第 1 章: ナレーターの概要

この章では、ナレーターの概要を紹介し、ナレーターを起動および停止する方法についても説明します。

ナレーターを使うと、視覚障碍のある方や弱視の方が、PC でディスプレイまたはマウスを使わずに一般的なタスクを実行できます。画面上のテキストやボタンなどの項目を読み上げてやり取りします。ナレーターを使って、メールの読み書きや、インターネットの閲覧、ドキュメントの操作を行います。

特定のコマンドを使うと、Windows、Web、アプリをナビゲートできるだけでなく、PC のどこにいるのかについての情報も取得できます。ナビゲーションは、見出し、リンク、ランドマークなどを使って利用できます。ページ、段落、行、単語、文字単位でテキスト (句読点を含む) を理解できるだけでなく、フォントやテキストの色などの特性も判別できます。表の行と列をナビゲートすることで表を効率的に確認できます。

また、ナレーターには、スキャン モードと呼ばれるナビゲーションと読み取りのモードがあります。このモードでは、キーボードの上方向キーと下方向キーのみを使って Windows 10 を操作できます。

最後に、ナレーターで使う音声の話す速さ、高さ、音量を調整することや、サード パーティの音声合成の音声をインストールすることもできます。

ナレーターを起動および停止する 3 つの方法

  • サインイン画面の右下隅で、[簡単操作] ボタンを選び、[ナレーター] を選びます。
  • Windows ロゴ キー  を押しながら Enter キーを押して、ナレーターを起動します。もう一度これらのキーを押すと、ナレーターが停止します。多くのキーボードでは、Windows ロゴ キーはキーの一番下の行、Alt キーの左または右にあります。
  • [スタート]  ボタンを選び、[設定] [簡単操作][ナレーター] の順に選んで、[ナレーター] の下にあるスライダーを動かしてナレーターをオンにします。

ナレーターを PC へのサインイン前またはサインイン後に自動的に起動するようにカスタマイズする

  1. キーボードの Windows ロゴ キー  を押し、検索ボックスに「コンピューターの簡単操作センター」と入力して、[コンピューターの簡単操作センター] を選びます。
  2. [サインイン設定の変更] を選びます。
  3. [画面が読み上げられるのを聞く (ナレーター)] で、[サインイン時] または [サインイン後] の下のチェック ボックスをオンにして、[OK] を押します。


次: 第 2 章: ナレーターの基本について

目次に戻る

プロパティ

文書番号:22817 - 最終更新日: 2016/09/14 - リビジョン: 3

フィードバック
ERROR: at System.Diagnostics.Process.Kill() at Microsoft.Support.SEOInfrastructureService.PhantomJS.PhantomJSRunner.WaitForExit(Process process, Int32 waitTime, StringBuilder dataBuilder, Boolean isTotalProcessTimeout)