Windows でカメラが見つからないか、カメラを起動できない



Windows 10 の Web カメラやカメラ アプリが起動せず、カメラが見つからないか、カメラを起動できないことを示すエラー メッセージ (エラー コード 0xA00F4244 または 0x200F4244 が含まれます) が表示される場合、Web カメラやカメラをブロックするウイルス対策ソフトウェア、または古い Web カメラ ドライバーが原因となっている可能性があります。詳しくは、「Windows 10 で見つからないカメラ ロールを修復する」もご覧ください。

ウイルス対策ソフトウェアを確認する

ウイルス対策アプリで、Web カメラを使用するためのアクセスやアクセス許可をブロックする操作に関連する設定を探します。ヘルプが必要な場合は、ウイルス対策ソフトウェアの会社の Web サイトにアクセスしてください。

古い Web カメラ ドライバーを確認する

  1. [スタート] ボタン を選択し、「デバイス マネージャー」と入力して、検索結果から [デバイス マネージャー] を選びます。
  2. [イメージング デバイス] または [サウンド、ビデオ、およびゲーム コントローラー] で Web カメラを探します。
  3. Web カメラの名前を長押し (または右クリック) して、[プロパティ] を選びます。
  4. [ドライバー] タブを選び、[ドライバーの詳細] ボタンを選んで、stream.sys を含んでいるファイル名を探します。このファイル名が見つかった場合、お使いの Web カメラは Windows 7 以前に設計されたものであり、新しい Web カメラに置き換える必要があります。
  5. stream.sys を含んだファイル名が見つからない場合は、Web カメラ ドライバーのロールバックを試してみてください。

Web カメラ ドライバーをロールバックする

  1. デバイス マネージャーで、Web カメラを長押し (または右クリック) して、[プロパティ] を選びます。
  2. [ドライバー] タブを選び、[ドライバーを元に戻す][はい] の順に選びます (一部のドライバーではロールバック オプションを使用できない場合があります)。
  3. ロールバックが完了したら、PC を再起動して、カメラ アプリをもう一度開いてください。
  4. ロールバックが機能しないか利用できない場合は、Web カメラ ドライバーをアンインストールして、ハードウェアの変更をスキャンしてください。

Web カメラ ドライバーをアンインストールし、ハードウェアの変更をスキャンする

  1. デバイス マネージャーで、Web カメラを長押し (または右クリック) して、[プロパティ] を選びます。
  2. [ドライバー] タブを選び、[アンインストール][このデバイスのドライバー ソフトウェアを削除する] の順に選んで、[OK] を選びます。
  3. デバイス マネージャー[操作] メニューで、[ハードウェア変更のスキャン] を選びます。スキャンされるまで待機して、更新されたドライバーを再インストールし、PC を再起動して、カメラ アプリをもう一度開いてみます。
  4. それでも Web カメラが動作しない場合は、Web カメラの製造元の Web サイトでヘルプを探してください。

フォーラムで回答を検索する

上記の解決策で問題が解決しない場合は、Windows カメラに関する Microsoft コミュニティ フォーラムで、類似した問題を検索してみてください。解決策が見つからない場合は、発生した問題の詳細をフォーラムで共有し、後で応答を確認してください。

プロパティ

文書番号:13753 - 最終更新日: 2016/09/14 - リビジョン: 4

フィードバック