現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

Excel での日付と時刻を使用する方法

Office 2003 のサポートは終了しました

マイクロソフトでは、2014 年 4 月 8 日に Office 2003 のサポートを終了しました。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響しています。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:214094


Microsoft Office Excel 2007 を参照してください、Office オンラインの Excel 2007 のヘルプと操作方法に関する Web ページ.
概要
この資料では、Microsoft excel の組み込みの日付関数と時刻関数を使用して、複雑な日付や時刻の計算を実行する方法について手順を追って説明します。

Excel では整数およびすべての時間として小数のすべての日付が格納されます。このシステムは、追加、減算、または日付と時刻と同様に、ほかの数字を比較することができます Excel とすべての日付はこのシステムを使用して操作します。

このシステムでは、シリアル番号 1 は 1900 年 1 月 1 日午前 12時 00分: 00 時刻は.0 ~.99999、場所.0 は 00時 00分: 00 と 23時 59分: 59 が 10 進数として格納します。整数の日付と時刻の小数、小数と整数部分を持つ数値を作成する結合できます。たとえば、小数、日付を表すし、1988/7/7 時間午前 1 時 26 分 24 秒

複雑な日付や時刻の計算を実行するために、Excel には組み込みの日付と時刻関数の多くが含まれます。

指定した TODAY() 関数と NOW() 関数

TODAY関数は、システム時計に基づいて今日の日付のシリアル値を返し、時間は含まれません。NOW関数では、今日の日付のシリアル値を返し、時間が含まれます。

シリアル値に基づく日付の並べ替え

Excel での日付は日付のシリアル番号の代わりに日付の並べ替えに基づいて表示します。したがって、Excel で日付を並べ替える場合には、期待する結果を受信できない場合があります。

たとえば、次の一連に表示されている日付の並べ替え、mmmm に日付の形式 (つまり、月だけが表示されます)、月はアルファベット順に並べ替えられていません。代わりに、日付は、その基になる日付のシリアル値に基づいて並べ替えられます。

シリアル値に基づく日付の比較

シリアル番号は、日付と時刻の比較にも使用されているため、実際の結果が期待とは異なる可能性もあります (表示される値に基づく)。

たとえば、ナウ関数を現在の日付を比較することに使用して、数式の通りに
   =IF(NOW()=DATEVALUE("10/1/92"),TRUE,FALSE)
FALSE が返されます、場合でも、現在の日付は 10/1/92。TRUE を返す場合にのみ、日付 10/1/92 午前 12時 00分: 002 つを比較する場合

ates は、数式では、結果に含まれている時間がある必要はありません、この現象を回避するには、代わりに、TODAY関数を使用して実行します。
   =IF(TODAY()=DATEVALUE("10/1/92"),TRUE,FALSE)

日付の数式を操作する方法

現在および将来の日付の間の日数を確認する方法

現在から将来の特定の日付までの日数を検索するには、次の数式を使用します。
   ="mm/dd/yy"-NOW()
場所 「月/日/年」 将来の日付です。使用して、一般的な書式、数式を含むセル。

日、月、および 2 つの日付間の年の数を検索する方法

場所、開始日と終了日を入力するセル A1 および A2 にそれぞれ 2 つの日付間の年、月、日の数を計算するために以下の手順を実行します。

1.新規ブックを作成します。
2.空白のブックをクリックします。
3. ブックの次のデータを入力します。

A1:03/25/94A2: 05/01/98
セル D1 に次の数式を入力します。
 =YEAR(A2)-YEAR(A1)-IF(OR(MONTH(A2)<MONTH(A1),AND(MONTH(A2)=MONTH(A1), DAY(A2)<DAY(A1))),1,0)&" years, "&MONTH(A2)-MONTH(A1)+IF(AND(MONTH(A2)<=MONTH(A1),DAY(A2)<DAY(A1)),11,IF(AND(MONTH(A2)<MONTH(A1),DAY(A2)>=DAY(A1)),12,IF(AND(MONTH(A2)>MONTH(A1),DAY(A2)<DAY(A1)),-1)))&" months,"&A2-DATE(YEAR(A2),MONTH(A2)-IF(DAY(A2)<DAY(A1),1,0),DAY(A1))&" days"

: コピーして次の数式を貼り付けると場合、は、改行がないことを確認してください。改行がある場合、数式は機能しません。

4. 場合は、数式を正しく入力すると、D1 のセルが表示されます。

4 years, 1 months, 6 days


日数、月数、および年数の追加数式の内訳
この数式を次のように、年、月、日の個別のセグメントにしても分割できます。

注: <b>コピーしてこれらの数式を貼り付ける場合は、改行がないこと、または、数式は機能しませんを確認します。
   Time segment                     Formula   ------------------------------------------------------------------------   The remaining number of          =A2-DATE(YEAR(A2),MONTH(A2)-   days between two dates,          IF(DAY(A2)<DAY(A1),1,0),DAY(A1))&"days"   ignoring years and months      The remaining number of          =MONTH(A2)- MONTH(A1)+IF(AND(MONTH(A2)   months between two dates,        <=MONTH(A1), DAY(A2)<DAY(A1)),11,   ignoring years and days          IF(AND(MONTH(A2)<MONTH(A1),DAY(A2)>=                                    DAY(A1)),12,IF(AND(MONTH(A2)>MONTH(A1),                                    DAY(A2)<DAY(A1)),-1)))&" months"   The number of whole years        =YEAR(A2)-YEAR(A1)-IF(OR(MONTH(A2)<   between two dates                MONTH(A1),AND(MONTH(A2)=MONTH(A1),                                    DAY(A2)<DAY(A1))),1,0)&" years"
注: <b>以前の数式では、&「日」&「月」と &"年"は省略可能です。これらを識別できるように、結果として、日数、月数、および年数です。

2 つの日付間の平日の数を検索する方法

場所、開始日と終了日が入力セル A1 および A2 にそれぞれ 2 つの日付間の平日の数を検索するには、以下の手順を実行します。

1.新規ブックを作成します。
2.空白のブックをクリックします。
3. ブックの次のデータを入力します。
A1: 03/25/94 A2: 05/01/98

4. セル D1 に次の数式を入力します。

=NETWORKDAYS(A1,A2)"1071" appears as the result in cell D1.

注: #NAMEが表示、結果として場合は、theExcel 2003ツール] メニューの [アドイン] をクリックします。分析ツール] チェック ボックスをオンにし、場合は、インストールするかどうか確認メッセージが表示されたら、[はい] をクリックします。Excel 2007、2010年、分析ツール アドインが組み込まれているです。

日付を段階的に増加する方法

上げるには、数年では、日付、月、または日単位を使用して、次の数式では、参照はいずれかの日付値または、日付、 value1value2値 3が含まれているセルの参照はそれぞれ、年、月、および日を大きく場合はインクリメントします。
   =DATE(YEAR(reference)+value1,MONTH(reference)+value2,DAY(reference)+value3)


たとえば、1 か月を加算した日付をする数式は次のとおりになります。
   =DATE(YEAR(DATEVALUE("6/20/96")),MONTH(DATEVALUE("6/20/96"))+1,    DAY(DATEVALUE("6/20/96")))

時間の数式を操作する方法

経過時間を計算する方法

それらの間の時間の経過を検索する別の 1 つのセルの内容を減算するとき、経過時間、分、および秒を表すシリアル値なります。この番号を読みやすくするためには、結果を含むセルに h:mm 時刻の形式を使用します。

次の例で C2 と D2 のセルに数式= b2-a2があり、セル C2 は、一般に形式、書式設定、セルが (この場合である 0.53125 12 時間 45 分を表すシリアル値) 、10 進数で表示されます。
   A1: Start Time   B1: End Time    C1: Difference  D1: Difference                                        (General)       (h:mm)   A2: 6:30 AM      B2: 7:15 PM     C2: 0.53125     D2: 12:45

午前 0 時が、開始時刻と終了時刻の間にある場合は、24 時間制の時刻の差を考慮する必要があります。24 時間を表す数字の 1 を追加することによってこれを行うことができます。たとえば、午前 0 時以降の期間では、次の表を設定できます。
   A1: Start Time    B1: End Time    C1: Difference  D1: Difference                                         (General)       (h:mm)   A2: 7:45 PM       B2: 10:30 AM    C2: 0.614583333  D2: 14:45


このテーブルを設定するには、セル C2 と D2 に次の数式を入力します。
   =B2-A2+IF(A2>B2,1)

時間と分の 24 時間より大きい値を蓄積する方法

24 時間を超える時間を正しく表示する場合は、組み込みの書式をユーザーが使用できます。カスタム書式を代わりに使用する場合は、する必要があります形式のかっこで囲むたとえば。
   [h]:mm

進数値を日付に変換する方法

シリアル化された日付 (h:mm:ss) を 10 進数 (0.00) に変換するには、24 時間制に変換してシリアル番号を 10 進数変換あります。そのためには次のように 24 の時間乗算
   =Time*24
場所 時刻 目的の数値を時刻の表示形式から、10 進数に変換するにはこの数値にはセル参照またはTIMEVALUE関数に数値の文字列を指定できます。

たとえば、セル A1 には「4:30」を表す 4 時間 30 分の時間が含まれています、数式は:
   =A1*24
結果は 4.5 です。

セルに日付と時刻の両方が含まれている場合は、次の数式を使用します。
   =(Time-INT(Time))*24
たとえば、セル A1 が"6/20/96 午前 4時 30分"、数式は。
   =(A1-INT(A1))*24
もう一度、その結果は 4.5 です。

その日付に相当する 10 進数に変換する方法

10 進数 (0.00) をシリアル化された日付 (h:mm:ss) に変換するには、24 時間制に変換してシリアル番号を 10 進数変換あります。時間が次のように 24 で割ることによってこれの通りに
   =Time/24
場所 時刻 数を 10 進数から日付のシリアル値に変換し、たいセル参照または実数を指定することができます。たとえば、セル A1 に 4 時間 30 分を表す 4.5 の値の場合は、数式のとおりは次になります。
   =A1/24
結果は 4時 30分です。

Microsoft Excel for Mac と Windows 用の Excel の間でファイルを転送する方法

既定では、Excel for Mac で 1904年に日付システムを使用し、Windows 版 Excel では 1900 年日付システムを使用します。つまり、 Excel for Mac で、シリアル番号 1 を入力して、日付書式を指定するときに Excel が表示されるとして1/2/1904年午前 12時 00分Windows 版 Excel で、シリアル値 1 としてを表示1900 年 1 月 1 日午前 12時 00分

場合は、ファイルを転送する excel for Mac には Windows 版 Excel、日付方式の違いする必要があります、日付システムは各ファイルに格納されるため、問題は発生しません。ただし、コピーして貼り付けるファイルを別のプラットフォームで作成された別の日付システムとの間で、日付が 4 年と 1 日が正しい日付から表示されます。

Windows 版 Excel で 1904年に日付システムを変更するには、以下の手順を実行して下さい。
  1. Excel 2003 で [ツール] メニューの [オプション] をクリックします。Excel 2007 およびそれ以降では、[ Excel のオプションに移動します。
  2. Excel 2003 では、計算方法] タブをクリックし、 1904年に日付システムのチェック ボックスをオンにする] をクリックします。Excel 2007 およびそれ以降は、[詳細設定] オプションをクリックします。下方向にスクロールこのブックを計算する場合:使用 1904年に日付システムのチェック ボックスを選択します。
For Mac Excel で 1904年に日付システムを変更、以下の手順を実行して下さい。
  1. [ Excel ] メニューの [設定] をクリックします。
  2. 式とリストの選択計算します
  3. [ブック オプション] で、1904 年日付システムのチェック ボックスをオフにするには
関連情報
詳細については、マイクロソフトサポート技術記事を表示する次の資料番号をクリックしてください。
214233 テキストまたは数値が Excel で予期しないの表示形式に変換
214386 Microsoft Excel での最大時間
241072 日付や時刻の数式を Excel で表示するときに、シリアル番号として表示されます。
264372 制御および Excel の [セルの書式設定] ダイアログ ボックスの設定を理解する方法
reviewdocID XL2007 XL2010

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:214094 - 最終更新日: 05/06/2016 18:40:00 - リビジョン: 5.0

Microsoft Office Excel 2003, Microsoft Office Excel 2007, Microsoft Excel 2010

  • kbgraphxlink kbscreenshot kbdatetime kbautomation kbprogramming kbfunctions kbhowtomaster kbmigrate kbmt KB214094 KbMtja
フィードバック