ストレージ センサーは、Windows が一時ファイルやごみ箱内の項目など不要なアイテムを削除して、自動的にドライブの空き領域を増やすことができます。 その仕組みと、ニーズに合わせて設定する方法について詳しく説明します。 

お使いのブラウザーはビデオをサポートしていません。

既定の設定で Storage Sense が有効になっている場合は、デバイスのディスク領域が少ないときに実行され、不要な一時ファイルがクリーンアップされます。 ごみ箱のコンテンツは、しばらくすると既定で削除されますが、Storage Sense を設定しない限り、[ダウンロード] フォルダーと OneDrive (または他のクラウド プロバイダー) 内のアイテムはタッチされません。  

重要: Storage Sense は、Windows オペレーティング システムが含まれているシステム ドライブでのみ動作し、通常は C: によって参照されます。 他のドライブの領域を解放するには、「その他のストレージ設定」>他のドライブのストレージ使用量を表示するを参照してください。 

  1. [システム ストレージの>設定>開始>移動します。

  2. [Storage Sense]で、不要なアイテム (ごみ箱内の一時ファイルやコンテンツなど) を取り除いて、自動的にドライブ領域を解放できます。Storage Sense をオンにしてください。

実行する頻度とクリーンアップする操作を Storage Sense に指示するには、次の手順に従います。 

注: 選択した設定は、ユーザーにのみ適用されます。 デバイス上の他のユーザーは、独自の設定を管理できます。

  1. [システム ストレージの>設定>開始>移動します。

  2. [ストレージセンスの構成] を選択するか、今すぐ実行します。

  3. Storage Sense を実行する場合、ファイルをクリーンアップする頻度など、目的の設定を選択します。

Storage Sense を実行する時間を選択する 

  1. Storage Sense が有効になっていることを確認する

  2. [ストレージセンスの実行] で、オンラインでサインインするときに Storage Sense を実行する頻度を選択します。 

注: 空きディスク領域が小さい場合は、ディスク サイズと最小動作しきい値によって異なります。 システム ストレージの [スタート] の [設定] の容量バーが赤>>ディスク>状態になります。

一時ファイルを削除するための環境設定を選択する

[一時ファイル]で、[ごみ箱] または [ダウンロード] フォルダーのファイルが削除される時間を選択します。 

  • ごみ箱内のアイテムは、ごみ箱に保存されている期間に基づいて削除されます。

  • [ダウンロード] フォルダー内のアイテムは、開かされていない期間に基づいて削除されます。 既定では、指定しない限り、これらのファイルは削除されません。

  • [アプリで使用していない一時ファイルを削除する] を選択して、PC 上のアプリに関連付けられている不要なファイルをクリーンアップします。 
     

ローカルで利用可能なクラウド コンテンツを管理する

注: クラウド アカウントにサインインしている場合にのみ、クラウド コンテンツの設定が表示されます。

クラウド ファイルは、ディスク上にローカルに存在するか、オンラインでのみ使用できます。 非アクティブなファイルがオンラインでのみ行われた場合の条件を選択するには、[コンテンツはオンラインのみになります。開いていない場合は、次の時間を選択します。 

重要: この設定では、ファイルは完全に削除されます。 空きディスク領域とネットワーク接続がある場合は、ファイルをローカルで再び使用できます。 このデバイスで Always keep とマークされているファイルは除外され、Storage Sense によって管理されません。 

ローカルで利用可能なコンテンツの詳細については、「OneDrive アイコンの意味 」を参照してください。

Storage Sense は既定でオンになっていますか?  

Storage Sense は既定でオフになっています。 お使いの PC がディスク領域が少なめで、過去に Storage Sense とやり取りしていない場合は、Storage Sense をオンにし、一時ファイルを選択して管理し、通知する場合があります。 必要に応じて、ストレージ センスをすぐオフにするか、ディスクの低い状態が解決された後に選択できます。

Storage Sense をオンにした場合、デバイスのディスク領域が少ないときに既定の設定が実行されます。 [ダウンロード] フォルダーとクラウド コンテンツは、指定しない限り管理されないので注意してください。 

Windows.old または以前の Windows インストールを削除する方法  

  1. [システム ストレージの設定>開始>に移動>します

  2. [ディスク使用量] で、[以前の Windowsインストール>一時ファイル]を選択し、ファイルを削除します。

サインインしていない場合、Storage Sense は実行できますか? 

いいえ。 Storage Sense は、10 分以上サインインしてオンラインにしていない限り、実行できません。 

Storage Sense を有効にするか、ストレージが少ない場合の通知を受け取るのですか?  

ドライブが空き領域を使い切っているときに、これらの通知が表示されます。 これは、デバイスのパフォーマンスに影響を与え、システムアップグレードを受け取りにくくする可能性があります。 

関連リンク

Windows 10 でドライブの空き領域を増やす

Windows 10 で OneDrive と Storage Sense を使用してディスク領域を管理する

Windows 10 で失われたファイルを回復する

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×