Windows 10 の回復オプション

PC に問題がある場合、以下の表を使って、使用する回復オプションを選択できます。ブラック スクリーン エラーまたはブルー スクリーン エラーに関するヘルプについては、「黒い画面が表示される問題のトラブルシューティング」または「ブルー スクリーン エラーのトラブルシューティング」をご覧ください。 

問題

対処方法

最近更新プログラムをインストールしてから、PC が不調になっている。

インストールされている Windows Update を削除する

新しいアプリ、ドライバー、更新プログラムはしばらくインストールしていないが、PC が不調になっている。

PC を初期状態に戻す

PC が起動しない。回復ドライブは作成していない。PC を初期状態に戻すこともできない。

インストール メディアを使用して Windows 10 を再インストールする

PC が起動しない。回復ドライブは作成していない。

インストール メディアを使用して PC を復元する

PC が起動しない。作成済みの回復ドライブがある。

回復ドライブを使用して、PC を復元または回復する

以前のオペレーティング システムを再インストールしたい。

以前のバージョンの Windows に戻す

最近アプリをインストールしてから、PC が不調になっている。

システムの復元ポイントから復元する


以下の回復オプションのいずれかをクリックし、問題を解決するための手順に従います。

最近 Windows Update をインストールした場合は、更新プログラムをアンインストールして問題の解決を試みます。

  1. [スタート]  ボタンを選択し、[設定]  [更新とセキュリティ]   [Windows Update]  > [更新履歴を表示する] > [更新プログラムをアンインストールする] の順に選択します。
    更新履歴設定を表示する

  2. 削除する更新プログラムを右クリックし、[アンインストール] を選択します。

重要

デバイスを暗号化している場合は、BitLocker キーで PC を初期状態に戻す必要があります。BitLocker キーがわからない場合は、「BitLocker 回復キーを探す」をご覧ください。

初期状態に戻すと Windows 10 が再インストールされますが、ファイルを保持するか、または削除するかを選択することができ、その後で Windows が再インストールされます。PC を初期状態に戻すには、[設定]、サインイン画面、回復ドライブまたはインストール メディアを使用して行うことができます。

[設定] から PC を初期状態に戻す

  1. [スタート]  ボタンを選択し、[設定]  > [更新とセキュリティ]  > [回復] の順に選択します。
    [回復] 設定を開く

  2. [この PC を初期状態に戻す] で、[開始する] を選択し、下の表のオプションや設定を選択します。

オプション

機能

[個人用ファイルを保持する]、[設定の変更]、[プレインストールされているアプリ] を [オン]

  • Windows 10 を再インストールし、個人用ファイルを保持します。

  • ユーザーがインストールしたアプリとドライバーは削除されます。

  • 設定に加えられたすべての変更は削除されます。

  • PC の購入時に Windows 10 がプレインストールされていた場合、PC の製造元がインストールしたアプリは再インストールされます。

[個人用ファイルを保持する]、[設定の変更]、[プレインストールされているアプリ] を [オフ]

  • Windows 10 を再インストールし、個人用ファイルを保持します。

  • ユーザーがインストールしたアプリとドライバーは削除されます。

  • 設定に加えられたすべての変更は削除されます。

  • PC の製造元がインストールしたアプリは削除されます。

[すべて削除する]

  • Windows 10 を再インストールし、個人用ファイルをすべて削除します。

  • ユーザーがインストールしたアプリとドライバーは削除されます。

  • 設定に加えられたすべての変更は削除されます。

  • PC の製造元がインストールしたアプリは削除されます (PC の購入時に Windows 10 がプレインストールされていた場合、PC の製造元のアプリは再インストールされます)。

注: [すべて削除する]、[設定の変更] の順に選択すると、2 つのオプションが表示されます。

[データ消去] を [オン] にすると、ファイルが削除され、ドライブがクリーンアップされます。PC の寄付、リサイクル、または販売を予定している場合は、このオプションを使ってください。これには 1 ~ 2 時間かかることがありますが、削除したファイルが他者によって回復される可能性を抑えることができます。

[データ消去] を [オフ] にすると、ファイルの削除だけが行われます。所要時間は短くなりますが、安全性は低くなります。

サインイン画面から PC を初期状態に戻す

設定を開くことができない場合には、サインイン画面から PC を初期状態に戻すことができます。方法は次のとおりです。

  1. Windows ロゴ キー を押しながら L キーを押してサインイン画面を表示し、Shift キーを押しながら、画面の右下隅にある [電源]  ボタン > [再起動] を順に選択して PC を再起動します。

  2. PC が Windows 回復環境 (WinRE) で再起動します。

  3. [オプションの選択] 画面で、[トラブルシューティング] > [この PC を初期状態に戻す] の順に選択し、前の表のいずれかのオプションを選択します。

    Windows 回復環境でオプション画面を選択します。

作成したインストール メディアを PC に接続し、Windows 10 を再インストールします。 

  1. エクスプローラー  を開き、インストールメディアがあるドライブを選択します。

  2. ドライブのルート ディレクトリで setup.exe をダブルクリックし、デバイスへの変更をアプリに許可するかどうかを尋ねるメッセージが表示されたら、[はい] を選択します。

  3. [引き継ぐものを変更] を選択します。

  4. 次のいずれかのオプションを選択し、[次へ] を選択します。

    • 個人用ファイルとアプリを引き継ぐ – 個人のデータ、アプリ、設定が保持されます。

    • 個人用ファイルのみを引き継ぐ – 個人のデータと設定は保持されますが、アプリはすべて削除されます。

    • 何も引き継がない – 個人データ、設定、アプリがすべて削除されます。

    警告

    Windows 10 の再インストールを元に戻すことはできません。[何も引き継がない] プションを選択する場合は、事前にファイルをバックアップしておいてください。 

  5. 完了するには、[インストール] を選択して、PC への Windows 10 の再インストールを開始します。

再インストール中に、PC は何回か再起動されます。

重要

デバイスを暗号化している場合は、BitLocker キーで回復ドライブを使用して PC を復元するか、または初期状態に戻す必要があります。BitLocker キーがわからない場合は、「BitLocker 回復キーを探す」をご覧ください。

PC が起動せず、回復ドライブを作成していない場合は、インストール メディアをダウンロードして、システムの復元ポイントから復元するか、または PC を初期状態に戻します。

  1. 正常に動作している PC で、Microsoft ソフトウェアのダウンロード Web サイトにアクセスします。

  2. Windows 10 メディア作成ツールをダウンロードして実行します。

  3. [他の PC 用にインストール メディアを作る] を選択します。

  4. 言語、エディション、およびアーキテクチャ (64 ビットまたは 32 ビット) を選択します。

  5. 手順に従ってインストール メディアを作成し、[完了] を選択します。

  6. 作成したインストール メディアを機能しない PC に接続し、PC を起動します。

  7. 初期設定画面で、使用する言語とその他の設定を入力し、[次へ] を選択します。設定画面が表示されない場合、ドライブから起動できるように PC がセットアップされていない可能性があります。PC の製造元の Web サイトで PC のブート順の変更方法について確認し、もう一度やり直してください。

  8. [コンピューターの修復] を選択します。

  9. [オプションの選択] 画面で [トラブルシューティング] を選択します。そこから、次の操作を実行できます。

    • システムの復元ポイントから復元する場合は、[詳細オプション][システムの復元] の順に選択します。この操作を行うと、PC の問題の原因となっている可能性がある、最近インストールしたアプリ、ドライバー、更新プログラムが削除されます。復元によって個人用ファイルが影響を受けることはありません。

重要

デバイスを暗号化している場合は、BitLocker キーで回復ドライブを使用して PC を復元するか、または初期状態に戻す必要があります。BitLocker キーがわからない場合は、「BitLocker 回復キーを探す」をご覧ください。

PC が起動しない場合は、回復ドライブを使ってシステムの復元ポイントから復元するか、または PC を回復できます。正常に動作している PC で回復ドライブを作成する方法については、「回復ドライブを作成する」をご覧ください。

注意

Surface を使っている場合、「Surface の USB 回復ドライブの作成と使用」を参照し、Surface デバイス専用の USB 回復イメージをダウンロードおよび作成してください。

回復ドライブを使って復元または回復するには、次のようにします。 

  1. 回復ドライブを接続し、PC の電源を入れます。

  2. Windows ロゴ キー を押しながら L キーを押してサインイン画面を表示し、Shift キーを押しながら、画面の右下隅にある [電源]  ボタン > [再起動] を順に選択して PC を再起動します。

  3. PC が Windows 回復環境 (WinRE) で再起動します。

  4. [オプションの選択] 画面で、[トラブルシューティング] を選択し、次の 2 つのオプションのいずれかを選択します ([オプションの選択] 画面が表示されない場合は、PC がドライブから起動するように設定されていない可能性があります。PC のブート順の変更方法については、PC の製造元の Web サイトをチェックしてください)。

Windows 回復環境でオプション画面を選択します。

  • システムの復元ポイントから復元するには、[詳細オプション][システムの復元] の順に選択します。この操作では、個人用ファイルに影響はありませんが、PC の問題を引き起こしている可能性のある、最近インストールしたアプリ、ドライバー、更新プログラムが削除されます。

  • Windows 10 を再インストールするには、[詳細オプション][ドライブから回復する] の順に選択します。この操作を行うと、個人用ファイル、インストールしたアプリとドライバー、設定に加えた変更は削除されます。

Windows 10 へのアップグレード後は、一定期間に限り、以前のバージョンの Windows に戻すことができます。これを行うには、[スタート]  ボタンを選択し、[設定]  > [更新とセキュリティ]  > [回復] の順に選択し、[前のバージョンの Windows 10 に戻す] の下の [開始する] を選択します。この操作では、個人用ファイルは保持されますが、アップグレード後にインストールしたアプリやドライバーと、設定に加えた変更はすべて削除されます。ほとんどの場合、以前のバージョンに戻すことができる期間は 10 日間です。
[回復] 設定を開く

以前のバージョンに戻すには、次の条件を満たしている必要があります。

  • アップグレード後、windows.old フォルダーと $windows.~bt フォルダーの内容がすべて保持されていること。

  • アップグレード後に追加したユーザー アカウントを削除していること。

  • Windows 7 または Windows 8.1 へのサインインにパスワードを使っていた場合は、そのパスワードを知っていること。

  • Windows 10 へのアップグレードに USB ドライブを使った場合は、その USB ドライブがあること。

注意:

Windows 8.1 に戻すと、メールや People など、Windows に付属していたいくつかのアプリが動作しなくなることがあります。アプリを修復するには、Microsoft Store から再インストールしてください。

注意:

以前のバージョンの Windows に戻すオプションを [設定] で使用できるのは、アップグレード後の一定期間だけです。

Windows Insider 向け情報

Insider にご参加のお客様で、現在のプレビュー ビルドが正しく動作しない場合は、[スタート]  ボタンを選択し、[設定]  > [更新とセキュリティ]  > [回復] の順に選択します。[前のバージョンの Windows 10 に戻す] の下の [開始する] を選択します。この操作では、個人用ファイルは削除されず、最近インストールしたアプリとドライバーが削除され、設定が既定値に戻ります。

以前のビルドに戻しても、Insider Program への登録が解除されることはありません。次のプレビュー ビルドの準備ができると、そのビルドが PC にインストールされます。

このオプションでは、PC を以前の時点の状態に戻します。戻すことができる時点は、システムの復元ポイントと呼ばれます。復元ポイントは、新しいアプリまたはドライバーをインストールしたときと、手動で復元ポイントを作成したときに生成されます。復元によって個人用ファイルが影響を受けることはありませんが、復元ポイントの作成後にインストールされたアプリ、ドライバー、更新プログラムは削除されます。

  1. タスク バーの検索ボックスに「コントロール パネル」と入力し、結果の一覧から [コントロール パネル] を選択します。

  2. [コントロール パネルの検索] ボックスに、「回復」と入力します。

  3. [回復] > [システムの復元を開く] の順に選択します。

  4. [システム ファイルと設定を復元します] ボックスで、[次へ] を選択します。

  5. 使用する復元ポイントを結果の一覧で選択し、[影響を受けるプログラムの検出] を選択します。

    注意:

    • 使用する復元ポイントが表示されていない場合は、[他の復元ポイントを表示する] チェック ボックスを選択して他の復元ポイントを表示します。

    • 復元ポイントが何も表示されない場合は、システムの保護がオンになっていない可能性があります。チェック方法は次のとおりです。

      1. タスク バーの検索ボックスに「コントロール パネル」と入力し、結果の一覧から [コントロール パネル] を選択します。

      2. [コントロール パネルの検索] ボックスに、「回復」と入力します。

      3. [回復] > [システムの復元の構成] > [構成] の順に選択し、[システムの保護を有効にする] オプションがオンになっているかどうかを確認します。

        • [システムの保護を有効にする] オプションがオンになっていない場合は、システムの保護が有効ではなく、復元ポイントはありません。このシナリオでは、システムの復元ポイントを使用して PC を回復することはできず、このページに記載されている他の回復オプションのいずれかを使用する必要があります。

        • [システムの保護を有効にする] オプションがオンになっている場合は、手順 6 に進みます。

  6. この復元ポイントを削除した場合に削除される項目の一覧が表示されます。削除してもかまわない場合は、[閉じる]> [次へ] > [完了] の順に選択します。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×