メイン コンテンツへスキップ
サポート
Microsoft アカウントでサインイン
サインインまたはアカウントを作成してください。
こんにちは、
別のアカウントを選択してください。
複数のアカウントがあります
サインインに使用するアカウントを選択してください。

ナレーターは、 Windows 11 に組み込まれているスクリーン読み取りアプリケーションであるため、ダウンロードまたはインストールする必要はありません。 このガイドでは、アプリの使用を開始したり、Web を閲覧したりできるように、 Windows でナレーターを使用する方法について説明します。

目次の下には、ナレーターの新機能についてのセクションがあります。

: このガイドは、WordドキュメントPDF (英語のみ) として入手できます。 その他の言語または形式を入手するには、 Disability Answer Desk にお問い合わせください。

Outlook やWordなど、ナレーターを使用して Office アプリで作業を行う方法を学習しますか? このページの記事「 Office アプリでスクリーン リーダーを使用する」をご覧ください。

スクリーン リーダーを使用してWindows 11で操作を行う方法については、次のリンクを参照してください。

目次

内容

第 1 章: ナレーターの概要

ナレーターを起動および停止する方法など、ナレーターの概要。

第 2 章: ナレーターの基本

画面の操作方法、アプリを検索して開く方法、ナレーターが読み上げる内容を変更する方法、音声の速度や音量を調整する方法。

第 3 章: スキャン モードを使う

スキャン モードを使ってアプリ、メール、Web を移動する方法。

第 4 章: テキストを読み上げる

テキストを読み上げる方法と、フォント、テキストの色、句読点など、テキストに関する情報を取得する方法。

第 5 章: ナビゲーション

ナレーターのビューを使用して、参照しているアプリやページの詳細を取得する方法。

第 6 章: タッチでナレーターを使用する

基本的なジェスチャなど、ナレーターをタッチ操作で使う方法。

第 7 章: ナレーターをカスタマイズする

ナレーターの起動方法の変更、入力時のフィードバックの量の決定、ナレーター コマンドの変更、およびサード パーティのテキスト読み上げ (TTS) ソフトウェアの使用方法。

第 8 章: 点字でのナレーターの使用

更新可能な点字ディスプレイでナレーターを使用する方法。

付録 A: サポートされている言語と音声

ナレーターのレガシ音声と自然音声でサポートされている言語の一覧。

付録 B: ナレーターのキーボード コマンドとタッチ ジェスチャ

ナレーターのキーボード コマンドとタッチ ジェスチャの一覧。

付録 C: サポートされている点字ディスプレイ

ナレーターでサポートされている点字ディスプレイの一覧。

付録 D: ナレーター のサウンド

ナレーターが使用するサウンドの一覧と、それらのサウンドの意味。

付録 E: Outlook を使用したナレーター

Outlook 拡張機能でナレーターを使用する方法。

付録 F: Excel を使用したナレーター

Excel 拡張機能でナレーターを使用する方法。

付録 G: ナレーターの自然音声のセットアップに関する問題のトラブルシューティング

ナレーターの自然な音声のセットアップに関する問題のトラブルシューティングを行う方法。

付録 H: 修正された問題とバグの一覧

このリリースで修正された問題とバグの一覧。

付録 I: ナレーター 更新の歴史

ナレーターの更新履歴の一覧。

ナレーターの新機能

2023H2 でリリースされたバージョン。

このリリースでは、Outlook や Excel などのいくつかの Windows アプリケーションでナレーターの使いやすさを強化し、さまざまな言語で自然な音声を追加し、ナレーター全体で多数のバグ修正を行います。 フィードバックを送信するには、 ナレーター の実行中にナレーター + Alt + F キーを押します。

ヒント: ナレーター キーは、ナレーター コマンドの修飾キーです。 Caps ロック キーと Insert キーの両方が、既定でナレーター キーとして機能します。 ナレーター キーの詳細については、「第 2 章: ナレーターの基本」または「付録 B: ナレーターのキーボード コマンドとタッチ ジェスチャ」を参照してください。

ナレーター拡張機能を使用して Windows アプリケーションを強化する

ナレーターは、ナレーター拡張機能を利用することで、Outlook や Excel などのアプリケーションの使用をより効率的にします。 ナレーター拡張機能の詳細については、「第 7 章: ナレーターのカスタマイズ」を参照してください。 拡張機能を使用した Outlook と Excel に対するナレーターのサポートの詳細については、「 付録 E: Outlook を使用したナレーター」および「 付録 F: Excel を使用したナレーター」を参照してください。

ナレーターの自然な声の追加

ナレーター ユーザーは、より自然な声で、Web の閲覧、読み取り、メールの作成などのタスクを楽しむことができます。 自然なナレーターの音声は、最新のデバイス上のテキスト読み上げを使用します。これは、一度ダウンロードするとインターネット接続なしでサポートされます。 ナレーターは複数の言語で自然な音声を提供し、時間の経過と同時に追加されるため、優先する言語が一覧に表示されているかどうかを確認チェック必要があります。 言語リストの詳細については、「 付録 A: サポートされている言語と音声」を参照してください。

自然な音声をインストールする

ナレーターを開くと、より自然な音声が利用できるようになるとナレーターが発表されます。 新しい音声を追加するには:

  1. [お知らせ] ウィンドウで [ 今すぐインストール ] を選択して、ナレーターの設定に移動します。

注: ダイアログ ボックスを閉じると、ホット キー Ctrl + Windows + N キーを使用してナレーター設定を開くことができます。次に、[音声の 選択] コンボ ボックス に移動し、コンボ ボックスの後にある [すべての設定を表示] ボタンを展開します。 ここから、現在選択されている音声の速度、ピッチ、音量の選択後に表示される [追加] ボタンを呼び出すことができます。 ナレーターのスタートアップ ウィンドウから [インストール] を開くと、このボタンがフォーカスされます。

2. [自然音声の 追加 ] セクションの [ 追加] ボタンを 選択します。

3. インストールする音声を選択します。 すべての音声をインストールできますが、個別にインストールする必要があります。 現在の表示言語の音声は、既定で表示されます。

4. サポートされている他の言語を確認する場合は、Tab キーを押して [言語の選択] リンクを選択 して呼び出します。 一覧から任意の言語を選択できます。 言語を選択した後、[ 次へ ] ボタンを呼び出して、選択した言語で使用できる音声を表示します。

5. 音声のプレビューを読み上げるには、[ プレビュー ] を選択します。 米国のみ 英語の音声をプレビューできます。

6. [ インストール ] を選択して、選択した音声のダウンロードを開始します。

注: 

ナレーターは、Windows 10 に組み込まれている画面読み上げアプリです。ダウンロードやインストールは必要ありません。 このガイドでは、Windows でナレーターを使用する方法について説明します。ナレーターを使って、アプリを使用したり、Web を閲覧したりすることができます。

目次の下には、ナレーターの新機能についてのセクションがあります。

: このガイドは、WordドキュメントPDF (英語のみ) として入手できます。 このガイドのバージョンは点字 (米国英語非 UEB グレード 2 点字) でダウンロードできます。 その他の言語または形式を入手するには、 Disability Answer Desk にお問い合わせください。

ナレーターを使用して Outlook や Word などの Office アプリで操作を行う方法を学習したいですか? このページの記事「 Office アプリでスクリーン リーダーを使用する」をご覧ください。

目次

内容

第 1 章: ナレーターの概要

ナレーターを起動および停止する方法など、ナレーターの概要。

第 2 章: ナレーターの基本

画面の操作方法、アプリを検索して開く方法、ナレーターが読み上げる内容を変更する方法、音声の速度や音量を調整する方法。

第 3 章: スキャン モードを使う

スキャン モードを使ってアプリ、メール、Web を移動する方法。

第 4 章: テキストを読み上げる

テキストを読み上げる方法と、フォント、テキストの色、句読点など、テキストに関する情報を取得する方法。

第 5 章: ナビゲーション

ナレーターのビューを使用して、参照しているアプリやページの詳細を取得する方法。

第 6 章: ナレーターをタッチ操作で使う

基本的なジェスチャなど、ナレーターをタッチ操作で使う方法。

第 7 章: ナレーターをカスタマイズする

ナレーターの起動方法を変更する方法、入力時に読み上げるフィードバックの数を指定する方法、ナレーターのコマンドを変更する方法、サード パーティの音声合成 (TTS) ソフトウェアを使う方法。

第 8 章: ナレーターを点字ディスプレイで使う

更新可能な点字ディスプレイでナレーターを使用する方法。

付録 A: サポートされている言語と音声

ナレーターでサポートされている言語と利用可能な TTS 音声の一覧。

付録 B: ナレーターのキーボード コマンドとタッチ ジェスチャ

ナレーターのキーボード コマンドとタッチ ジェスチャの一覧。

付録 C: サポートされている点字ディスプレイ

ナレーターでサポートされている点字ディスプレイの一覧。

付録 D: 以前のバージョンのナレーターのユーザー ガイド

以前のバージョンのナレーターのユーザー ガイド

付録 E:ナレーターの音

ナレーターが使うサウンドと、サウンドが意味する内容の一覧。

新着情報

2020 年にリリースされたバージョン

このリリースは、より速く作業を行うために役立ちます。 Microsoft のフィードバックを提供するには、ナレーターの実行中にナレーター + Alt + F キーを押します。

ヒント: ナレーター キーは、ナレーター コマンドの修飾キーです。 Caps ロック キーと Insert キーの両方が、既定でナレーター キーとして機能します。 ナレーター キーの詳細については、「第 2 章: ナレーターの基本」または「付録 B: ナレーターのキーボード コマンドとタッチ ジェスチャ」を参照してください。

Outlook と Windows メールでの電子メールに関する機能強化

スキャン モードでの電子メールの読み上げ

スキャン モードは、電子メールを開いたときに自動的に有効になります。 移動するには、Web の場合と同様に、方向キーやその他のスキャン モード コマンドを使用します。

電子メールの自動読み上げ

電子メールを開くと、ナレーターによって読み上げが開始されます。コマンドは必要ありません。

重要な情報を取得して、ノイズをスキップ

Outlook では、ナレーターはメールの状態 (未読、転送など) を読み取り、そのメールを送信したユーザー、件名、重要または一意のメールのその他の特性 を読み 取ります (たとえば、ナレーターはメールにフラグが設定されている場合は読み取られますが、メールがフラグ付けされていない場合は読み取られません)。

空の列が 5 列あるなど、表中の重要でない情報についてはよみあげられません。既定により、列ヘッダーは読み上げられません。 ナレーター + H キーを押して、Outlook の列ヘッダーの読み取りをオンまたはオフにします。

Web に関する機能強化

ハイパーリンク先情報の取得

ナレーターにより、リンクに対応する Web ページのタイトルが提供されます。 ナレーター + Ctrl + D キー を押すと、ナレーターが表示されているハイパーリンクの URL を取得し、ナレーターにページ タイトルを提供するオンライン サービスに送信します。 また、画像にフォーカスがある場合は、 ナレーター + Ctrl + D コマンドによって画像の説明が提供されます。 ナレーターが使用するすべてのオンライン サービスを無効にする場合は、ナレーター設定でこの機能をオフにすることができます。

Web ページの簡単な概要の取得

ナレーター + S キーを押して、リンク、ランドマーク、見出しの数を含む Web ページの概要を読み上げます。

人気のあるリンクと Web ページの概要

ナレーター + S キーを 2 回押すと、ページ上のリンク、ランドマーク、見出しの数、ページの一般的なリンクの一覧 (人気の高いリンクは、エンゲージメントが最も高いページ上のリンク) の情報を含むダイアログ ボックスが画面に表示されます。

Web ページの自動読み上げ

ナレーターは、自動的にページの先頭から Web ページを読み上げます。

サウンドの機能強化

一般的な操作に対する新しい通知音

ナレーターのサウンド機能が強化され、応答性が向上しました。 たとえば、リンク先を開いたときや、スキャン モードの有効/無効を切り替えたときなど、一般的な操作に対して通知音が再生されるようになりました。 一般的な操作のサウンドを管理するには、ナレーターの設定に移動します。 ナレーターのサウンドを聞くには、「付録 E: ナレーター サウンド」を参照してください。

大文字や大文字の単語の区別

ナレーターの既定では、大文字の読み上げ方が小文字の場合と変わりません。 たとえば、"Word"、"WORD"、"word" ではそれぞれ、異なる文字が大文字になっていますが、すべて同じように読み上げられます。

大文字のテキストを区別できるように設定すると、ナレーターでは、"大文字" と言ってから大文字のテキストを読み上げるか、大文字のテキストを高いピッチで読み上げることができます。 ナレーターでの大文字のテキストの読み上げ方を変更するには、ナレーターの設定の [閲覧時と対話操作時に読み上げる項目を変更する] セクションに移動します。

拡大鏡による読み上げ

Windows 10 に付属している拡大鏡は画面を拡大する機能ですが、テキストの読み上げも行えるようになりました。 これは、視覚に障碍のあるユーザーがオンデマンドでテキストを読み上げる必要がある場合に役に立ちます。  詳細については、「 拡大鏡を使用して画面を見やすくする」を参照してください

新規または注目すべきコマンド

ナレーター + Ctrl + D : リンクの Web ページ ソースを取得する

ナレーター + S : Web ページの概要を取得する

ナレーター + S をすばやく 2 回 : Web ページの概要と一般的なリンクダイアログ ボックスを取得する

ナレーター + H : Outlook 列ヘッダーの読み取りをオンまたはオフにする

ナレーター + Alt + F : ナレーターに関するフィードバックを提供する

Windows ロゴ キー + プラス記号 (+) : 拡大鏡を開く

過去数回のリリースでナレーターに新たに追加されたその他の機能

ナレーター ホーム

ナレーターをオンにするたびに、ナレーター ホームに移動します。ナレーター ホームでは、ナレーターの設定の変更からクイック スタートでのナレーターの基本の学習まで、必要なすべての情報にアクセスできます。 また、最小化されたナレーター ホームはシステム トレイに入るので、Alt + Tab キーを押して切り替えるためにナビゲートする必要はありません。

文単位での読み上げ

ナレーターで、次の文、現在の文、前の文を読み上げることができるようになりました。 文単位での読み上げは、キーボード、タッチ、点字のいずれを使っている場合でも利用可能です。

「文」も 1 つのナレーター ビューです。 ナレーター + ページを上に押すか、ナレーター + ページを下に押して文ビューに移動し、ナレーター + 方向キーを押して前の文に移動し、ナレーター + 右矢印を押して次の文に移動します。

点字ディスプレイでこれらの新しいコマンドを使うには、コマンド入力モードでドット 2-3-4 または 2-3-4-7 を押します。

新しい詳細レベル

ナレーターには 5 つの詳細レベルが用意されています。これらのレベルは、Web サイトなどのテキストを読み上げるときや、コントロールを操作するときに提供される情報の量に影響します。 各レベルについては第 4 章で説明し、それぞれがどのような用途に適しているかも簡単に紹介しています。

お気に入りのブラウザーでスキャン モードを使う

Google Chrome と Microsoft Edge では、スキャン モードが自動的に有効になります。

標準キーボード レイアウト

ナレーターの習得と使用が容易になるように、新しい標準のキーボード レイアウトを導入しました。 更新されたレイアウトは、他のスクリーン リーダーで使われているキーボード レイアウトに類似したものです。

このガイドに記載されているキーボード コマンドは、新しい標準キーボード レイアウトに対応したものです。 新しいコマンドでは、ナレーターのページ、段落、行、単語、文字のコマンドが更新されています。 また、ナレーターの検索、リンクのリスト、見出しのリスト、ランドマークのリストなどの、新しいコマンドがあります。 いくつかのコマンドでは、テンキーを使用できるようになりました。

新しいコマンドや更新されたコマンドをすべて確認するには、「付録 B: ナレーターのキーボード コマンドとタッチ ジェスチャ」をご覧ください。 スキャン モードのコマンドについては、「第 3 章: スキャン モードを使う」をご覧ください。

: キーボードは既定で Standard レイアウトになります。 これを変更する場合は、[ 設定] > [簡単操作 ] > [ナレーター ] に移動し、[ レガシ ] レイアウトを選択します。 Windows ロゴ キー を押しながら Ctrl + N キーを押して、ナレーターの設定にアクセスすることもできます。 レガシ コマンドのキー入力がナレーターの新機能で使用されているキー入力と競合する場合には、ナレーターの新しいコマンドをレガシ キーボード レイアウトで使用することはできません。
ナレーターの設定を開く

ナレーター キー

ナレーターのコマンドで使用する修飾キーを選択できるようになりました。 CapsLock キーと Insert キーはどちらも、デフォルトでナレーター キーとして機能します。 ナレーター キーを使用するすべてのコマンドで、どちらのキーも使用できます。 このガイドでは、ナレーター キーのことをコマンド内でそのまま "ナレーター" と呼びます。 ナレーター キーは、ナレーターの設定で変更できます。

ビューの変更コマンドの更新

[ビューの変更] コマンドが 、ナレーター + ページアップ キーと ページダウン キーにマップされるようになりました。 ナレーター + Ctrl + 上方向キーと下方向 キー を押して、ビューの変更を使用することもできます。

スキャン モードの機能強化

スキャン モードのプライマリ動作およびセカンダリ動作のコマンドが変更されました。 プライマリ アクションは、 Enter キーまたは Space キー を押して実行できます。 セカンダリ アクションを完了するには、それらの各キー ( Shift + Enter キーまたは Shift + Space キー ) に Shift キーを追加します。 この変更は、どのキーボード レイアウトを選択した場合でも同じです。

さらに、スキャン モードの新しいキーボード コマンドがいくつか追加されています。これを使ってテキストを選択できます。 これらについて詳しくは、「第 3 章: スキャン モードを使う」をご覧ください。

フィードバックの送信

皆様からのフィードバックは、ナレーターを改善するために役立ちます。 ナレーターがオンになっている場合は、 ナレーター + Alt + F キーを押してフィードバック ハブを開き、ナレーターに関するフィードバックを提供します。 さらに、ナレーターまたはその他の Microsoft 支援技術のテクニカル サポートについては、 Microsoft Disability Answer Desk にお問い合わせください。

Microsoft に追加の診断データとパフォーマンス データを提供する場合は、Windows ロゴ キー を押しながら Ctrl + N キー を押してナレーター設定を開き、[ナレーターの改善に役立つ ] でトグルをオンにしてから、ナレーターを再起動します。
ナレーターの設定を開く

ヘルプを表示

その他のオプションが必要ですか?

サブスクリプションの特典の参照、トレーニング コースの閲覧、デバイスのセキュリティ保護方法などについて説明します。

コミュニティは、質問をしたり質問の答えを得たり、フィードバックを提供したり、豊富な知識を持つ専門家の意見を聞いたりするのに役立ちます。

一般的な問題の解決策を見つけるか、サポート エージェントからサポートを受けます。

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?
[送信] を押すと、Microsoft の製品とサービスの改善にフィードバックが使用されます。 IT 管理者はこのデータを収集できます。 プライバシーに関する声明。

フィードバックをいただき、ありがとうございます。

×