Windows では、アプリの利便性と有用性を高めるために、さまざまなデータ アクセスを提供しています。 これらの機能は、個人データへのアクセスを制御するセキュリティコンストラクトであり、予定表、連絡先、通話履歴などの機能が含まれます。 機能ごとに独自のプライバシー設定ページがあるため、ユーザーは各機能を制御し、その機能の使用をどのようなアプリやサービスに許可するかを管理できます。

アプリで各機能を使用できるアプリを制御Windows 10

  1. [スタート]に移動 し、[プライバシー] 設定>選択します

  2. [予定表] や [連絡先] など、アプリで使用を許可する機能を選択します。

  3. アプリで機能の使用、アクセス、制御、読み取りを許可する設定を選択します。

  4. 個々のアプリとサービスのオンとオフを切り替え、機能を使用、アクセス、制御、または読み取りできるアプリを選択します。 

11 で各機能を使用できるアプリWindowsするには

  1. [スタート]に移動 、[プライバシー] 設定>セキュリティ] &選択します

  2. [予定表] や [連絡先] など、アプリで使用を許可する機能を選択します。

  3. デバイスを使用しているすべてのユーザーが機能にアクセスできる設定をオンまたはオフにします。

  4. 個々のアプリとサービスのオンとオフを切り替え、機能にアクセスできるアプリを選択します。

プライバシー設定の例外

デスクトップ アプリは、オンとオフを切り替え可能なアプリとサービスの一覧には表示されません。アプリが機能にアクセスできる設定の影響を受け取る必要があります。 デスクトップ アプリを許可またはブロックするには、各アプリケーションの設定を使います。

注: デスクトップ アプリには、次のような特徴があります。 デスクトップ アプリは、通常、インターネットからダウンロードするか、何らかの種類のメディア (CD、DVD、USB 記憶装置など) を使ってインストールします。 これらは、.EXE または .DLL ファイルを使用して起動されます。また、(クラウドで実行される) Web ベースのアプリとは異なり、デバイス上で実行されることが一般的です。 デスクトップ アプリは Microsoft Store でも提供されています。

ヘルプを表示

ディスカッションに参加

コミュニティにたずねる >

サポートを受ける

お問い合わせ >

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×