Windows をライセンス認証できない理由

Windows をライセンス認証できなかったというメッセージが表示された場合に考えられる理由と、この問題を解決する方法を説明します。


修理の際に、別のプロダクト キーまたは別のバージョンの Windows が使用された

PC が修理または再構築された場合は、別のバージョンの Windows がインストールされた可能性があります。または、修理中に別のプロダクト キーが PC に適用され、そのキーが Microsoft ソフトウェア ライセンス条項で許可されている PC の台数を超えて使われたために、ブロックされた可能性もあります。

PC を修理または再構築する前に Windows をライセンス認証していた場合は、PC または Windows の元のコピーに付属しているプロダクト キーを再入力すると、問題が解決することがあります。また、元のバージョンの Windows を再インストールすることもできます。

Windows のコピーが複数の PC にインストールされた

Windows のコピーを 1 つ持っていて、それを複数の PC にインストールした場合は、ライセンス認証に失敗することがあります。これは、プロダクト キーが既に使われているか、Microsoft ソフトウェア ライセンス条項で許可されている PC の台数を超えて使われているためです。

プロダクト キーが Microsoft ソフトウェア ライセンス条項で許可されている PC の台数を超えて使われている場合、それらの PC をライセンス認証するには、PC ごとに新しいプロダクト キーか Windows のコピーを購入する必要があります。

偽造ソフトウェア

Microsoft から発行およびライセンスされていない Windows の偽造コピーを所有している場合は、Microsoft で PC のハードウェア プロファイルと 25 文字のプロダクト キーを照合することができないため、ライセンス認証できません。

Microsoft の How to Tell Web サイトでは、お持ちの Windows が偽造品でないかどうかを確認できます。偽造品の場合は、新しい Windows のコピーを購入する必要があります。

中古 PC

Windows が既にインストールされている中古 PC を購入した場合は、Microsoft ソフトウェア ライセンス条項で許可されている PC の台数を超えてプロダクト キーが使われている可能性があります。

購入した中古 PC の販売者に、元の Windows DVD とプロダクト キーを要求してください。DVD とプロダクト キーを入手できない場合、またはそれらを試しても PC でライセンス認証できない場合は、新しいプロダクト キーか別の Windows のコピーを購入する必要があります。

ハードウェアの変更

ハード ドライブやマザーボードの交換など、PC のハードウェアを大幅に変更すると、Windows がライセンス認証されていない状態になる場合があります。PC で Windows のライセンス認証をもう一度行う方法については、製品のライセンス認証に関する記事をご覧ください。





プロパティ

文書番号:10751 - 最終更新日: 2016/09/14 - リビジョン: 5

Windows 10, Windows 7, Windows 8.1

フィードバック