ヒント: Surface で問題が発生している場合 Surface 診断ツールを使用して修正Toolkit。

Surface が起動しない場合、または回復情報が削除されている場合は、USB 回復ドライブを使用して回復ツールにアクセスし、問題を解決できます。 Surface には Windows 回復情報があらかじめ格納されており、その情報を使って Surface を更新したり、出荷時の設定にリセットしたりすることができます。 Surface の電源をオンにできる場合は、「Surface を復元またはリセットする」を参照してください。

現在の状況に合ったシナリオを見つけ、解決方法を選択して詳細を確認します。

シナリオ

解決方法

Surface の動作に問題があり、工場出荷時の回復ドライブ イメージをダウンロードする必要がある

Surface の回復イメージをダウンロードする

回復イメージを既にダウンロードしたか Microsoft から受け取ったため、これを使用して Surface をリセットする必要がある

ダウンロードした回復イメージを使って Surface を工場出荷時の状態にリセットする方法

Surface の動作に問題はないが、必要時に備えて回復ドライブを今すぐ作成したい。

自分用の USB 回復ドライブの作成と使用

回復ドライブを使用して起動できない

Surface で USB 回復ドライブが動作しない場合

Surface の工場出荷時の回復イメージをダウンロードして作成する

開始する前に

回復ドライブ イメージを使用すると、Surface を工場出荷時の設定にリセットでき、Surface デバイスに関する問題のトラブルシューティングと修正に役立ちます。

Surface が動作しておらず、工場出荷時の回復イメージのダウンロードに使用できる別の Windows 11 デバイスもない場合、USB 回復ドライブを郵送で入手できる可能性があります。 このサービスは中華人民共和国ではご利用になれません。 詳しくは、Microsoft にお問い合わせください

ダウンロードした工場出荷時のイメージを使用して回復ドライブを作成する

Surface を使用できる場合、または別の Windows 11 PC を使用している場合は、「Surface の回復イメージをダウンロードする」ページを参照してください。 そのページでお使いの Surface を選択し、選択したデバイス用の回復イメージの .zip ファイルをダウンロードします。

重要: 回復ドライブを作成すると、その USB ドライブに保存されているデータはすべて消去されます。 USB ドライブを使って回復ドライブを作成する前に、使用する USB ドライブが空であることを確認するか、USB ドライブ上の重要なデータをすべて別の記憶装置に移動します。

回復イメージの .zip ファイルをダウンロードしたら、次の手順に従って回復ドライブを作成します。 

  1. Surface の電源がオフになっており、電源に接続されていることを確認したら、USB ポートに USB 回復ドライブを挿入します。 可能な場合は、16 GB 以上の USB 3.0 ドライブを使用します。

  2. [スタート] を選択し、「回復ドライブ」と入力し、結果から [回復ドライブの作成] または [回復ドライブ] を選択します。 管理者パスワードの入力や選択内容の確認が必要になる場合があります。

  3. [ユーザー アカウント制御] ボックスで、[はい] を選択します。

  4. [システム ファイルを回復ドライブにバックアップします] チェック ボックスを必ずオフにし、[次へ] を選択します。

  5. USB ドライブを選択し、[次へ] > [作成] の順に選択します。  一部のユーティリティは回復ドライブにコピーする必要があるため、しばらく時間がかかる場合があります。

  6. 回復ドライブの準備ができたら、[完了] を選択します。

  7. 以前にダウンロードした回復イメージの .zip ファイルをダブルクリックし、これを開きます。

  8. 回復イメージ フォルダーからすべてのファイルを選択し、作成した USB 回復ドライブにコピーし、[Choose to replace the files in the destination] (移動先のフォルダーでファイルの置き換えを選択する) を選択します。

  9. ファイルのコピーが完了したら、タスク バーの [ハードウェアを安全に取り外してメディアを取り出す] アイコンを選択し、USB を取り出します。

新しい回復ドライブの使用方法については、「Windows の回復オプション」を参照してください。

回復ドライブを使用して Surface を工場出荷時の設定にリセットする

リセットすると、Surface は工場出荷時の設定に戻ります。 個人用ファイルはすべて削除され、設定はリセットされます。また、自分でインストールしたすべてのアプリは削除されます。

動画:Surface をリセットする

お使いのブラウザーはビデオをサポートしていません。 Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、または Internet Explorer 9 をインストールします。

注: この動画は英語でのみご利用いただけます。

USB ドライブから起動して Surface をリセットする 

開始する前に、リセット後に再インストールする予定のデスクトップ アプリ (Microsoft Office など) のプロダクト キーやインストール ファイルが手元にあることをご確認ください。

準備ができたら、次の方法で Surface をリセットします。 

  1. Surface の電源がオフになっており、電源に接続されていることを確認したら、USB ポートに USB 回復ドライブを挿入します。

  2. 音量を下げるボタンを長押ししたまま、電源ボタンを押して離します。

  3. Microsoft または Surface のロゴが表示されたら、音量を下げるボタンを離します。

  4. ダイアログが表示されたら、使用する言語とキーボード レイアウトを選択します。

  5. [トラブルシューティング][ドライブから回復する] の順に選択します。 回復キーの入力を求められた場合は、画面の下部にある [このドライブをスキップする] を選択します。

    必ず、この画面の [トラブルシューティング] を選択してください。 [デバイスの使用] は選択しないでください。 [デバイスの使用] を選択すると、Surface が USB 回復ドライブからもう一度再起動し、リセット処理が最初からやり直しになります。
    ダウンロードした回復イメージを使って Surface を工場出荷時の状態にリセットする [オプションを選択してください] 画面。

  6. [自分のファイルだけを削除する][ドライブを完全にクリーンアップする] のいずれかを選択します。

    ドライブをクリーンアップするオプションを使用する方が安全ですが、所要時間が長くなります。 たとえば、Surface をリサイクルに出す場合は、ドライブをクリーンアップする必要があります。 Surface を引き続き使用する場合は、自分のファイルの削除のみでかまいません。

  7. [回復] を選択します。
    Surface が再起動し、リセット処理を続行している間は Surface のロゴが表示されます。 これには数分かかることがあります。

注: 以前に Windows 11 Home から Windows 11 Pro にアップグレードした場合、Surface デバイスは Windows 11 Home を実行します。 すでにデジタル ライセンスを購入しているため、追加料金なしで Windows 11 Home から Windows 11 Pro にアップグレードできます。 Windows 11 Pro のデジタル ライセンスを使用してアップグレードするには、「Windows Home を Windows Pro にアップグレードする」を参照してください。

自分用の USB 回復ドライブの作成と使用

Windows には、USB 回復ドライブを作成するための組み込みツールが付属しています。 USB 回復ドライブを作成するには、すべての回復データを格納するために十分な空き領域のある外部 USB ドライブを使用する必要があります。 USB 回復ドライブを作成する方法の手順については、「回復ドライブを作成する」を参照してください。

回復ドライブの作成が完了したら、必ず、Windows タスク バーにある [ハードウェアを安全に取り外してメディアを取り出す] アイコンを使用してドライブを取り出してください。

注: 回復ドライブを作成すると、その USB ドライブに保存されているデータはすべて消去されます。 USB ドライブを使用して回復ドライブを作成する前に、必ず USB ドライブの重要なデータをすべて別の記憶装置に移してください。

回復ドライブを作成するときに、回復パーティションを削除するオプションがあります。 回復パーティションの削除を選択した場合、Surface のリフレッシュやリセットを行うときに、USB 回復ドライブが必要になります。 USB 回復ドライブは、必ず安全な場所に保管してください。 回復ドライブには他のファイルやデータを格納しないことをお勧めします。 

また、回復ドライブは、Surface をリフレッシュまたはリセットするときに Windows がインストール ファイルを要求してきた場合にも使用できます。 自分の回復ドライブを使用する方法については、「Windows の回復オプション」を参照してください。

Surface で USB 回復ドライブが動作しない場合

USB 回復ドライブから起動できない場合や、[ドライブから回復する] オプションが表示されない場合は、Surface の BIOS で USB からの起動が有効になっていることを確認するか、ブート順を構成して USB ドライブを最初のオプションに設定する必要があります。 詳しくは、「USB デバイスから Surface を起動する」を参照してください。

関連トピック

ヒント: Surface で問題が発生している場合 Surface 診断ツールを使用して修正Toolkit。

Surface が起動しない場合、または回復情報が削除されている場合は、USB 回復ドライブを使用して回復ツールにアクセスし、問題を解決できます。 Surface には Windows 回復情報があらかじめ格納されており、その情報を使って Surface を更新したり、出荷時の設定にリセットしたりすることができます。 Surface の電源をオンにできる場合は、「Surface を復元またはリセットする」を参照してください。

現在の状況に合ったシナリオを見つけ、解決方法を選択して詳細を確認します。

シナリオ

解決方法

Surface の動作に問題があり、工場出荷時の回復ドライブ イメージをダウンロードする必要がある

Surface の回復イメージをダウンロードする

回復イメージを既にダウンロードしたか Microsoft から受け取ったため、これを使用して Surface をリセットする必要がある

ダウンロードした回復イメージを使って Surface を工場出荷時の状態にリセットする方法

Surface の動作に問題はないが、必要時に備えて回復ドライブを今すぐ作成したい。

自分用の USB 回復ドライブの作成と使用

回復ドライブを使用して起動できない

Surface で USB 回復ドライブが動作しない場合

Surface の工場出荷時の回復イメージをダウンロードして作成する

開始する前に

回復ドライブ イメージを使用すると、Surface を工場出荷時の設定にリセットでき、Surface デバイスに関する問題のトラブルシューティングと修正に役立ちます。

Surface が動作しておらず、工場出荷時の回復イメージのダウンロードに使用できる別の Windows 10 デバイスもない場合、USB 回復ドライブを郵送で入手できる可能性があります。 このサービスは中華人民共和国ではご利用になれません。 詳しくは、Microsoft にお問い合わせください

ダウンロードした工場出荷時のイメージを使用して回復ドライブを作成する

Surface を使用できる場合、または別の Windows 10 デバイスがある場合は、「Surface の回復イメージをダウンロードする」ページをご覧ください。 そのページでお使いの Surface を選択し、選択したデバイス用の回復イメージの .zip ファイルをダウンロードします。

重要: 回復ドライブを作成すると、その USB ドライブに保存されているデータはすべて消去されます。 USB ドライブを使って回復ドライブを作成する前に、使用する USB ドライブが空であることを確認するか、USB ドライブ上の重要なデータをすべて別の記憶装置に移動します。

回復イメージの .zip ファイルをダウンロードしたら、次の手順に従って回復ドライブを作成します。 

  1. Surface の電源がオフになっており、電源に接続されていることを確認したら、USB ポートに USB 回復ドライブを挿入します。 可能であれば USB 3.0 ドライブの使用をお勧めします。

    16 GB 以上の USB ドライブを使用してください。 Surface RT または Surface 2 をご利用の場合は、8 GB の USB ドライブも使用できます。

  2. タスク バーの検索ボックスに「回復ドライブ」と入力し、検索結果から [回復ドライブを作成する] または [回復ドライブ] を選択します。 管理者パスワードの入力や選択内容の確認が必要になる場合があります。

  3. [ユーザー アカウント制御] ボックスで、[はい] を選択します。

  4. [システム ファイルを回復ドライブにバックアップします] チェック ボックスを必ずオフにし、[次へ] を選択します。

  5. USB ドライブを選択し、[次へ] > [作成] の順に選択します。  一部のユーティリティは回復ドライブにコピーする必要があるため、しばらく時間がかかる場合があります。

  6. 回復ドライブの準備ができたら、[完了] を選択します。

  7. 以前にダウンロードした回復イメージの .zip ファイルをダブルクリックし、これを開きます。

  8. 回復イメージ フォルダーからすべてのファイルを選択し、作成した USB 回復ドライブにコピーし、[Choose to replace the files in the destination] (移動先のフォルダーでファイルの置き換えを選択する) を選択します。

  9. ファイルのコピーが完了したら、タスク バーの [ハードウェアを安全に取り外してメディアを取り出す] アイコンを選択し、USB を取り出します。

新しい回復ドライブの使用方法については、「Windows 10 の回復オプション」を参照してください。

回復ドライブを使用して Surface を工場出荷時の設定にリセットする

リセットすると、Surface は工場出荷時の設定に戻ります。 個人用ファイルはすべて削除され、設定はリセットされます。また、自分でインストールしたすべてのアプリは削除されます。

動画:Surface をリセットする

お使いのブラウザーはビデオをサポートしていません。 Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、または Internet Explorer 9 をインストールします。

注: この動画は英語でのみご利用いただけます。

USB ドライブから起動して Surface をリセットする 

開始する前に、リセット後に再インストールする予定のデスクトップ アプリ (Microsoft Office など) のプロダクト キーやインストール ファイルが手元にあることをご確認ください。

準備ができたら、次の方法で Surface をリセットします。 

  1. Surface の電源がオフになっており、電源に接続されていることを確認したら、USB ポートに USB 回復ドライブを挿入します。

  2. 音量を下げるボタンを長押ししたまま、電源ボタンを押して離します。

  3. Microsoft または Surface のロゴが表示されたら、音量を下げるボタンを離します。

  4. ダイアログが表示されたら、使用する言語とキーボード レイアウトを選択します。

  5. [トラブルシューティング][ドライブから回復する] の順に選択します。 回復キーの入力を求められた場合は、画面の下部にある [このドライブをスキップする] を選択します。

    必ず、この画面の [トラブルシューティング] を選択してください。 [デバイスの使用] は選択しないでください。 [デバイスの使用] を選択すると、Surface が USB 回復ドライブからもう一度再起動し、リセット処理が最初からやり直しになります。
    ダウンロードした回復イメージを使って Surface を工場出荷時の状態にリセットする [オプションを選択してください] 画面。

  6. [自分のファイルだけを削除する][ドライブを完全にクリーンアップする] のいずれかを選択します。

    ドライブをクリーンアップするオプションを使用する方が安全ですが、所要時間が長くなります。 たとえば、Surface をリサイクルに出す場合は、ドライブをクリーンアップする必要があります。 Surface を引き続き使用する場合は、自分のファイルの削除のみでかまいません。

  7. [回復] を選択します。
    Surface が再起動し、リセット処理を続行している間は Surface のロゴが表示されます。 これには数分かかることがあります。

注: 以前に Windows 10 Home から Windows 10 Pro にアップグレードした場合、Surface デバイスは Windows 10 Home を実行します。 すでにデジタル ライセンスを購入しているため、追加料金なしで Windows 10 Home から Windows 10 Pro にアップグレードできます。 Windows 10 Pro のデジタル ライセンスを使用してアップグレードするには、「Windows Home を Windows Pro にアップグレードする」を参照してください。

自分用の USB 回復ドライブの作成と使用

Windows には、USB 回復ドライブを作成するための組み込みツールが付属しています。 USB 回復ドライブを作成するには、すべての回復データを格納するために十分な空き領域のある外部 USB ドライブを使用する必要があります。 USB 回復ドライブを作成する方法の手順については、「回復ドライブを作成する」を参照してください。

回復ドライブの作成が完了したら、必ず、Windows タスク バーにある [ハードウェアを安全に取り外してメディアを取り出す] アイコンを使用してドライブを取り出してください。

注: 回復ドライブを作成すると、その USB ドライブに保存されているデータはすべて消去されます。 USB ドライブを使用して回復ドライブを作成する前に、必ず USB ドライブの重要なデータをすべて別の記憶装置に移してください。

回復ドライブを作成するときに、回復パーティションを削除するオプションがあります。 回復パーティションの削除を選択した場合、Surface のリフレッシュやリセットを行うときに、USB 回復ドライブが必要になります。 USB 回復ドライブは、必ず安全な場所に保管してください。 回復ドライブには他のファイルやデータを格納しないことをお勧めします。 

また、回復ドライブは、Surface をリフレッシュまたはリセットするときに Windows がインストール ファイルを要求してきた場合にも使用できます。 自分の回復ドライブを使用する方法については、「Windows 10 の回復オプション」を参照してください。 

Surface で USB 回復ドライブが動作しない場合

USB 回復ドライブから起動できない場合や、[ドライブから回復する] オプションが表示されない場合は、Surface の BIOS で USB からの起動が有効になっていることを確認するか、ブート順を構成して USB ドライブを最初のオプションに設定する必要があります。 詳しくは、「USB デバイスから Surface を起動する」を参照してください。

関連トピック

問題が発生した場合や、記憶域を解放する目的で、USB 回復ドライブを使用して Surface を起動できます。

Surface には Windows 回復情報があらかじめ格納されており、その情報を使ってデバイスをリフレッシュしたり、出荷時の設定にリセットしたりすることができます。 回復情報は、Surface の回復専用パーティションに格納されています。

この情報を USB ドライブにコピーまたは移動することには次の 2 つの利点があります。
 

  • 回復。 Surface の起動に関して問題が発生した場合は、USB 回復ドライブを使用して Surface を起動できます。

  • ストレージの解放。 回復情報を削除して USB ドライブに格納することにより、Surface の記憶領域を解放できます。 解放できるディスク領域の容量はデバイスによって異なります。

重要: USB 回復ドライブを作成した後に Surface から回復情報を削除する場合、USB 回復ドライブを安全な場所に保管してください。 回復イメージは Surface に保持されなくなるため、これ以降は、USB 回復ドライブを使用して Surface のリフレッシュやリセットを行うことが必要になります。

回復ドライブを作成する

Surface には、USB 回復ドライブを作成するための組み込みツールが付属しています。 回復ドライブを作成するには、すべての回復データを格納するのに十分な記憶領域がある、FAT32 でフォーマットされた外部 USB ドライブが必要となります。

注: Surface Web サイトから回復ファイルをダウンロードすることもできます。 詳細については、「Surface の回復 イメージをダウンロードする」を参照してください。

  1. 画面の右端から内側へスワイプして、[検索] をタップします。
    (マウスを使っている場合は、画面の右上隅をポイントし、マウス ポインターを下に移動して、[検索] をクリックします。)

  2. 検索ボックスに「回復」と入力し、検索結果で [回復] をタップまたはクリックした後、[回復ドライブの作成] をタップまたはクリックします。

  3. [ユーザー アカウント制御] ダイアログ ボックスで、[はい] をタップまたはクリックします。

  4. [回復パーティションを PC から回復ドライブにコピーします] をタップまたはクリックし、[次へ] をタップまたはクリックします。

    次の画面に USB ドライブで使用可能な記憶領域の容量が表示されます。

  5. [キャンセル] をタップまたはクリックして、回復ドライブ ツールを閉じます。

重要: 回復ドライブを作成すると、USB ドライブに既に格納されていたデータはすべて消去されます。 USB ドライブを使用して Surface の USB 回復ドライブを作成する前に、必ず、重要なデータはすべて USB ドライブから別の記憶装置に移してください。

  1. USB ドライブをコンピューターに接続します。

  2. エクスプローラーを開き、USB ドライブを右クリックして、[フォーマット] を選択します。

  3. [ファイル システム] > [FAT32] を選択し、[開始] を選択します。

  1. AC アダプターを Surface に接続し、電源コンセントに差し込みます。

  2. USB ドライブを Surface の USB ポートに挿入します。

  3. 画面の右端から内側へスワイプして、[検索] をタップまたはクリックします。

  4. 検索ボックスに「回復」と入力し、検索結果で [回復] をタップまたはクリックした後、[回復ドライブの作成] をタップまたはクリックします。

  5. [ユーザー アカウント制御] ダイアログ ボックスで、[はい] をタップまたはクリックします。

  6. [回復パーティションを PC から回復ドライブにコピーします] をタップまたはクリックし、[次へ] をタップまたはクリックします。

  7. 使用する USB ドライブをタップまたはクリックし、[次へ] をタップまたはクリックします。

  8. [作成] をタップまたはクリックします。

    回復イメージと回復ツールが、USB ドライブにコピーされます。 コピー処理中は Surface を起動状態に保つ必要があります。コピーには 10 分から 15 分程度かかります。

  9. 回復ツールがコピーされたら、次のいずれかを実行します。

    • 回復ツールを Surface 上に残しておく場合は、[完了] をタップまたはクリックします。

    • 回復ツールを Surface から削除してディスク領域を解放する場合は、[回復パーティションの削除] をタップまたはクリックします。 実行を確定するには、[削除] をタップまたはクリックし、削除が完了したら、[完了] をタップまたはクリックします。

  10. USB ドライブを Surface から取り外し、安全な場所に保管します。

    回復ドライブには他のファイルやデータを格納しないことをお勧めします。

重要: 回復パーティションの削除を選択すると、USB 回復ドライブを使用して Surface のリフレッシュやリセットを行うことが必要になります。

回復ドライブを作成したら、必要なときにこのドライブを使用して Surface を起動できます。 詳しくは、「USB デバイスから Surface を起動する」を参照してください。

回復ドライブを使って Surface を起動し、次の手順に従います。

  1. 言語を選択します。

  2. キーボード レイアウトを選択します。

  3. [オプションの選択] 画面で [トラブルシューティング] を選びます。

  4. [トラブルシューティング] 画面で、[PC を初期状態に戻す] をタップします。

  5. [PC を初期状態に戻す] 画面で、次の手順を実行します。

    • [次へ] を選択します。

    • [はい、ドライブのパーティション分割をやり直します] を選びます。

    • [ファイルの削除のみ行う] または [ドライブを完全にクリーンアップする] を選びます。

    • [リセット] を選びます。

回復ドライブから確実に起動可能にするには、USB ドライブを最初の起動オプションとしてブート順を構成します。 詳しくは、「BIOS/UEFI の使い方」をご覧ください。

関連トピック

ヘルプを表示

ディスカッションに参加
コミュニティにたずねる
サポートを受ける
お問い合わせ​​

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×