ハードウェア構成の変更後に Windows 10 のライセンス認証をもう一度行う

適用対象: Windows 10

Windows 10 をインストールする場合、デジタル ライセンスはそれ自体を PC のハードウェアと関連付けます。このため、マザーボードの交換などの大幅な変更を行うと、PC に一致するライセンスが Windows で認識されなくなります。

ハードウェアに大きな変更を加える前に、ライセンス認証のために Windows 10 を準備する方法は次のとおりです。ハードウェアの変更前に準備をしなかった場合、Windows 10 のライセンス認証をもう一度行う手順も用意しています。

ハードウェアの変更のために Windows 10 デバイスを準備する

Windows 10 が既にライセンス認証されていることを確認する

[スタート]  ボタンを選択し、[設定]  > [更新とセキュリティ] > [ライセンス認証] の順に選択します。ライセンス認証されていない場合は、ライセンス認証プロセスを完了します。ライセンス認証中にエラーが発生した場合は、「Windows のライセンス認証エラーに関するヘルプ」をご覧ください。

Windows 10 ライセンスを Microsoft アカウントと関連付ける

Windows 10 (バージョン 1607 以降) で、デバイスの Windows 10 デジタル ライセンスに Microsoft アカウントをリンクします。これにより、ハードウェアを後で大幅に変更した場合でも、ライセンス認証のトラブルシューティング ツールを使って Windows のライセンス認証をもう一度行うことができます。

まず、お使いの Microsoft アカウント (Microsoft アカウントとは) が Windows 10 デジタル ライセンスにリンクされているかどうかを確認します。

[スタート]  ボタンを選択し、[設定]  > [更新とセキュリティ] > [ライセンス認証] の順に選択します。

Microsoft アカウントがリンクされている場合は、[ライセンス認証] ページに次のメッセージが表示されます。

Windows は、Microsoft アカウントにリンクされたデジタル ライセンスによってライセンス認証されています.

このメッセージが表示されない場合、リンクされていません。代わりに、アカウントを追加することができます。その方法は次のとおりです。

  1. Microsoft アカウントを追加するには管理者としてサインインします。管理者アカウントを使用しているかどうかを確認するには、[スタート]  ボタンを選択し、[設定]  > [アカウント] > [あなたの情報] の順に選択します。自分の名前の下に、[管理者] が表示されます。管理者でない場合は、「ローカルのユーザー アカウントまたは管理者アカウントを作成する」をご覧ください。
  2. メール アドレスが [管理者] の上に表示されるかどうかを確認して、管理者アカウントが Microsoft アカウントでもあることを確認します。メール アドレスが表示される場合、これは Microsoft アカウントです。表示されない場合、ローカル アカウントを使用してログインしています。まだ Microsoft アカウントをお持ちでない場合は、「新しい Microsoft アカウントを作成する方法」をご覧ください。
  3. 管理者であり、Microsoft アカウントを使用していることを確認したら、[ライセンス認証] ページに戻り、[アカウントを追加する] を選択し、 Microsoft アカウントとパスワードを入力して、[サインイン] を選択します。

Microsoft アカウントを追加すると、[ライセンス認証] ページに "Windows は、Microsoft アカウントにリンクされたデジタル ライセンスによってライセンス認証されています" というメッセージが表示されます。

Windows 10 のバージョンを確認する

実行している Windows 10 のバージョンを確認する」を参照し、[Windows の仕様] の下に表示される Windows 10 のバージョン (Windows 10 Professional など) を確認します。デジタル ライセンスが、ハードウェア変更後の Windows のバージョンと一致することを確認します。

プロダクト キーの取得

プロダクト キーを使用して Windows 10 を取得した場合、ハードウェアの変更後にもう一度そのキーが必要になります。キーを探す方法について詳しくは、「 Windows のプロダクト キーを探す」をご覧ください。プロダクト キーとデジタル ライセンスについて詳しくは、「Windows 10 のライセンス認証」をご覧ください。

ハードウェアの変更後に Windows 10 のライセンス認証をもう一度行う方法

ライセンス認証のトラブルシューティング ツールを実行する

以前に Microsoft アカウントをデジタル ライセンスにリンクした場合、ライセンス認証のトラブルシューティング ツールを使用して、ハードウェアの大幅な変更後に Windows のライセンス認証をもう一度行うことができます。

このトラブルシューティング ツールは、Windows 10 (バージョン 1607 以降) のコピーのライセンス認証が行われていない場合にのみ使用できます。「ライセンス認証のトラブルシューティング ツールを使用する」をご覧ください。また、ライセンス認証のトラブルシューティング ツールを使用すると、お使いのデバイスで Microsoft アカウントを追加してデジタル ライセンスにアカウントをリンクした後でのみ、Windows のライセンス認証をもう一度行うことができます。

ライセンス認証のトラブルシューティング ツールを使用するには:

  1. 管理者としてサインインします。詳しくは、「Windows 10 でローカルのユーザー アカウントまたは管理者アカウントを作成する」をご覧ください。

  2. [スタート]  ボタンを選択し、[設定]  > [更新とセキュリティ] > [ライセンス認証] の順に選択して、[トラブルシューティング] を選択します。

  3. トラブルシューティング ツールに、デバイスで Windows のライセンス認証が行えないことを示すメッセージが表示されます。[このデバイス上のハードウェアを最近変更しました] を選択し、[次へ] を選択します。

  4. 接続された Microsoft アカウントとパスワードを入力し、[サインイン] を選択します。トラブルシューティング ツールは、接続された Microsoft アカウントでのみ機能します。

  5. Microsoft アカウントにリンクされているデバイスの一覧から現在使用しているデバイスを選択し、[現在使用中のデバイスは、これです] の横にあるチェック ボックスをオンにして、[ライセンス認証] を選択します。

使用しているデバイスが結果の一覧で見つからない場合は、デバイスの Windows 10 デジタル ライセンスにリンクしたアカウントと同じ Microsoft アカウントを使用してサインインしていることを確認します。同じ Microsoft アカウントを使用してサインインしていることを確認したら、Windows のライセンス認証をもう一度行うことができない場合は、他に以下の理由が考えられます。

  • デバイスの Windows のエディションが、デジタル ライセンスにリンクした Windows のエディションと一致していない。
  • ライセンス認証しているデバイスの種類が、デジタル ライセンスにリンクしたデバイスの種類と一致していない。
  • Windows がそのデバイスで一度もライセンス認証されたことがない。
  • デバイスで Windows のライセンス認証をもう一度行うことができる回数の上限に達している。詳しくは、「使用条件」をご覧ください。
  • デバイスに複数の管理者が存在し、そのデバイスで他の管理者が既に Windows をもう一度ライセンス認証した。
  • デバイスが組織によって管理され、Windows のライセンス認証をもう一度行うオプションが無効化されている。ライセンス認証をもう一度行うには、組織のサポート担当者にお問い合わせください。

プロダクト キーを入力してください

購入時に Windows 10 が PC にプレインストールされておらず、プロダクト キーを使用して Windows 10 にアップグレードした場合、ハードウェアの変更後にその同じプロダクト キーが必要になります。

[スタート]  ボタンを選択し、[設定] > [更新とセキュリティ] > [ライセンス認証] > [プロダクト キーを変更する] の順に選択して、プロダクト キーを入力します。

Windows 10 のプロダクト キーを使用して PC に製品版の Windows 10 をインストールした後で、ハードウェア変更を行った場合は、Windows 10 のプロダクト キーを使用してこの同じプロセスに従います。

ライセンス認証する際に引き続きエラーが生じる場合は、「Windows のライセンス認証エラーに関するヘルプ」を参照して、生じているエラーを見つけてください。

プロダクト キーまたはデジタル ライセンスがない場合

プロダクト キーまたはデジタル ライセンスをお持ちでない場合には、インストールの完了後に Windows 10 ライセンスを購入できます。[スタート]  ボタンを選択し、[設定]  > [更新とセキュリティ] > [ライセンス認証] の順に選択します。[Microsoft Store に移動] を選択して Microsoft Store に移動すると、そこで Windows 10 ライセンスを購入できます。

お使いのデバイスでの Windows の再ライセンス認証についてさらに支援が必要な場合は、カスタマー サポートにお問い合わせください。