第 4 章: テキストを読み上げる

この章では、ナレーターでテキストを読み上げる方法や、フォント、テキストの色、句読点などのテキストに関する情報を取得する方法について説明します。

ナレーターを使ってテキストを読み上げる方法はいくつかあります。最初の最も簡単な方法は、Microsoft Word などのワード プロセッサでドキュメントを操作する場合に、方向キーを使ってテキストを移動する方法です。

スキャン モードを使ってテキストを読み上げることもできます。スキャン モードをオンにするには、CapsLock キーを押しながら Space キーを押します。その後、行ごとに読み上げるには上方向キーと下方向キーを、文字ごとに読み上げるには左方向キーと右方向キーを使います。スキャン モードについて詳しくは、「第 3 章: スキャン モードを使う」をご覧ください。

読み上げるテキストを細かく制御する必要がある場合、ナレーターには Web ページやアプリケーション内のテキストを移動して読み上げるのに役立つ一連のテキスト読み上げコマンドが用意されています。

  • ドキュメント全体や Web ページ全体を先頭から読み上げるには、CapsLock キーを押しながら H キーを押します。
  • ドキュメントの先頭から現在のカーソル位置まで読み上げるには、CapsLock キーを押しながら終わり角かっこ (]) キーを押します。
  • ドキュメントや Web ページの現在の位置以降を読み上げるには、CapsLock キーを押しながら M キーを押します。
  • ドキュメントや Web ページの先頭にカーソルを移動するには、CapsLock キーを押しながら Y キーを押します。
  • ドキュメントの末尾にカーソルを移動するには、CapsLock キーを押しながら B キーを押します。

段落、行、単語、および文字を操作する

ナレーターには、ページ、段落、行、単語、および文字ごとにテキストを読み上げる方法が用意されています。

ページごとに読み上げる

  • 現在のページを読み上げるには、CapsLock キーを押しながら Ctrl キーと U キーを押します。
  • 次のページを読み上げるには、CapsLock キーを押しながら U キーを押します。
  • 前のページを読み上げるには、CapsLock キーを押しながら Shift キーと U キーを押します。

段落ごとに読み上げる

  • 現在の段落を読み上げるには、CapsLock キーを押しながら Ctrl キーと I キーを押します。
  • 次の段落を読み上げるには、CapsLock キーを押しながら I キーを押します。
  • 前の段落を読み上げるには、CapsLock キーを押しながら Shift キーと I キーを押します。

行ごとに読み上げる

  • 現在の行を読み上げるには、CapsLock キーを押しながら Ctrl キーと O キーを押します。
  • 次の行を読み上げるには、CapsLock キーを押しながら O キーを押します。
  • 前の行を読み上げるには、CapsLock キーを押しながら Shift キーと O キーを押します。

単語ごとに読み上げる

  • 現在の単語を読み上げるには、CapsLock キーを押しながら Ctrl キーと P キーを押します。
  • 次の単語を読み上げるには、CapsLock キーを押しながら P キーを押します。
  • 前の単語を読み上げるには、CapsLock キーを押しながら Shift キーと P キーを押します。

文字ごとに読み上げる

  • 現在の文字を読み上げるには、CapsLock キーを押しながら Ctrl キーと始め角かっこ ([) キーを押します。
  • 次の文字を読み上げるには、CapsLock キーを押しながら始め角かっこ ([) キーを押します。
  • 前の文字を読み上げるには、CapsLock キーを押しながら Shift キーと始め角かっこ ([) キーを押します。

テキストの詳細情報を取得する

ナレーターには、テキストの特性に関する詳細にさまざまなレベルが用意されています。これは、詳細度と呼ばれています。詳細度のレベルを変更するには、必要なレベルが読み上げられるまで CapsLock キーを押しながら A キーを押します。

  • 詳細レベル 0。テキストのみを読み上げます。
  • 詳細レベル 1。見出しレベルなどの基本事項や、スペルや文法などのドキュメント内のエラーを読み上げます。
  • 詳細レベル 2。箇条書きのスタイルや、テキストの太字、下線、斜体、下付き、上付き、色など、Web ページとメールでよく見られる書式を読み上げます。
  • 詳細レベル 3。ドキュメントのヘッダーとフッターなど、追加の注釈を読み上げます。
  • 詳細レベル 4。フォント名、フォント サイズ、その他のリスト スタイルなど、拡張書式設定を読み上げます。
  • 詳細レベル 5。アニメーションの種類や、段落がインデントで始まるかどうかなど、レイアウトとアニメーションの情報を読み上げます。

句読点を読み上げる

ナレーターでは、テキストを読むときに読み上げる句読点の数を制御できます。使う句読点モード (標準、数式、一部、ほとんど、すべて) が読み上げられるまで、CapsLock キーを押しながら Alt キーと正符号 (+) キーを押すか CapsLock キーを押しながら Alt キーと負符号 (-) キーを押します。

  • 標準。ほとんどの句読点を読み上げません。自然な間は、コンマやピリオドなどの項目を示します。
  • 数式。ほとんどの数学記号を読み上げます。
  • 一部。コンマやピリオドなど、会話のほとんどの句読点を読み上げます。
  • ほとんど。かっこなど、追加の記号を読み上げます。
  • すべて。すべての特殊記号を含む、すべての句読点を読み上げます。


次: 第 5 章: ナレーターをタッチ操作で使う

目次に戻る

プロパティ

文書番号:22799 - 最終更新日: 2016/09/14 - リビジョン: 8

フィードバック