Windows のパフォーマンスを高めるための最適化

ここでは、Windows 7 のパフォーマンスを最適化するのに役立つヒントを紹介します。

パフォーマンスのトラブルシューティング ツールを試す

最初の試みとしては、パフォーマンスのトラブルシューティング ツールを使用することが挙げられます。このツールは問題を自動的に検出して解決します。パフォーマンスのトラブルシューティング ツールを使用することで、コンピューターに現在ログインしているユーザー数や、複数のプログラムが同時に実行されているかどうかなど、コンピューターのパフォーマンス低下を引き起こす可能性がある問題を確認できます

パフォーマンスのトラブルシューティング ツールを開くには、[スタート] ボタン

[スタート] ボタンの画像
[コントロール パネル] の順にクリックします。検索ボックスに「トラブルシューティング」と入力し、[トラブルシューティング] をクリックします。[システムとセキュリティ] で、[パフォーマンスの問題を確認する] をクリックします。

使用していないプログラムを削除する

PC の製造元の多くが、指示されてもいなければ、求められていない可能性もあるプログラムを新しいコンピューターに詰め込んでいます。多くの場合、その中には試用版のプログラムや制限付きのプログラムが含まれます。そうしたプログラムは、試しに使ってみたユーザーが便利さを感じて通常版や最新版に有償でアップグレードすることをソフトウェア会社が期待しています。そのようなソフトウェアを必要ないと判断した場合に、それらをコンピューター上に残しておくと貴重なメモリ、ディスク領域、処理能力が浪費されることでコンピューターが遅くなる恐れがあります。

使用する予定のないプログラムはすべてアンインストールすることをお勧めします。これには、製造元によりインストールされたソフトウェアと、自分でインストールしたがもう必要のないソフトウェアの両方を含めます。特に、コンピューターのハードウェアおよびソフトウェアの管理と調整を行うために設計されたユーティリティ プログラムはその対象にします。ウイルス検索プログラム、ディスク クリーナー、バックアップ ツールなどのユーティリティ プログラムはスタートアップ時に自動的に実行される場合が多く、ユーザーから見えないバックグラウンドでひそかに動作し続けます。多くのユーザーは、そのようなプログラムが実行されていることさえ知りません。

お使いの PC が古いものだったとしても、製造元によりインストールされたプログラムが組み込まれており、その存在にこれまで気付いていなかったり、そのことを忘れてしまっていたりする可能性があります。これらを削除して、散らかった無駄なシステム リソースを取り除くことは今からでも遅くありません。いつか使う可能性があると考えながらも、これまで一度も使用しなかったものがあることでしょう。アンインストールして、PC の実行が高速化されたかどうかを確認してください。

起動時に実行するプログラム数を制限する

多くのプログラムが、Windows の起動時に自動的に開始されるように設計されています。ソフトウェアの製造元が、プログラムをユーザーから実行が見えないバッググラウンドで起動するように設定していることはよくあることです。そうすることで、そのソフトウェアのアイコンをクリックするとすぐに開くようになります。これは使用頻度の高いプログラムでは便利ですが、めったに使用しないものや、まったく使用しないプログラムについては、貴重なメモリが浪費され、Windows の起動が完了するまでの時間が長くなります。

起動時にプログラムを実行する必要があるかどうかは自分で決めることをお勧めします。

ですが、起動時にどのプログラムが自動的に実行されているかを知るにはどうすればよいでしょうか。これはすぐにわかる場合もあります。プログラムによってはタスク バーの通知領域にアイコンが追加されるためです。この場合、通知領域を確認すればそのプログラムが実行されていることがわかります。通知領域を見て、自動的に起動する必要のないプログラムがあるかどうかを確認してください。各アイコンをポイントすれば、そのプログラム名を確認できます。アイコンを見逃さないように、[隠れているインジケーターを表示します] ボタンを必ずクリックしてください。

通知領域を確認したとしても、起動時に自動的に実行されるプログラムをまだ一部見逃している可能性があります。AutoRuns for Windows は Microsoft の Web サイトからダウンロードできる無料のツールです。これを使用することで、Windows の起動時に実行されるすべてのプログラムとプロセスを表示できます。Windows の起動時にプログラムが自動的に実行されないようにするには、AutoRuns for Windows プログラムを開き、停止するプログラム名の横にあるチェック ボックスをオフにします。AutoRuns for Windows は上級ユーザー向けに設計されています。

ハード ディスクを最適化する

断片化が起こるとハード ディスクでさらに多くの動作が必要になるため、コンピューターの処理速度が低下する可能性があります。ディスク デフラグ ツールは、ハード ディスクの動作がより効率的になるように、断片化したデータを並べ替えます。ディスク デフラグ ツールはスケジュールに従って実行されますが、ハード ディスクを手動で最適化することもできます。

ハード ディスクをクリーンアップする

ハード ディスク上の不要なファイルは、ディスク領域を占有するうえに、コンピューターの処理速度の低下につながる可能性があります。ディスク クリーンアップを実行すると、一時ファイルが削除され、ごみ箱が空になり、不要になった各種のシステム ファイルとその他のアイテムが削除されます。

同時に実行されるプログラムの数を減らす

コンピューターの動作を変更すると、PC のパフォーマンスに大きく影響することがあります。たとえば 8 個のプログラムを実行したまま多数のブラウザー ウィンドウを同時に開き、その間友人にインスタント メッセージを送るような使い方をしているとしたら、PC の処理速度が大幅に遅くなったとしても驚きではありません。たくさんの電子メール メッセージを開いたままにしておくことでメモリを使い果たすこともあります。

PC の速度が低下していることに気付いたら、多くのプログラムやウィンドウを同時に開いておく必要が本当にあるかどうかを考えてください。すべての電子メール メッセージを開きっぱなしにしないで、忘れずに返信できるようになる良い方法を見つけましょう。

実行しているウイルス対策プログラムは必ず 1 つのみにしてください。複数のウイルス対策プログラムを実行することでもコンピューターの処理速度が低下する可能性があります。さいわい、複数のウイルス対策プログラムを実行している場合はアクション センターにより通知されるので、この問題の解決に役立ちます。

視覚効果をオフにする

Windows の実行が遅い場合、一部の視覚効果を無効にすることで速度が向上する可能性があります。つまるところ、外観とパフォーマンスのどちらを必要とするかの問題です。Windows の実行を高速化するか、それとも表示を綺麗なものにするか、どちらかを選ぶことになります。お使いの PC の速度が十分であればこのトレードオフを行う必要はありませんが、コンピューターが Windows 7 の実行で精いっぱいである場合、付加機能である視覚効果を減らした方が実用的だと言えます。

無効にする視覚効果は自分で 1 つずつ選択することも、Windows にその選択を委ねることもできます。制御できる視覚効果は 20 項目存在し、これには透明感の表現、メニューの開き方や閉じ方、影を表示するかどうかなどが含まれます。

最適なパフォーマンスを得るためにすべての視覚効果を調整するには、次の手順を実行します。

  1. [パフォーマンスの情報とツール] を開くには、[スタート]
    [スタート] ボタンの画像
    ボタン、[コントロール パネル] の順にクリックします。検索ボックスに「パフォーマンスの情報とツール」と入力し、結果の一覧で [パフォーマンスの情報とツール] をクリックします。
  2. [視覚効果の調整]
    管理者のアクセス許可が必要です
    をクリックします。管理者のパスワードまたは確認を求められた場合は、パスワードを入力するか、確認情報を提供します。
  3. [視覚効果] タブ、[パフォーマンスを優先する] の順にクリックして、[OK] をクリックします (より手軽なオプションでは、[コンピューターに応じて最適なものを自動的に選択する] を選択します)。


定期的に再起動する

このヒントは簡単です。1 週間に最低 1 回は PC を再起動してください。使用頻度が高い場合は特にそうする必要があります。PC のメモリをクリアして、実行が開始された問題のあるプロセスやサービスを確実に停止するには、PC を再起動するのが適切な方法です。

再起動すると、PC で実行されているソフトウェアはすべて終了します。これには、実行中であることがタスク バーで確認できるプログラムだけではなく、さまざまなプログラムによって開始された、停止されていない可能性がある多数のサービスも含まれます。正確な原因を特定するのが難しい場合でも、再起動することで不可解なパフォーマンスの問題を解決できることがあります。

非常に多くのプログラム、電子メール メッセージ、Web サイトを開いたままにしていることで再起動するのが面倒だと思ったなら、それはおそらく PC を再起動する必要があるという合図です。開いているプログラムの数が多く、実行している時間が長くなるほど、PC の処理が大幅に遅くなって最終的にメモリが足りなくなる可能性が高くなります。

メモリを追加する

これは、コンピューターの速度が向上するハードウェアの購入を勧めるものではありません。しかし、Windows の実行を高速化する方法の説明では、ランダム アクセス メモリ (RAM) の PC に追加することについての検討は避けて通れません。

Windows 7 を実行しているコンピューターの動作が遅すぎるように感じるとしたら、多くの場合は PC に十分な RAM が搭載されていないことが原因です。コンピューターを高速化するために最適な方法は、RAM を追加することです。

Windows 7 は 1 ギガバイト (GB) の RAM を搭載した PC でも実行できますが、2 GB の方が適切に実行されます。最適なパフォーマンスを得るには、RAM を 3 GB 以上に増やす必要があります。

別の方法として、Windows ReadyBoost を使用してメモリを増やすこともできます。この機能を使うと、USB フラッシュ ドライブなど、一部のリムーバブル メディア デバイス上の記憶領域を使用してコンピューターを高速化できます。フラッシュ ドライブを USB ポートに接続する方が、PC ケースを開いてメモリ モジュールをマザーボードに接続するよりも簡単です。

ウイルスとスパイウェアを確認する

PC の動作が遅い場合、ウイルスまたはスパイウェアに感染している可能性があります。この問題は他の問題ほど一般的ではないものの、検討が必要です。場合は心配しすぎるよりもまず、スパイウェア対策とウイルス対策のプログラムを使用して PC を確認してください。

ウイルスの一般的な症状は、コンピューターのパフォーマンスが通常よりもかなり低下することです。他の症状としては、PC で突然メッセージがポップアップ表示される、プログラムが自動的に起動する、ハード ディスクの動作音が常に聞こえるなどが挙げられます。

スパイウェアとは、インターネット上でのユーザーの活動を監視するためにインストールされる一種のプログラムで、ユーザーがインストールに気付かないことが通常です。Windows Defender や、その他のスパイウェア対策プログラムを使用して、スパイウェアを確認することができます。

ウイルスに対処する最適な方法は最初の段階で防ぐことです。常にウイルス対策ソフトウェアを実行し、最新の状態に保つようにしてください。ただし、このような予防装置を取っていても PC が感染する恐れはあります。

コンピューターの速度を確認する

これまでに示したヒントを試してもコンピューターの速度がまだ遅すぎる場合は、新しい PC を購入することや、新しいハード ディスクや高速なビデオ カードなどの一部のハードウェアをアップグレードすることが必要になる可能性があります。ただし、コンピューターの速度を推測する必要はありません。Windows には PC の速度を確認および評価する方法が用意されています。それには、Windows エクスペリエンス インデックスと呼ばれるツールを使用します。

Windows エクスペリエンス インデックスは、主要な 5 つのコンポーネントでコンピューターを評価し、各項目のスコアと全体的な基本スコアを示します。この基本スコアは、パフォーマンスが最も低いコンポーネントのサブスコアと同じ値になります。現在の基本スコアの範囲は 1 から 7.9 です。PC の評価が 2 または 3 より低い場合は、コンピューターで処理が必要なタスクに応じて、新しい PC の購入のご検討をお勧めします。

仮想メモリのサイズを変更する

仮想メモリが不足しているという警告が表示されたら、ページング ファイルの最小サイズを増やす必要があります。Windows では、ページング ファイルの初期の最小値はコンピューターに実装されているランダム アクセス メモリ (RAM) のサイズに等しい値、また、最大値はコンピューターに実装されている RAM サイズの 3 倍に等しい値に設定されます。これらの推奨レベルで警告が表示される場合は、最小および最大サイズを増やしてください。

  1. [システム] を開くには、[スタート] 
    [スタート] ボタンの画像
    ボタンをクリックし、
    [コンピューター] を右クリックして、[プロパティ] をクリックします。
  2. 左側のウィンドウで、[システムの詳細設定]
    管理者のアクセス許可が必要です
    をクリックします。
    管理者のパスワードまたは確認を求められた場合は、パスワードを入力するか、確認情報を提供します。
  3. [詳細設定] タブで、[パフォーマンス][設定] をクリックします。
  4. [詳細設定] タブをクリックし、[仮想メモリ][変更] をクリックします。
  5. [すべてのドライブのページング ファイルのサイズを自動的に管理する] チェック ボックスをオフにします。
  6. [ドライブ [ボリューム ラベル]] で、変更するページング ファイルが格納されているドライブをクリックします。
  7. [カスタム サイズ] をクリックし、新しいサイズを MB 単位で [初期サイズ (MB)] または [最大サイズ (MB)] ボックスに入力して、[設定]、[OK] の順にクリックします。


プロパティ

文書番号:15055 - 最終更新日: 2016/09/14 - リビジョン: 3

フィードバック