Windows 10 へのアップグレード:よくあるご質問

アップグレードにより、PC が以前のバージョンの Windows (Windows 7 または Windows 8.1) から Windows 10 に移行します。 アップグレードは既存のデバイスで実施できますが、Microsoft では新しい PC で Windows 10 を使用して、最新機能やセキュリティ強化を活用することをお勧めします。 このよくあるご質問は、Windows 10 へのアップグレードに関する質問に回答することを目的としています。

更新プログラムにより、現在のバージョンの Windows の最新機能やセキュリティ強化を確実に入手できます。 デバイスを更新する場合に、詳細情報が必要であれば、「Windows Update FAQ」をご覧ください。 

注: 

 

Windows 10 へのアップグレードに関する疑問に対する回答を次に示します。適切な見出しを選択すると、 詳細情報が表示されます。 

Windows 7 または Windows 8.1 の PC 用に、通常版の Windows 10 Home または Windows 10 Pro を購入できます。 ただし、Windows 10 のエクスペリエンスを活用する最良の方法は、新しい PC を購入することです。 最新のコンピューターは速度とパフォーマンスに優れ、Windows 10 も既にインストールされています。 詳しくは、新しい Windows 10 PC に関する情報をご覧ください。

Windows 10 アプリのガイド

Windows 7 のサポートが終了したため、Microsoft では Windows 10 に移行して引き続きセキュリティ更新プログラムを受け取ることをお勧めします。 Windows 10 ガイドアプリをダウンロードして、移行のオプションを比較し、使用している PC 用にカスタマイズされた推奨事項を入手します。
アプリを入手する

* このアプリは、Windows 7 専用です

 

"Windows 10 を入手" (GWX) アプリによる Windows 10 の無償アップグレードは、2016 年 7 月 29 日に終了しました。

すべてのアップグレードは、UTC-10 (ハワイ標準時) 2016 年 7 月 29 日の午後 11 時 59 分までに完了し、"ようこそ" 画面が表示されている必要があります。この時間は、世界各地に一様に適用されます。

はい、メディア作成ツールと Windows 10 のインストール メディア (ISO ファイル) は、Windows 10 のインストールにご利用いただけます。 Windows 10 を初めてインストールする場合、このツールを使用するには、有効な Windows 10 のプロダクト キーを入力するか、セットアップ中に Windows 10 の通常版を購入する必要があります。 お使いのデバイスに Windows 10 をインストールしていた場合は、デジタル ライセンスが含まれているため、プロダクト キーを入力しなくても Windows 10 のライセンス認証が自動的に行われます。 

Windows 10 にアップグレードした後は、同じデバイスで再インストールやクリーン インストールを実行できます。 同じハードウェアで再び Windows 10 のライセンス認証を行うために、プロダクト キーは必要ありません。 Windows 10 のインストール メディアを作成する方法について詳しくは、「Microsoft ソフトウェア ダウンロード Web サイト」をご覧ください。

支援技術を使用するユーザーが Windows 10 にアップグレードできるよう取り組んでいます。 支援技術を使用するユーザーへの無償アップグレード提供について詳しくは、「アクセシビリティと Windows 10 の無償アップグレード」をご覧ください。 注:アクセシビリティ アップグレードの提供は、2017 年 12 月 31 日に終了しました。

最適な Windows 10 PC の選択について詳しくは、Windows 10 の入手または新しい Windows 10 PC の選択に関するページをご覧ください。 

Windows 10 へのアップグレード プロセスが進行中の場合は、以下のいずれかの見出しを選択すると、 詳しい情報が表示されます。

Windows 10 へのアップグレードに必要な時間は、デバイスの製造後の年数やデバイスの構成などの要素によって異なります。 ほとんどのデバイスで、ダウンロードが完了してからアップグレードが完了するまでに 1 時間ほどかかります。 旧型のデバイスでは時間がかかることがありますが、新しい高性能デバイスでは短時間でアップグレードが完了する可能性があります。 

ハード ドライブの容量が 32 GB 以下のデバイスや、空き領域がないハード ドライブを搭載した旧型のデバイスでは、アップグレードを完了するために追加の記憶域が必要になる場合があります。 空き領域が十分でない場合は、不要になったファイルまたはアプリを削除するかディスク クリーンアップを使用して、空き容量を増やしてください。 詳しくは、「PC ドライブの空き容量を増やすヒント」をご覧ください。

アップグレード中に、デバイスの空き容量を増やすか、十分な空き容量を持った外部ドライブを接続してアップグレードを続行するよう求められる可能性があります。 外部ドライブを接続する場合、この外部ドライブは、回復オプション用に必要になった場合に備えて、アップグレード後も安全な場所に保管しておいてください。

アップグレード プロセスで問題を引き起こす可能性があるため、一部のアプリをアンインストールする必要があります。 Windows 10 へのアップグレード後に、これらのアプリを再インストールすることができます。

ほかにも、Windows 10 で正常に動作しないか、まったく動作しない可能性があるため、アンインストールの必要があるアプリがあります。

アップグレード後は、これらのアプリを再インストールまたは使用できなくなります。

最適なエクスペリエンスのために、新しい Windows 10 PC でアプリケーションの新規インストールを行うことをお勧めします。 Microsoft Store には、簡単にダウンロードしてインストールすることができる、さまざまなサードパーティ製アプリケーションがあります。 
Microsoft Store を開く

Microsoft Store で現在利用できないソフトウェアについては、その会社の公式 Web サイトにアクセスして、そこから Windows 10 バージョンをダウンロードすることをお勧めします。 限定的な状況において、一部の古いソフトウェアには Windows 10 と互換性のある更新されたバージョンが用意されていない場合があります。

言語を変更する最も簡単な方法は、現在 PC で使っているのと同じ言語にアップグレードした後に、新しい言語を追加することです。

Windows 10 で新しい言語を追加するには、[スタート][設定] > [時刻と言語] > [言語] の順に選択し、目的の言語を選びます。

新しい言語を追加する

いいえ。Windows Media Center は Windows 10 では提供されないため、アップグレード中に削除されます。 アップグレードの完了後に Windows Media Center をインストールすることはできません。

Windows 10 から以前のバージョンの Windows に戻すには、いくつか方法があります。

  • [スタート]  > [設定] > [更新とセキュリティ] > [回復] の順に選択して、以前のバージョンに戻すことができます。 次に、[前のバージョンの Windows 10 に戻す] の下の [開始する] を選択します。

    前のバージョンの Windows 10 に戻す

    この場合、個人用ファイルは保持されますが、アップグレード後にインストールしたアプリやドライバーと、設定に加えた変更はすべて削除されます。 以前のバージョンの Windows 10 に戻すオプションを使用できるのは、アップグレード後の一定期間だけです。

  • PC の製造元によって、デバイスを出荷時の設定に復元するオプションが用意されていることもあります。

  • 以前のバージョンや出荷時の設定に戻すオプションがない場合でも、インストール メディアとプロダクト キーを使えば、以前のバージョンの Windows をインストールできます。

詳しい情報と要件については、「Windows 10 の回復オプション」で「以前のバージョンの Windows に戻す」のセクションをご覧ください。

注: 製造元により、圧縮された Windows イメージ ファイルから PC が起動するように設定されている場合は (Windows イメージ ファイル ブート、または WIMBoot)、出荷時の設定に戻すオプションが用意されていても、Windows 10 へのアップグレード後にはそのオプションが使用できなくなります。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×