Excel ブックから洗練された洗練された Visio フローチャートを自動的に作成しますか? これは、データビジュアライザーのテンプレートを使用して行うことができます。 各テンプレートには、プロセスデータを Visio のフローチャートに変換するために使用される、関連付けられた Excel ブックがあります。 また、独自のカスタム Excel テンプレートを使用したり、[データからの図の作成] ウィザードで [Excel データを図形にマップ] を使用して、図面を自動的に作成することもできます。 また、Visio 図形データに変換されるデータ列を Excel に追加することもできます。

また、Visio では、Visio ダイアグラムと Excel ブックの間で 2 つの同期方法がサポートされます。 Excel のデータを編集して Visio からダイアグラムを更新し、フロー チャートを作成できるだけでなく、Visio のダイアグラムを変更して、ダイアグラムから Excel データを更新することもできます。 

データ ビジュアライザーの概要

データビジュアライザーテンプレートを使用する機能は、 Visio Plan 2でのみ使用できます。 ご利用中の Visio のバージョンは、[ファイル]、[アカウント]、[Visio のバージョン情報] の順に選択すると確認できます。 Visioのサブスクリプションバージョンの詳細については、「 Visio プラン 2 」を参照してください。

データ ビジュアライザーのテンプレートが表示されない場合、または作業を開始するにあたって質問がある場合は、「Data Visualizer frequently asked questions」 (データ ビジュアライザーについてよく寄せられる質問) を参照してください。

注: この機能を使用するには、 Microsoft 365 サブスクリプションが必要です。 Microsoft 365のサブスクライバーである場合は、 最新バージョンの Office がインストールされていることを確認してください。 Microsoft 365 更新プロセスを管理している IT プロフェッショナルであれば、チャネル リリース ページをご覧ください。各チャネルで提供されている更新プログラムを確認できます。

また、 Visioライセンスを付与せずにグラフを作成するための新しいテンプレートも3つ用意されています。

この記事の内容

データ ビジュアライザーのダイアグラムを作成する

始める前に

自分のアイデアを寄せ集めて、紙の上に、または手描き入力で下書きして形にします。 この大まかな下書きを作成することで、すぐに作業を開始し、次の手順をスムーズに実行することができます。

データ ビジュアライザーのダイアグラムを作成する場合、Excel と Visio で同時に作業を行うことができます。 操作しやすくするために、Windows デバイス上の 2 つのウィンドウで、またはマルチ モニター環境で作業することをお勧めします。 Excel での作業内容と Visio での作業内容を視覚的に比較すれば、自分が行おうとしていることを確認するのに役立ちます。

勧め    この Microsoft Office ビデオをご覧になり、実際の データビジュアライザー: デモをご覧ください。

ステージ 1: データ ビジュアライザーのテンプレートを選択する

  1. Visio を開くか、ダイアグラムを編集中の場合、[ファイル]、[新規] の順に選択します。

  2. [テンプレート] を選択します。

    TEMPLATES コマンド
  3. [フローチャート] を選択します。

    FlowChart コマンド
  4. [ 基本フローチャート-データビジュアライザー]、 部門連係フローチャート-データビジュアライザー、または [ 監査ダイアグラム-データビジュアライザー] を選択します。

    データ ビジュアライザー テンプレート

    データ ビジュアライザー テンプレートの左上隅には Excel アイコンがあります。

フロー チャートとその図形の詳細については、「基本フローチャートを作成する」と「部門連係フローチャートを作成する」を参照してください。

ステージ 2: Excel ブックを作成する

  1. テンプレートのプレビューで、[データの Excel テンプレート] を選択します。

    Excel データ テンプレート リンクを選択する
     

        この記事で参照用に使用されているのと同じ Excel テンプレートのサンプルを使用する場合は、次のリンクからダウンロードできます。

  2. [ファイル]、[保存] の順に選択し、コンピューター、ネットワーク サーバー、SharePoint ドキュメント ライブラリを指定し、ファイル名を入力し、[保存] を選択します。

  3. 新しいワークシートを追加するには、ブックの下部にある [新しいシート] [新しいシート] を選択します。

  4. Excel の表を作成します。 Excel の表の使い方の詳細については、「Excel の表の概要」、「Excel テーブルを作成または削除する」、および「行や列を追加または削除してテーブルのサイズを変更する」を参照してください。

  5. Visio ダイアグラムを作成するために使用する行と列を表に追加します。 Excel の表の列見出しと値には特定の要件が適用されます。 「Excel の列で Visio フローチャートのコンポーネントを操作する方法」セクションで視覚的に説明します。

ステージ 3: その他の図形データを Excel の表に追加する (省略可能)

  1. Excel テンプレートの [プロセス マップ] タブを調べます。 Excel の表の列は、青と緑で色付けされています。 色は、列の間の違いを視覚的に認識する手がかりとなります。

    青色の列は、Visio のダイアグラムでフローチャートを作成する場合に使用されます。 すべての列はまた、図形データとして追加されます。

  2. その他の図形データを追加するには、Excel の表に 1 つまたは複数の列を追加します。

    緑色の列は、各図形に追加することができる図形データを示します。 任意の数の列を追加することができます。 既定では、図形データはデータ グラフィックを追加しない限り、ダイアグラムには表示されません。 Visio のダイアグラム内に図形データを表示するには、[データ]、[図形データ ウィンドウ] を選択します。 図形データおよびデータ グラフィックの詳細については、「図形にデータを追加する」と「データ グラフィックの概要」を参照してください。

ステージ 4: ウィザードを使用して Visio ダイアグラムを作成する

  1. Visio に戻り、テンプレートのプレビューで単位を選択し、[作成] を選択します。

  2. [データからの図の作成] ウィザードの最初のページで、次の操作を行います。

    1. [ データから作成するダイアグラムを選択してください] で、テンプレート (基本フローチャート部門連係フローチャート (水平)、または部門連係 フローチャート (縦)を選択します。

    2. [Excel ブックの選択] で、最近使用したほとんどのブックを含む一覧からブックを選択するか、[参照] を選択してステージ 2 で作成したブックを検索します。

    3. [ブックのテーブルまたはユーザー指定の範囲を選択] で、Excel プロセス データを含む表を選択します。

    4. [完了] をクリックします。 これにより、ウィザードの他のページに Visio が入力するすべての既定値が受け入れられます。

結果として、コンテナー内でダイアグラムが自動的に作成されます。 追加の Visio ページは、フロー チャートのサイズに応じて追加されます。

ステージ 5: Visio のダイアグラムを保存する

  • [ファイル]、[保存] の順に選択し、場所を検索し、ファイル名を入力し、[保存] を選択します。

Excel ファイルと Visio ファイルは、連携しているので同じ場所に保存することをお勧めします。

ステージ 6:データとダイアグラムを同期する

データ ビジュアライザーでダイアグラムを作成した後で、その変更が必要となる場合もあります。 Visio では、ソース データとダイアグラムの間で双方向同期をサポートします。

ヒント    Excel データを変更する場合は、ダイアグラムを更新します。 ダイアグラムのコンテンツを変更する場合は、Excel データを更新します。

Excel のデータを変更して、ダイアグラムを更新するには

  1. Excel の表のソース データに変更を加えます。 行を追加、更新、または削除することができます。

  2. Excel ブックを保存します。

  3. Visio でダイアグラム コンテナーをクリックし、リボンの [データ ツール] の [デザイン] タブを有効にして、[ダイアグラムの更新] を選択します。

この結果、Excel ブックで行った変更は、Visio のダイアグラムに表示されます。 次の点に注意してください。

  • ダイアグラムに更新後に失われる可能性のある変更を加えた場合、Visio に [競合するダイアグラムの更新] ダイアログ ボックスが表示されます。

  • リフレッシュを行った場合にのみ、コンテナー内の図形と接続に変更が加えられます。

  • コンテナー内の図形またはコネクタに加えた書式に関する変更は保持されます。

  • ダイアグラムの図形とコネクタ ラインはすべてコンテナー内に保持してください。 ページ上のその他のオブジェクトのうち、コンテナーの外側にあるものは、影響を受けません。 詳細については、「コンテナーやリストを使用して、図の構造を明らかにする」を参照してください。

ダイアグラムのコンテンツを変更して、Excel のデータを更新するには

  1. Visio のダイアグラムに変更を加えます。 図形とコネクタを追加、更新、または削除できます。

  2. Excel ブックがデスクトップ コンピューターまたはネットワーク ファイル サーバー上にある場合は、ブックが保存されて閉じられていることを確認します。

  3. ダイアグラム コンテナーをクリックし、リボンの [データ ツール] の [デザイン] タブを有効にして、[ソース データの更新] を選択します。

この結果、Visio のダイアグラムで行った変更は、Excel ブックに表示されます。 Excel でデータが失われる可能性がある場合、Visio に [競合するソース データの更新] ダイアログ ボックスが表示されます。 問題を回避するには、次のベスト プラクティスを使用します。

  • 変更を上書きする前に、Excel データのバックアップを保存します。

  • Excel ブックで、ユーザー設定の範囲ではなく、データ ソースとして Excel の表を使用します。 [ソース データの更新] ダイアログ ボックスで [上書き] を選択すると、Visio でユーザー設定の範囲が Excel の表に変換されます。

  • Excel データ ソースに数式を使用しないでください。 [ソース データの更新] ダイアログ ボックスで [上書き] を選択すると、Visio で数式が数式の結果に変換されます。

  • データ列が機能とフェーズにマップされている [データからの図の作成] ウィザードで、次のオプションを使用してダイアグラムを作成しました。 マッピング > その他のオプション で、 データからの列の値の順序を保持 して > select 関数またはスイムレーン または [フェーズ] または [タイムライン] を選び>。 この場合、Visio では、図形間の接続を表すために、データに追加の列が必要になります。 [ソースデータの更新] ダイアログボックスで [上書き] を選択すると、追加の列が追加されます。

  • Excel でのデータ値の順序に基づいて、レーンとフェーズの両方を含む部門連係フローチャート図を作成しました。 データ列がプロセスステップとアクティビティに関連付けられている [データからの図の作成] ウィザードで、次のオプションを使用して図面を作成しました。 マッピング > は、プロセスのステップ/アクティビティを接続 > て順番に 接続する方法を指定します。 この場合、Visio では、図形間の接続を表すために、データに追加の列が必要になります。 図面のレーンまたは位相の順序を変更すると、データソースの順序が変更されます。 [ソースデータの更新] ダイアログボックスで [上書き] を選択すると、図面内のレーンとフェーズが Excel ブックのデータの順序に従っていなくなります。

ステージ 7: Excel の表と Visio のダイアグラムとのやり取りをカスタマイズする (省略可能)

データ ビジュアライザーでのダイアグラムの作成をカスタマイズしたい場合があります。 たとえば、組織の標準に準拠した別の図形を使用したり、Excel の表内の別の列名にマッピングしたりする場合があります。

  1. [作成] を選択して [データからの図の作成] ウィザードを開き、最初のページに値を入力したら (ステージ 4 を参照)、[次へ] または [戻る] を選択してウィザードの各ページを表示します。

  2. ページ上の各オプションをカスタマイズする方法の詳細を確認するには、[ヘルプ (?)] を選択してください。 詳細については、「Use the Create Diagram from Data wizard」 ([データからの図の作成] ウィザードを使用する) を参照してください。

ページの先頭へ

Excel の列で Visio フローチャートのコンポーネントを操作する方法

次の画像のチュートリアルを使用して、 Visio フローチャートを作成するために各 Excel 列を使用する方法を理解してください。

一連の "tabs" ("ID"、"Description"、"Next ID" など) を使用して、 Excel テーブルのさまざまな列を示すことに注意してください。 タブ名をクリックすると、その列のイラストが表示されます。

プロセスステップ ID   フローチャート内の各図形を識別する数値。 この列は必須であり、Excel テーブルの各値は一意であり、空白にすることはできません。 この値は、フローチャートには表示されません。

Excel プロセス マップで Visio フローチャートを操作するプロセス ステップ ID

プロセスステップの説明   フローチャート内の各図形に追加されたテキスト。
 

Excel プロセス マップで Visio フローチャートを操作するプロセス ステップの説明

<c0>次のステップ ID</c0> シーケンス内の次の図形のプロセス ステップ ID です。   分岐図形には次のステップが 2 つあります。 これらは、4, 5 のようにコンマで区切られた数値で表現されます。 次のステップを 3 つ以上とすることもできます。

Excel プロセス マップで Visio フローチャートを操作する次のステップの ID

コネクタラベル   分岐図形の場合、コネクタラベルは、"はい"、"いいえ" などのコンマで区切られたテキストとして表されます。 [はい] は4に、この例では5に対応していません。

Excel プロセス マップで Visio フローチャートを操作するコネクタのラベル

図形の種類    プロセス意思決定など、Visio 図面で表す図形の種類。 Microsoft は、ドロップダウンリストを使用して、選択肢を確認できるようにすることをお勧めします。

Excel プロセス マップで Visio フローチャートを操作する図形の種類

関数とフェーズ    各図形が属する関数 (レーン) と位相 (またはタイムライン)。 この列は部門連係フローチャート図にのみ適用され、基本フローチャート図では無視されます。

Excel プロセス マップで Visio フローチャートを操作する関数とフェーズ

ページの先頭へ

他のステンシルを使用し、データ ビジュアライザーのダイアグラムを作成する

データビジュアライザーのテンプレートを使用するだけでなく、データビジュアライザーのダイアグラムを作成するときに、他のテンプレートのステンシルを使うこともできます。 たとえば、財務トランザクションまたは在庫管理のプロセス図を作成します。 BPMN 基本テンプレートやワーク フロー オブジェクト テンプレートなど、その他のプロセス用ステンシルもあります。 [個人用図形] ステンシルを使用して、基本図形を追加することもできます。 詳細については、「ユーザー設定のステンシルを作成、保存、共有する」を参照してください。

  1. 既に作成したデータ ビジュアライザーのダイアグラム (基本フローチャートまたは部門連係フローチャート) を開きます。

  2. [作成] を選択して [データからの図の作成] ウィザードを開き、最初のページに値を入力したら、ウィザードに [図形マッピング] ページが表示されるまで、[次へ] を選択します。

  3. [その他の図形] オプションを使用して、1 つまたは複数のステンシルを追加します。

  4. 任意の図形を選択し、[図形の種類] 列のデータ値にドラッグしてマップします。

ページの先頭へ

サブプロセスダイアグラムへのリンクを作成する

現時点では、データビジュアライザー機能では、1つの Excel テーブルからサブプロセスを作成することはサポートされていません。 ただし、1つの Visio ファイルで別々の表を使用して複数の図表を作成し、別の解決策として図形をリンクすることができます。

  1. Visio デスクトップアプリでデータビジュアライザーのテンプレートを選択し、 excel データテンプレート のリンクを選んで excel を開きます。 次に、[ 作成 ] を選択して、Visio データビジュアライザーのテンプレートを開きます。

  2. Excel データテンプレートを使用して、プロセスとサブプロセスのテーブルを作成します。 各サブプロセスのテーブルを別のシートに配置し、Excel ファイルを保存します。

    たとえば、Sheet 1: メインプロセス、Sheet 2: SubProcess1、Sheet 3: SubProcess2。

  3. Visio デスクトップアプリに戻り、ウィザードを使用してメインプロセステーブルを Visio キャンバスの1ページにインポートします。

  4. キャンバスの下にある + アイコンを選択して、2ページを作成します。 [データ] タブで、[ 作成 ] を選択して、もう一度インポートウィザードを起動します。 Excel ブックの次のシートからデータをインポートすることを選択し、ウィザードの手順を実行します。

  5. 引き続き、Visio で新しいページを作成し、作成したサブプロセスデータテーブルごとにウィザードを使用します。

  6. 最後に、メインプロセス図を含むページを選択し、図形を右クリックしてサブプロセスにリンクします。 [ハイパーリンク] を選択し、サブプロセス図面のいずれかの任意の図形にリンクを設定します。

ページの先頭へ

データ グラフィックをダイアグラムに適用する

ダイアグラムの図形データを視覚化するのに役立つ、データ グラフィックを追加することで、ダイアグラムを充実させることができます。 実際には、ダイアグラムをプロセス ダッシュボードに変換することができ、このダッシュボードでは、データ グラフィックに、主要業績評価指標 (KPI) 情報が図形データに基づくデータ グラフィック アイコンで表示されます。

  1. データ ビジュアライザーのダイアグラムを開きます。

    データ グラフィックを適用するコンテナーを選択します。

  2. [データ]、[データ グラフィック フィールド] の順に選択します。

  3. ダイアグラムに追加するデータ グラフィック フィールドを選択します。

    Visio データ ビジュアライザー ダイアグラムのデータ グラフィックを適用する

    データ グラフィックは、ダイアグラム全体に適用されます。 特定の図形のデータ グラフィックを非表示にするには、それらの行に対して Excel ブックのデータ列を空白のままにします。

  4. 必要な場合は、[データ] タブで追加のオプションを設定できます。 詳細については、「データ グラフィックの概要」を参照してください。

ページの先頭へ

ダイアグラムにリンクされた Excel ブックを管理する

場合によっては、関連付けられた Excel ブックを再リンクまたは更新する必要があります。 これは、Visio で簡単に行うことができます。

ダイアグラムにリンクされた Excel ブックを開く

Excel のリンクされたコンテンツは、Visio から直接変更できます。 たとえば、大量のコンテンツを追加したり、スプレッドシート内のデータを簡単に編集したりすることができます。

  1. Visio で、データビジュアライザーのダイアグラムのコンテナーを選択します。 これにより、リボンの [ データツール ] の [デザイン] タブが有効になります。

  2. [ データツール ] の [デザイン > 選択して、 ソースデータを開きます。

  3. Excel で変更を加えた後、ブックを保存して閉じます。

  4. ダイアグラムで行った変更を確認するには、[ データツールのデザイン > ダイアグラムの更新] を選択します。

ページの先頭へ

次の手順

ここでは、データ ビジュアライザー ダイアグラムを作成した後で実行するタスクを示します。

  • テーマ    Visio のテーマとは、1 回クリックするだけで図面に適用できる、一連の色と効果のことです。 テーマを使用することで、図面を本格的な外観にすばやく変更できます。 詳細については、「テーマを使用して図面を本格的な外観にする」を参照してください。

  • レイアウト    Visio には手動のガイドと自動ツールがあり、図面の中の図形がスペースに適切に整理され配置されているか確認することができます。 これにより、図形を可能な限りクリアなものにして秩序だった外観を与えることができます。 詳細については、「図面で図形を整理して配置する」を参照してください。

  • エクスポート    データ ビジュアライザーの図と関連付けられている Excel ブックを、Visio テンプレート パッケージ (.vtpx) にエクスポートします。 Visio テンプレート パッケージには、他のユーザーが独自のデータ ビジュアライザーの図をすばやく作成するための開始点として使用できるように、図の設定、ステンシル、およびデータが保存されます。 他のユーザーは、コンピューター上にテンプレート パッケージをインストールできます。 詳細については、「 データビジュアライザーのテンプレートパッケージをエクスポートしてインストールする」を参照してください。

ページの先頭へ

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×