この記事では、コンピュータを台無しにしたり、犯罪者がデータ、個人情報、またはお金を盗んだりする可能性のあるウイルスからあなたのPCを保護する方法について説明します。

お使いのブラウザーはビデオをサポートしていません。 Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、または Internet Explorer 9 をインストールします。
  • マルウェア対策アプリを使用する - マルウェア対策アプリをインストールし、最新の状態に保つことは、PC をウイルスやその他のマルウェア (悪意のあるソフトウェア) から保護するのに役立ちます。 

    Microsoft Defender は、Windowsに含まれる無料のマルウェア対策ソフトウェアであり、Windows Updateを通じて自動的に更新されます。 選択できる他の会社によって作成されたマルウェア対策製品もあります。

    たくさん使えば良いわけではありません

    複数のマルウェア対策アプリを同時に実行すると、システムが低速または不安定になる可能性があります。 別の会社からマルウェア対策アプリをインストールすると、Microsoft Defender によって自動的にオフになります。 ただし、他の会社から 2 つのマルウェア対策アプリをインストールすると、両方とも同時に実行を試みる可能性があります。 

  • 見知らぬ送信者からのメールメッセージや、見覚えのないメールの添付ファイルは開かないでください。多くのウイルスがメールメッセージに添付されており、添付ファイルを開くとすぐに広まってしまいます。 想定していたファイルでなければ、添付ファイルを開くことはお勧めしません。 関連情報については、以下を参照してください。 フィッシングから身を守る

  • インターネット ブラウザーでポップアップ ブロックを使用する - ポップアップ ウィンドウは、表示している Web サイトの上に表示される小さなブラウザー ウィンドウです。 ほとんどのポップアップ ウィンドウは広告主によって作成されますが、悪意のあるコードや安全でないコードが含まれている可能性もあります。 ポップアップ ブロックにより、これらのウィンドウの一部またはすべてを表示されないようにすることができます。 Microsoft Edge のポップアップ ブロックは既定では有効になっています。

  • Microsoft Edgeを使用している場合は、SmartScreen がオンになっていることを確認してください - Microsoft Edge のSmartScreen は、危険であると報告されている Web サイトやダウンロードの場所を警告することで、ユーザーをフィッシング攻撃やマルウェア攻撃から保護します。 詳細については、「SmartScreen を使用してMicrosoft Edgeで自分を保護する方法」を参照してください。

  • Windows SmartScreen 通知に注意する - インターネットからダウンロードした認識されないアプリの実行には注意してください。 未知のアプリは、危険である可能性が高くなります。 インターネットからアプリをダウンロードして実行すると、SmartScreen はアプリの評判に関する情報を使用して、アプリがよく知られ、悪意がある可能性がある場合に警告を表示します。

  • Windows を最新の状態に保つ - Microsoft では、PC を保護するために役立つ特別なセキュリティ更新プログラムを定期的にリリースしています。 これらの更新プログラムは、セキュリティ ホールが見つかるとそれを閉じ、ウイルスやマルウェアの攻撃を防ぎます。

    Windows Updateは、PC がこれらの更新プログラムを自動的に受信することを確認するのに役立ちますが、更新プログラムを完全にインストールするために、コンピューターを再起動しなければならない場合があります。

  • インターネット ブラウザーのプライバシー設定を使用する - 一部の Web サイトでは、ターゲットを絞った広告、詐欺、ID 盗難に個人情報を使用しようとする場合があります。 すべての最新のブラウザーには、サイトの表示や実行を制御できるプライバシー設定があります。

    Microsoft Edge でプライバシー設定を構成する方法の詳細については、「プライバシー設定を自分に合ったものに構成する」を参照してください。

  • ユーザーアカウント制御 (UAC) がオンになっていることを確認してください - 管理者レベルのアクセス許可を必要とする変更が PC に加えられようとすると、UAC からユーザーに通知が表示され、変更を承認する機会が与えられます。 UAC を使用すると、ウイルスが不必要な変更を加えることを防止できます。 UAC を開くには、画面の右端からスワイプし、[検索] をタップします。 (マウスを使っている場合は、画面の右上隅をポイントし、マウス ポインターを下へ移動して、[検索] をクリックします)。 検索ボックスに「uac」と入力し、[ユーザー アカウント制御設定の変更] をタップまたはクリックします。

  • 改ざん防止がオンになっていることを確認します。Windows 10と 11 では、不正なアプリによるセキュリティ設定の変更を防ぐ改ざん防止機能が用意されています。 多くのウイルスやマルウェアは、検出を回避するために、マルウェア対策ソフトウェアまたはその他のセキュリティ設定をインストール時に無効にしようとします。 オンになっていることを確認する方法については、「改ざん防止によるセキュリティ設定の変更を防止 する」を参照してください。

ウイルス対策プログラムやスパイウェア対策プログラムをアンインストールする方法

複数のウイルス対策プログラムやスパイウェア対策プログラムを同時に使っていると、PC のパフォーマンスが低下したり、PC が不安定になったり、予期せず再起動したりすることがあります。 

注意:  現在インストールされているインターネット セキュリティ プログラムを削除すると、PC が保護されていない状態になります。 別のマルウェア対策プログラムをインストールしていない場合は、Microsoft Defender アンチウイルスが有効になっていて、Windows ファイアウォールがオンになっていることを確認してください。

不要なマルウェア対策ソフトウェアをアンインストールするには:

  1. [スタート] > [設定] > [アプリ] の順に移動します。

  2. 不要なアプリを見つけて選択します

  3. [アンインストール] を選択します。

各アプリをアンインストールした後、多くの場合、マシンを再起動する必要があります。

注: 一部のセキュリティ ソフトウェアは完全にアンインストールされない場合があります。 アプリを完全にアンインストールできない場合は、発行元の Web サイトにアクセスするか、テクニカル サポートに問い合わせてください。

ヘルプを表示

ディスカッションに参加
コミュニティにたずねる
サポートを受ける
お問い合わせ​​

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×