Windows のライセンス認証エラーに関するヘルプ


ここでは、Windows 10 のライセンス認証に関して最もよくあるエラーのいくつかと、エラーを解決できる可能性がある解決策について説明します

無償で Windows 10 にアップグレードして、PC のライセンス認証が行われない場合は、最新バージョンの Windows 10 を実行していることを確認してください。ライセンス認証とライセンス認証エラーのトラブルシューティングの機能を強化しました。Windows を最新の状態に保つ方法については、「Windows Update: FAQ」をご覧ください。


エラー意味と解決方法
0x803f7001、0x800704cF

このエラーは、PC の有効な Windows のライセンスが見つからなかったことを示しています。

有効なプロダクト キーを使用して、Windows のライセンス認証を行う必要があります。プロダクト キーは、Windows の購入後に受け取った確認メール、PC に付属していたパッケージ、または PC の背面または底面に貼付されている Certificate of Authenticity (COA) に記載されています。

有効なプロダクト キーをお持ちの場合は、そのキーを使って Windows のライセンス認証を行えます。

  1. [スタート]  ボタンを選び、[設定] [更新とセキュリティ] [ライセンス認証] の順に選びます。
  2. [プロダクト キーの変更] を選び、25 文字のプロダクト キーを入力します。
マザーボードの交換など、デバイスのハードウェアに大きな変更を加えた場合は、ライセンス認証の設定ページにある Windows ライセンス認証のトラブルシューティング ツールを実行します。ライセンス認証プロセスをもう一度実行するように求められる場合があります。


0xC004C003、0xC004C060、0xC004C4A2、0xC004C4A2、0x803FA067L、0xC004C001、0xC004C004、0xC004F004、0xC004C007、0xC004F005、0xC004C00F、0xC004C010、0xC004C00E、0xC004C4A4、0xC004C4A5、0xC004B001、0xC004F010、0xC004F050
これらのエラーが発生する場合は、以下のような理由が考えられます。

  • Windows のライセンス認証に使用できないプロダクト キーが入力された。別のプロダクト キーを入力するか、新しいプロダクト キーを購入します。
  • お客様は Windows 10 にアップグレードしているが、ライセンス認証サーバーがビジー状態だった。ライセンス認証が完了している Windows 7 または Windows 8.1 からアップグレードした場合は、Windows 10 のライセンス認証が自動的に実行されます。すぐに実行されない場合は、[ライセンス認証] を選びます。ライセンス認証できない場合は、カスタマー サポートにお問い合わせください。
  • 無償アップグレード キャンペーンを利用して Windows 10 にアップグレードしたが、再インストール後に Windows 10 がライセンス認証されない。デバイスのハードウェアに大きな変更 (マザーボードの交換など) がない限り、この Windows 10 は自動的にライセンス認証されるはずです。ライセンス認証できない場合は、カスタマー サポートにお問い合わせください。
0xC004F034
無効なプロダクト キーまたは別のバージョンの Windows のプロダクト キーを入力した場合に、このエラーが表示される可能性があります。

デバイスにインストールされている Windows 10 のバージョンとエディションに一致する有効なプロダクト キーを入力してください。

キー管理サービス (KMS) サーバーに接続するデバイスに Windows がインストールされている場合は、組織のサポート担当者に Windows のライセンス認証の方法を問い合わせてください。
0xC004F210
デバイスにインストールされている Windows のエディションとは異なるエディションのプロダクト キーを入力した場合に、このエラーが表示される可能性があります。Windows 10 にアップグレード済みで、現在デバイスにインストールされている Windows のエディションとデジタル ライセンスのエディションが一致しない場合にも、このエラーが表示される可能性があります。

デバイスにインストールされている Windows のエディションと一致する有効なプロダクト キーを入力するか、デジタル ライセンスと一致する Windows 10 のエディションを再インストールしてください。

お使いのデバイスで Windows 10 (バージョン 1607) を実行している場合は、ライセンス認証のトラブルシューティング ツールを使用してデバイスに適切なエディションの Windows をインストールできます。詳しくは、「ライセンス認証のトラブルシューティング ツールを使用する」をご覧ください。
0xC004E016、0xC004F210
別のバージョンまたは別のエディションの Windows のプロダクト キーを入力した場合に、このエラーが表示される可能性があります。たとえば、Windows 10 の Enterprise エディションのプロダクト キーを使って、Windows 10 Home エディションや Windows 10 Core エディションのライセンス認証を行うことはできません。

デバイスにインストールされている Windows のバージョンとエディションに一致するプロダクト キーを入力するか、ストアから新しい Windows のコピーを購入してください。
0xC004FC03
このエラーは、インターネットに接続していない場合、またはファイアウォールの設定が原因で Windows がライセンス認証プロセスをオンラインで完了できない場合に表示される可能性があります。

インターネットに接続していること、ファイアウォールが Windows のライセンス認証をブロックしていないことを確かめてください。問題が解決しない場合は、電話で Windows のライセンス認証を行うことができます。

タスク バーの検索ボックスに「SLUI 04」と入力し、「SLUI 04」を選択してから、画面の指示に従って Windows のライセンス認証を行います。
0xC004E028
このエラーは、既にライセンス認証処理中のデバイスをライセンス認証しようとした場合に表示される可能性があります。デバイスは最初の要求の完了後にライセンス認証されます。
0x8007267C
インターネットに接続していないか、ライセンス認証サーバーが一時的に使用できない場合に、このエラーが表示される可能性があります。インターネットに接続していること、ファイアウォールが Windows のライセンス認証をブロックしていないことを確かめてください。
0xD0000272、0xC0000272、0xc004C012、0xC004C013、0xC004C014
ライセンス認証サーバーが一時的に使用できない場合は、サーバーがオンラインに戻るときに、Windows のライセンス認証が自動的に実行されます。
0xC004C008、0xC004C770、0x803FA071
このエラーは、プロダクト キーが既に別の PC で使われている場合、または Microsoft ソフトウェア ライセンス条項で許可されている PC の台数を超えて使われている場合に表示される可能性があります。問題を解決するには、Windows のライセンス認証を行う PC ごとにプロダクト キーを購入する必要があります。

Windows 10 を使用している場合、Windows ストアで Windows を購入できます。

  1. [スタート]  ボタンを選び、[設定] [更新とセキュリティ] [ライセンス認証] の順に選びます。
  2. [ストアに移動] を選び、手順に従って Windows 10 を購入します。

0xC004F00F
Windows の Enterprise エディションのプロダクト キーを入力して Windows 10 Home または Windows 10 Pro のライセンス認証を行おうとした場合に、このエラーが表示される可能性があります。ご使用のデバイスの Windows のエディションと一致するプロダクト キーを入力してください。

0xC004C020
このエラーは、ボリューム ライセンス (複数の PC に Windows をインストールするために組織が Microsoft から購入したライセンス) が、Microsoft ソフトウェア ライセンス条項で許可されている PC の台数を超えて使われた場合に発生します。この問題を解決するには、ご使用の PC で別のプロダクト キーを使って Windows のライセンス認証を行うことが必要になる場合があります。詳しくは、組織のサポート担当者にお問い合わせください。
0x8007232B、0xC004F074、0xC004F038、0x8007007B
  • Windows の Enterprise エディションのプロダクト キーを入力して Windows 10 Home または Windows 10 Pro のライセンス認証を行おうとした場合に、このエラーが表示される可能性があります。ご使用のデバイスの Windows のエディションと一致するプロダクト キーを入力してください。
  • このエラーは、PC をライセンス認証しようとしたときに職場のネットワークに接続できない場合に表示される可能性があります。職場のネットワークに接続しているにもかかわらずこのエラーが発生する場合は、ネットワーク設定の変更が必要になることがあります。詳しくは、組織のサポート担当者にお問い合わせください。
  • 組織にサポート担当者がいない場合は、プロダクト キーの再入力が必要になることがあります。
    1. [スタート]  ボタンを選び、[設定] [更新とセキュリティ] [ライセンス認証] の順に選びます。
    2. [プロダクト キーの変更] を選び、25 文字のプロダクト キーを入力します。
管理者のアクセス許可が必要です
 管理者パスワードの入力や選択内容の確認を求められることがあります。
0x80072F8F
このエラーは、PC の日付と時刻が正しくない場合、または Windows からオンライン ライセンス認証サービスへの接続に問題があり、プロダクト キーを確認できない場合に表示される可能性があります。

日付と時刻を確認するには、[スタート]  ボタンを選び、[設定] [時刻と言語][日付と時刻] の順に選びます。

インターネット接続を確認するには、次の手順を実行します。

  1. タスク バーの検索ボックスに「ネットワークのトラブルシューティング」と入力し、[ネットワークの問題の識別と修復] を選びます。
  2. 画面の指示に従ってネットワークの問題を修正します。
ネットワークのトラブルシューティング ツールでネットワーク接続の問題が何も見つからなかった場合は、PC を再起動し、それで問題が解決するかどうかを確認してください。

0xC004E003
このエラーは、システム ファイルを変更するサード パーティ ソフトウェアがインストールされた後に表示される可能性があります。Windows のライセンス認証を完了するには、所定のシステム ファイルが必要です。システム ファイルを復元して、以前の時点の状態に戻すことができます。この方法では、個人用ファイルに影響を与えることなく、ある時点以降にインストールしたソフトウェアをすべて削除できます。

詳しくは、「Windows 10 の回復オプション」で、システムの復元ポイントからの復元方法に関するセクションをご覧ください。
0x80004005
[スタート]  ボタンを選び、[設定] [更新とセキュリティ] [ライセンス認証] の順に選びます。次に、[トラブルシューティング] を選び、ライセンス認証のトラブルシューティング ツールを実行します。トラブルシューティング ツールについて詳しくは、「ライセンス認証のトラブルシューティング ツールを使用する」をご覧ください。

問題が解決しない場合は、PC を初期状態に戻すことが必要になる場合があります。詳しくは、「Windows 10 の回復オプション」の該当するセクションをご覧ください。
プロパティ

文書番号:10738 - 最終更新日: 2016/12/16 - リビジョン: 10

フィードバック