関連トピック
×
メイン コンテンツへスキップ
サポート
Microsoft アカウントでサインイン
サインインまたはアカウントを作成してください。
こんにちは、
別のアカウントを選択してください。
複数のアカウントがあります
サインインに使用するアカウントを選択してください。
チーム メンバーとファイルを共有する
お使いのブラウザーはビデオをサポートしていません。 Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、または Internet Explorer 9 をインストールします。

作業しているファイルをチームのメンバーや社外の誰かと共有したい場合があります。 OneDrive を使用すると、ファイルにアクセスしたり編集したりできるユーザーを制御しながら、共有や共同作業を簡単に行うことができます。

私は何を学ぶでしょうか?

  • OneDrive を使用してファイルを格納および共有する方法。

何が必要ですか?

  • Microsoft OneDrive

  • 5 分

  1. OneDrive Web サイトに移動し、職場アカウントでサインインします。

  2. 共有するファイルまたはフォルダーを選択する

  3. ページの上部にある [共有共有アイコン ] を選択します。

    共有設定のスクリーンショット 1 つのバージョン two.png

  4. [リンクのコピー] を選択してリンクをコピーし、メール、ドキュメント、Teams メッセージなど、必要に合ったリンクを共有します。



    [共有] ダイアログ ボックス または、共有するユーザーを追加し、メッセージを入力します。 [ 送信] を選択すると、ファイルへのリンクが記載されたメールが届きます。

  1. リンクのアクセス許可を変更するには、[ リンク 設定:

    共有設定のスクリーンショット one.png] を選択します。

    共有オプションが灰色表示されている場合は、ビジネス管理者が制限している可能性があります。 たとえば、[すべてのユーザー] オプションを無効にして、使用可能なリンクが組織外の他のユーザーに転送されないようにすることができます。

    • このリンクを直接受け取るか、他のユーザーから転送したかに関係なく、誰でもこのリンクを受け取るユーザーにアクセスできます。 これには、組織外のユーザーが含まれる場合があります。

    • 組織 <> リンクを持つユーザーは、自分から直接ファイルを受け取るか、他のユーザーから転送したかに関係なく、そのファイルへのリンク アクセス権を持つ組織内のユーザーに付与します。

    • 既存のアクセス権を持つユーザーは、ドキュメントまたはフォルダーに既にアクセスできるユーザーが使用できます。 アクセス許可は変更されません。 既にアクセス権を持っているユーザーにリンクを送信する場合は、これを使用します。 

    • 特定のユーザーは、指定したユーザーにのみアクセス権を付与しますが、他のユーザーは既にアクセス権を持っている可能性があります。 ユーザーが共有の招待を転送した場合、そのアイテムに既にアクセスできるユーザーのみがリンクを使用できます。

      アクセスを追跡し、セキュリティを確保するために、組織内または Microsoft アカウントを持つユーザーとのみ共有できます。

  2. [ その他の設定] で、次のいずれかのオプションを設定できます。

    • 編集を許可すると、ユーザーはアクセス権を持つファイルまたはフォルダーを編集できます。 フォルダーを共有している場合、編集アクセス許可を持つユーザーは、アクセス権を持つフォルダー内のすべてのものをコピー、移動、編集、名前変更、共有、削除できます。 このボックスをオフにすると、ユーザーはサインインせずにアイテムを表示、コピー、またはダウンロードできます。 リンクを他のユーザーに転送することもできます。 ただし、 OneDriveでバージョンを変更することはできません。

      • [編集を許可する] は既定でオンになっています。

      • 前の画面で編集権限を設定するには、ファイルを共有する名前の右側にある鉛筆アイコンを選択します。 

    • ダウンロードをブロックすると、アクセス権を持つファイルまたはフォルダーをダウンロードできなくなります。 このボックスをオフにすると、ユーザーはデバイスにファイルをダウンロードできます。 

    • 有効期限を設定すると、リンクの有効期限を設定できます。 設定した日付の後、リンクは機能しなくなり、ファイルまたはフォルダーへのアクセスを必要とするユーザー用の新しいリンクを作成する必要があります。

    • パスワードを設定 すると、ファイルにアクセスするためのパスワードを設定できます。 ユーザーがリンクをクリックすると、ファイルにアクセスする前にパスワードの入力を求められます。 このパスワードは、ファイルを共有するすべてのユーザーに個別に指定する必要があります。

    • レビュー モードで開くだけで、コメントを残したり、ファイルに提案を行うユーザーのみが制限されます。 

      • このアクセス許可オプションを持つのは、Word 文書/ファイルのみです。

      • ドキュメントに対する編集アクセス許可が既にある場合は、[レビュー モードでのみ開く] を選択しても編集できません。 その場合、ドキュメントは編集モードで開きます。

  3. すべてのリンク設定とアクセス許可を設定したら、[適用] を選択します。 

  4. これで、ファイルを共有するか、リンクをコピーする準備ができました。

Word や PowerPoint などの Microsoft 365 アプリで既にファイルを開いている場合は、ファイルを閉じたり、アプリを離れたりせずに簡単に共有できます。

  1. アプリの右上隅にある [ 共有 ] を選択します。

  2. リンクが必要な場合は、メール、テキスト メッセージ、またはその他の場所に貼り付けることができます。[ リンクのコピー] を選択します。 それ以外の場合は、もう一度 [共有 ] を選択します。

  3. [ 共有 ] ダイアログで、他のユーザーに付与するアクセス許可を確認し、名前またはメール アドレスを入力し、ファイルの内容と共有する理由を説明する短いメッセージを入力します。

  4. [送信] を選択します。

ヒント

ファイルの内容と共有する理由を説明するメッセージを追加すると、他のユーザーがファイルで行うことを期待するコンテキストを持ち、ファイルがフィッシングやマルウェアであると思われる可能性が低くなります。

ヘルプを表示

その他のオプションが必要ですか?

サブスクリプションの特典の参照、トレーニング コースの閲覧、デバイスのセキュリティ保護方法などについて説明します。

コミュニティは、質問をしたり質問の答えを得たり、フィードバックを提供したり、豊富な知識を持つ専門家の意見を聞いたりするのに役立ちます。

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?
[送信] を押すと、Microsoft の製品とサービスの改善にフィードバックが使用されます。 IT 管理者はこのデータを収集できます。 プライバシーに関する声明。

フィードバックをいただき、ありがとうございます。

×