ハードウェア構成の変更後に Windows 10 のライセンス認証をもう一度行う

適用対象: Windows 10

ライセンス認証を実行すると、お使いの Windows のコピーが正規品であり、Microsoft ソフトウェアライセンス条項で許可されているデバイス数を超えて使用されていないことを確認できます。

Windows 10 をインストールすると、デジタル ライセンスデバイスのハードウェアと関連付けられます。マザーボードの交換など、デバイスでハードウェアの大幅な変更を行った場合は、デバイスに一致するライセンスが Windows で認識されなくなり、Windows を使用するには再ライセンス認証が必要になります。 

Windows のライセンス認証を行うには、デジタル ライセンスまたはプロダクト キーが必要です。どちらが必要かを確認するには、「Windows 10 のライセンス認証を行う」の「デジタル ライセンスまたはプロダクト キーのどちらのライセンス認証方法を使用しているか」をご覧ください。ハードウェア変更用の準備を正しく行い、Windows 10 の再ライセンス認証を行うには、次の情報をご利用ください。

ハードウェア変更用に Windows 10 デバイスを準備する


まず、Windows 10 がライセンス認証済みかどうかを確認するには、次の手順を実行します。 

[スタート]   ボタンを選択し、[設定]  > [更新とセキュリティ]  > [ライセンス認証]  の順に選択します。

ライセンス認証済みでない場合は、[ライセンス認証] ページに表示される手順に従ってライセンス認証プロセスを完了します。ライセンス認証中にエラーが発生した場合は、「Windows のライセンス認証エラーに関するヘルプ」をご覧ください。

Windows 10 がライセンス認証済みであることを確認したら、次の手順を実行します。

プロダクト キーとデジタル ライセンスについて詳しくは、「Windows 10 のライセンス認証を行う」をご覧ください。

ハードウェア構成の変更後に Windows 10 の再ライセンス認証を行う


再ライセンス認証の準備ができたら、デバイスがインターネットに接続されていることを確認し、デジタル ライセンスまたはプロダクト キーの手順に従います。

デジタル ライセンスまたはプロダクト キーがない場合


プロダクト キーまたはデジタル ライセンスをお持ちでない場合は、インストールの完了後に Windows 10 デジタル ライセンスを購入できます。購入するには、以下の手順を実行します。

[スタート]  ボタンを選択し、[設定]  > [更新とセキュリティ]  > [ライセンス認証]  の順に選択します。[Microsoft Store に移動] を選択して Microsoft Store アプリに移動すると、そこで Windows 10 デジタル ライセンスを購入できます。

さらにサポートが必要な場合:


お使いのデバイスでの Windows の再ライセンス認証についてさらに支援が必要な場合は、カスタマー サポートにお問い合わせください。