィールドが代わりに [操作アシスト] と呼ばれる場合があります。 どちらもほぼ同じような体験ができますが、オプションや検索結果は異なる場合があります。

  1. アイテムを選択するか、ドキュメント、プレゼンテーション、スプレッドシートにアイテムを配置し、そこでアクションを実行します。

  2. [検索] テキスト フィールドに移動するには、Alt + Q キーを押します。

  3. 実行するアクションの検索語句を入力します。 たとえば、箇条書きリストを追加する場合は、[箇条書き] と入力します。

  4. 下方向キーを押して、検索結果を参照します。

  5. 該当する結果が見つかったら、Enter キーを押してそれを選択し、アクションを実行します。

リボンのタブやメニューでの作業

次のショートカットを使用すると、リボン タブとリボン メニューを操作するときに時間を節約できます。

目的

キー操作

リボンのアクティブ タブを選択し、アクセス キーをアクティブにします。

Alt + Period または Alt + Windows ロゴ キー。 別のタブに移動するには、アクセス キーまたは Tab キーを使用します。

リボン タブが選択されたら、フォーカスをタブ コマンドに移動します。

Enter キー、Tab キー、または Shift キーを押しながら Tab キーを押します

選択したボタンをアクティブにします。

Space または Enter キー

選択したコマンドの一覧を開く。

Space または Enter キー

選択したボタンのメニューを開きます。

Alt + 下方向キー

メニューまたはサブメニューが開いているときに、次のコマンドに移動する。

下方向キー

リボンを折りたたむか展開します。

Ctrl + F3

ページの先頭へ

ドキュメントを移動する

目的

キー

カーソルを 1 単語ずつ右に移動します。

Ctrl + →

カーソルを 1 単語左に移動します。

Ctrl + ←

カーソルを 1 段落上に移動します。

Ctrl + ↑

カーソルを 1 段落下に移動します。

Ctrl + ↓

カーソルを現在の行の先頭に移動します。

ホーム

カーソルを現在の行の末尾に移動します。

End

文書の先頭にカーソルを移動します。

Ctrl + Home

文書の末尾にカーソルを移動します。

Ctrl + End

テキストを選択します。

Shift + 方向キー

右側の単語を選択します。

Shift + Ctrl + 右方向キー

左側の単語を選択します。

Shift + Ctrl + 左方向キー

上の段落を選択します。

Shift + Ctrl + 上方向キー

下の段落を選択します。

Shift + Ctrl + 下方向キー

現在の位置から行の先頭までを選択します。

Shift + Home

現在の位置から行末までを選択します。

Shift + End

現在の位置から文書の先頭までを選択します。

Shift + Ctrl + Home

現在の位置から文書の末尾までを選択します。

Shift + Ctrl + End

すべてのドキュメント コンテンツを選択します。

Ctrl + A

ページの先頭へ

ドキュメントを編集して書式設定する

目的

キー

選択したコンテンツをクリップボードに切り取ります。

Ctrl + X

選択したコンテンツをクリップボードにコピーします。

Ctrl + C

クリップボードからコンテンツを貼り付けます。

Ctrl + V

前の操作を元に戻します。

Ctrl + Z

前のアクションをやり直します。

Ctrl + Y

フォント サイズを縮小します。

Ctrl + 左角かっこ ([)

フォント サイズを大きくします。

Ctrl + 右角かっこ (])

選択したテキストに太字の書式を適用する。

Ctrl + B

選択したテキストに斜体の書式を適用する。

Ctrl + I

選択した文字列に下線を引きます。

Ctrl + U

段落を左に揃えます。

Ctrl + L

段落を右に揃えます。

Ctrl キー + R

段落の中央揃え。

Ctrl キー + E

段落を正当化します。

Ctrl + J

箇条書きを作成します。

Ctrl + ピリオド (.)

番号付きリストを作成します。

Ctrl + スラッシュ (/)

ページの先頭へ

コメントを操作する

次のキーボード ショートカットは、[ コメント ] ウィンドウが開いて選択されている場合にのみ機能します (スクリーン リーダーを使用している場合は "フォーカスあり")。

目的

キー

[コメント] ウィンドウを表示または非表示にします。

Alt + Period、R、K、Alt + Windows ロゴ キー、R、K

新しいコメントを追加する。

Ctrl+Alt+M

次のコメント スレッド、または展開されたコメント スレッド内の次の応答に移動します。

下方向キー

前のコメント スレッドに移動します。

上方向キー

現在のコメント スレッドを展開します。

右方向キー

現在のコメント スレッドを折りたたみます。

左方向キー

フォーカスがコメントにある場合は、返信ボックスに移動します。

Tab キー、Tab キー、Enter キー

コメントまたは返信にフォーカスがある場合は、コメントまたは返信を編集します。

Tab、Enter

コメント/返信を投稿するか、編集を保存します。

Ctrl キー + Enter キー

下書きコメント/返信または編集を破棄します。

Esc キー

ページの先頭へ

関連項目

Word ヘルプ センター

Word でスクリーン リーダーを使用する基本タスク

スクリーン リーダーを使用して Word の中を移動する

障碍のある方向けのテクニカル サポート

Microsoft は、すべてのお客様に最適な操作性を提供することを目指しています。 障碍のある方、およびアクセシビリティに関してご質問がある方が技術サポートをご希望の場合は、Microsoft Disability Answer Desk までご連絡ください。 Disability Answer Desk サポート チームは、一般的なユーザー補助技術を駆使するトレーニングを受けており、英語、スペイン語、フランス語、および米語の手話でサポートを提供することができます。 お住まいの地域での連絡先の詳細については、Microsoft Disability Answer Desk サイトを参照してください。

政府機関、商用、または法人ユーザーの場合は、法人向け Disability Answer Desk までお問い合わせください。

ヘルプを表示

ディスカッションに参加
コミュニティにたずねる
サポートを受ける
お問い合わせ​​

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×