Microsoft アカウントでサインイン
サインインするか、アカウントを作成します。
こんにちは、
Select a different account.
複数のアカウントがあります
サインインに使用するアカウントを選択してください。
スクリーン リーダーを使用して Outlook で予定や会議をスケジュールする

この記事は、Microsoft のナレーター、JAWS、Microsoft 365 製品で NVDA などのスクリーン リーダー プログラムを使用する、視覚障碍または認知障碍のあるユーザーを対象としています。 この記事は、Microsoft 365 スクリーン リーダー サポート コンテンツ セットの一部であり、アプリのアクセシビリティに関する詳細情報を見つけることができます。 一般的なヘルプについては、Microsoft サポート ホームにアクセスしてください。

キーボードとスクリーン リーダーで Outlook を使用して、予定をスケジュールしたり、他のユーザーと会議をスケジュールしたりできます。 ナレーター、JAWS および NVDA でテストしていますが、他のスクリーン リーダーでも、一般的なアクセシビリティの標準と技法に準拠していれば、機能する可能性があります。 招待したユーザーが使用可能かどうかを確認する方法、会議を繰り返す方法、会議のリマインダーを設定する方法、および Outlookで招待したユーザーからの応答を要求する方法について説明します。

注: 

この記事の内容

予定を設定する

たとえば、予定表で個人の予定をスケジュールして、アクティビティを思い出させることができます。 予定には、他のユーザーを招待する必要はありません。 他のユーザーを招待する場合は、会議をスケジュールできます。 手順については、「 会議のスケジュールを設定し、会議にユーザーを招待する」を参照してください。

新しい予定を作成する

  1. Outlookで、Ctrl + 2 キーを押して予定表を開きます。 現在のビューの名前、たとえば "稼働日ビュー" が読み上げられ、次にビュー内のイベントの数が読み上げられます。

  2. Alt キーを押しながら H キーを押し、N キーを押して空の予定ウィンドウを開きます。 フォーカスは [タイトル ] フィールドにあります。

  3. 予定のタイトルを入力し、Tab キーを押してフォーカスを [開始日 ] フィールドに移動します。

  4. 開始日を変更するには、下方向キーまたは上方向キーを押して、日付を 1 日ずつ前または後に移動します。 開始日を入力することもできます。

  5. 開始時刻を変更するには、"開始時刻" と読み上げられるまで Tab キーを押し、下方向キーまたは上方向キーを押して、時間を 30 分前後に移動します。

  6. 次の音声が聞こえるまで Tab キーを押します。 "終了日"終了日を変更するには、下方向キーまたは上方向キーを押して、日付を 1 日ずつ前または後に移動します。

  7. 終了時刻を変更するには、"終了時刻" と読み上げられるまで Tab キーを押し、下方向キーまたは上方向キーを押して、時間を 30 分前後に移動します。

  8. 予定に場所を追加するには、次のいずれかの操作を行います。

    • Microsoft Exchange アカウントを使用している場合は、場所ピッカーを使用して、会社の会議室などの場所を追加できます。 "場所ボタン" と読み上げられるまで Tab キーを押し、Enter キーを押します。 [ 会議室の選択 ] ダイアログ ボックスが開き、[ 検索 ] フィールドにフォーカスが表示されます。 場所の名前を入力し、場所の名前が読み上げられるまで Tab キーを押し、Enter キーを押して選択します。 予定に場所を追加するには、Enter キーを押します。

    • 入力して場所を追加するには、"場所、編集" と読み上げられるまで Tab キーを押し、場所を入力します。

  9. 予定に関するメモや情報 (議題やプログラムなど) を追加するには、ナレーターが "メッセージ、編集" と読み上げられるまで Tab キーを押し、メモを入力します。 JAWS では、"編集" と読み上げられます。NVDA では"メッセージ、編集" と読み上げられます。 複数行。

  10. 予定中に他のユーザーにビジー状態か利用可能かを知らせる場合は、状態インジケーターを追加します。 手順については、「可用性を ユーザーに知らせる」を参照してください。

  11. 予定を保存するには、Ctrl キーを押しながら S キーを押します。 予定ウィンドウを閉じて予定表に戻すには、Esc キーを押します。

空き時間情報を他のユーザーに知らせる

予定に状態インジケーターを追加して、他のユーザーに予定中の空き時間を知らせることができます。 他のユーザーがあなたとの会議をスケジュールしようとすると、使用可能かビジーかを知ります。

  1. 予定が空いているときに、Alt キーを押しながら H キー、B キーを押すと、[公開方法] メニューが開きます。

  2. 必要な可用性オプションが読み上げられるまで、上方向キーまたは下方向キーを押します。

  3. オプションを選択するには、Enter キーを押します。 [ 表示] メニューが閉じます。

  4. 変更を保存するには、Ctrl キーを押しながら S キーを押します。 予定ウィンドウを閉じて予定表に戻すには、Esc キーを押します。

会議をスケジュールして他のユーザーに出席を依頼する

1 人以上のユーザーに会議出席依頼を送信できます。 招待を作成するときに、会議の場所を設定し、 スケジュール アシスタントを 使用して会議に最適な時間を選択できます。

  1. Outlook の任意の場所 (Email、予定表、タスクなど) から会議出席依頼を作成するには、Ctrl キーを押しながら Shift キーを押しながら Q キーを押します。 空白の 会議 出席依頼が開き、[ タイトル ] テキスト フィールドにフォーカスが表示されます。

  2. 会議のタイトルを入力します。

  3. 必要な出席者を招待するには、"必須" と読み上げられるまで Tab キーを押します。 招待するユーザーの名前を入力します。 ユーザーがアドレス帳に含まれていない場合は、メール アドレスを入力します。

  4. Outlook アドレス帳で一致が自動的に検索されます。 提案された名前を参照するには、下方向キーを押します。 名前を選ぶには、Enter キーを押します。

    ヒント: 名前とメール アドレスを確認するには、Ctrl キーを押しながら K キーを押します。

  5. 会議の開始日を設定するには、"開始日" と読み上げられるまで Tab キーを押します。 既定では、このフィールドには会議出席依頼が作成された日付が表示されます。

    開始日を入力するか、下方向キーを使用して日付を検索します。

    注: 会議が終日続く場合は、開始日を入力するか、下方向キーを使用して検索します。"終日、チェック ボックス、オフ" と読み上げられるまで Tab キーを押し、Space キーを押します。

  6. 会議の開始時刻を設定するには、"開始時刻" と読み上げられるまで Tab キーを押します。 開始時刻を入力するか、上方向キーまたは下方向キーを使用して検索します。

  7. 会議の終了時刻を設定するには、"終了時刻" と読み上げられるまで Tab キーを押します。 終了時刻を入力するか、上方向キーまたは下方向キーを使用して検索します。

  8. 招待を保存または送信する前に、招待したユーザーが会議で使用できることを確認するには、そのユーザーの空き時間を確認します。 手順については、「 招待したユーザーの可用性を確認する」を参照してください。

  9. 会議の場所を選択するには、次のいずれかの操作を行います。

    • Microsoft Exchange アカウントを使用している場合は、場所ピッカーを使用して、会社の会議室などの場所を追加できます。 "場所ボタン" と読み上げられるまで Tab キーを押し、Enter キーを押します。 [ 会議室の選択 ] ダイアログ ボックスが開き、[ 検索 ] フィールドにフォーカスが表示されます。 場所の名前を入力し、場所の名前が読み上げられるまで Tab キーを押し、Enter キーを押して選択します。 予定に場所を追加するには、Enter キーを押します。

    • 入力して場所を追加するには、"場所、編集" と読み上げられるまで Tab キーを押し、場所を入力します。

  10. 会議の議題やプログラムなど、招待に付随するメッセージを追加するには、ナレーターが "メッセージ、編集" と読み上げられるまで Tab キーを押し、メッセージを入力します。 JAWS では、"編集" と読み上げられます。NVDA では"メッセージ、編集" と読み上げられます。 複数行。

  11. 会議出席依頼を送信するには、Alt キーを押しながら S キーを押します。 フォーカスは現在アクティブなウィンドウに移動します。

招待したユーザーの可用性を確認する

会議をスケジュールし、出席者の名前を追加したら、全員が会議に出席できるかどうかを確認し、会議に最適な時間を見つけることができます。

  1. 会議出席依頼で Alt キーを押しながら X キーを押して、スケジュール アシスタントを開きます。 "すべての出席者の状態" と読み上げられます。

  2. [自動選択] メニューを開くには、Alt キーを押しながら X キー、A キー、P キーを押します。

  3. 下方向キーを使用してメニューを移動します。 移動中のオプション ("すべてのユーザーとリソース"、"すべてのユーザーと 1 つのリソース" など) が読み上げられます。 オプションを選択するには、Enter キーを押します。

    AutoPick は、選択したオプションの条件を満たす次に使用可能な時刻を選択します。 ナレーターを使用すると、提案された日付と時刻、および各出席者の名前と可用性の状態が読み上げられます。 JAWS と NVDA を使用して、各出席者の可用性を読み上げるには、上方向キーと下方向キーを使用して出席者の一覧を参照します。

  4. 次のいずれかを実行します。

    • 時刻を受け入れて会議出席依頼を送信するには、Alt キーを押しながら S キーを押します。

    • 時間を承諾し、招待メッセージに戻って編集するには、Alt キーを押しながら H キーを押します。

    • AutoPick に戻って別のオプションを見つけるには、Alt キーを押しながら X キー、A キー、P キーを押します。

定期的な会議を行う

たとえば、会議を毎週行う場合、会議を定例会議に簡単に変更できます。 これにより、毎週個別に新しい会議を作成する必要はありません。

  1. 会議出席依頼で Alt キーを押しながら H キーを押し、E キーを押して [予定の繰り返し] ダイアログ ボックスを開きます。

  2. 繰り返しパターンを選択するには、次のキーボード ショートカットを使用します。

    • [] オプションを選択するには、Alt キーを押しながら D キーを押します。 [日単位] オプション内でパターンを選択するには、次のいずれかの操作を行います。

      • 平日に会議を繰り返すには、Alt キーを押しながら K キーを押します。

      • 数日おきに会議を繰り返すには、Alt キーを押しながら V キーを押します。 日の間隔を定義するには、Tab キーを 1 回押し、必要な日数を入力します。 たとえば、2 日ごとに会議を繰り返すには、「 2」と入力します。

    • [] オプションを選ぶには、Alt キーを押しながら W キーを押します。 週の間隔を定義するには、Alt キーを押しながら C キーを押し、必要な週数を入力します。 たとえば、会議を 3 週間ごとに繰り返すには、「 3」と入力します。 曜日を選択するには、目的の日が読み上げられるまで Tab キーを押し、Space キーを押して選択します。

    • [] オプションを選ぶには、Alt キーを押しながら M キーを押します。 [月単位] オプション内でパターンを選択するには、次のいずれかの操作を行います。

      • 毎月同じ日付で会議を繰り返すには、Alt キーを押しながら A キーを押します。 Tab キーを 1 回押し、目的の日付の番号を入力します。 たとえば、選択した月の 12 日目に会議を開催する場合は、「 12」と入力します。 月の間隔を設定するには、Tab キーを 1 回押し、月数を入力します。 たとえば、会議を 2 か月ごとに繰り返す場合は、「 2」と入力します。

      • 毎月特定の日に会議を繰り返すには、Alt キーを押しながら E キーを押します。 日の間隔を選択するには、Tab キーを 1 回押し、Alt キーを押しながら下方向キーを押してメニューを展開し、目的のオプションが見つかるまで上方向キーまたは下方向キーを押し、Enter キーを押します。 曜日を選択するには、Tab キーを 1 回押し、Alt キーと下方向キーを押してメニューを展開し、目的のオプションが見つかるまで上方向キーまたは下方向キーを押し、Enter キーを押します。 月の間隔を設定するには、Tab キーを 1 回押し、月数を入力します。 たとえば、会議を 2 か月ごとに繰り返す場合は、「 2」と入力します。

    • [] オプションを選ぶには、Alt キーを押しながら Y キーを押します。 年の間隔を設定するには、Alt キーを押しながら C キーを押し、必要な年数を入力します。 たとえば、会議を 2 年ごとに繰り返す場合は、「 2」と入力します。 [月単位] オプション内でパターンを選択するには、次のいずれかの操作を行います。

      • 毎年または数年ごとに同じ日付で会議を繰り返すには、Alt キーを押しながらコロン (:)キーを押します。 会議の月を選択するには、Tab キーを 1 回押し、Alt キーを押しながら下方向キーを押してメニューを展開し、目的の月が見つかるまで上方向キーまたは下方向キーを押し、Enter キーを押します。 日付を設定するには、Tab キーを 1 回押し、目的の日付を入力します。 たとえば、選択した月の 12 日目に会議を開催する場合は、「 12」と入力します。

      • 月の特定の平日に会議を繰り返すには、Alt キーを押しながら E キーを押します。 日の間隔を選択するには、Tab キーを 1 回押し、Alt キーを押しながら下方向キーを押してメニューを展開し、目的のオプションが見つかるまで上方向キーまたは下方向キーを押し、Enter キーを押します。 曜日を選択するには、Tab キーを 1 回押し、Alt キーと下方向キーを押してメニューを展開し、目的のオプションが見つかるまで上方向キーまたは下方向キーを押し、Enter キーを押します。 月を選択するには、Tab キーを 1 回押し、Alt キーと下方向キーを押してメニューを展開し、目的の月が見つかるまで上方向キーまたは下方向キーを押し、Enter キーを押します。

  3. 選択内容を保存して [予定の 繰り返 し] ダイアログ ボックスを閉じるには、"OK ボタン" と読み上げられるまで Tab キーを押し、Enter キーを押します。

オンライン会議を作成する

Skype または Microsoft Teamsを使用して、会議をオンライン会議に簡単に変換できます。

注: 組織や、Microsoft 365 サブスクライバーであるかどうかによっては、 Skype や Microsoft Teams が利用できない場合があります。

[ 会議 出席依頼] ウィンドウで、次のいずれかの操作を行います。

  1. [Skype 会議] オプションを選択し、 Skype 会議リンクを作成するには、Alt キーを押しながら H キー、O キー、M キーを押します。

  2. [Teams 会議] オプションを選択し、 Microsoft Teams 会議リンクを作成するには、Alt キーを押しながら H キー、T キー、M キーを押します。

Outlook は、オンライン会議の詳細とリンクを会議メッセージ フィールドに追加します。

関連項目

Outlook でスクリーン リーダーを使用して会議出席依頼を開封し返信する

Outlook でスクリーン リーダーを使用してメール アカウントを設定する

Outlook でスクリーン リーダーを使用してメールのテキストの書式設定を行う

Outlook のキーボード ショートカット

Outlook の予定表でスクリーン リーダーを利用する基本的な作業

Microsoft 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ

スクリーン リーダーを使用して Outlook カレンダーの中を移動する

キーボードと組み込みの macOS スクリーン リーダーである VoiceOver で Outlook for Mac を使用して、予定をスケジュールしたり、他のユーザーとの会議をスケジュールしたりできます。 また、定期的な会議を作成し、 Outlook for Macで会議をMicrosoft Teamsする方法についても説明します。

注: 

  • 新しい Microsoft 365 の機能は Microsoft 365 サブスクリプションをご利用の方に段階的にリリースされるため、ご使用のアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。 より早く新機能を入手するための方法については、Office Insider プログラムにご参加ください

  • このトピックでは、組み込みの macOS スクリーン リーダーである VoiceOver を使っていることを前提としています。 VoiceOver の使用の詳細については、「VoiceOver スタートアップガイド」をご覧ください。

この記事の内容

新しい予定をスケジュールする

  1. Outlook for Macで、Command キーを押しながら N キーを押します。 [件名] テキスト フィールドにフォーカスが置かれた新しい予定ウィンドウが開きます。 予定の件名を入力します。

  2. 予定の場所を設定するには、"場所、テキストの編集" と読み上げられるまで Tab キーを押し、目的の場所を入力します。

  3. 予定の開始日と終了日時を設定するには、既定の日付と時刻が読み上げられるまで Tab キーを押します。 値を変更するには、必要な新しい値を入力します。

    ヒント: 終日イベントを作成するには、"終日イベント、非チェック" と読み上げられるまで Tab キーまたは Shift キーを押しながら Tab キーを押し、Control + Option + Space キーを押します。

  4. 予定に関する詳細情報 (議題など) を追加するには、"本文の入力" と読み上げられるまで Tab キーを押し、必要な詳細を入力します。

  5. 予定のアラーム時間を設定するには、"アラーム、ポップアップ ボタン" と読み上げられるまで Shift キーを押しながら Tab キーを繰り返し押し、Control + Option + Space キーを押します。 目的のオプションが読み上げられるまで下方向キーを押し、Return キーを押します。

  6. 予定を保存するには、"保存して閉じる、ボタン" と読み上げられるまで Shift キーを押しながら Tab キーを押し、Control + Option + Space キーを押します。 新しい予定ウィンドウが閉じます。

新しい会議をスケジュールする

  1. Outlook for Macで、Control + Option + M キーを押します。 "メニュー バー、Apple" と読み上げられます。 "ファイル" と読み上げられるまで、右方向キーを押します。 Ctrl キーを押しながら Option キーを押しながら Space キーを押して、[ ファイル ] メニューを開きます。

  2. [新しい] サブメニューを開くには、下方向キーを 1 回押し、Control + Option + Space キーを押します。 次に、"会議" と読み上げられるまで下方向キーを押し、Return キーを押します。 [宛先] テキスト フィールドにフォーカスが置かれた新しい会議ウィンドウが開きます。

  3. ユーザーを招待するには、[ To: text] フィールドに連絡先の名前を入力します。 各名前を入力した後に Return キーを押して、エントリOutlook for Mac完了させます。

  4. 会議に名前を付ける場合は、"件名、テキストの編集" と読み上げられるまで Tab キーを押し、名前を入力します。

  5. 会議の場所を設定するには、"場所、テキストの編集" と読み上げられるまで Tab キーを押し、目的の場所を入力します。

  6. 会議の開始時刻と終了日時を設定するには、既定の日付と時刻が読み上げられるまで Tab キーを押します。 値を変更するには、必要な新しい値を入力します。

    ヒント: 終日イベントを作成するには、"終日イベント、非チェック" と読み上げられるまで Tab キーまたは Shift キーを押しながら Tab キーを押し、Control + Option + Space キーを押します。

  7. 会議の詳細 (議題など) を追加するには、"本文の入力" と読み上げられるまで Tab キーを押し、必要な詳細を入力します。

  8. 会議のアラーム時間を設定するには、"アラーム、ポップアップ ボタン" と読み上げられるまで Shift キーを押しながら Tab キーを繰り返し押し、Control + Option + Space キーを押します。 目的のオプションが読み上げられるまで下方向キーを押し、Control + Option + Space キーを押します。

  9. 会議出席依頼を送信するには、"送信、ボタン" と読み上げられるまで Shift キーを押しながら Tab キーを押し、Control + Option + Space キーを押します。 新しい会議ウィンドウが閉じます。

空き時間情報を他のユーザーに知らせる

会議や予定の間に他のユーザーに空き時間を表示します。

  1. イベントをスケジュールするときは、現在の可用性の状態 ("Busy"など) と "Show as, pop-up button" が読み上げられるまで Tab キーまたは Shift + Tab キーを押し、Control + Option + Space キーを押します。

  2. 可用性を選択するには、イベント中に他のユーザーに表示する可用性が読み上げられるまで下方向キーを押します。 選択するには、Ctrl + Option + スペースバーを押します。

予定を会議に変換する

他のユーザーを招待し、予約を会議に変更します。

  1. 予定ウィンドウで、"招待、ボタン" と読み上げられるまで Shift キーを押しながら Tab キーを押し、Control キーを押しながら Option キーを押しながら Space キーを押して会議にします。

  2. フォーカスは、新しく作成された To テキスト フィールドに移動します。 会議に招待する連絡先の名前を入力します。 各名前を入力した後に Return キーを押して、エントリOutlook for Mac完了させます。

  3. 完了したら、招待を送信するには、"送信、ボタン" と読み上げられるまで Shift キーを押しながら Tab キーを押し、Control + Option + Space キーを押します。

定期的な会議を行う

たとえば、会議を毎週行う場合、会議を定例会議に簡単に変更できます。 週ごとに会議を追加する必要がありません。

  1. イベントをスケジュールするときは、"繰り返し、ボタン" と読み上げられるまで Tab キーまたは Shift + Tab キーを押し、Control + Option + Space キーを押します。 新しいウィンドウが開き、[ 繰り返し ] ドロップダウン メニューにフォーカスを置いて、定期的なイベントのオプションを選択できます。

  2. 会議の頻度を選択するには、Control キーを押しながら Option キーを押しながら Space キーを押し、上方向キーまたは下方向キーを使用して、予定を繰り返す頻度 (日単位週単位月単位単位) を見つけます。 選択するには、Ctrl + Option + スペースバーを押します。

  3. 他の日付と時刻のオプションを参照するには、Tab キーまたは Shift + Tab キーを押します。 完了したら、"OK、ボタン" と読み上げられるまで Tab キーを押し、Control + Option + Space キーを押します。

Microsoft Teams会議を作成する

会議をオンラインの Microsoft Teams会議に簡単に変換できます。

  1. 会議をスケジュールするときは、"Teams 会議、トグル ボタン" と読み上げられるまで Tab キーまたは Shift + Tab キーを押し、Control + Option + Space キーを押します。

  2. 残りの会議の詳細を追加し、招待状を送信します。 Microsoft Teams会議の詳細は、送信時に招待に追加されます。

関連項目

Outlook でスクリーン リーダーを使用して会議出席依頼を開封し返信する

Outlook でスクリーン リーダーを使用してメール アカウントを設定する

Outlook のキーボード ショートカット

Outlook の予定表でスクリーン リーダーを利用する基本的な作業

スクリーン リーダーを使用してMicrosoft Teams で会議に参加する

Microsoft 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ

スクリーン リーダーを使用して Outlook カレンダーの中を移動する

組み込みの iOS スクリーン リーダーである VoiceOver で iOS 版 Outlook を使用して、他のユーザーとの予定や会議をスケジュールします。

注: 

  • 新しい Microsoft 365 の機能は Microsoft 365 サブスクリプションをご利用の方に段階的にリリースされるため、ご使用のアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。 より早く新機能を入手するための方法については、Office Insider プログラムにご参加ください

  • このトピックでは、組み込みの iOS スクリーン リーダーである VoiceOver を使っていることを前提としています。 VoiceOver の使用の詳細については、「Apple accessibility」 (Apple のアクセシビリティ) をご覧ください。

この記事の内容

新しい予定や会議を予定表に入れる

  1. iOS 版 Outlookカレンダーで、画面の上部付近を 4 本指でタップします。 "予定表のナビゲーション メニュー、ボタン" と読み上げられます。 "新しいイベント ボタン" と読み上げられるまで右にスワイプし、画面をダブルタップします。 [ 新しいイベント ] ウィンドウが開き、[ タイトル ] テキスト フィールドにフォーカスが表示されます。

  2. スクリーン キーボードを使用して、イベントのわかりやすい名前を入力します。

  3. イベントの開始時刻と終了日時を設定するには、"開始" または "終了" と読み上げられるまで右にスワイプし、その後に既定の日付と時刻が続きます。 日付と時刻を変更するには、画面をダブルタップします。 変更する値が読み上げられるまで右にスワイプし、目的の値が読み上げられるまで上下にスワイプします。 選択内容を確認するには、"完了ボタン" と読み上げられるまで左にスワイプし、画面をダブルタップします。

    ヒント: 終日イベントを作成するには、"終日の予定、切り替えボタン、オフ" と読み上げられるまで左または右にスワイプし、読み上げられたら画面をダブルタップします。

  4. 会議の場所を設定するには、"場所ボタン" と読み上げられるまで右にスワイプし、画面をダブルタップします。 場所の入力を開始します。 入力しているときに、場所の候補の一覧が更新されます。 場所を選択するには、目的の場所が読み上げられるまで右にスワイプし、読み上げられたら画面をダブルタップします。

  5. イベントのアラート時間を設定するには、"アラート" と読み上げられるまで右にスワイプし、その後に現在のアラート値を入力し、画面をダブルタップします。 目的のオプションが読み上げられるまで右にスワイプし、読み上げられたら画面をダブルタップします。

  6. 会議の議題など、イベントに関する詳細情報を追加するには、"説明ボタン" と読み上げられるまで右にスワイプし、画面をダブルタップします。 "複数行テキスト フィールド" と読み上げられるまで右にスワイプし、画面をダブルタップします。 画面上のキーボードを使用して詳細を入力し、完了したら、画面の上部付近を 4 本指でタップし、"完了" と読み上げられるまで右にスワイプしてから、画面をダブルタップします。

  7. イベントの詳細の追加が完了したら、4 本指で画面の上部付近をタップし、"完了ボタン" と読み上げられるまで右にスワイプしてから、画面をダブルタップします。

他のユーザーを招待して会議を行う

他のユーザーを招待し、予約を会議に変更します。

  1. イベントの作成または編集中に、[予定の編集] または [新しい予定の作成] ウィンドウで、"知り合い" と読み上げられるまで右にスワイプし、読み上げられたら画面をダブルタップします。 [ユーザー] ウィンドウが開き、編集可能なテキスト フィールドにフォーカスが置かれ、画面の下半分にスクリーン キーボードが表示されます。

    注: 予定表イベントを開いて編集する方法については、「Outlook で予定表を 使用してスクリーン リーダーを使用する基本的なタスク」の「予定表イベントを開く、読み取る、編集する」セクションを参照してください。

  2. "名前またはメール アドレスを入力" と読み上げられるまで右にスワイプし、画面をダブルタップします。 画面上のキーボードを使用して、連絡先名の入力を開始します。 入力しているときに、連絡先候補の一覧が更新されます。 連絡先を選択するには、目的の名前が読み上げられるまで右にスワイプし、読み上げられたら画面をダブルタップします。 招待するすべての連絡先について、これを繰り返します。

  3. 完了したら、4 本指で画面の上部付近をタップし、"完了" と読み上げられるまで右にスワイプしてから、画面をダブルタップします。

定期的な会議を行う

たとえば、会議を毎週行う場合、会議を定例会議に簡単に変更できます。 週ごとに会議を追加する必要がありません。

  1. イベントを作成するときは、[ 新しいイベント ] ウィンドウで、"繰り返し、なし、ボタン" と読み上げられるまで右にスワイプし、画面をダブルタップします。 [繰り返し] メニューが開きます。

  2. 会議の頻度を選択するには、会議を実行する頻度が読み上げられるまで右にスワイプします。 選択するには、画面をダブル タップします。

  3. フォーカスを [新しいイベント ] ウィンドウに戻すには、"戻るボタン" と読み上げられるまで左にスワイプし、画面をダブルタップします。

Microsoft Teams会議を作成する

会議をMicrosoft Teams会議に簡単に変換できます。

  1. イベントを編集または作成するときは、[ イベントの編集] ウィンドウまたは [新しいイベント ] ウィンドウで、"Teams 会議、スイッチ ボタン、オフ" と読み上げられるまで右にスワイプし、画面をダブルタップします。 "オン" と読み上げられます。Outlook は、オンライン会議の詳細とリンクを [説明 ] フィールドに追加します。

関連項目

Outlook でスクリーン リーダーを使用して会議出席依頼を開封し返信する

Outlook でスクリーン リーダーを使用してメール アカウントを設定する

Outlook の予定表でスクリーン リーダーを利用する基本的な作業

Microsoft 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ

スクリーン リーダーを使用して Outlook カレンダーの中を移動する

組み込みの Android スクリーン リーダーである TalkBack で Android 版 Outlook を使用して、他のユーザーとの予定や会議をスケジュールします。

注: 

  • 新しい Microsoft 365 の機能は Microsoft 365 サブスクリプションをご利用の方に段階的にリリースされるため、ご使用のアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。 より早く新機能を入手するための方法については、Office Insider プログラムにご参加ください

  • このトピックでは、Android の組み込みのスクリーン リーダーである、TalkBack を使用していることを前提としています。 TalkBack の使用の詳細については、「Android accessibility」 (Android のアクセシビリティ) をご覧ください。

この記事の内容

新しい予定や会議を予定表に入れる

  1. Android 版 Outlookカレンダーで、右または左にスワイプするか、画面の右下隅付近で 1 本の指をスライドし、「新しいイベント ボタンを追加する」と読み上げられるまで、画面をダブルタップします。 [ 新しいイベント ] ウィンドウが開きます。

  2. "タイトル、編集ボックス" と読み上げられるまで右にスワイプし、画面をダブルタップします。 スクリーン キーボードを使用して、イベントのわかりやすい名前を入力します。 完了したら、下にスワイプしてから左にスワイプして、画面上のキーボードを閉じます。

  3. イベントの開始時刻と終了日時を設定するには、既定の日付と時刻が読み上げられるまで左にスワイプします。 日付または時刻を変更するには、画面をダブルタップし、目的のオプションが読み上げられるまで左または右にスワイプしてから、画面をダブルタップします。 選択内容を確認するには、"OK ボタン" と読み上げられるまで左または右にスワイプし、画面をダブルタップします。

    ヒント: 終日イベントを作成するには、"終日イベント、切り替え" と読み上げられるまで左または右にスワイプし、画面をダブルタップします。

  4. 会議の場所を設定するには、"場所" と読み上げられるまで右にスワイプし、読み上げられたら画面をダブルタップします。 使用する場所の名前を入力するには、画面をダブルタップし、入力を開始します。 入力しているときに、場所の候補の一覧が更新されます。 場所を選択するには、目的の場所が読み上げられるまで右にスワイプし、画面をダブルタップします。

  5. イベントのアラート時間を設定するには、"アラート" と読み上げられるまで右にスワイプし、その後に現在のアラート値を入力し、画面をダブルタップします。 目的のオプションが読み上げられるまで右にスワイプし、読み上げられたら画面をダブルタップします。

  6. 会議の議題など、イベントに関する詳細情報を追加するには、"説明" と読み上げられるまで右にスワイプし、画面をダブルタップします。 "編集、編集ボックス" と読み上げられるまで右にスワイプし、画面をダブルタップします。 画面上のキーボードを使用して詳細を入力し、完了したら、下にスワイプしてから左にスワイプして、スクリーン キーボードを閉じます。 "完了" と読み上げられるまで左にスワイプし、画面をダブルタップします。

  7. イベントの詳細の追加が完了したら、"保存" と読み上げられるまで左にスワイプし、画面をダブルタップします。

他のユーザーを招待して会議を行う

他のユーザーを招待し、予約を会議に変更します。

  1. イベントの作成または編集中に、[予定の編集] または [新しい予定の作成] ウィンドウで、"知り合い" と読み上げられるまで右にスワイプし、読み上げられたら画面をダブルタップします。 [Peopleの追加] ウィンドウが開き、[名前の入力] または [電子メール アドレス] テキスト フィールドにフォーカスが表示されます。

    注: 予定表イベントを開いて編集する方法については、「Outlook で予定表を 使用してスクリーン リーダーを使用する基本的なタスク」の「予定表イベントを開く、読み取る、編集する」セクションを参照してください。

  2. 画面上のキーボードを使用して、連絡先名の入力を開始します。 入力しているときに、連絡先候補の一覧が更新されます。 連絡先を選択するには、目的の名前が読み上げられるまで右にスワイプし、読み上げられたら画面をダブルタップします。 招待するすべての連絡先について、これを繰り返します。

  3. 操作が完了したら、"完了" と読み上げられるまで左にスワイプし、読み上げられたら画面をダブルタップします。

定期的な会議を行う

たとえば、会議を毎週行う場合、会議を定例会議に簡単に変更できます。 週ごとに会議を追加する必要がありません。

  1. イベントを作成するときは、[ 新しいイベント ] ウィンドウで、"繰り返す、しない" と読み上げられるまで右にスワイプし、画面をダブルタップします。 [繰り返し] メニューが開きます。

  2. 会議の頻度を選択するには、"頻度、しない" と読み上げられるまで右にスワイプし、画面をダブルタップし、会議を実行する頻度が聞こえるまで右にスワイプします。 選択するには、画面をダブル タップします。

  3. 変更を保存するには、"保存" と読み上げられるまで左にスワイプし、画面をダブルタップします。 フォーカスが [新しいイベント ] ウィンドウに戻ります。

Microsoft Teams会議を作成する

会議をMicrosoft Teams会議に簡単に変換できます。

  1. イベントを編集または作成するときは、[ イベントの編集 ] ウィンドウまたは [新しいイベント ] ウィンドウで、"オフ、Teams 会議、切り替え" と読み上げられるまで右にスワイプし、画面をダブルタップします。 Outlook は、オンライン会議の詳細とリンクを [説明 ] フィールドに追加します。

関連項目

Outlook でスクリーン リーダーを使用して会議出席依頼を開封し返信する

Outlook でスクリーン リーダーを使用してメール アカウントを設定する

Outlook の予定表でスクリーン リーダーを利用する基本的な作業

Microsoft 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ

スクリーン リーダーを使用して Outlook カレンダーの中を移動する

キーボードとスクリーン リーダーで Outlook on the web を使用して、 予定表で他のユーザーとの予定や会議をスケジュールします。 Microsoft Edge のナレーターと Chrome の JAWS と NVDA でテストしましたが、一般的なアクセシビリティ標準と手法に従っている限り、他のスクリーン リーダーや Web ブラウザーで動作する可能性があります。

注: 

  • 新しい Microsoft 365 の機能は Microsoft 365 サブスクリプションをご利用の方に段階的にリリースされるため、ご使用のアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。 より早く新機能を入手するための方法については、Office Insider プログラムにご参加ください

  • スクリーン リーダーの詳細については、「Microsoft 365 でのスクリーン リーダーの機能」を参照してください。

  • このトピックでは、閲覧ウィンドウがオフであることを前提としています。

  • Outlook on the web を使う場合は、Web ブラウザーとして Microsoft Edge を使うことをお勧めします。 Outlook on the web は Web ブラウザーで実行されるため、キーボード ショートカットは、デスクトップ プログラムのキーボード ショートカットとは異なります。 たとえば、コマンド内を移動するには、F6 キーではなく、Ctrl + F6 キーを押します。 また、F1 (ヘルプ) キーや Ctrl + O キー (開く) などの Web ブラウザーに適用される一般的なショートカットは、Outlook on the web には適用されません。

  • 現在、Outlook.office.com (Outlook on the Web) を更新中です。 一部のユーザーは既に新しい Outlook を使用していますが、それ以外のユーザーは更新が完了するまで従来のバージョンが既定の操作環境として表示されます。 詳細については、「新しい Outlook on the web に関するサポートを受ける」を参照してください。 このトピックの手順は新しい環境に適用されるため、従来の環境から新しい Outlook に切り替えることをお勧めします。 新しい Outlook に切り替えるには、「コマンド、新しい Outlook を試してみる」と読み上げられるまで Ctrl キーを押しながら F6 キーを押し、続けて Enter キーを押します。 「コマンド、新しい Outlook を試してみる」の代わりに「コマンド ツール バー」と読み上げられる場合は、新しい Outlook を既に使用しています。

この記事の内容

新しい予定または会議をスケジュールする

たとえば、予定表で個人の予定をスケジュールして、アクティビティを思い出させることができます。 出席者を追加して、予定を会議に変換することもできます。

  1. Outlookで、Ctrl + Shift + 2 キーを押して予定表を開きます。 "読み込み" と読み上げられます。その後に、イベントの数と現在選択されている予定表の数が続きます。

  2. 新しいイベントを作成するには、Ctrl キーを押しながら N キーを押します。 イベントの詳細ウィンドウが開き、イベント タイトルのテキスト フィールドがフォーカスされます。 "イベントの詳細を追加します。 タイトルを追加します。

  3. イベントのオプションを参照するには、Tab キーを押すか、Shift キーを押しながら Tab キーを押します。

    • イベントに名前を付ける場合は、[ タイトルの追加] フィールドに名前を入力します。

    • 会議を作成する場合は、Tab キーを押します。 "出席者を招待する" と読み上げられます。 連絡先を追加するには、連絡先を入力し、Enter キーを押します。

    • 開始日と終了日、イベントの時刻を設定するには、既定値が読み上げられるまで Tab キーを押します。 日付を変更するには、開始日または終了日時に SR キーと右方向キーを 1 回押し、Enter キーを押してドロップダウン カレンダーを開き、矢印キーを使用してドロップダウン カレンダーを参照し、Enter キーを押して選択します。 時間を変更するには、新しい値を入力します。

    • 会議の場所を設定するには、"会議室または場所を検索" と読み上げられるまで Tab キーを押し、目的の場所を入力します。

    • イベントの詳細を追加するには、"説明の追加またはドキュメントの添付" と読み上げられるまで Tab キーを押し、必要な詳細を入力します。

  4. 完了したら、"送信ボタン" (会議の場合) または "保存ボタン" (予定の場合) と読み上げられるまで Shift キーを押しながら Tab キーを押し、読み上げられたら Space キーを押します。

  5. 新しいイベント ウィンドウが閉じて、予定表 にフォーカスが戻ります。

予定を会議に変換する

他のユーザーを招待し、予約を会議に変更します。

  1. イベントの詳細ウィンドウで、"出席者の招待" と読み上げられるまで Tab キーまたは Shift キーを押しながら Tab キーを押します。

  2. 連絡先を追加するには、参加者のメール アドレスを入力し (または貼り付け)、Enter キーを押します。 他の出席者に同じ操作を繰り返します。

招待したユーザーの可用性を確認する

会議出席依頼に名前を入力した後、 Outlook は、すべての招待者が使用可能な時刻を選択するのに役立ちます。

  1. イベントの詳細ウィンドウで、[スケジュール] で、会議時間の提案が読み上げられるまで Tab キーまたは Shift キーを押しながら Tab キーを押 します。 

  2. より推奨される時間を参照するには、必要な推奨タイム スロットが読み上げられるまで上方向キーまたは下方向キーを押します。 移動すると、推奨される時間が読み上げられます。 時間を選ぶには、Space キーを押します。

  3. 特定の日に利用可能な時間が見つからない場合は、別の日の招待者の空き時間を確認できます。 他の曜日を参照するには、[ スケジュール] で、"月のピッカーを開き、ボタンが折りたたまれている" と読み上げられるまで Tab キーまたは Shift キーを押しながら Tab キーを押し、Space キーを押します。 現在選択されている日が読み上げられるまで Shift キーを押しながら Tab キーを押し、方向キーを使用して日付を参照します。 日付を選ぶには、Enter キーを押します。

定期的な会議を行う

たとえば、会議を毎週行う場合、会議を定例会議に簡単に変更できます。 週ごとに会議を追加する必要がありません。

  1. イベントの詳細ウィンドウで、"繰り返し" と読み上げられるまで Tab キーまたは Shift + Tab キーを押します。

  2. 会議の頻度を選択するには、Space キーを押し、会議を実行する頻度が聞こえるまで下方向キーを使用します。 選択するには、Space キーを押します。

オンライン会議を作成する

Skype または Microsoft Teamsを使用して、会議をオンライン会議に簡単に変換できます。

注: 組織や、Microsoft 365 サブスクライバーであるかどうかによっては、 Skype や Microsoft Teams が利用できない場合があります。

イベントの詳細ウィンドウで、次のいずれかの操作を行います。

  • Skype または Microsoft Teams が使用可能な場合は、"オフ、Teams 会議、トグル スイッチ" または "オフ、Skype 会議、トグル スイッチ" と読み上げられるまで Tab キーまたは Shift + Tab キーを押します。 読み上げるオプションは、管理者によって決定されます。 Enter キーを押して、会議をオンライン会議に変換します。

  • Skype と Microsoft Teams の両方が使用可能な場合は、"オンライン会議の追加" と読み上げられるまで Tab キーまたは Shift + Tab キーを押し、下方向キーを押して使用可能なオプションを選択し、Enter キーを押して選択内容を確定します。

Outlook は、招待が送信された後、オンライン会議の詳細とリンクをイベント本文に追加します。

関連項目

Outlook でスクリーン リーダーを使用して会議出席依頼を開封し返信する

Outlook でスクリーン リーダーを使用してメール アカウントを設定する

Outlook でスクリーン リーダーを使用してメールのテキストの書式設定を行う

Outlook のキーボード ショートカット

Outlook の予定表でスクリーン リーダーを利用する基本的な作業

スクリーン リーダーを使用して Outlook カレンダーの中を移動する

障碍のある方向けのテクニカル サポート

Microsoft は、すべてのお客様に最適な操作性を提供することを目指しています。 障碍のある方、およびアクセシビリティに関してご質問がある方が技術サポートをご希望の場合は、Microsoft Disability Answer Desk までご連絡ください。 Disability Answer Desk サポート チームは、一般的なユーザー補助技術を駆使するトレーニングを受けており、英語、スペイン語、フランス語、および米語の手話でサポートを提供することができます。 お住まいの地域での連絡先の詳細については、Microsoft Disability Answer Desk サイトを参照してください。

政府機関、商用、または法人ユーザーの場合は、法人向け Disability Answer Desk までお問い合わせください。

ヘルプを表示

ディスカッションに参加
コミュニティにたずねる
サポートを受ける
お問い合わせ​​

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×